CD-R実験室トップ
DMR-BW800 トップ 各種DVD-Rメディアエラーチェックページ (1層) 各種DVD-Rメディアエラーチェックページ (2層)
ディスクへ直接記録したときの書き込み品位について 各種Blu-rayメディアエラーチェックページ


Panasonic DMR-BW800 各種Blu-rayメディアエラーチェックページ
ソースはDRモードで3時間録画した地デジ動画です
2007年11月時点では、BD-R はDVD-R のようなエラー計測を(個人で)行える環境はないので、
Nero DiscSpeed にて転送レートテスト、スキャンディスクを行います


書き込みドライブ Panasonic DMR-BW800
ファームウェア J113 ※購入時のファーム
メディア (ID) TDK 4倍速BD-Rメディア (TDKBLD-RBB-000)
記録にかかった時間 約21分
Nero DiscSpeed 4.9.0.0
コメント等
データ用として売られているものですが、地デジムーブ用として普通に使用可能です。記録にかかった時間は約21分なので、しっかり4倍速出ていると思われます。
気になるのは転送レートグラフの谷間ですが、どうやらこの谷間までが記録されているエリアで、谷間以降はブランクエリアのようです。

詳細は↓のPanasonicのメディアの結果を参照。





書き込みドライブ Panasonic DMR-BW800
ファームウェア J113 ※購入時のファーム
メディア (ID) Panasonic 4倍速BD-Rメディア (MEI-T02-001)
記録にかかった時間 約22分
Nero DiscSpeed 4.9.0.0
コメント等
同じくデータ用として売られているものですが、地デジムーブ用として普通に使えます。
それはさておき、このメディアは未記録エリアがCLV 読みになりました。(たまたまでしょうか?)

記録したのは地デジ3時間分ですが、まだ追記できるので、ディスクほぼいっぱいに追記して改めて転送レートテストを行うと こんな感じ になります。
追記する前、した後でNero DiscSpeed の示すディスク容量が同じことから、最後の方で減速するのは未記録エリアということでいいと思います。(追記後もまだ17MBくらい残り容量があるので、最外周で少しだけ減速しています)





書き込みドライブ Panasonic DMR-BW800
ファームウェア J113 ※購入時のファーム
メディア (ID) SONY 4倍速BD-Rメディア (MEI-T02-001)
記録にかかった時間 約22分
Nero DiscSpeed 4.9.0.0
コメント等
今後どうなるかはわかりませんが、初回流通分のSONY 4倍速BD-RメディアはPanasonic OEMでした。
特に問題なく4倍速記録は行えていて、転送レートグラフを見ても問題なさそうです。





書き込みドライブ Panasonic DMR-BW800
ファームウェア J113 ※購入時のファーム
メディア (ID) TDK 2倍速BD-Rメディア (TDKBLD-RBA-000)
記録にかかった時間 約42分30秒
Nero DiscSpeed 4.9.0.0
コメント等
2倍速TDKメディアなので、記録完了まで42分くらいかかりましたが、それ以外は特にこれといってありません。



Blu-rayのエラーチェックは、現状やっても面白くないので、これにて終了!


CD-R実験室トップ
DMR-BW800 トップ 各種DVD-Rメディアエラーチェックページ (1層) 各種DVD-Rメディアエラーチェックページ (2層)
ディスクへ直接記録したときの書き込み品位について 各種Blu-rayメディアエラーチェックページ