■SONY DRU-840A - 2007年9月30日更新 - 

※都合により、簡易検証ページになっています。



結局自社製の記録型DVDドライブはほとんど発売しなかったSONYですが、TSST OEMと思われる DRU-840A (海外パッケージ版) がユートビア扱いで発売されました。


SONY DRU-840A
SONY DRU-840A
店頭でいきなり見かけたので思わず購入しちゃいましたが、あけてみたらTSSTでした。
(TSSTだと知っていたら買わなかったかも)
販売代理店
AKIBA PC Hotline!


今回は都合によりあまり細かいところまでは調べていませんが、DVD 6倍速CLV 書き込みがサポートされたのが一番大きいです。
その他は特にこれといってありませんが、自社製ではないので、わざわざ期待して買うほどのものでもないかと。(というか、SONYにはPC用Blu-rayドライブを発売してほしいところ)




■トレイの色、製品ラベル、フトント部スキャン

トレイの色
SONYが発売するのはほとんど黒だったと思いますが、本ドライブも黒です。



製品ラベル
MADE IN INDONESIA で、2007年8月製。
光学ドライブでインドネシア製というのいは珍しいですが、Pansonicドライブ等でたまにあります。



フロントベゼル
イマイチうまくスキャンできませんが、一応掲載。




■分解 (メイン基板等)

メイン基板
拡大



メイン基板 (一部抜粋)
TSST製であることがはっきりわかります。



メインチップ
メイン基板をひっくり返すと見えます。
MT1858L が搭載されていました。




■各種ソフトでの認識

DVDINFOPro 4.634
タイムスタンプは一応正常っぽく表示されています。
(↓のNero Infotool では表示されない)
購入時のファームウェアは、SS01



Nero InfoTool 4.4.2.0
シリアル番号は、「それはちょっと違うのでは?」 と突っ込みたくなる文字列が表示。
この辺はTSSTの特徴がよく出ています。




■付属ソフト

おなじみのNero7 Essentials シリーズです。


いつもは付属ソフトはあまり使いませんが、↑のNero ShowTimeでDVD-Videoを再生したところ、
デコーダーは別料金!のようです。




■(CSS) DVD-Video再生 & 速度

制限はされてなく、MAX速度出ます。
ただ、視聴中は勝手に速度が落とされているようで、うるさくはありませんでした。


Nero DriveSpeed での設定画面。




■DAE & オフセット値

いつもの通りの数値で、特にこれといったことはありません。




■DVD-R 20倍速書き込み

太陽誘電16倍速DVD-R メディア使用
4分41秒と、かなりの高速です。



ディスク品質テストで動作可能
Jitterは無理ですが、PIE、PIFは動きました。(予想通り)




■DVD-R 6倍速書き込み対応

昔のTSSTと違い、フルCLV 6倍速書き込みが可能になってます。

ようやくフル CLV での6倍速書き込みが可能になりました。





NextPage>>
各種DVD-R メディアエラーチェックページ