■困ったら Exact Audio Copy

その後いろいろ調べていたところ Exact Audio Copy が非常に使えるらしい、
ということが分かってきました。

例えばTEACのCD-532Sですが、以前に検証した限りでは、ほとんどのソフトで正常に認識しません。

ところが、Exact Audio Copy である処理を実行させると正常に認識します。
(ここではExact Audio Copy V0.9 beta 3を使用)









デフォルト状態での図。まともに認識されてませんが・・・







Action → Detect TOC Manually を実行すると、







正常に認識されます。(こうなると、あとは普通に操作可能です)







↑のようにすれば、CD-DA部全体をWAVEファイル化してくれるうえに、CUE Sheetも作成可能!
(ただし、2セッション目は無視するようです)

※トラック単位のリッピングも普通にできます







Tool → Write CD-R → File → Load CUE Sheet の図。トラック長、プリギャップ長が一発で確認できて、大変便利!

あとは、CD-R → Write CD で焼き開始します。(ただし、1セッション部のみ)






○参考

今回作成されたCUEシート 前ページで作成した、手書きCUEシート
PERFORMER "Unknown Artist"
TITLE "Unknown Title"
FILE "CDS200.wav" WAVE
TRACK 01 AUDIO
TITLE "Track01"
PERFORMER "Unknown Artist"
INDEX 01
00:00:00
TRACK 02 AUDIO
TITLE "Track02"
PERFORMER "Unknown Artist"
INDEX 00
04:42:51
INDEX 01
04:44:31
TRACK 03 AUDIO
TITLE "Track03"
PERFORMER "Unknown Artist"
INDEX 01
09:05:54
TRACK 04 AUDIO
TITLE "Track04"
PERFORMER "Unknown Artist"
INDEX 00
12:11:54
INDEX 01
12:14:49
TRACK 05 AUDIO
TITLE "Track05"
PERFORMER "Unknown Artist"
INDEX 01
16:58:23
TRACK 06 AUDIO
TITLE "Track06"
PERFORMER "Unknown Artist"
INDEX 00
21:14:24
INDEX 01
21:16:19
TRACK 07 AUDIO
TITLE "Track07"
PERFORMER "Unknown Artist"
INDEX 01
26:17:11
TRACK 08 AUDIO
TITLE "Track08"
PERFORMER "Unknown Artist"
INDEX 00
30:17:44
INDEX 01
30:18:46
TRACK 09 AUDIO
TITLE "Track09"
PERFORMER "Unknown Artist"
INDEX 01
33:57:23
TRACK 10 AUDIO
TITLE "Track10"
PERFORMER "Unknown Artist"
INDEX 00
38:57:71
INDEX 01
38:59:11
TRACK 11 AUDIO
TITLE "Track11"
PERFORMER "Unknown Artist"
INDEX 01
42:28:60
TRACK 12 AUDIO
TITLE "Track12"
PERFORMER "Unknown Artist"
INDEX 01
47:25:03
FILE "C:\DATA\532s02.wav" WAVE
TRACK 01 AUDIO
INDEX 01
00:00:00
TRACK 02 AUDIO
INDEX 00
04:42:51
INDEX 01
04:44:31
TRACK 03 AUDIO
INDEX 01
09:05:54
TRACK 04 AUDIO
INDEX 00
12:11:54
INDEX 01
12:14:49
TRACK 05 AUDIO
INDEX 01
16:58:24
TRACK 06 AUDIO
INDEX 00
21:14:24
INDEX 01
21:16:19
TRACK 07 AUDIO
INDEX 01
26:17:11
TRACK 08 AUDIO
INDEX 00
30:17:44
INDEX 01
30:18:46
TRACK 09 AUDIO
INDEX 01
33:57:24
TRACK 10 AUDIO
INDEX 00
38:57:71
INDEX 01
38:59:11
TRACK 11 AUDIO
INDEX 01
42:28:61
TRACK 12 AUDIO
INDEX 01
47:25:04

微妙に時間がずれているところがあるような気もしますが、あまり気にしないことにします(笑)



さて、このExact Audio Copyの Detect TOC Manuallyですが、はっきり言って使えます。
CDS-200はほとんどのドライブで正常認識しませんが、これがあっけないほどに正常に認識されるようになります。


試した限りでは、


Detect TOC Manuallyを使うことで、CDS-200が正常に認識されるようになるドライブ。

 TEAC CD-532S
 PLEXTOR PX-40TS
 PLEXTOR PX-W8220T
 PLEXTOR PX-W2410A
 PLEXTOR PX-W4012A
 MITSUMI CR-4805TE
 TEAC CD-R58S




Detect TOC Manuallyを使っても、正常に認識されないドライブ。

 SANYO CRD-BP4


となりました。

(ただし、吸い出せるようになっても、なかなかバイナリは一致しませんが・・・)

※↑の全ドライブで吸出し確認まではしてません







■結論


音楽CDのバックアップをとろうとしたときに、「このCDなんか変だな・・・・・・」
なんて状況にでくわしたときは、Exact Audio Copyを使うといいかもしれない。


ということになりました。











トップへ