TEAC DV-W516E トップ ドライブ情報等 CD関連の各種性能 DVD-RAM検証 トップへ
DVD関連のベンチマーク (1) DVD関連のベンチマーク (2) DVD関連のベンチマーク (3) DVD関連のベンチマーク (4)
DVD+R DLメディアエラーチェックページ DVD-R DLメディアエラーチェックページ
各種4倍速メディアエラーチェックページ 各種8倍速メディアエラーチェックページ 各種16倍速メディアエラーチェックページ


■TEAC DV-W516E - 2005年7月3日更新 -

【2006年4月29日追記】
トレイ開閉速度が速くできます!




TEACというと、以前 DV-W58E という自社製記録型DVDドライブが販売されたものの、DVD-R に非対応であったりして、あまり話題にはなりませんでした。
その後、TEACは5インチ記録型DVDドライブ市場から事実上撤退。
今後はノート用ドライブを細々と開発、販売していく・・・・・と思われましたが、


突 如 復 活 !


を遂げました。(嬉)

この嬉しいニュースはほんとに突然で、2005年6月27日(月)に発表されたと思ったら、その週の金曜日に発売開始。大慌てでゲットしてきました。


TEAC DV-W516E
TEACがまさかの復活! 即効でゲットしてきました。
- 公式ページ - 
初登場紹介記事
ニュースリリース (PDF)
AKIBA PC Hotline!
ASCII24 - Akiba2GO!


DV-W516E 特徴の一つに、DVD-RAM対応というのがありますが、これの意味するところは大きいです。
なんせ、街のPCショップへ行くと、(以下、いつもの駄文・・・)



「DVDって規格がいろいろあって難しそうなんですけど・・・」
「確かに規格はいろいろありますが、今は全規格対応のドライブがあるので迷う必要はないですよ。結局、
メーカーの方がユーザーに合わせて
くれましたから」
「へーそうなんですか。でもそういうのって高いんじゃないですか?」
「値段的に高いことはないですよ」
「分かりました。全規格対応のドライブ下さい」


なんてことになったりしますが、そうなると事実上、


松下寿(パナソニック四国エレクトロニクス)一択!! ※2005年6月上旬時点


ということになり、ドライブメーカー等にこだわって買いたい人からすると、


メーカーの方がユーザーに合わせてくれましたから


という説明は少々無理があります。
そんなとき、TEACがDVD-RAMを引っさげてのまさかの5インチドライブ再参入!選択肢がこれで1つ増えました。(今後さらに増えそうな感じです)





■ほんとに自社製なのか?

TEACの記録型DVDドライブはOEMのが結構あるため、「ほんとに自社製なのか?」 という疑問もおのずと沸いてきますが、自社製ということで間違いなさそうです。


★★★ 期間限定公開 ★★★
TEAC DV-W516E の基板スキャン画像
TEAC DV-W58E の基板スキャン画像 ※参考比較用



注目したいところは、LED周辺の基板パターンで、
LED 2個 or LED 1個
ともに対応できるTEACおなじみのものです。(ヘッドホン端子、ボリュームの実装スペース自体もあり)
今回発売となった DV-W516E 2004年6月にひっそりと発売された
TEAC自社製記録型DVDドライブ DV-W58E


ただ、DV-W58E のように、基板にTEACの文字を見つけることはできませんでした。


中をあけて確認するも、「TEAC」 の文字は発見できず・・・

検索すると 「BenQ」 の文字に行き着きますが、TEAC自社設計ということでよさそうです。




■各種DVDメディアの選択できる書き込み速度について

一般的にはあまり気にされないところだと思いますが、メーカーごとに特色があるので、ちょっと注目してみます。
以下は主なメディアの選択できる書き込み速度ですが、(ファーム1.05時)


メディア 16x 12x 8x 6x 4x 2x
(2.4x)
1x
三菱化学 2.4倍速DVD+R DLメディア
MKM001
× × × ×
三菱化学 4倍速DVD-R DLメディア
MKM 01RD30
× × × ×
TDK 16倍速DVD-Rメディア
TTH02
× × ×
TDK 16倍速DVD+Rメディア
TDK003
× × ×
太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア
TYG02
× × × ×
太陽誘電 8倍速DVD+Rメディア
YUDEN000T02
× × × ×
太陽誘電 4倍速DVD-Rメディア
TYG01
× × × × ×
TDK 1倍速DVD-Rメディア
TDKG02000000
× × × × × ×

残念ながら、1層DVD±Rの6倍速書き込みはサポートされていません。
個人的には、8倍速焼きを切り捨てても6倍速焼きを追加してほしいところなんですが、同じ考えの人はいませんか?Pioneer、PLEXTOR、LITE-ON は6倍速焼きをサポートしているので、素人考えでは難しくはなさそうな気がするのですが。(実は需要がほとんどないとか?)

それはそうと、(1層メディアでは)速度違反はできないみたいです。




■DVD-RAM ドライバは?

