注意!!
ここに書いてあることは、内容的にかなり古くなっています。





















■音楽CDプロテクト 〜その3〜

今度はさらに別の音楽CDプロテクトについて検証します。

タイトルは、国内で ワイルドスピードサウンドトラック として売られているCDです。(輸入版です)

※国内版のワイルドスピードサウンドトラックとは違うので注意!!
  もし買うときはCDの番号を確認してください。背ラベルの 314 586 631-2 の番号が目印です。


CD背ラベルの表記は以下のようになってます。 CDS欲しいけど売ってない!という人にお勧め!?

MORE FAST AND FURIOUS: Music From And Inspired By The Motion Picture THE FAST AND FURIOUS  314 586 631-2


このCDですが、先に結論をいうとCDS-200にそっくりです。(実際CDS-200かもしれないです)
ただし、裏面ジャケットにはCDS-200のロゴはありませんが・・・


フォーマット的には形式は2セッション形式ですが、2セッション目がMODE1になってます。








■とりあえずTOCをチェック(CDRWIN 4.0Aβ使用)







CD-DAトラックの情報がめちゃくちゃになってます。(CDS-200と同様)


ただし、ドライブを代えると全然違った結果になります。
CDS-200 のところでは載せてませんでしたが、この現象もCDS-200と同様です)





トラック1のLBA値が とんでもないこと になっているのは、スタートアドレスが特殊(M:S:Fが00:01:74)
なためだと思われますが、確実なことは不明です。

トラック2から12までは正常に認識されますが、トラック13と14は正常に認識されませんでした。
(計5回リトライ)




さてこのCDですが、この時点で問題ありありです。なぜかというと、

 PlayStation2で、トラック1が再生できません!! その他のトラックは再生可能です

原因は恐らくスタートアドレスが特殊なためだと思われますが・・・再生できないのは事実です。

言葉悪いですが、はっきりいって欠陥商品だと思います。
PlayStation2しかCD再生機器を持っていない人は、違法コピープロテクト防止のせいでトラック1が聴けないということに・・・







■UM-Doctoe Pro. ではどうか?






とりあえずは普通に認識しました。
ですが、この後の計測結果がえらいことに・・・

とんでもない計測結果の図









■バックアップ実験結果

CDS-100, CDS-200の経験から、CloneCD, DiscJugglerに絞って試してます。

番号 ライティングソフト 読みドライブ 焼きドライブ 特殊スタートアドレス
の再現
PlayStation2での
トラック1の再生
補足
1 DiscJuggler
3.50.830
TEAC
CD-532S
(3.0A)
- - - 間違ったTOCの情報のまま吸い出す
2 DiscJuggler
3.50.830
PLEXTOR
PX-40TS
(1.13)
- - - 解析中にエラー
3 DiscJuggler
3.50.830
TOSHIBA
SD-M1502
(1002)
- - - 解析中にフリーズ
4 DiscJuggler
3.50.830
PLEXTOR
PX-W2410A
(1.03)
- - - 解析中にフリーズ
5 DiscJuggler
3.50.830
Lite-On
LTR-24102B
(5S0J)
- - - 解析中にフリーズ
6 DiscJuggler
3.50.830
YAMAHA
CRW3200E
(1.0b)
- - - 解析中にエラー
7 DiscJuggler
3.50.830
RICOH
MP7200A
(1.30)
RICOH
MP7200A
(1.30)
OK NG 正常に読み書き完了
8 CloneCD
3.3.4.1
TOSHIBA
SD-M1502
(1002)
- - - イメージ作成中フリーズ
9 CloneCD
3.3.4.1
PLEXTOR
PX-40TS
(1.13)
YAMAHA
CRW3200E
(1.0b)
NG OK 正常に読み書き完了
10 CloneCD
3.3.4.1
RICOH
MP7200A
(1.30)
YAMAHA
CRW3200E
(1.0b)
NG OK 正常に読み書き完了


