CD-R実験室トップ
ASUS DRW-1814BLT トップ ドライブ情報等 CD関連の各種性能 CD関連のベンチマーク
各種速度でのDVD±R書き込みグラフ DVD関連のベンチマーク DL
各種8倍速メディアエラーチェックページ Part1 各種8倍速メディアエラーチェックページ Part2
各種16倍速メディアエラーチェックページ 個体差


■ASUS DRW-1814BLT  - 2007年1月23日更新 -

TSSTに続き、ASUSからもS-ATA接続の記録型DVDドライブが販売されました。


ASUS DRW-1814BLT
ASUS DRW-1814BLT
ASUSというと、以前Pioneerのドライブを販売していたことがあるものの、
最近の国内市場ではほとんど未販売状態。
国内では久々登場となりました。
- 公式サイト -
代理店
AKIBA PC Hotline! 2
ASCII24 - Akiba2GO!


さて、ASUSから発売されたわけですが、これが自社製なのか?というのがまず気になるところです。
最初はどこ製なのか判断できませんでしたが、カバーを開けてメイン基板をひっくり返すと "ASUS" のシルク印刷があることから、どうやら自社製のようです。


しっかりと "ASUS" の文字があり
↑の方の黒いコネクタは、S-ATA 用のものです。
また、基板自体は、DRW-1612BLT と同等品のようです。
あとこれはどうでもいいことですが、水晶とか電解コンデンサがディップ品です。
(光学ドライブ用基板としては珍しい)


ASUS自社製の記録型DVDドライブを使うのはこれが初めてですが、メインチップがMediaTek製ということで、ある程度特徴的なことは予測できます。(予想と違うところもありますが)
主な特徴等は、※一部、TSST TS-H653A のコメント文流用してます。

メインチップはMediaTek MT1899LEが搭載。ただし、予想と反して、KProbeでは動作しない。(Nero CD-DVD Speed では可能)
インターフェースは、2007年1月時点では貴重な S-ATA (配線スッキリ)
S-ATA変換基板とかを使うのではなく、プリント板から専用設計している。
付属ソフトは必要なものがすべて付属している。(ただし、Pana製RAMドライバは付属していないので、その辺にこだわるときは一応注意)
EACで設定するオフセット値は、(MediaTek搭載の)LITE-ON LH-18A1P 等と同じで、読み(-24) 書き(+24)
ただし、(MediaTek搭載の)LITE-ON LH-18A1P 等と違い、音楽CDのディスク先頭24サンプルを読めない。(LITE-ON LH-18A1P 等は読めます)
TYG03へ速度違反書き込みできない。(TYG03へ速度違反できないドライブは珍しいです)
18倍速書き込み可能なのは、maxell ±R 16倍速、三菱 +R 16倍速あたり。
DVD±R 6倍速書き込みは非対応。
可能であれば、DVD±Rへの6倍速書き込みのサポートを希望。
Nero CD-DVD Speed のディスク品質テストは、一応動作可能。ただし、Jitter計測には非対応。
KProbe 2.5.2、DVDScan 0.04、DVDINFOPro 4.238 では動作しない。
maxell の12倍速RAMメディアを使うことで、RAMへの14倍速書き込み(速度違反)が可能。速度は14倍速固定で、12倍速に落とすことはできない。
maxell の12倍速RAMメディアの読み速度は12倍速。そのため、ベリファイ込みでの書き込みはバランス悪いかもしれない。
Nero CD-DVD Speed を使うことで、BookTypeの設定変更が可能で、DVD+RWメディアのBookType書き換えを行うことも可能。
※1層DVD+Rは、ROM化する、しないどちらも可能なことを確認。
※2層DVD+Rは、ROM化する焼きのみ確認。
トレイの色は、しっかりと黒。
CD Manipulator、Exact Audio Copyでは共に書き込み可能。
暁のラブレターでは問題起きない。

↑のことも含めた、特徴等のまとめは以下のとおり。




■ASUS DRW-1814BLT の主な特徴等 ※確認時のファームウェアは 1.04

調査項目 結果(内容) 補足説明 (なんで調べているか?等)
ベンダーID ASUS
プロダクトID DRW-1814BLT
メインチップ MediaTek
MT1899LE
購入時ファームウェア 1.04
製造国表示 Designed in Taiwan
排気ファン なし
5V定格 1.2A
12V定格 1.5A
ヘッドホン端子 なし
付属のブランクメディア なし
付属ソフト NeroMediaPlayer 1.4.0.35
NeroExpress 6.6.1.6
NeroCoverDesigner 2.3 Build 2.3.4.2
ASUSTek ASUSDVD 6.0

