CD-R実験室トップ
Panasonic DMR-BW690 トップ
BDからHDDへのムーブを実際に試してみる 中の光学ドライブをPCに接続してみる
REGZAのUSB HDDの動画をBW690にムーブする 各種BD-R/REエラーチェック 各種BD-R/RE DLエラーチェック


■Panasonic DIGA DMR-BW690 - 2010年9月25日更新 - 

BDレコーダーは約半年前に SONY BDZ-RX55 を買ったばかりなので、この秋冬モデルは特に購入予定はありませんでしたが、

 ○BD-R/RE → HDDムーブ対応
 ○BDXL対応

の2つが最終的な決め手になり、衝動的に購入。


Panasonic DIGA DMR-BW690
Panasonic DIGA DMR-BW690
- 公式サイト -
AV Watch
ご祝儀価格108,000円です。
3年前の同スペックモデル BW800 のご祝儀価格が208,000円なので、3年で約10万円値下がりしたことになります。


主な特徴、気づいた点、感想等は、

少し前からは想像もつかない、コピー制限された BD-R/RE から HDD へのムーブが可能。
これの真の利点は編集してBDXLにまとめて焼く・・・とかではなく、BD-Rの長期保存が可能になったことです。BD-Rが劣化する前にHDDへムーブ→新品のBD-Rにムーブすることで、永久保存が可能です。(永久保存とはいっても、10年後とかにBD-Rが入手できるかはわかりませんが・・・まぁ理論上は可能ということで)
他社製のレコーダーで記録したBD-R/REにも有効で、SONY BDZ-RX55 で録画したBD-Rで確認できました。現在他社製のレコーダーや旧機種のDIGAを使っている場合でも、Panasonicの2010年秋モデル以降に買い換えたときにBD-R/REの焼き直しが可能になるので、とりあえずBD-Rのクローズの処理は行わないほうがよさそうです。(BD-Rの場合は、クローズの処理を行ってしまうとHDDへムーブできなくなります)
2010年秋冬モデルでこれが可能なのはPanasonicのみですが、来年以降は各社対応してくると予想されます。もし対応してこなかったら、そのメーカーのことは忘れちゃいましょう。
BDXLに対応。ただしBW690発売時のBDLX(3層100GB BD-R)は、1枚で3,800円〜4,980円もするので、常用できるレベルではありませんが。
書き込み速度を最高速にしておいても、PCドライブのように速度違反はしないので、その辺は安心。
インターフェースは初心者にわかりやすいように・・・という感じを受けますが、逆にわかりにくいところあり。
例えば、予約の確認をしたいとき、どこをたどればいいのか?少し迷います。インターフェースはやはりSONYのXMBがベストだと思います。取説不要でほとんど迷うことなく操作できるので。(主観意見)
データ放送は記録しない。BW800はこれのせいで結局あまり使いませんでしたが、BW*30以降はデータ放送は記録しないようです。
残念ながら中国製。ただし、壊れなければ全然問題なし。
リモコンの十字キーが小さく、誤操作しやすいかもしれない。十字キーはSONYレコのもの(RMT-B006J)が非常に使いやすいです。
AVC録画時、音声は無劣化。5.1chも無劣化です。
"PRODIS-CR1-000" 等のPCドライブで対応度の悪いマイナーメディアにも対応済み。
最初のセットアップで、リモコンのTVモードを設定するナビが欲しい。SONYはこれをやっています。

あと細かな希望ですが、インターフェースをもう少しなんとかして欲しいです。
例えば↓の画面で、左側のメニューに戻るときはリモコンの「戻る」を押せばいいのはわかりますが、方向キーの左でも戻せるようにして欲しいです。(SONY機の操作に慣れていると、つい方向キーの左を押してしまいます)


それと番組表。TOSHIBAと比べると見にくすぎだと思うのですが、もう少しなんとかならないのでしょうか?(広告削除は絶対無理なんでしょうか?)

DMR-BW690の番組表
REGZA 42Z8000の番組表
なぜここまで差がついてしまったのか・・・!?




■AACS Ver. その他

まずこれから調査します。まっさらなBD-RをBW690にマウントし、適当にダビング。PC用ドライブで情報を見ます。

MKB_RW.inf → V12
Panasonicは積極的にバージョンアップする印象がありますが、意外に古く、V12でした。
(特に深い意味はありませんが、この後V18化しておきました)
※意味がわからないときは、気にする必要はありません。


P-MKB → なし
これは予想通りです。
※意味がわからないときは、気にする必要はありません。


記録したBD-Rの情報(DVDInfoPro XTREME)
記録した日時が確認できます。




■搭載されているドライブの情報

搭載されているドライブの情報を知るために、DVD-Rに適当にダビングします。(BD-Rではなく、DVD-Rを使います)

