注意!!
ここに書いてあることは、内容的にかなり古くなっています。

























■コピーコントロール銀色円盤 Part4 浜崎あゆみ Free&Easy

Part4として取り上げるのは、浜崎あゆみのFree&Easyです。

ただし、CDSのバージョンはこれまでと同じくCDS-200.0.4です。
そのため、ここでは気になったことだけを簡単に書きます。





■気になったことその1 Exact Audio Copy V0.9 beta 3 の Detect TOC Manually が変!?


元々Exact Audio Copy V0.9 beta 3 の Detect TOC Manuallyは正確な曲時間、プリギャップ

を検出できないことがありますが、「Free&Easy」に関しては特にその傾向がでてます。

特におかしいと感じるのが、「最終音声トラックの終了位置」を必ず短めに取得してしまうことです。


これまで試したCDS-200.0.4ディスクは、何度か試すと正確な「最終音声トラックの終了位置」を

検出できることが多いのですが、「Free&Easy」はどういうわけかうまくいきません。 →短めに取得してしまう

時間的には、2〜4フレーム分短く取得してしまいます。
(TEAC CD-532S, PX-40TS, PX-W4012Aで確認)

ただし、Detect TOC Manually が必要ないドライブは、正常に「最終音声トラックの終了位置」を取得できてます。

さらにいうと、PX-40TSなどは基本的に正常に認識されないのですが、ごく稀に(トラック情報を)正常に認識するときがあります。(そのときはDetect TOC Manuallyが不要)このときは、「最終音声トラックの終了位置」を正常に取得してます。







■気になったことその2 倖田來未 affection でも起きた現象

詳しいことは、コピーコントロールCD Part3

 「Exact Audio Copy V0.9 beta 3で音声トラック部を一括してリッピングしたときの比較」

を参照。これと全く同じ現象が起きてます。(たいしたことじゃないかもしれませんが)










■気になったことその3 LBA -000075 〜 LBA -000001 にデータがある!!

最大の特徴はこれです。

通常のマスタリングソフトではライティング不可能な領域に、データがあります。

通常のCD (この場合はもどきですが) ではこのようなことはめったにないのですが、確かにデータが存在しています。
時間的にはきっちり1秒。 製作者サイドで意図的に入れたのか?だとしたら何のために?というのが気になりますが・・・


そのため真の意味での正確なバックアップは極めて困難。

ライティングはもちろん、リッピングからしてかなり条件が限定されてきます。



LBAマイナス領域を吸えるソフトとして、WinCDR6(6以前なら可能)があります。↓はWinCDR6.24 + PX-W2410Aでトラック1をリッピングしたものですが、左がデフォルト、右が「プリギャップも保存する」にチェックしたものです。右の方は、トラック1のプリギャップ領域(LBA -000001 〜 LBA -000150)を吸ってます。



注目すべきは先頭のゼロサンプルです。
44100 ÷ 588 = 75(フレーム) = 1秒 ・・・となってます。













■参考資料



















トップへ