CD-R実験室トップ
Panasonic DIGA DMR-XW31 トップ Data用 DVD-R (1/2) Data用 DVD-R (2/2)
CPRM対応のDVD-R CPRM対応のDVD-R DL CPRM対応のDVD-RW (1/2) CPRM対応のDVD-RW (2/2)
CPRM対応のDVD-RAM エンコードしながらの書き込み


■Panasonic DIGA DMR-XW31 - 2007年6月30日更新 - 

2011年7月に現行のアナログ放送が終了、地上デジタル放送に完全移行することは以前より告知されていますが、

アナログ放送でも特に不満がないこと
地上デジタル関連機器は価格的に高いこと
設置とかがなにかと面倒なこと
コピーワンスという非常に嫌すぎる制限があること
コピーワンスの仕様が変更になった場合、今買った録画機器の対応度がイマイチ不明なこと

から、地デジ対応機器はギリギリまで買わないつもりでした。
ところが世間があまりに地デジ、地デジと騒ぐので、「受信はもうできるみたいだけど、ほんとうに地デジ放送が映るのか?」 といったことがどうにも気になってきてしまい、地デジ対応レコーダー、Panasonic DMR-XW31 を購入。
記録型DVDドライブを搭載しているということで、通常の記録型DVDドライブと同じような検証をしてみようと思います。(といっても、焼きチェックくらいですが)


Panasonic DIGA DMR-XW31
Panasonic DIGA DMR-XW31
2007年6月時点での売れ筋モデルの一つですが、10万円近くもします。
ちょっと気軽に買えるものではないですが、7月5日にはボーナスが支給されるということで、無理やり理由をつけて購入。
- 公式サイト -




■搭載ドライブは?

Panasonicは最近記録型DVDドライブを積極的に発売していませんが、搭載されているのはPanasonicドライブと思われます。


PxScan 1.7.12
ログ
ちょっとよくわからないところがあるのですが、ファームは K224 で、日付は 2007年3月19日。
シリアルは "RZ024110" というのは間違いないと思われます。
R4-ABC2 というのは、2007年6月時点ではGoogleで未ヒット。



DVDINFOPro 4.634
DVDINFOPro では、記録した日時が確認できます。
(ドライブによっては↑のように表示されない点には注意)




■導入

普通の21型ブラウン管TVにD端子接続(D1)し、早速地デジ放送を視聴しましたが、ノイズ感がまるでないことに驚きました。(今まで特に気になるところもなく普通に見ていたのは、ノイズまみれの画像だったことが見た瞬間にわかりました)
この辺は知らなかった方が幸せかも。もう知ってしまいましたが・・・

最初はそれなりの液晶ディスプレイに映さないと地デジを導入する意味はないのでは?なんて思ってましたが、普通のブラウン管TVでも地デジ対応レコーダーを使う価値は大いにありそうです。アナログ特有のノイズが全然出ず、非常にいい感じです。
ブラウン管TVはまだ新しいものの、録画機器が古いVHSなんかのときは、ディスプレイより先にレコーダーを買うのが実はよさげです。

さて、画質的に予想より大幅によかったとなると、それなりのディスプレイに繋ぎたくなりますが、


今クレジットカードで購入すると、ボーナス支給直後くらいに引き落とされる


ということもあり、なにかと理由をつけてディスプレイ購入を急遽決定。
いきなり決定したので機種選びのポイントがイマイチわかりませんが、よく 「フルHD対応」 なんて言葉を聞くので、買うならフルHD対応のもを・・・と思いつつまずはネットで下調べです。
ところがフルHDで26インチクラスのものはどうやらないようで、最低で32インチらしいです。※2007年6月時点
一般的には常識かもしれませんが、私は根本的なことがよくわかってませんでした。すいません。

しかたないので、あまり深く考えずPanasonicの26インチのサイドスピーカーのやつでいいかと思いつつショップへ現物を見に行くと、地デジの割にはいまいちきれいに映っていないような気がします。(たまたま映像ソースが悪かっただけの可能性あり)

ここはもう少し慎重になった方がよさそうだということで、さらに調べたところ、三菱のPC用ディスプレイで非常に気になるのがタイミングよく発売されてました。→ MDT241WG

