CD-R実験室トップ
I-O DATA BRP-UT6SW (Pioneer BDR-UD03) トップ 各種4倍速BD-Rエラーチェック 各種6倍速BD-Rエラーチェック 各種BD-REエラーチェック
BD関係のベンチマーク DVD関係のベンチマーク CD関係のベンチマーク ライトアンドベリファイ 付属ソフト 100GBのM-DISCを使ってみた


■I-O DATA BRP-UT6SW (Pioneer BDR-UD03) - 2016年2月7日更新 - 

Pioneer BDR-XD05R2 との参考比較用に購入したドライブです。Pioneer BDR-XD05R2 検証ページ
参考比較用目的での購入のため、Pioneer以外を狙って買ったつもりでしたが、幸か不幸か中身はPioneerでした。
型番は "BDR-UD03" です。
そもそもなぜ本ドライブをPioneer以外と判断したか?は 購入歴 参照。

I-O DATA BRP-UT6SW (Pioneer BDR-UD03)
テンション下がりましたが、せっかくなので普通に検証することにします。
- 公式サイト -

まずは本体の外観ですが、↑の箱のイメージと大分違います。公式サイトを見ると実物のイメージに近い画像がありますが、わざわざ公式サイトを見ずに、店頭でなんとなく買うこともあると思います。
店頭だけの情報でジャケ買いすると後悔するかもしれません。BDドライブのジャケ買いというのも変な話ですが。

実物は限りなく純白に近く、質感はテカテカです。
(主観ですが)デザインはもうちょっとなんとかならなかったのか?と思います。
(Pioneerのクラムシェルがいいだけに、特にそう感じます)

テカテカなので、カメラで撮るとどうしても反射します。↑で反射して映ってるのはTVの画面です。
表面はテカテカですが、ベゼルはつや消し仕様。イマイチ統一感に欠けます。
さらにベゼルはのっぺらぼう。見ての通りカッコ悪いです。(ToT)


外箱を見るとロゴはないように見えますが、I-O DATAのロゴあり。
真ん中で光ってるのは、カメラのフラッシュです。


なお、本ドライブのソフト無し廉価版と思われるドライブもあるのですが、I-O DATAのトップページからは辿りにくくなってます。
 → I-O DATA EX-BD03

売っているショップも少ないです。Amazonでは扱っており、レビューによると中身が Pioneer BDR-UD03 という情報もあります。もしかしたら、I-O DATAのポータブルドライブはPioneer率が高いかもしれません。(とは言え、中のドライブを公表していないので、買ってみないことにはわかりませんが)
・・・というより、BDドライブの製造メーカーが一時期より減っていて、他メーカー含め、全体的にPioneer率が高いかもしれません。

中のドライブを公表している場合もあります

基本性能は BDR-XD05系とそっくりです。調べた中で唯一違ったのはCD-R書き込み方式で、BDR-XD05系はP-CAVなのに、本ドライブ(BDR-UD03)はZ-CLVでした。P-CAV > Z-CLVという認識でいいと思うので、BDR-UD03はCD-R書き込みはあまり重視していないようです。



 【主なPC環境】
 ○ASRock H77M-ITX
 ○Core i3 3225
 ○Windows 8.1 Pro 64bit
 ○CoolerMaster USB3.0アダプター RA-USB-3035-JP を使用して、ピンヘッダに接続




■製品ラベル、基板等

I-O DATAの場合、シリアルはさらすとまずいので、隠しています。
ここのシリアルはソフトウェアダウンロード時に必要になります。不用意にさらさないように注意。
「電源:ACアダプター」 と書かれていますが、本製品には付属していません。
基本USB3.0のバスパワーで動作させる設計です。(環境にもよりますが、ACアダプターは不要)

・・・・・と、これだけだとアレなので、いつものようにバラします。
バラし方はとかはあまり書かない方がいいかもしれませんが、底面のゴム(4箇所中2箇所)を剥がすとネジがあるので、まずその2本のネジを外します。(バラすと保証がなくなるので注意)
あとはパカっと開きます。