<設定>

○読み書きの速度は、いずれの場合も4倍速指定。
○DiscJugglerはリード時「Scan gaps/indexes」をチェック。ライト時デフォルト。
○CloneCDはリード時「オーディオのサブチャネル読み」をチェック。
  ライト時「最後のセッションを閉じる」のみチェック & 「RAW DAO」




バックアップ能力としてはDiscJugglerの方が上です。(ただし、読みドライブをかなり限定しそうですが)

ただ、特殊スタートアドレスをそのまま再現してしまうので結果的にPlaystation2での再生ができない等

再生互換 という点で問題が生じてきます。

※そういう意味では、バックアップの忠実性ということでは劣るものの、CloneCDの方がいいという見方もできます。


<補足説明>
CloneCDで焼いたものは、トラック1のINDEX 01が1フレーム分後ろにズレている状態です。



そこで再生互換ということを重視する場合はCloneCDを使いたくなりますが、少し注意が必要かもしれません。

結果的にはじめの1フレーム分を取りのがすことになるので、
そこにもしデータがあるとデータが欠落することになるからです。
(とはいえ、通常はゼロサンプルだと思いますが・・・)

といろいろ考えて気にしても解決しないので、実際に調べることにします。
ただし特殊スタートアドレスのため、吸い出す環境に少々気を使います。
(つまり、リッパーによっては、はじめの1フレーム分を取り逃がすことになる)


この手のことは WinCDR6が大得意 なので、WinCDR6.24 + PX-W2410Aで1トラック目を吸出し、
先頭1フレーム領域を調べてみました。

ADDRESS 00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 0A 0B 0C 0D 0E 0F 0123456789ABCDEF
------------------------------------------------------------------------------
00015A60 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 ................
00015A70 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 ................
00015A80 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 ................
00015A90 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 ................
00015AA0 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 ................
00015AB0 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 ................
00015AC0 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 ................
00015AD0 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 ................
00015AE0 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 ................
00015AF0 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 ................
00015B00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 ................
00015B10 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 ................
00015B20 FF FF 00 00 00 00 FF FF 00 00 00 00 00 00 00 00 ................
00015B30 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 ................
00015B40 00 00 00 00 00 00 FF FF 01 00 00 00 00 00 FF FF ................
00015B50 00 00 00 00 01 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 ................

先頭25フレーム分くらいまではゼロサンプルです。
(CloneCDを使っても、特に問題なさそうです)







■リッパーでWAVEファイルとして正常に取り込めるか

Exact Audio Copy V0.9 prebeta11がCDSのときはいい結果がでていたので、これを使用します。

結果としては、ドライブ依存度が高くなってます。


※CDSのときもそうでしたが、RICOHドライブがこの手のCDに有効かもしれません。











PX-40TSでは正常に認識されず、PX-2410Aではトラック13,14が変です。(計5回マウントし直しで確認)

RICOHのMP7200Aは正常に認識する上に、正常にリッピング可能 でした。



※これを書いているうちにExact Audio Copy V0.9 beta1が出ましたが、認識のされ方には変化ありませんでした。








■各種ログ - イメージ作成時 - (参考掲示)

