■ファームMRCC の DQ60 - 2005年10月25日更新 -

初期ファーム (MRBC) では非常に使いにくかったドライブ、BenQ DQ60 ですが、不具合を修正したと思われるファームウェア MRCC がリリースされました。
変更点は、


1. DVD-RAM, DVD-Rメディア 記録品質の向上
2. DVDメディア全般に対して記録ストラテジの変更
3. 全ての記録メディアへの再生互換性の向上


ということで、なにやら大幅な変更がなされているようです。
気になるのは、初期ファームではまともに焼けなかったメディアへの対応度なので、早速ファームアップして試してみます。

・・・と、その前に、便急さん♪ してしまったので、もとの DQ60 に戻せるか?という疑問がありますが、

案の定、普通にアップしようとしただけではここから先に進みません。(当然かもしれませんが)



さてどうしようか?といったところですが、こんなこともあろうかと事前にもう1台DQ60を購入しておいたので、今回はそれを使います。


こんなこともあろうかと、事前に追加購入しておいたDQ60 (白ベゼル)
1台目購入品と同じく、2005年9月製造。
例の 「不讀盤」 の文字はありませんでした。
※白ベゼルのもブラックトレイでした。


ファームアップ後の DVDINFOPro 4.32 での情報


※今回は時間があまりないので、気になったことから駆け足で調べていきます。




■QSuite 2.0 での動作

10月公開のファームで、全機能使えるということになっていますが、




どうやらファームMRBCのときと変わっていないっぽいです。
今月中にほんとに全機能対応するのか怪しい気が・・・(あと1週間くらいはありますが)




あとは時間の許す限り、気になるメディアから焼いていきます。

【条件等】
●ライティングソフトは Nero CD-DVD Speed 4.07
●ここに掲載しているデータは、絶対的な品質をあらわすものではないので、(重要)参考資料の一つとして見て下さい。
●PxScan用には、PX-716UFL を使用。(読み速度は2倍速CLV)
●Nero CD-DVD Speed 4.07 でのディスク品質テストは、DW1640 (Firm BSLB) を使用。(読み速度は4倍速CAV)



各種DVDメディアでのエラーチェックページ