ということで、バラしました。中のドライブは(私が買ったのは) "Pioneer BDR-UD03" でした。2015年8月製造で中国製です。
2016年2月現在、BDR-UD03 はバルク単体で買うと結構お高く、殻割りした方が安いかもしれません。(ベゼルがのっぺらぼうな点には注意)
ただ、繰り返しになりますが、中のドライブは基本不明と考えるべきで、買ってPCに繋ぐまではわかりません。
ソフトがいらないなら、廉価版と思われる EX-BD03 を狙うのもありだと思います。
注:しつこいようですが、中のドライブは買ってみないとわかりません。
あと、ここのシリアルはさらしても多分問題ないです。(って、私は昔からさらしまくりですが)


SATA → USB3.0変換基板です。非常に小さくまとまっている印象です。


変換基板の裏面です。
SATA → USB3.0変換用に は"VL711S" というのが搭載されていました。


ドライブ本体のカバーを開けたところ。


"RENESAS R8J32740FP42" です。
BDR-XD05系と同じです。

予想通りですが、スリムドライブ本体にUSB3.0変換基板を噛ませた構造です。
BDR-XD05系はUSB3.0専用設計なので、その辺少し差があります。本ドライブは奥行きもどうしても長くなってしまいます。(変換基板の分だけ長くなる)


上が Pioneer BDR-XD05R2
下が I-O DATA BRP-UT6SW
変換基板がある分、I-O DATAの方が長いです。




■付属のUSB3.0ケーブル

Aコネクタ - マイクロBコネクタで、給電部はシングルタイプです。
経験上、USB3.0ならシングル給電で問題ないと思います。
長さは50cmです。太すぎず、細すぎずで、普通に扱いやすいケーブルです。




■ドライブ情報

Opti Drive Control 1.70
F/W 1.04 の BDR-UD03 です。日付は2015年6月25日。
シリアルはドライブに貼ってあるラベルと一致しています。



DVRFlash 2.7.7 ※情報取得のみに使用
管理者コマンドプロントで、
DVRFlash -v X:
(X: のところはドライブレター)
予想通り、"GENERAL" でした。
過去のPioneerドライブの Kernel type をまとめると以下の通りです。(個人的に買ったもののみ)

Pioneer BDR-UD03 (I-O DATA BRP-UT6SW) ← 今回購入 GENERAL
BDR-XD05R2 : ID35
BDR-S09J : ID43
BDR-XD05W : ID69
BDR-XS05J : ID69
BDR-XD04J (R,W含む) ※国内パッケージ : ID69
BDR-XD04 ※海外パッケージ : GENERAL
BDR-XU02J : GENERAL
BDR-TD05 (Logitec LBD-PME6U3VBK) : GENERAL
BDR-208XJBK : GENERAL
BDR-208JBK : ID58
BDR-S08J : ID43
BDR-207MBK : GENERAL
BDR-207JBK : ID58
BDR-S07J : ID43




■付属ソフト

ディスクは付属していません。製品登録してダウンロードします。(そういう時代なのでしょうか?)

登録は無事完了

以下がダウンロード可能 こちら
↓の赤字のところを見るとわかりますが、バージョンアップも行われるようです。
プロダクトキーは登録したメールアドレスに届きますが、↑の 「キー通知」 をクリックしても確認できます。




■EACで設定するオフセット値

Read sample offset
PX-760Aで作成したディスクを使用しています。
(このデータを取得するには、旧PLEXTORドライブを使用しないと無理と思われます)

上記含めたその他の値は以下の通りです。(いつも通りの数値)

Read sample offset Write samples offset Combined read/write
sample offset
+637 +30 +667

なお、上記の数値の意味がわからなくても全く気にする必要はありません。(本当に細かいレベルの話なので)
実際私はリッピングするとき、上の数値は入力してなかったりします。
その他のドライブのデータは こちら




