CD-R実験室トップ
Panasonic BW800 Part2 トップ 8倍速DVD-R Part1 8倍速DVD-R Part2
16倍速DVD-R DVD-R DL ダイレクトに記録 補足ページ


■Panasonic BW800 Part2  - 2008年4月10日更新 - 

別に何か理由があるわけではないですが、物欲を刺激する光学ドライブが全然発売されないので、Panasonic BW800の最新ファームでのDVD-R 焼き検証でもやってみることにします。
最新ファームとはいっても、(初期ファームと比べて)DVD-R書き込みに関しては変化がない可能性もありますが、その辺はいつものようにあまり深く考えずやることにします。
ファームウェアは2008年3月10日公開のものを適用させています。(ドライブ本体のファームウェアは J120)


Panasonic BW800
BW800 Part2
めでたく2度目の登場となった、Panasonic BW800


ファームウェアのバージョンは、BW800で書き込みしたDVD-Rを、PC用ドライブにマウントさせ、Nero CD-DVD Speed を使うことで調べることができます。(一部できないドライブもあります)

この場合のファームウェアは J120 です。


■補足(1) 書き込み速度について

Panasonicのレコーダーの場合、

 最高速モード 静音モード

の2種類ありますが、16倍速メディアを使っての最高速モードでも12倍速止まりなので、16倍速メディアを使うメリットがあまりないです。
しかも、大抵の場合最高速モードより静音モードの方が記録品位がいいので、8倍速DVD-Rメディアを使って、静音モードで記録するのが一番いいと思います。


■補足(2) 16倍速メディアがあまり売っていない

今回CPRM対応メディアをいろいろ買ってきましたが、16倍速メディアはあまり売っていないようです。(2008年3月時点)
しかし、8倍速メディアとして売られているものの、実際は16倍速メディアという場合もありました。

Victor、Smartbuy の8倍速品は "ProdiscS05 " でした。


■補足(3) Nero CD-DVD Speed で書き込みドライブが表示されるときとしないときの違いについて

今回はエラー計測用として、

 PX-755A + PxScan
 Nero CD-DVD Speed + LITE-ON DH-20A4H


を使っていますが、2層ディスクは DH-20A4H で2層目のエラー計測ができないので ※うちのPC環境の場合 2層メディアの場合は、

 PX-755A + PxScan
 Nero CD-DVD Speed + BenQ DW1640


を使っています。
DH-20A4H は記録したドライブの情報が読み取れますが、DW1640は読み取れないので、その辺違いが出ています。


記録ドライブが表示される場合


記録ドライブが表示されない場合


■ここで使った PxScan 用ファイル

config.zip



CD-R実験室トップ
Panasonic BW800 Part2 トップ 8倍速DVD-R Part1 8倍速DVD-R Part2
16倍速DVD-R DVD-R DL ダイレクトに記録 補足ページ