24.1インチでフルHD対応
基本的にはPC用ディスプレイで、WUXGA (1920 x 1200) なものの、ドットバイドット対応のためDIGAの1080iや、PS3の1080pをアスペクト比くずすことなく表示できる。
HDMI入力を2系統装備

決め手になるのは↑の3つです。
HDMI関連の不具合報告が気にはなるものの、もう物欲全快状態なので結局購入しちゃいました。あわせてPS3(60GB)も! → はやくもボーナス20万円消費。
入力を切り替えると画面が映らないことがあったり、映ってもアスペクト比が異常になる等不具合がいくつかありますが、(その場しのぎの)直し方が一応あることと、予想をはるかに超える画面の綺麗さが不満点を上回り、満足度はかなり高めです。こちら も参照。




■DMR-XW31の主な特徴等

DIGA DMR XW31 を使ってみての特徴等は大体以下のような感じです。

コピーワンス緩和の動きはあるようですが、2007年春に発売された本機は思いっきりコピーワンスモデル。
(これはPanasonic以外のメーカーでも全く同様ですが)
搭載されている光ドライブはBlu-ray非対応のため、DVDメディアへSD画質でコピーすることになりますが、そのSD画質でもコピーワンスの制限があります。(注:一応書いておきますが、Panasonic以外もそうです)
画質が劣化しないのならコピーワンスという制限も理解できるところはありますが、あきらかに画質が落ちているのにコピーワンスというのは、実際体験してみると理解に苦します。
だれが権力握っているのかは知りませんが・・・(ズームイン朝とかにもコピーワンスとか、さすがにそれはどうかと)
画質劣化なしで録画した場合(DRモード)録画したものをDVDメディアへムーブするときはエンコードしながらの書き込みになる。(先にエンコードのみを行うというのは、どうやらできない)
そうするとPIFがかなり密集してしまうので、DVDメディアへムーブすることが決定しているときは最初からXPモード、SPモードで録画した方がいいかもしれない。
2番組同時録画可能とはいっても、DRモードを使わないとだめ等制限が結構あるので、今までのアナログ機の2番組同時録画のつもりでいると少し不便に感じる。
DVD+Rには非対応。ただし、地デジ関連はCPRMディスク必須なので、その辺はあまり気にする必要はなさそう。(そもそも、国内ではDVD+Rメディアがあまり売ってない)
ほんとに使えないのか?ということで、ブランクDVD+R を試しに入れてみましたが、カッコンカッコンといった音がしてマウントできませんでした。
DVDメディアへの書き込み速度が(一応)選択できるので、8倍速メディアへ4倍速CLV書き込みをすることが可能。(結構重要)
DVD-R 8倍速書き込みの記録品位が少し悪いかもしれない。(4倍速なら問題なし)
リモコンは使いにくいところがあるものの、DMR-EH66 にくらべればはるかにまし。(チャンネルボタンがカバー外にあるので)
というか、DMR-EH66 のリモコンはありえないくらいの使いにくさだったので、それに比べればましという程度です。


今までのアナログ機 (DMR-EH66)からすると、コピー制限や、著作権保護関連が本当にうるさくなりました。DVDメディアへムーブすると画質があきらかに落ちますが、それでもコピーワンスの制限を受けるというのは非常につらいです。DVDメディアへムーブしたら、そこが終着駅。もうそれを大事に保存するしかありません。安メディア使用は厳禁!
いや、もうコピーとかできるでしょ?というツッコミはここではなしということで。

あとこれは使うまで知らなかったのですが、個人情報さらしてユーザー登録しないと、BShiを見させてくれない ようにもなってます。
アナログ放送で不満がないなら、アナログのままできるだけ粘った方がどう考えても正解。

で、DMR-XW31は使えるのか?ですが、実はこれがもう手放せなくなってしまいました。
理由としては MDT241WG に繋いだときのノイズ感がないきれいな画面につきます。もうアナログ放送にはとても戻れそうにないです・・・
自室のブラウン管TVと、DMR-EH66はすでに撤去してしまいました。しかしコピーワンスは不便だ!