以上はインストールして確認。
その他、InCD4が付属。(InCDはインストールしてないので詳細バージョン不明)
ASUSDVD 6.0 というのは、ただのPowerDVDっぽいです。
Exact Audio Copy での
Read sample offset correction
-24サンプル
Exact Audio Copy での
Write samples offset
+24サンプル
Exact Audio Copy での
Combined read/write sample offset correction
±0サンプル 音楽CDを読み書きしたときの位置ずれ。(音楽CDをコピーするとほんの少しデータが削られます)
本ドライブは、読み書きでズレが相殺されます。
Exact Audio Copy での
Overread into Lead-In and Lead-Out
非対応という判定結果 実際にディスク先頭24サンプルが読めませんでした。
音楽CDリッピング可能領域 ディスク先頭24サンプルを読めない
音楽CD書き込み可能領域 Write samples offset = +24 に設定することで、書き漏らしのない音楽CD作成が可能
エラー入りCDS200系ディスク
(通称コピーコントロールCD)
の読み
読みはやや苦手だが、問題なし
認識は良好
NeroDriveSpeed での速度制御 CD、DVDともに制御可能。(詳細はベンチマークページ参照) Nero DriveSpeed 3.0.10.0 にて確認
CD-Rオーバーバーン Nero CD-DVD Speed 4.7.0.2 でのシミュレーションでは判定不可。
DVD+Rオーバーバーン 非対応 Nero CD-DVD Speed 4.7.0.2にて確認
1層DVD+R ROM化 ROM化する、しない、どちらも可能 Nero CD-DVD Speed 4.7.0.2にて確認
2層DVD+R ROM化 ROM化する焼きは確認
ROM化しない焼きは特に未確認(設定自体は可能)
Nero CD-DVD Speed 4.7.0.2にて確認
Exact Audio Copy での読み書き 読み → 可能
書き → 可能
CDRDAO経由しなくても可能。
V0.95 beta 4にて確認。
※CDRDAO経由のオプションは、「EAC」 → 「書き込み」 タブのところにあります。
CD Manipulator 2.70 での読み書き 読み → 可能
書き → 可能
CD-R最低書き込み速度 8倍速
フルCLVでのCD-R書き込み最高速度 16倍速
フルCLVでのDVD-R/DVD+R書き込み最高速度 1層は4倍速
2層は多分4倍速(詳細未確認)
ROM化したDVD+R、DVD+R DLディスクの認識 DVD+R、DVD+R DL共に本来のBookTypeで認識 なんでこんなことを調べているかというと、ドライブによってはROM化したディスクをROM化していないと判断してしまったり、逆にROM化していないのにROM化したかのように処理してしまうことがあるからです。(DRW-1814BLT はBookTypeの判別ドライブとして正常に使用可能)
(作り間違えた)
ルクセンブルクTDK8倍速メディアの認識
TTG02 詳細はこちら を参照。
保証 1年
トレイの色 黒 ※黒ベゼルの場合
搭載バッファ容量 2MB
データ転送速度 PIOモード 4
MultiWord DMA-2
Ultra DMA-4
ドライブのLEDとマザーボードHDDのLEDは同期するか? 書き込み中はドライブのLEDは点滅、HDDのLEDは点灯
MediaCodeSpeedEdit でのファームウェア情報 -
Nero CD-DVD Speed のディスク品質テストで動作するか? 動作可能
ただし、Jitterは非対応
暁のラブレター書き込み能力 問題なし aiko/暁のラブレターは、書き込みのとき問題が出やすいという特殊データが入っている音楽ディスクです。
こちら を参照。
購入時ジャンパー位置 -


■トレイの色

これが白だとちょっといやなところですが、しっかり黒でした。

※黒ベゼルの場合


■ドライブの奥行きについて

上が LITE-ON LH-20A1P で、下が ASUS DRW-1814BLT
LH-20A1P とほとんど同じです。


■ドライブ背面

背面はスッキリしています。


ついでにフロント部もスキャンしたので、掲載。


■ドライブ上面 (なんとなく、LITE-ON LH-20A1P も掲載)

ASUS DRW-1814BLT LITE-ON LH-20A1P
ASUS DRW-1814BLT は製品ラベルが貼ってありますが、剥がしてスキャンしています。


