CD-R実験室トップ
DMR-BW800 トップ 各種DVD-Rメディアエラーチェックページ (1層) 各種DVD-Rメディアエラーチェックページ (2層)
ディスクへ直接記録したときの書き込み品位について 各種Blu-rayメディアエラーチェックページ


Panasonic DMR-BW800 各種DVD-Rメディアエラーチェックページ (1層)
ここでは各種1層DVD-R メディアに書き込みし、書き込み品位等を管理人の主観で勝手にコメントしています
メディアの選定、書き込み速度は、管理人の好み、または気まぐれです
ソースはAVCREC HXモードで1時間3分録画した動画です
書き込みドライブ Panasonic DMR-BW800
ファームウェア J113 ※購入時のファーム
メディア (ID) 太陽誘電8倍速DVD-Rメディア (TYG02)
2007年10月にエックス秋葉原1号店にて購入 (10枚で、1048円)
書き込み速度 最高速モード 静音モード
記録にかかった時間は約9分
Nero DiscSpeed 4.9.0.0
PxScan 1.7.12 + PxView 1.12.6 + PX-755A (改Firm 1.07) PIE/Beta/Jitter/TA
コメント等
書き込み速度は "最高速モード" と "静音モード" の2つしか選べませんが、これは最高速モードでムーブしたときです。
多少Beta低めの領域はありますが、経験上このくらいなら問題はないと思います。





書き込みドライブ Panasonic DMR-BW800
ファームウェア J113 ※購入時のファーム
メディア (ID) 太陽誘電8倍速DVD-Rメディア (TYG02)
2007年10月にエックス秋葉原1号店にて購入 (10枚で、1048円)
書き込み速度 最高速モード 静音モード
記録にかかった時間は約14分30秒
Nero DiscSpeed 4.9.0.0
PxScan 1.7.12 + PxView 1.12.6 + PX-755A (改Firm 1.07) PIE/Beta/Jitter/TA
コメント等
続いて静音モードでムーブしたときです。
最高速モードより悪くなっているところもありますが、Beta/Jitter グラフはこっちのほうがよく、トータルして見ると静音モードの方がよさそうな気がします。(ディスク外周のBetaグラフは奇跡的なくらいに一直線)
※以下はすべて静音モードでの書き込みです。





書き込みドライブ Panasonic DMR-BW800
ファームウェア J113 ※購入時のファーム
メディア (ID) maxell 8倍速DVD-Rメディア (MXL RG03)
2007年10月にビックカメラ大宮店にて購入 (10枚で、1880円)
書き込み速度 最高速モード 静音モード
記録にかかった時間は約14分30秒
Nero DiscSpeed 4.9.0.0
PxScan 1.7.12 + PxView 1.12.6 + PX-755A (改Firm 1.07) PIE/Beta/Jitter/TA
コメント等
予想はしていましたが、maxell はあまりよくないです。(特にTA)
この感じなら、誘電を使うのが正解。





書き込みドライブ Panasonic DMR-BW800
ファームウェア J113 ※購入時のファーム
メディア (ID) 森メディア (MXL RG03)
2007年6月に森氏直販サイトにて購入 (25枚で、6250円)
書き込み速度 最高速モード 静音モード
記録にかかった時間は約14分30秒
Nero DiscSpeed 4.9.0.0
PxScan 1.7.12 + PxView 1.12.6 + PX-755A (改Firm 1.07) PIE/Beta/Jitter/TA
コメント等
CPRM対応の森メディアは元々あまりよくないですが、BW800では特に使っちゃまずそうです。
誘電にしましょう!





書き込みドライブ Panasonic DMR-BW800
ファームウェア J113 ※購入時のファーム
メディア (ID) 三菱化学8倍速DVD-Rメディア (MCC 02RG20 )
2007年10月にケーズデンキ武蔵浦和パワフル館にて購入
(20枚で、1580円)
書き込み速度 最高速モード 静音モード
記録にかかった時間は約14分30秒
Nero DiscSpeed 4.9.0.0
PxScan 1.7.12 + PxView 1.12.6 + PX-755A (改Firm 1.07) PIE/Beta/Jitter/TA
コメント等
maxell や森メディアよりはいいですが、PIEが高めだったりとイマイチなところがあります。
(やはり誘電一択か!?)





書き込みドライブ Panasonic DMR-BW800
ファームウェア J113 ※購入時のファーム
メディア (ID) Panasonic(太陽誘電) 8倍速DVD-Rメディア (TYG02)
2007年10月にビックカメラ大宮店にて購入 (10枚で、1480円)
書き込み速度 最高速モード 静音モード
記録にかかった時間は約14分30秒
Nero DiscSpeed 4.9.0.0
PxScan 1.7.12 + PxView 1.12.6 + PX-755A (改Firm 1.07) PIE/Beta/Jitter/TA
コメント等
ということで、別パッケージのTYG02です。
内周でややエラー高めですが、これくらいなら問題なし。BW800用のDVD-R メディアとしては、やはり誘電を使うのがよさそうです。(ただ、10枚で1480円したので、コストパフォーマンス的にイマイチなところありますが)





書き込みドライブ Panasonic DMR-BW800
ファームウェア J113 ※購入時のファーム
メディア (ID) CMC 8倍速DVD-Rメディア (CMC MAG. AE1)
2007年10月にソフマップ大宮店にて購入 (10枚で、480円)
書き込み速度 最高速モード 静音モード
記録にかかった時間は約14分30秒
Nero DiscSpeed 4.9.0.0
PxScan 1.7.12 + PxView 1.12.6 + PX-755A (改Firm 1.07) PIE/Beta/Jitter/TA
コメント等
一応安メディア系も1枚追加しておきます。(10枚で480円)
しかしこれが意外とよく、(保存性は別にして)記録直後ではmaxell HGや森メディアよりいい結果になっています。
ただし、PX-755A ではマウントしにくかったりと、↑のグラフからは読めない欠点もあるので、安全をとるなら誘電の方がいいとは思いますが。




■太陽誘電8倍速DVD-R メディア1択!

少々極論ですが、

BW800はBD-Rメディアが使えるので、コストパフォーマンスを考えるとDVD系メディアを使うなら1層のDVD-R
16倍速のDVD-Rは8倍速のDVD-Rよりやや高いので、使うなら8倍速メディア。
maxell や森メディアはBW800ではイマイチきれいに焼けない。

ということで、選択の余地はあまりありません。太陽誘電8倍速DVD-R 1択でいいと思います。


maxell 以外の日本製メディアは、まず太陽誘電です。


CD-R実験室トップ
DMR-BW800 トップ 各種DVD-Rメディアエラーチェックページ (1層) 各種DVD-Rメディアエラーチェックページ (2層)
ディスクへ直接記録したときの書き込み品位について 各種Blu-rayメディアエラーチェックページ