■BenQ CRW4816Pのベンチマーク

ファームウェアは購入時のA.NZ
Nero CD Speedの設定は基本的にデフォルトです。

■MODE1リード


※画面クリックでログを表示



■CD-DAリード


※画面クリックでログを表示



■Transfer Rate Test(シミュレーション書き込み)


※メディアは誘電の700M 40倍速対応品を使用



■Advanced DAE Quality Test(RAW OFFでテストCDを作成)

※画面クリックでログを表示



■Advanced DAE Quality Test(RAW ONでテストCDを作成)

※画面クリックでログを表示






■長時間焼き

99分焼き可能です。上図の後正常終了します。






■CD-RW焼きが16倍速

執筆時では、HIGH SPEED CD-RWメディアの焼き速度が16倍速と最高速ですが、
「はたしてほんとに16倍速でるのか?」ということで試してみました。
確認はNero CD SpeedのTransfer Rate Testで行っています。

ブランド名 製造元(ATIP情報) 最高焼き速度
付属のメディア Acer 16倍速
RICOH RICOH 12倍速
SONY RICOH 12倍速
maxell Acer 12倍速
imation MITSUBISHI 12倍速
MR.DATA CMC 12倍速

※2002.7月の情報です。






■SafeDisc2.5

正常にバックアップ可能です。
(DiscJuggler4にて確認)




■CDS-200.0.4 Key2Audio

CDS-200.0.4は、とりあえず普通の音楽CDかのように認識可能。
(ただし、ソフトや条件によってはうまく吸えないことあり)
Key2Audioはマウント不可です。




■結論

Rの48倍速焼きとRWの16倍速は、メディアをかなり選びそう、ということになりました。








トップへ