注意!!
ここに書いてあることは、内容的にかなり古くなっています。
























■音楽CDプロテクト 〜CDS-100について〜

今度はCDS-100について検証します。

情報では、CDS-200よりCDS-100の方が強力とされてますが・・・?


タイトルはwestlifeの world of our own です。

※こちらもすでに回収されてます。





■TOCが超特殊 目次が全然目次になってません!!(一体なんですかこれ!?)

初めて見たとき我が目を疑いました。

CDプレイヤーで聴く限りでは、初めのセッションは17トラックということは間違いないと思われます。

→正解を先に言うと、1セッション目に17トラックのCDDA, 2セッション目に1トラックのCDDAがあります。



ところがこのCDをTEAC CD-532S(3.0A) + CDRWIN4.0Aでチェックすると・・・・・・・・・・





○TEAC CD-532S(3.0A) + CDRWIN 4.0Aβ







まずセッション数が違います。まぁこれはいいとしても(良くはないですが)

18トラックのはずが99トラックあることになっていたり、

トラックの開始位置が全部同じになっていたり、

そもそもCDDAトラックとして認識していなかったり、

トータルの記録時間が5秒しかなかったりと、

全くもって異常なDisc情報になっています。



○PLEXTOR PX-W8220T(1.05) + CDRWIN 4.0Aβ


他のドライブで調べたところ多少はましになった気もしますが、(全然ましではないですが)

トラック1のLBAが完璧なまでにおかしかったり と、結局TOCから正しいDisc情報を読み取れません。








■(なにげにすごい)UM-Doctor Pro. でメディアチェック

レジストしなくても使い道が結構あるUM-Doctor Pro.ですが、
正確っぽい情報を返してきました。





この様子だと計測できそうなので、計測してみることにします。

CDS-200では変なグラフになりましたが、さてどうでしょう?





なんと意外にもごく普通に計測できました。

エラー的には問題ないレベルです。








■CDS-200で得た経験値をいかして、効率のよいバックアップを試みる。

CDS-200 での経験から、イメージ作成にはRICOHドライブがよさそう と考え、
まずはRICOH MP7120A(1.30)でイメージ作成します。

メディアをMP7120Aにセットして、ソフトは・・・なんてことをやっているうちに異変に気がつきました。

全く予想だにしませんでしたが、なんとマウントすらできません!

いつまでもアクセスしています・・・・・




■さてどうするか・・・

手始めに強力なデュプリケートソフトDiscJugglerを使います。(バージョンは執筆で最新の3.50.818)

読みドライブ 結果 説明
MITSUMI CR-4805TE(1.8A) NG イメージ作成開始後、まもなくエラー
TEAC CD-532S(3.0A) NG イメージ作成中、ドライブがフリーズ
PLEXTOR PX-W8220T(1.05) NG CDを認識不可
PLEXTOR PX-W2410A(1.02) NG CDを認識不可




CDを認識不可のはCDを挿入しただけでこのメッセージがでます。なんとJugglerがギブアップ宣言・・・・・







■最後の頼みの綱、CloneCD (やはり現状ではCloneCDが最強か?)

CloneCDではほぼ正常なバックアップが可能でした。
ただし、ドライブを選びます。(特にイメージ作成時)

以下に成功例を示します。

成功例

CloneCDのバージョン 読みドライブ 書きドライブ
3.2.1.1 PLEXTOR PX-W8220T(1.05) #0303 PLEXTOR PX-W8220T(1.05) #0303
3.2.1.1 PLEXTOR PX-W2410A(1.02) #0000 PLEXTOR PX-W2410A(1.02) #0000

※読みの設定は、データとオーディオのサブチャネルを読む
  書きの設定はRAW DAO 最後のセッションを閉じる です。


  データのサブチャネルは読む必要ないと思いますが、なんとなくチェックしておきました。



■ベスト盤を作りたいんだけど・・・・・

マスターからトラックごとのWAVEファイル作成は、うまくいかないかもしれません。






Exact Audio Copy V0.85 beta4 + PX-W8220Tですが、見るからに無理っぽいです。





■どうしてもベスト盤を作りたいんですけど・・・

孫作戦 を使いましょう!孫作戦の意味問い合わせ不可(笑)