上のバックアップ実験の番号9
I 17:31:48 CloneCD バージョン 3.3.4.1 を起動しました。
I 17:31:48 ElbyCDIO Driver 3.3.3.1
I 17:31:48 ElbyCDIO.dll 3.3.4.1
I 17:31:48 CCDDriver.dll 3.3.4.1
I 17:31:48 ElbyECC.dll 3.1.0.0
I 17:31:48 SCSI/ATAPIドライブを検索中...
I 17:31:48 ドライブスキャンで3台のCD-ROMドライブと2台のCD-Rドライブが見つかりました。
I 17:31:48 次の人に登録されています: YSS
I 17:32:04 PLEXTOR CD-ROM PX-40TSからC:\data\ws.CCDへのコピーを始めています。
I 17:32:04 読み込み速度: 4倍速
I 17:32:04 データトラックのサブチャンネルを読み込む: ×
I 17:32:04 オーディオトラックのサブチャンネルを読み込む: ○
I 17:32:04 高速なエラースキップ: ×
I 17:32:04 読み込みエラーを報告しない: ×
I 17:32:04 不良セクタの強制読み込み: ×
I 17:32:04 CD-TEXTの情報: ×
I 17:32:04 トラック1の読み込み中... (ブロック 0-18651)
I 17:32:06 ISRC USIR20110013
I 17:32:07 カタログナンバー 0731458663126
I 17:33:08 INDEX 0 トラック 2 LBA 18569!
I 17:33:08 トラック2の読み込み中... (ブロック 18651-33784)
I 17:33:09 ISRC USIR20110241
I 17:33:58 トラック3の読み込み中... (ブロック 33784-46991)
I 17:33:59 ISRC USIR20110243
I 17:34:43 トラック4の読み込み中... (ブロック 46991-54899)
I 17:34:43 ISRC USUMG0110002
I 17:35:09 トラック5の読み込み中... (ブロック 54899-70536)
I 17:35:10 ISRC USIR20110437
I 17:36:01 トラック6の読み込み中... (ブロック 70536-85109)
I 17:36:02 ISRC NLA320119582
I 17:36:50 トラック7の読み込み中... (ブロック 85109-104241)
I 17:36:50 ISRC GBF080000309
I 17:37:53 トラック8の読み込み中... (ブロック 104241-121499)
I 17:38:51 トラック9の読み込み中... (ブロック 121499-136411)
I 17:38:52 ISRC USUMG0110003
I 17:39:41 トラック10の読み込み中... (ブロック 136411-155411)
I 17:39:41 ISRC USIR20110005
I 17:40:44 トラック11の読み込み中... (ブロック 155411-171754)
I 17:40:45 ISRC USIR20180581
I 17:41:38 トラック12の読み込み中... (ブロック 171754-185501)
I 17:41:39 ISRC USDJ20111016
I 17:42:24 トラック13の読み込み中... (ブロック 185501-200786)
I 17:42:25 ISRC USUL19900336
I 17:43:15 INDEX 0 トラック 14 LBA 200644!
I 17:43:15 トラック14の読み込み中... (ブロック 200786-230466)
I 17:43:16 ISRC USUMG0110004
I 17:44:54 残りの操作時間: 00:12:50
I 17:44:54 トラック15の読み込み中... (ブロック 241866-332850)
I 17:49:58 残りの操作時間: 00:05:03
I 17:49:58 読み込みが終了しました。