コピーワンスだと同じ番組のディスクを2枚出来ないか?ということで言えば、(XW31では)一応できます。
別に特殊なやり方ではなく、同じ番組をDRモードでW録画するだけです。(ただ、DVDメディアへのムーブはエンコードしながらの書き込みとなるため、2時間番組だと計4時間もかかることになりますが)

あと、今の時代だと 「最近のレコーダーはWチューナー搭載のが多いし、チューナー代わりにHDDレコーダーでも買ってみようか?」 と考える人も多いかと思いますが、XW31の場合Wチューナーの使用に関していくつか制限があります。他のメーカーについてはよくはわかりませんが。

録画するときにDRモード(地デジをそのままの画質で録画するモード)を使う分には制限はほとんどなく、録画中でももう一方のチューナーで他のチャンネルを視聴できたり、すでに録画した番組を見ることが出来ます。
しかし、それ以外のモードで録画すると録画中はかなり制限が増えます。(もう一方のチューナーが使えない、すでに録画済の番組が見られない、DVD-Videoが見られない等)
ただ、DRモード以外のモードで録画しているときでも、録画中の番組はそのまま視聴できます。
DRモード以外のモードで録画しているときは、録画しつつエンコードも同時に行っているので、制限されてしまうっぽいです。




■余計な話

予想はしてましたが、高解像度液晶ディスプレイでDVD-Videoを見ると、今までのブラウン管TVに比べて画質的につらいところがあります。
1920x1200の三菱 MDT241WG に、通常のDVD-Videoをドットバイドット表示させると、

ミノワマン!

こんな感じになってしまいます。
これをこのまま見る分にはきれいに見ることができますが、さすがに小さく感じます。
そこで拡大表示させることになりますが、↑のを画面いっぱいに拡大させるとどうなるかは、液晶の性質を知っている人なら想像付くと思います。
いろいろ試したところでは、PS3の2倍アプコン(HDMI接続)がわりといい感じなので、しばらくはそれで使う予定。
できれば DV-600AV あたりも使ってみたいところですが、HDMIセレクターが必要になってきそうだったりと、さらに金かかっちゃうので、それはまたの機会にでも。





■コピーワンス制限が消える?

2007年6月時点では、地デジはすべてコピーワンスの制限がありますが、昔買ったアナログチューナー付きキャプチャーボード、ピクセラ PIX-MPTV/P4W のS端子に DMR-XW31 の出力をつないだところ、コピーワンスの制限がなくなってました。
DVDメディアへムーブするとどっちにしろSD画質になってしまうので、古いキャプチャーボードがある場合はいろいろ試してみると新たな発見があるかもしれません。
検索してみたら、P4Wは 「コピーワンス?なにそれ?」 な時代に発売されたせいか、コピーワンスを勝手に(悪意はなく)除去するみたいです。昔買ったときは当然そんなこと考えもしませんでしたが、意外なところで・・・以下略。
ただ、普通に録画すると16:9の画面が4:3に横方向縮小されてしまうので、画面のサイドがカットできる出力機器をつなぐか、16:9→4:3に縮小したまま取り込んで、TMPGEnc 4.0 XPress等で16:9の比率でエンコードする必要ありますが。(XW31は16:9の画面のサイドをカットした出力が出来ます)




16:9を4:3で取り込んだとき。
たまにこういうアスペクト比が変なのを普通に見ている人がいますが、やはり違和感あります。
TMPGEnc 4.0 XPressで16:9にエンコードしたとき。
これなら違和感なく見れます。




■リモコン

DMR-EH66 のときは本当に使いにくいリモコンでしたが、チャンネル上下ボタンがカバー外に出たことで、かなりまともになりました。
しかし、私の場合テンキーを結構頻繁に使うので、相変わらず使いにくいです。(テンキーはカバーを開けないと出てきません)

どうしようかと考えた末、SONYの学習リモコン RM-PL500D を別途購入。何日か使いましたが、これでやりたいことはすべてできるので、付属のリモコンは今回も使わないことになりました。


左が付属のリモコンで、右が別途購入した学習リモコン。


Panasonicのリモコンはデザイン的にすっきりまとまっていて、一見使いやすそうにも見えますが、肝心なボタンがカバー内に隠れていること、クルクルボタンと方向ボタンが共用になっていることで、方向ボタンが非常に押しづらく操作性が悪いことが欠点になると思います。
今後のモデルではぜひその辺改善していただきたいところです。
レコーダー本体はいいのに、リモコンで商品価値をさげてしまっているように感じます。実にもったいない!