■2016年2月のBD-Rメディア事情

更新時期が近いこともあり、以下 BDR-XD05R2のページ で書いたことのコピペ + αです。



TDK(イメーション)、太陽誘電、Victorが撤退したことで、主要なところでは、Panasonic、SONY、Verbatim(三菱)の3メーカーになりました。
(maxell はBDになってからほぼOEM専門なので、除外でいいと思います)

今回ドライブ購入に合わせて久々にSONY BD-Rを買いましたが、6倍速は自社製(またはODM)で、4倍速はRiTEKでした。数年前の状況と変わりありません。
インド製というのもあるようです → Amazonのレビュー

【2016年2月20日追記】
SONY 6倍速で中身がRiTEKのものを確認。SONY 6倍速は指名買いする価値がなくなりました。


2016年1月に購入した各種SONY BD-R
6倍速1層BD-R 4倍速1層BD-R 4倍速1層BD-R
台湾製 台湾製 台湾製
5BNR1VGPS6 5BNR1VGS4 5BNR1VHCS4
Manufacturer ID
SONY-NN3-002
Manufacturer ID
RITEK-BR2-000
Manufacturer ID
RITEK-BR2-000



3層BD-Rは、Verbatim製の10枚スピンドル品が2016年2月1日から販売開始されています。
その他、M-DISC仕様の3層BD-Rも2016年2月1日から販売開始されてますが、IDは通常のBD-Rと同じです。

BD-RE XLはPanasonic製がほぼ消滅し、SONYのみになりました。

3層BD-R 3層BD-R 3層BD-R 3層BD-RE
日本製 日本製 日本製 日本製
Verbatim VBR520YP5V1 Verbatim VBR520YP10SV1 Verbatim DBR100YMDP5V1 SONY BNE3VCPJ2
Manufacturer ID
VERBAT-IMk-000
Manufacturer ID
VERBAT-IMk-000
Manufacturer ID
VERBAT-IMk-000
Manufacturer ID
SONY-ET2-002

Pioneer公式のメディア対応表 にはManufacturer ID "PAN___RC4" なるPanasonic自社製メディアがあるのですが、残念ながら入手できずに終わりそうです。

初のBDXL対応ドライブ "BDR-206MBK" の登場から5年以上も経過していますが、4層のBD-Rは相変わらず売っていません。(2016年2月時点)
やはり4層BD-Rはなかったことにされてしまうんでしょうか?
掲示板で頂いた情報によると、これ を殻割りすればいいらしく、入手できないことはなさそうなのですが。(いろいろと難易度が高すぎる・・・)

ゆーでんマニアさんの情報を元に掲載させて頂いてます
情報提供ありがとうございます
Unique Disc Identifier : [BD-R-4L:SONY-NQ1-001]
----------------------------------------------------------------------------
Disc Type : [BD-R 4L : Class 1 - Version 2]
Manufacturer Name : [Manufacturer Not Found In Database]
Manufacturer ID : [SONY]
Media Type ID : [NQ1]
Product Revision : [001]
Stamper Date : [Not Present On Disc]
Layer Info : [4 Layers (L0-L3) : 880.45 GB (819.98 GiB) Per Layer]
Blank Disc Capacity : [1,719,619,392 Sectors = 3,521.78 GB (3,279.91 GiB)]
Recording Speeds : [?x]
----------------------------------------------------------------------------



それ以外では、M-DISCが数社から出回っています。少し高いですが、今回のドライブ購入に合わせて買ってきました。

Verbatim
VBR130YMDP5V1
Verbatim
DBR50RMDP5V1
Verbatim
DBR100YMDP5V1
RiDATA
M-BDR25GB.PW5P
1層 25GB 2層 50GB 3層 100GB 1層 25GB
台湾製 日本製 日本製 台湾製
Manufacturer ID
[BD-R-SL:MILLEN-MR1-000]
Manufacturer ID
[BD-R-DL:VERBAT-IMf-000]
Manufacturer ID
[BD-R-3L:VERBAT-IMk-000]
Manufacturer ID
[BD-R-SL:MILLEN-MR1-000]