ただし、孫作戦 でもうまくいかないときもありますが・・・(CD2WAV32 3.19 + PX-W8220Tとか)
→PX-W8220T + Exact Audio CopyならOKでした。







■追加情報

Exact Audio Copy V0.9 prebeta11を使うといい という情報を得たので、
追加して確認します。









PX-W8220Tはうまく認識されません。

CRD-BP4は一見正常っぽく認識されてますが、このまま吸い出そうとするとドライブがフリーズしてしまいます。

残るはPX-W2410Aですが、CDS-200の結果からしても難しそう・・・
と思ったら、なんとこれが正常にトラック単位で吸出し可能でした。

その後 孫作戦なCD からトラック単位でリッピングし(これにもExact Audio Copyの V0.9 prebeta11を使用)
WaveCompare1.31にて

 マスターから吸い出したWAVEファイル
孫作戦なCDから吸い出したWAVEファイル

を比較したところ、見事なまでに一致しました。

ということで、詳しいことは不明ですがPX-W2410AとExact Audio Copyの V0.9 prebeta11の組み合わせでは、

CDS-100のCDからトラック単位でのリッピングが可能なようです。

ただ、同じ組み合わせでもCDS-200ではトラック単位のリッピングができませんでしたが・・・?

おっと書き忘れるところでした!TLAは#0000です。











■さらに追加情報

なんと公開して1日で2通もの情報メールを頂きました。(感謝感激!)

実はWinCDRでも吸い出せます。(ただし、ドライブを選ぶ可能性あり)

WinCDR 6.24 + PX-W2410Aで確認しましたが、





1セッション目の17トラックは正常に吸い出せます。
↑の追加情報で吸い出したWAVEファイルと比べてもWaveCompareで一致するので問題ないでしょう。

しかもプリギャップも一発で確認可能!です。大変便利。
(ただし、ドライブによってはプリギャップが表示されないので注意)


ただ、サイト内で頻繁に書いているようにWinCDR6(5も)は通常のリッパーと比べて吸い出す領域に違いがあることに注意して下さい。

→WinCDRで吸ったWAVEファイルが、他のリッパーで吸ったWAVEファイルと比べてファイルサイズが小さいことがあるのはこのためです。


○通常の多くのリッパー(設定により、以下のどちらかになる)
  INDEX 01からINDEX 01まで
  INDEX 01からINDEX 00まで

○WinCDR 5 or 6(設定により、以下のどちらかになる)
  INDEX 01からINDEX 00(ただし次のトラックにINDEX 00がないときはINDEX 01)
  INDEX 00からINDEX 00(ただし次のトラックにINDEX 00がないときはINDEX 01)


他にWinCDR 5 or 6のような吸い方するリッパーないですかね?私はWinCDRのこの吸い方がすごく好きなのですが・・・ちなみにWinCDR 7では通常の多くのリッパーと同じ吸い方をするようになってしまいました。これがすごく不満なので、私はWinCDRは当分6を使うつもりです(笑)