Nero DiscSpeed
ある程度は情報取得できますが、ドライブ名が不明です。
PxScanも使ってみます。


PxScan + PX-755A
PxScanでは欲しい情報がすべて取得できました。


まとめると、以下の通り。

 Vendor ID  MATSHITA
 Product ID  BDRECV60A0
 Serial No.  bZ010142
 Firmware  D119
 Time stamp  2010年7月10日




【追記】
各種BD-R/REエラーチェック 各種BD-R/RE DLエラーチェック は購入時のソフトバージョン1.08(ドライブのファームはD119)で行ってますが、
REGZAのUSB HDDの動画をBW690にムーブする を行うにはソフトバージョン1.10が必要らしく、ソフトバージョンを1.10にしたところ、ドライブのファームも上がってました。(ドライブのファームが上がったことに気がついたのは、検証が一通り終わってからです)

ソフトバージョン1.10にすることで、ドライブのファームが D119 から D120 にアップ。
どうせならこのファームで焼き検証したかった・・・




■AVC録画について

DR録画派なので、AVC録画はほとんど使いませんが、久々のPanasonicなので一応チェックしてみます。


BSの5.1chの番組を2分ほど DR 録画
[00001.m2ts]
0111 1440x1080 MPEG2 16:9 625line 29.97fps 24000.00kb/s
0112 AAC 48.00kHz 5.1ch(3/2 C+L+R+BL+BR+LFE) LC 0.00kb/s
192Pct
[MPEG2-TS] 00:02:03.523 (123.523sec) / 212,170,752Bytes

真空波動研Lite 100805 / DLL 100805 Unicode

BSの5.1chの番組を2分ほど HX 録画
[00002.m2ts]
1011 1440x1080 8Bit AVC/H.264 High@4 4:3 29.97fps 17499.14kb/s
1021 AAC 48.00kHz 5.1ch(3/2 C+L+R+BL+BR+LFE) LC 0.00kb/s
192Pct
[MPEG2-TS] 00:02:03.890 (123.890sec) / 133,275,648Bytes

真空波動研Lite 100805 / DLL 100805 Unicode


音声に関しては、エンコードされずそのままです。
あとは画質ですが、以前BW800で検証したときは 「文字周辺が汚く、ちょっと使えない」 というのが個人的な感想でした。それから数世代たっているので、その辺が解決されているか?と思いましたが、相変わらず文字周辺が汚く今回もほとんどDR専用で使うことになりそうです。(AVCはHXモードで確認)

ただしこれは REGZA 42Z8000 + BW690 で見たときで、PCモニタ(三菱 RDT231WM-S[BK]) + Media Player Classic Homecinema で見ると文字周辺もそこそこ綺麗に見えたりします。結局この辺は視聴環境と個人の主観に左右されそうなので、比較画像アップは今回はやめておきます。(アップしても多分あまり意味なし)
私の視聴環境では、SONYのAVCの方が綺麗に見えます。




■BD-R/REメディア選び

BD-R/REメディアは、Panasonic以外のドライブでもPanasonicメディアが推奨となるので、Panasonicドライブを搭載しているBW690は余計PanasonicのBD-R/REが推奨です。そもそも4倍速無機のBD-Rが日本製なのはPanasonicだけです。
※1層BD-REはインド製になりつつあります。

Panasonic
1層6倍速BD-R
Panasonic
1層4倍速BD-R
Panasonic
2層2倍速BD-R
Panasonic
2層4倍速BD-R
Panasonic
1層2倍速BD-RE
Panasonic
2層2倍速BD-RE


次点でVerbatimです。

Verbatim
1層4倍速BD-R
Verbatim
2層4倍速BD-R


試した中で避けた方がよさそうなのは、Verbatim LTHの4倍速とProdisc 6倍速の2つ。特にProdiscはまずいです。

Verbatim
1層4倍速LTH BD-R
Prodisc
1層6倍速BD-R

今回の検証ではDVD-Rは2枚だけしか使ってません。それもドライブのファームを確認する目的で焼いただけです。
DVD-R/RW/RAM については、容量が少ないというよりはHDD戻しができないということで、BW690では使う価値がほとんどなくなってます。




■BDXL検証

売りのBDXLを検証しようと思いましたが、することがありません。(汗)
いや、もちろん書き込み可能なことは確認しましたが、PC用BDXL対応ドライブが出たら、そのときにでもアレコレ試してみます。


CD-R実験室トップ
Panasonic DMR-BW690 トップ
BDからHDDへのムーブを実際に試してみる 中の光学ドライブをPCに接続してみる
REGZAのUSB HDDの動画をBW690にムーブする 各種BD-R/REエラーチェック 各種BD-R/RE DLエラーチェック