1層は専用っぽいIDですが、2層と3層は従来のメディアと同じIDです。

1層でも1枚600円以上もするので、このままだとあまり普及しないまま自然消滅しそうです。実際、Verbatimの方は梱包が紙のパッケージなのですが、箱に痛みがあり、売れている気配がありません。
あと、BD-RなのにDVD-Rコーナーに陳列さてれました。(2016年1月時点) ショップの扱いも雑な印象です。
1000年持つとか言ってますが・・・(汗)

【サイト内関連リンク】
M-DISCを茹でてみた



台湾製2層6倍速は、以前はCMCでしたが、RiTEKになってきているようです。
以下は2つもRiTEKでした。(あきばお〜で購入)

HDBD-RDL6X10SP GJBDL50-6X10PW
台湾製 台湾製
Manufacturer ID
RITEK-DR3-000
Manufacturer ID
RITEK-DR3-000



その他、詐欺メディアがあったので書いておきます。
あきばお〜で売られていたものですが、リーダーメディアテクノ B8-10Pは "8倍速BD-R" として売られています。
予想ではどうせRiTEKかCMCの6倍速BD-Rだろうと思ってましたが、これがなんと RiTEK製4倍速BD-R (RITEK-BR2-000)でした。
5インチドライブは速度違反がデフォになっているので、あまり実害はないかもしれませんが、本ドライブでは4倍速までしか選択できず、実害ありです。

詐欺メディア
リーダーメディアテクノ B8-10P
中身は "RITEK-BR2-000"です。本当の対応速度は4倍速 です。




■ImgBurn 2.5.8.0 での動作

いつも通りです。BD-R、DVD-R共に普通に動作します。


Opti Drive Control 等でグラフ化可能
安定して動作していて、問題ありません。

余計なお世話かもしれませんが、ImgBurnはもしかしたらポータブル化しておいた方がいいかもしれません。




■パッケージ画像

画面クリックで拡大




■各種ディスクのマウント時間

【調査方法】
 1. Opti Drive Control を起動し、"Disc Info" タブを選択。
 2.メディアをセットし、カバーを閉めたら(トレイを閉じたら)時間を計測開始。


全体的に BDR-XD05R2 より少し遅い傾向があります。


ディスク種類 画像 状態 マウント時間
Pioneer
BDR-XD05R2
firm 3.00
Pioneer
BDR-UD03
firm 1.04
Panasonic
4倍速BD-R(1層)
ブランク 12秒 14秒
記録済み 14秒 12秒
Panasonic
4倍速BD-R(2層)
ブランク 15秒 16秒
記録済み 12秒 14秒
Verbatim
4倍速BD-R(3層)
M-DISC
ブランク 未確認 20秒
記録済み 未確認 17秒
太陽誘電
16倍速DVD-R
ブランク 16秒 18秒
記録済み 10秒 11秒
RiDATA
M-DISC DVD
ブランク 未確認 22秒
記録済み 未確認 15秒
太陽誘電
48倍速CD-R
ブランク 14秒 16秒
記録済み 10秒 12秒
BD-Video(1層) - 8秒 8秒
BD-Video(2層) - 8秒 8秒
DVD-Video(1層) - 9秒 9秒
DVD-Video(2層) - 10秒 9秒
音楽CD - 10秒 16秒


CD-R実験室トップ
I-O DATA BRP-UT6SW (Pioneer BDR-UD03) トップ 各種4倍速BD-Rエラーチェック 各種6倍速BD-Rエラーチェック 各種BD-REエラーチェック
BD関係のベンチマーク DVD関係のベンチマーク CD関係のベンチマーク ライトアンドベリファイ 付属ソフト 100GBのM-DISCを使ってみた