トップへ





せっかくなので裏技なんぞを・・・

ちょっと気になったので・・・
















<参考掲示> CloneCD + PX-W8220Tでイメージ作成したときのログファイル

I 8:41:52 CloneCD バージョン 3.2.1.1 を起動しました。
I 8:41:52 ElbyCDIO Driver 3.2.7.1
I 8:41:52 ElbyCDIO.dll 3.2.0.1
I 8:41:52 CCDDriver.dll 3.2.0.1
I 8:41:52 ElbyECC.dll 3.1.0.0
I 8:41:52 SCSI/ATAPIドライブを検索中...
I 8:41:53 ドライブスキャンで1台のCD-ROMドライブと4台のCD-Rドライブが見つかりました。
I 8:41:53 次の人に登録されています: YSS
I 8:42:32 PLEXTOR CD-R PX-W8220TからC:\My Documents\cds100.CCDへのコピーを始めています。
I 8:42:32 データトラックのサブチャンネルを読み込む: ○
I 8:42:32 オーディオトラックのサブチャンネルを読み込む: ○
I 8:42:32 高速なエラースキップ: ×
I 8:42:32 読み込みエラーを報告しない: ×
I 8:42:32 不良セクタの強制読み込み: ×
I 8:42:32 CD-TEXTの情報: ×
I 8:42:32 トラック1の読み込み中... (ブロック 0-19536)
I 8:42:33 ISRC GBARL0100280
I 8:43:08 トラック2の読み込み中... (ブロック 19536-39274)
I 8:43:08 ISRC GBARL0100296
I 8:43:43 INDEX 0 トラック 3 LBA 39181!
I 8:43:43 トラック3の読み込み中... (ブロック 39274-58211)
I 8:43:43 ISRC GBARL0100301
I 8:44:17 INDEX 0 トラック 4 LBA 58126!
I 8:44:17 トラック4の読み込み中... (ブロック 58211-74734)
I 8:44:17 ISRC GBARL0100298
I 8:44:45 INDEX 0 トラック 5 LBA 74581!
I 8:44:46 トラック5の読み込み中... (ブロック 74734-93379)
I 8:44:46 ISRC GBARL0100295
I 8:45:18 INDEX 0 トラック 6 LBA 93269!
I 8:45:19 トラック6の読み込み中... (ブロック 93379-111744)
I 8:45:19 ISRC GBARL0100297
I 8:45:51 INDEX 0 トラック 7 LBA 111586!
I 8:45:51 トラック7の読み込み中... (ブロック 111744-127689)
I 8:45:51 ISRC GBARL0100292
I 8:46:19 INDEX 0 トラック 8 LBA 127591!
I 8:46:20 トラック8の読み込み中... (ブロック 127689-142751)
I 8:46:20 ISRC GBARL0100291
I 8:46:46 INDEX 0 トラック 9 LBA 142656!
I 8:46:46 トラック9の読み込み中... (ブロック 142751-158356)
I 8:46:47 ISRC GBARL0100293
I 8:47:14 INDEX 0 トラック 10 LBA 158184!
I 8:47:14 トラック10の読み込み中... (ブロック 158356-177909)
I 8:47:14 ISRC GBARL0100302
I 8:47:48 トラック11の読み込み中... (ブロック 177909-194591)
I 8:47:49 ISRC GBARL0100303
I 8:48:18 INDEX 0 トラック 12 LBA 194479!
I 8:48:18 トラック12の読み込み中... (ブロック 194591-213559)
I 8:48:18 ISRC GBARL0100305
I 8:48:52 INDEX 0 トラック 13 LBA 213459!
I 8:48:52 トラック13の読み込み中... (ブロック 213559-229309)
I 8:48:52 ISRC GBARL0100304
I 8:49:20 INDEX 0 トラック 14 LBA 229174!
I 8:49:20 トラック14の読み込み中... (ブロック 229309-247306)
I 8:49:20 ISRC GBARL0100299
I 8:49:51 INDEX 0 トラック 15 LBA 247206!
I 8:49:52 トラック15の読み込み中... (ブロック 247306-262151)
I 8:49:52 ISRC GBARL0100306
I 8:50:18 INDEX 0 トラック 16 LBA 262071!
I 8:50:18 トラック16の読み込み中... (ブロック 262151-278716)
I 8:50:18 ISRC GBARL0100333
I 8:50:47 INDEX 0 トラック 17 LBA 278424!
I 8:50:48 トラック17の読み込み中... (ブロック 278716-298479)
I 8:50:48 ISRC GBARL0100294
I 8:51:23 残りの操作時間: 00:08:51
I 8:51:23 トラック18の読み込み中... (ブロック 309879-310179)
I 8:51:26 残りの操作時間: 00:00:02
I 8:51:26 読み込みが終了しました。