■スポンジ入り

裏のカバー
↑のようなスポンジ状のものが入っていました。


■特に意味はないですが、スピンドルモータ部を掲載

なんとなく掲載


■LITE-ON 系ツールでの動作

MediaTek を積んでいるということで、(ダメ元で)一応確認してみましたが、確認するまでもなく動作しませんでした。


Flash Utility for LiteOn Based Optical Drives 2.0.0


SMART-BURN Media Check 3.1.16t


その他、KProbe 2.5.2、DVDScan 0.04Beta も動作しません。


■各種エラー計測ソフトでの動作

KProbe 2.5.2、DVDScan 0.04Beta 、DVDINFOPro 4.628 では動作しませんが、Nero CD-DVD Speed 4.7.0.2 では動作します。(ただし、Jitterは非対応)


太陽誘電16倍速DVD-Rメディア@DRW-1814BLT 16倍速書き込みディスク
PIFではなく、POEのようですが、動作は可能。(Jitterは不可)





以下、同じディスクの他のドライブでの各種計測結果です。(参考比較用)


Nero CD-DVD Speed 4.7.0.2 + LITE-ON LH-18A1P


Nero CD-DVD Speed 4.7.0.2 + BenQ DW1640


PlexToolsProfessional 2.36 + PX-755A (Firm 1.07)
上から、PI Sum8、PIF、POE


■パッケージ

"18x DVD+RW" と書かれているところは、"18x DVD+R" の間違いと思われます。
1年保証付ですが、購入日を示すものがないので、レシートは要保管。


■各種DVDメディアの選択できる書き込み速度 & 書き込み方式について ※ファーム 1.04時

メディア 18x 16x 12x 10x 8x 6x 4x
太陽誘電 16倍速DVD-Rメディア
TYG03
×
-
CAV
P-CAV
P-CAV
P-CAV
×
-
CLV
太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア
TYG02
×
-
×
-
×
-
×
-
P-CAV
×
-
CLV
太陽誘電 8倍速DVD+Rメディア
YUDEN000T02
×
-
×
-
×
-
×
-
P-CAV
×
-
CLV

10倍速という速度が選択可能で、実際に10倍速で書き込みます。
6倍速書き込みは、残念ながら非対応。


■各種ディスクのマウント時間 ※ファーム 1.04時

記録済みディスクは MountTime_Checker で。ブランクディスクと通常の音楽CDは Nero CD-DVD Speed を起動させておいて、 「ディスク種類」 のところの表示されるまでの時間を計測しています。

ディスク種類 マウント時間 ディスク種類 マウント時間
ブランクDVD-Rメディア
(TYG02)
25秒 記録済みCD-Rメディア
(太陽誘電48倍速CD-Rメディア)
17秒
記録済みDVD-Rメディア
(TYG02)
20秒 普通の音楽CD 16秒
ブランクDVD+R DLメディア
(MKM001)
36秒 プレス2層DVD-Video (CSS) 14秒
記録済みDVD+R DLメディア
(MKM001)
33秒 記録済みDVD-RAMメディア
(maxell 5倍速DVD-RAM)
15秒
ブランクCD-Rメディア
(太陽誘電48倍速CD-Rメディア)
17秒 記録済みDVD-RAMメディア
(maxell 12倍速DVD-RAM)
16秒

2層メディアが少し遅いですが、全体的には標準的なレベル。


■今回使用しているソフト等

【焼き関連で使用しているソフト】
Nero CD-DVD Speed 4.7.0.2
Nero DriveSpeed 3.0.10.0
Nero InfoTool 4.2.1.0
PlexToolsProfessional 2.36
PxScan 1.7.10.1
PxView 1.12.6
Exact Audio Copy V0.95 beta 4
CD Manipulator 2.70
Nero7.7.5.1A
DVDINFOPro 4.626
MountTime_Checker
CD-Ripper
WaveCompare
wnaspi32.dll (nero)
※CD-Ripper等、ASPI が原因で動作しないソフトの場合、wnaspi32.dll を *.exe と同じフォルダに入れてやると(大抵)正常動作します。

【ここで使用しているPxScan 1.7.10.1 用バッチファイル、PxView 1.12.6 用config.ini】
PIE/Beta/Jitter用バッチファイル
PIE/Beta/Jitter用 config.ini
TA 用バッチファイル(デフォルト3エリア)
TA 用バッチファイル(外周を指定したもの)
TA 用 config.ini
バッチファイルの中の6桁の数値は、PX-716A のシリアルナンバーです。(使用するドライブの S/N に書き換える必要あり)

【画像関係で使用しているソフト】
ホームページビルダー2001に付属のウェブアート デザイナー (*.png、*.jpeg 変換)
OPTPiX webDesigner 3.10.00 (画像切抜き、その他)


■各種エラー計測グラフの見方がわからない!