上のバックアップ実験の番号7
I-377 2002/01/18 17:52:19 - Task manager: Initializing source drive:
I-246 2002/01/18 17:52:19 - Task manager: RICOH CD-R/RW MP7200A (F: Bus 1,ID 0) V1.30
I-378 2002/01/18 17:52:19 - Task manager: Initializing target drive(s):
I-246 2002/01/18 17:52:19 - Task manager: Padus VirtualCD V4.00
I-240 2002/01/18 17:52:19 - Task manager: Mounting media...
I-241 2002/01/18 17:52:19 - Task manager: Scanning media format...
I-246 2002/01/18 17:53:11 - Task manager: AUDIO, 2 session(s), 15 track(s), 74:00:00 MSF (333000 blocks, ~764859 KB)
I-246 2002/01/18 17:53:11 - Task manager: [01] 51:14:66 MSF, CD-DA session
I-246 2002/01/18 17:53:11 - Task manager: [01] 04:09:74 MSF, Audio track
I-246 2002/01/18 17:53:11 - Task manager: [00] 00:00:00, 00:01:74 MSF, Gap index
I-246 2002/01/18 17:53:11 - Task manager: [01] 00:01:74, 04:08:00 MSF, Audio index
I-246 2002/01/18 17:53:11 - Task manager: [02] 03:22:35 MSF, Audio track
I-246 2002/01/18 17:53:11 - Task manager: [00] 04:09:74, 00:00:52 MSF, Gap index
I-246 2002/01/18 17:53:11 - Task manager: [01] 04:10:51, 03:21:58 MSF, Audio index
I-246 2002/01/18 17:53:11 - Task manager: [03] 02:56:07 MSF, Audio track
I-246 2002/01/18 17:53:11 - Task manager: [01] 07:32:34, 02:56:07 MSF, Audio index
I-246 2002/01/18 17:53:11 - Task manager: [04] 01:45:33 MSF, Audio track
I-246 2002/01/18 17:53:11 - Task manager: [01] 10:28:41, 01:45:33 MSF, Audio index
I-246 2002/01/18 17:53:11 - Task manager: [05] 03:28:37 MSF, Audio track
I-246 2002/01/18 17:53:11 - Task manager: [01] 12:13:74, 03:28:37 MSF, Audio index
I-246 2002/01/18 17:53:11 - Task manager: [06] 03:14:23 MSF, Audio track
I-246 2002/01/18 17:53:11 - Task manager: [01] 15:42:36, 03:14:23 MSF, Audio index
I-246 2002/01/18 17:53:11 - Task manager: [07] 04:15:07 MSF, Audio track
I-246 2002/01/18 17:53:11 - Task manager: [01] 18:56:59, 04:15:07 MSF, Audio index
I-246 2002/01/18 17:53:11 - Task manager: [08] 03:50:08 MSF, Audio track
I-246 2002/01/18 17:53:11 - Task manager: [01] 23:11:66, 03:50:08 MSF, Audio index
I-246 2002/01/18 17:53:11 - Task manager: [09] 03:18:62 MSF, Audio track
I-246 2002/01/18 17:53:11 - Task manager: [01] 27:01:74, 03:18:62 MSF, Audio index
I-246 2002/01/18 17:53:11 - Task manager: [10] 04:13:25 MSF, Audio track
I-246 2002/01/18 17:53:11 - Task manager: [01] 30:20:61, 04:13:25 MSF, Audio index
I-246 2002/01/18 17:53:11 - Task manager: [11] 03:37:68 MSF, Audio track
I-246 2002/01/18 17:53:11 - Task manager: [01] 34:34:11, 03:37:68 MSF, Audio index
I-246 2002/01/18 17:53:11 - Task manager: [12] 03:03:22 MSF, Audio track
I-246 2002/01/18 17:53:11 - Task manager: [01] 38:12:04, 03:03:22 MSF, Audio index
I-246 2002/01/18 17:53:11 - Task manager: [13] 03:21:68 MSF, Audio track
I-246 2002/01/18 17:53:11 - Task manager: [01] 41:15:26, 03:21:68 MSF, Audio index
I-246 2002/01/18 17:53:11 - Task manager: [14] 06:37:47 MSF, Audio track
I-246 2002/01/18 17:53:11 - Task manager: [00] 44:37:19, 00:01:67 MSF, Gap index
I-246 2002/01/18 17:53:11 - Task manager: [01] 44:39:11, 06:35:55 MSF, Audio index
I-246 2002/01/18 17:53:11 - Task manager: [02] 20:15:09 MSF, CD-ROM session
I-246 2002/01/18 17:53:11 - Task manager: [01/15] 20:15:09 MSF, Mode1 track
I-246 2002/01/18 17:53:11 - Task manager: [00] 53:44:66, 00:02:00 MSF, Gap index
I-246 2002/01/18 17:53:11 - Task manager: [01] 53:46:66, 20:13:09 MSF, Mode1 index
I-467 2002/01/18 17:53:11 - Task manager: Task configuration: source: 00000104h, destination : 00001000h
I-279 2002/01/18 17:53:11 - Task manager: Write session 1 of 2...
I-280 2002/01/18 17:53:11 - Task manager: Writing track 1 of 15...
I-17598 2002/01/18 17:53:11 - RICOH CD-R/RW MP7200A (F: Bus 1,ID 0): Read speed set to 4X
I-280 2002/01/18 17:55:16 - Task manager: Writing track 2 of 15...
I-280 2002/01/18 17:56:57 - Task manager: Writing track 3 of 15...
I-280 2002/01/18 17:58:25 - Task manager: Writing track 4 of 15...
I-280 2002/01/18 17:59:18 - Task manager: Writing track 5 of 15...
I-280 2002/01/18 18:01:02 - Task manager: Writing track 6 of 15...
I-280 2002/01/18 18:02:39 - Task manager: Writing track 7 of 15...
I-280 2002/01/18 18:04:46 - Task manager: Writing track 8 of 15...
I-280 2002/01/18 18:06:41 - Task manager: Writing track 9 of 15...
I-280 2002/01/18 18:08:20 - Task manager: Writing track 10 of 15...
I-280 2002/01/18 18:10:26 - Task manager: Writing track 11 of 15...
I-280 2002/01/18 18:12:15 - Task manager: Writing track 12 of 15...
I-280 2002/01/18 18:13:47 - Task manager: Writing track 13 of 15...
I-280 2002/01/18 18:15:27 - Task manager: Writing track 14 of 15...
I-279 2002/01/18 18:18:46 - Task manager: Write session 2 of 2...
I-280 2002/01/18 18:18:46 - Task manager: Writing track 15 of 15...
I-276 2002/01/18 18:28:53 - Task manager: Task completed in 00h:36m:34s