地デジをVRモードでムーブしたDVD-RWディスクの再生について

地デジをVRモードでムーブしたDVD-RWディスクの再生結果です。


ハード ファームウェア 再生ソフト 再生結果
DIGA DMR-XW31 家電用
DVDレコーダー
K224 - 再生可能
DIGA DMR-EH66 J211 - 再生可能
PLAYSTATION3 ゲーム機 1.81 - 再生可能
Pioneer DVR-A12J PC用
光学ドライブ
1.21 Power DVD 6.6 再生可能
PLEXTOR PX-755A 1.07 Power DVD 6.6 再生可能
Panasonic LF-MB121JD BD02 Power DVD 6.6 再生可能
BenQ DW1670 103 Power DVD 6.6 再生可能
Pioneer DVR-A05-J 1.33 Power DVD 6.6 再生可能
NEC ND-4551A 1-21 Power DVD 6.6 再生可能
日立LG GSA-4082B A209 Power DVD 6.6 再生可能
TOSHIBA SD-R5272 1031 Power DVD 6.6 再生可能
ASUS DRW-1814BLT 1.10 Power DVD 6.6 再生できない
(マウントは可能)
Accesstek DD0203 2.50 Power DVD 6.6 再生できない
(マウントは可能)
RICOH MP5240A 1.19 Power DVD 6.6 再生できない
(マウントは可能)


A05-J 等の少し古めのドライブでも再生可能でした。
ただ、CPRMディスクの再生はネット認証が必要なので、その点では面倒です。(スタンドアローンマシンでは再生できない)
※Power DVD 6.6 は、LF-MB121JD を購入して、ユーザー登録したときにダウンロードしたバージョンのものです。




■お勧めメディア - 2007年6月調べ -

普段はあまりお勧めメディアとかは書かないのですが、"DMR-XW31" 等で検索でこのページにふと来た人が、うちのページの内容を見てもよくわからないと思うので(汗)
一通り使った中でよさそうなメディアを書いておきます。


DVD-RWメディア
個人的には、XW31では日本製Victor 2倍速DVD-RWメディアを使う予定です。
何枚か焼きましたが、いずれもいい感じでした。入手製がいいのも高ポイント。
台湾製VictorはRiTEKなので、買う前は製造国をよく確認しましょう。(ただ、RiTEKでも悪くはなさそうですが)



DVD-Rメディア
DVD-Rは(三菱とかでもいいですが)ほとんど太陽誘電1択状態です。
maxell、MB、森メディア以外の日本製はすべて誘電だと思いますが、念のため誘電純正(That'sブランド)を買うのが安心。
DVD-Rは高速タイプ(16倍速対応)も売られていますが、コスト的に安い
8倍速メディアを使って、静音モードで記録するのがいいと思います。



RAMメディア
RAMは入手製を考慮して、3倍速タイプのPanasonic、maxell がいいと思います。
個人的には、RAMは使う予定はないですが。(PS3でマウントできないため)



DVD-R DLメディア
2層はやはりシンガポール三菱が無難。
今回買ったPanasonicは三菱OEMでしたが、今後誘電とかに切り替わる可能性もあるかもしれないので、
確実に三菱がいいなら三菱パッケージを買うのが安心です。(あとは製造国を要確認)
2層DVD-R DLメディアは、ディスク外周ギリギリまで使う仕様なので、ほんとに大事なものは
2分割して1層メディアに記録する方がなにかと安心感はあります。




■各種エラー計測グラフの見方がわからない!

説明ページ


CD-R実験室トップ
Panasonic DIGA DMR-XW31 トップ Data用 DVD-R (1/2) Data用 DVD-R (2/2)
CPRM対応のDVD-R CPRM対応のDVD-R DL CPRM対応のDVD-RW (1/2) CPRM対応のDVD-RW (2/2)
CPRM対応のDVD-RAM エンコードしながらの書き込み