という意見をたまに頂くのですが、その辺についてあまり書いていないのは、そもそも私が人様にキッチリ説明できるほど理解できていないからです。
とはいえ、エラーグラフをズラズラと並べて(説明書きを)書かないのもどうかと思うので、簡単に書いておきます。(もし間違っていること書いてたらすいません)
※一応コメントという形で書いてはいるのですが、それだけだとどうも分かりにくいようなので。


■最も一般的な PlexToolsProfessional の PIE Sum8 Test
PLEXTORのドライブ(PX-760A、PX-755A 等)に標準添付している、非常に使えるツールです。
PIE Sum8 Testはエラーが少ないほどよく、MAXが50くらいを超えなければまず問題ないと思います。100を超えてくるとちょっと気持ち悪いなぁ、200を超えたら多分大丈夫だろうけど、少し不安・・・
という感じで見ればいいと思います。
公式にはMAX280を超えたら品質的に問題あり、ということになりますが、MAX280はOKで、MAX281がNGという極端な見方をするのはあまりよくないと思います。なぜなら、計測に使用するドライブによってエラー値が異なってくるのが普通だからです。(同じ型番、同じファーム、同じ製造時期のドライブでも)
同じ理由から、他の人のグラフと細かいところまで比較するのはあまり意味がないと思われます。

なお、うちでは速度2に設定していますが、時間があれば速度1が理想的です。(速度1、速度2ともに2倍速計測を行いますが、速度2は間引いて計測するため)
ただ、速度1だと30分近くかかるので、時間がないときは速度2、3でもいいかと思います。速度2なら15分程度で終わります。
さらに時間があれば、Sum1 Testも行うことをお勧めします。


良い例
MAX値が20まで届かず、エラーが最初から最後までほぼ均一。


悪い例
縦軸280のところにボーダーラインがあるのが分かると思います。
あと少しでこのボーダーラインを超えそうで、あまり良いとはいえない状態。





■PxScan + PxView
PX-716A でフル動作、PX-712A ではTA以外動作、PX-755A、PX-760A では改ファームで動作するメーカー非公式ツール。
BetaグラフがPlexToolsProfessionalより見やすく、(と思います) TAもPlexToolsProfessionalより細かく表示してくれる & 最大6エリアを計ることが可能なので、場合によってはPlexToolsProfessionalより使えます。
PIE、Beta、Jitterを連続して計ることが可能(PlexToolsはこれができない)なのも便利です。
ただし、時間がかかります。(PIE、Beta、Jitter計測の場合で約1時間かかる)
← これの時間確保が大変!AD-7173A のページでは1層DVD±Rを40枚計測してますが、1層DVD±RのPxScanだけで40時間近くもかかります。5xCAV 読みを行えば時間は短くなりますが、デフォルトの2xCLV 読みの方がいいと思うので、5xCAV 読みは行ってません。

Jitterグラフの見方は少々見方が難しいところがあるので説明省略。
Betaは-5%〜+15%の範囲に収まっているか?が目安になり、高すぎても低すぎてもよくありません。経験上Betaは低くなることが多いですが、-5%を下回っても実際は問題ないケースが多いと感じてます。
また、WOPC的動作をするドライブでは焼き面の色の変化具合が段々になることがありますが、その辺が気になるときはBetaを計ってみるといいと思います。(思ったよりBetaグラフが階段状になっていなかったり、逆に見た目より思いっきり階段状になっていたりといろいろ)
あまりにBetaが極端に階段状になるのはよくないかもしれません。



Betaが一定範囲内に収まっているとき Betaが一定範囲内に収まっていないとき
Betaが-5%〜+15%の範囲に収まっていないときは、赤色で表示してくれます。



同じディスクを、PxScanとPlexToolsでBeta計測して比較
PxScan + PxView
PlexToolsProfessional


TA(TimeAnalyzer)はJitterをヒストグラム表示したもので、これはディスクの記録状態を判別しやすいです。
山がいくつか並んでますが、山の頂点の位置のずれがなく、できるだけ山のとなり同士が干渉していないのが理想的です。
PIEが低くても、TAがやけに悪いなんてときは要注意かもしれません。(基本的に読みにくいディスクのはずのため)


良い例
山の頂点のズレがほとんどなく、隣の山同士の干渉も少ないです。理想的な状態。


悪い例
ピット(青色)は山の頂点がはっきりとズレていて、ランド(赤色)は隣の山と干渉しまくり。悪い状態です。
※PxScan + PxView のTA グラフを見るときは、 avg: の横の数値をまず見るといいと思います。(数値が小さいほど読みやすいディスク)