★★★ 追加情報 ★★★

TOSHIBA SD-M1502とExact Audio Copy V0.9 beta1の組み合わせでは、
トラック単位のリッピングが可能です。




このまま正常にリッピング可能でした。

ただし、DiscJuggler 3.50.830やCloneCD 3.3.4.1で試した限りでは、ディスク単位でのイメージ作成は難しいようです。











★★★ 追加情報 〜その2〜 ★★★

ここまでで正常に焼けたかに思えましたが、バイナリチェックしたところ
全く予定外の結果になってしまいました。




TOSHIBA SD-M1502 + Exact Audio Copy V0.9 beta2で吸い出したトラック1を、WaveCompare 1.31で比較。

  マスターディスク 番号7のCD 番号9のCD 番号10のCD
マスターディスク - 不一致! 不一致! 不一致!
番号7のCD 不一致! - 不一致! 不一致!
番号9のCD 不一致! 不一致! - 不一致!
番号10のCD 不一致! 不一致! 不一致! -




TOSHIBA SD-M1502 + Exact Audio Copy V0.9 beta2で吸い出したトラック2を、WaveCompare 1.31で比較。

  マスターディスク 番号7のCD 番号9のCD 番号10のCD
マスターディスク - 不一致! 不一致! 不一致!
番号7のCD 不一致! - 不一致! 不一致!
番号9のCD 不一致! 不一致! - 不一致!
番号10のCD 不一致! 不一致! 不一致! -




PLEXTOR PX-W2410A + WinCDR 6.24で吸い出したトラック1を、WaveCompare 1.31で比較。

  マスターディスク 番号7のCD 番号9のCD 番号10のCD
マスターディスク - 不一致! 不一致! 不一致!
番号7のCD 不一致! - 不一致! 不一致!
番号9のCD 不一致! 不一致! - 不一致!
番号10のCD 不一致! 不一致! 不一致! -




PLEXTOR PX-W2410A + WinCDR 6.24で吸い出したトラック2を、WaveCompare 1.31で比較。

  マスターディスク 番号7のCD 番号9のCD 番号10のCD
マスターディスク - 不一致! 不一致! 不一致!
番号7のCD 不一致! - 不一致! 不一致!
番号9のCD 不一致! 不一致! - 不一致!
番号10のCD 不一致! 不一致! 不一致! -




マスターディスクからトラック1をTOSHIBA SD-M1502 + Exact Audio Copy V0.9 beta2で2回連続吸い出して比較

  マスターディスク(1)
マスターディスク(2) 一致!




マスターディスクからトラック2をTOSHIBA SD-M1502 + Exact Audio Copy V0.9 beta2で2回連続吸い出して比較

  マスターディスク(1)
マスターディスク(2) 不一致!




というわけで、思ったより大変 かもしれないです。

(いずれの焼いたCDもノイズ等はありませんが・・・)














トップへ