■AOPEN DSW1812P - 2006年12月3日更新 - 

※このページは簡易検証ページです。

使える機能が多いことで有名な LITE-ON LH-18A1P ですが、そのOEMと思われる AOPEN DSW1812P が発売されました。


AOPEN DSW1812P
AOPEN DSW1812P
外箱には日本語表記が一切ないので、国内向けパッケージではなさそうです。
扱っているショップは少ないですが、ともかく国内で普通に買えるようになりました。
- 公式サイト -
AKIBA PC Hotline!


各種ソフトでの動作が気になるので、早速順を追ってみていきます。




■ドライブ情報等

製品ラベル
2006年11月製造で、MADE IN CHINA
定格電流値は、LH-18A1P と同じです。



基板関係
AOPEN DSW1812P LITE-ON LH-18A1P
拡大 拡大
ということで、基本的に同じっぽいです。(メインチップは、MT1898E)



トレイの色
しっかり黒でした。



交換用ベゼル
LITE-ON LH-18A1P では シールが付属 とかいうことになっていましたが、交換用黒ベゼルが付属しています。
ただ、"AOpen" と書いてあるだけ!というのがなのがなんとも。



LH-18A1P とのフロント部比較
上が DSW1812P で、下が LH-18A1P



DVDINFOPro 4.623
Serial No が表示されないのは、LH-18A1P と同じです。
初期ファームウェアは、ZA32
18x18x12x とかいう、ちょっと嫌な感じで認識されています。(気分の問題)



Nero InfoTool 4.2.0.0



KProbe 2.5.2



Nero CD-DVD Speed 4.7.0.0
BookTypeの設定変更はできないようになっていました。



ImgBurn 2.1.0.0
同じく、BookTypeの設定変更できず。



SMART-BURN Media Check 3.1.16t
LH-18A1P では "Over Speed Writing" は実際に効果ありますが、本ドライブ設定変更はできません。



MediaCodeSpeedEdit 1.0.9.3 によるファームウェアの情報
ファームの吸い上げには、Flash Utility for LiteOn Based Optical Drives 2.0.0 を使用
- テキスト表示 -




■TYG02 を使っての各種動作確認

Nero CD-DVD Speed 4.7.0.0
4x 6x 8x から選択可能。



6倍速書き込み
書き込み時のグラフは、LH-18A1P そっくりです。



Nero CD-DVD Speed 4.7.0.0 ディスク品質テスト
しっかり動作可能でした。Jitter計測もできます。



DVDScan 0.04Beta PIsum8 Test
元画像表示 (New Window!)



DVDScan 0.04Beta Jitter Test
元画像表示 (New Window!)



DVDScan 0.04Beta Beta Test
動 作 し な い
何度か試みましたが、残念ながら動いてくれませんでした。



DVDScan 0.04Beta TE/FE Test
元画像表示 (New Window!)


ということで、(Beta計測以外は)期待通りに動いてくれました。
LITE-ON LH-18A1P ≒ AOPEN DSW1812P でほぼ間違いなさそうということで。




青ペンさん♪ Part2

































これはドライブとは全く関係ありませんが、箱の側面に、
かなり個性の強いと思われるお方の写真が載っています。
梅干食べてスッパマン
日本向のパッケージなら、こういうデザインはまず使われない・・・
ってほんとどうでもいいですね。すいません。