CD-R実験室トップ
DMR-BW800 トップ 各種DVD-Rメディアエラーチェックページ (1層) 各種DVD-Rメディアエラーチェックページ (2層)
ディスクへ直接記録したときの書き込み品位について 各種Blu-rayメディアエラーチェックページ


Panasonic DMR-BW800 ディスクへ直接記録したときの書き込み品位について
BW800はHDDを介さず直接DVD-R へ記録できますが、そのとき記録品位が悪くなることが予想されるので、
その辺を実際にやって確かめてみます
ソースはAVCREC HXモードで1時間3分録画した動画です
書き込みドライブ Panasonic DMR-BW800
ファームウェア J113 ※購入時のファーム
メディア (ID) 太陽誘電8倍速DVD-Rメディア (TYG02)
2007年10月にエックス秋葉原1号店にて購入 (10枚で、1048円)
書き込み速度 ディスクへ直接記録 (1時間3分)
Nero DiscSpeed 4.9.0.0
PxScan 1.7.12 + PxView 1.12.6 + PX-755A (改Firm 1.07) PIE/Beta/Jitter/TA
コメント等
挙動を見る限り、エンコードしつつ同時に書き込みを行っていますが、予想通りPIFが密集しています。
PIE的にもも通常の記録(高速ダビング)より悪くなっているので、基本的には一旦HDDに録画 → DVD-R へムーブ(高速ダビング)とやった方がよさそうです。
ただ、DVD-R へ直接記録というのは便利な面もあるので、あまり細かいことを気にしなければ特に問題はないかと思いますが。


CD-R実験室トップ
DMR-BW800 トップ 各種DVD-Rメディアエラーチェックページ (1層) 各種DVD-Rメディアエラーチェックページ (2層)
ディスクへ直接記録したときの書き込み品位について 各種Blu-rayメディアエラーチェックページ