なお、PxScanとPxViewはセットで使うもので、PxScanでデータを取得後、そのデータをPxViewに読ませてグラフ化します。
ただ、その場合、書き込みに使用したドライブのシリアルも表示されてしまうので、(※ドライブによっては表示されないこともあります)
それが嫌なときはPxViewを起動してから、PxScanを走らせるといいと思います。



PxScanでデータを取得後、PxViewに読ませたとき
ドライブのシリアルナンバーが表示されます。
先にPxViewを起動させておいて、PxScanを走らせたとき
シリアルナンバー等は表示されません。


※うちではTA 用にPlexToolsProfessaional ではなく、PxScan を使用していますが、その最大の理由はPlexToolsProfessional の場合 "Excellent" 等の文字も含めてグラフを掲載する作業が非常に面倒なためです。





■DVDScan
Jitter計測というと、昔はBenQかPLEXTORと決まってましたが、DVDScanの登場によりLITE-ONでもJitter計測が可能になりました。
個人的には好きなツールで、特にJitter計測がいい感じです。(LITE-ONドライブは値段的に安く、Hyper Tuning を使えば記録品位的にも良くなるので、5インチベイが空いているなら増設するのをこっそりとお勧めしておきます)
BenQドライブと違ったJitterグラフを表示してくれることも多く、今まで見えなかったところが見えてくる。(気がします)

※Nero CD-DVD Speed のJitter計測対応により、使用頻度が減ってきています。


良い例
このくらいだとかなりいい感じです。(記録状態がよく、読みやすいディスク)


悪い例
赤のラインを大幅に上回ってしまった例。(根本的に記録状態が悪く、読みにくいディスク)





■Nero CD-DVD Speed
(上記の3ツールと比べると)実はそれほど好きなツールではないのですが、PIE、PIF、POF、Jitterと4つの主要項目が15分程度で計れるということと、書き込みに使用したドライブ名、実際の書き込みグラフ(注:Nero CD-DVD Speedで書き込みした場合のみ)がすべて1画面で分かるのでなにかと便利、ということで結果的にうちでは常に使ってます。
(私の好きなツールは、好きなほうから順に、PxScan → PlexToolsProfessional → DVDScan → Nero CD-DVD Speed)
→バージョン4.7.0.0でLITE-ONドライブでのJitter計測対応したことにより、注目度アップ!

Jitterが計れるのが利点の一つですが、Jitter計測可能なドライブは限られている点に注意。
DW1655、DW1650、DW1640は可能です。
※DW1670はそもそもDVDメディアの計測自体ができない点に注意。(CD-Rは可能)
※バージョン4.7.0.0より、LITE-ONドライブもJitter計測可能になりました。

品質スコアが0〜100まで表示されますが、これはPIFのMAX値と、POFで決まります。(DVD±Rの場合)
POFは1個でもカウントされるとまずい性質のものなので、計測中わずかPOFが1個でもカウントされると、その瞬間品質スコアが0になります。
POFがカウントされないときは、PIFのMAX値で決まりますが、90点台ならまぁ大丈夫かと思います。(品質スコアだけではすべてを判断できないと思いますが)
いい、悪いの判断は、いいと思われる条件、悪いと思われる条件で何枚か焼き、自分なりに判断基準を作るといいと思います。

なお、通常のライティングソフトで(DVD-Rに)焼いた場合、DW1640では書き込んだドライブ名は表示されませんが、DW1650、DW1655は表示されます。


記録品位がいい例
PIE平均が0.39、ジッタ平均7.07%
ここまでの好結果はなかなか出ません。(これは非常にいい場合の例)


普通にいい例
PIE平均が2.80、ジッタ平均7.97%
悪くはなく、普通にいい場合の例。


あまりよくない例
PIEが右上がり、序盤でPIFが密集、ジッタ最大14.0%
全然だめではないですが、これだと大事なデータの保存には抵抗感があります。


完璧にNGの場合の例
POF(PO修復不能)は1個でもカウントされたらまずいですが、これは264185もカウント。
さらにPIFが極端に密集していて、Jitterも高く最大18.7% までいってます。(完璧にまずい場合の例)


CD-R実験室トップ
ASUS DRW-1814BLT トップ ドライブ情報等 CD関連の各種性能 CD関連のベンチマーク
各種速度でのDVD±R書き込みグラフ DVD関連のベンチマーク DL
各種8倍速メディアエラーチェックページ Part1 各種8倍速メディアエラーチェックページ Part2
各種16倍速メディアエラーチェックページ 個体差