使いやすいBHA配布のDVD-RAMドライバは付属されていませんが、付属のInstantBurnをインストールすると、FDD感覚でデータを読み書きすることができました。(Win2k Pro SP4にて)
BHA配布のドライバと違い、(Win2kで)ドライブレターが増えないのは結構便利かも。

※実際には10分もかからず、数分で完了しました。



■TEAC DV-W516E の主な特徴等 (一部主観意見含む)

カートリッジDVD-RAMを除く全DVD、CDメディアに対応。(2005年7月時点では全対応ドライブはあまりない)
OEMではなく、TEAC自社設計品で間違いなさそう。
奥行きが短く、全規格対応ということもあり、キューブ型ベアボーン等に向いている。(PX-716A よりもさらに短い)
上が DV-W516E で、下が PX-716A
若干ながらPX-716A より短いです。
1層DVD+RはROM化されないが、2層DVD+Rは強制的にROM化される。
Nero CD-DVD Speed 4.00 のディスク品質テストで動作しない。
動作音は比較的静か。(に感じる)
SW-9585のような、「ブーン」 という気になる低音ノイズはありません。
初期ファームでは、DVD±Rメディアへの6倍速書き込みは(残念ながら)非サポート。
ただし、2層メディアへはフルCLV で6倍速焼きが可能。
高速ROPC搭載。(毎秒約180回のサンンプリング)らしいですが、Nero CD-DVD Speed ではその点が確認できないっぽい。
ExactAudioCopyを使い、「Write samples offset」 を 「+60」 に設定することで、位置ずれ、データの書き漏らしのない完璧な音楽CD作成が可能。
読みは残念ながらディスク終端72サンプルをリップできない。(使用上はほぼ問題なし)
トレイの色は黒。(黒ベゼルの場合)


その他のいつもの調査項目は以下の通り。

項目 結果(データ)
主要チップ Panasonic
MN103SA6GSJ
Panasonic
AN22115A
製造国表示 CHINA
排気ファン なし
5V定格 1.3A
12V定格 1.8A
ヘッドホン端子 なし (基板に実装スペース自体はあり)
付属のブランクメディア なし
付属のソフト CyberLink InstantBurn 4.531
CyberLink Medi@Shou 3.0.0.1306
CyberLink Power2Go 4.20.1731
CyberLink PowerDirector 4.00.1515b
CyberLink PowerDVD 6.0
CyberLink PowerProducer 3.02.1604
MUSIC MATCH Jukebox 8.00.014
Read sample offset correction +72 ※2006年11月25日修正
Write samples offset +60 ※2006年11月25日修正
Combined read/write sample offset correction +132
DVD+R DVD+RW、DVD+R DLメディアのROM化 初期ファームでは
1層DVD+R無理
2層DVD+Rは強制ROM化
DVD+RWは未確認
DVD-RAMに記録したデータは読めるか? 可能
Exact Audio Copy での読み書き
(V0.95 beta 1 にて確認)
読み
書き
CD Manipulator 2.70 での読み書き
読み
書き
(CD-DAの)読み速度の変更はできるか? 可能(最低は4倍速指定)
Exact Audio Copy V0.95 beta 2にて確認
CD-R最低書き込み速度 8倍速
フルCLVでのCD-R書き込み最高速度 16倍速
フルCLVでのDVD-R/DVD+R書き込み最高速度 DVD-R、DVD+R は4倍速
DVD+R DLは 6倍速
ROM化したDVD+R、DVD+R DLディスクの認識 DVD+R、DVD+R DL共に本来のBookTypeで認識
※なんでこんなことを調べているかというと、ドライブによってはROM化したディスクをROM化していないと判断してしまったり、逆にROM化していないのにROM化したかのように処理してしまうことがあるからです。(DV-W516EはBookTypeの判別ドライブとして正常に使用可能)
ルクセンブルクTDK8倍速メディアの認識 TTG02 詳細はこちら を参照
保証 ※バルク購入
トレイの色 黒 ※黒ベゼルの場合
搭載バッファ容量 メーカー発表は2MBなものの、各種ツールでは1419KByteと表示される


【補足1】
メインチップは松下寿 SW-9585と同じっぽいものが搭載されています。(そのため、EACで設定するオフセット値もSW-9585と同じ)

【補足2】
Exact Audio Copy と CD Manipulator ではともに書き込み可能でした。

【補足3】
RAMドライバがない場合は、付属のパケットライトソフトをインストールする必要がありますが、(特にWin2k)
うちの環境では特にシステムが不安定になったりすることはありませんでした。

【補足4】
残念ながらTEACのロゴはありません。


TEAC DV-W516E トップ ドライブ情報等 CD関連の各種性能 DVD-RAM検証 トップへ
DVD関連のベンチマーク (1) DVD関連のベンチマーク (2) DVD関連のベンチマーク (3) DVD関連のベンチマーク (4)
DVD+R DLメディアエラーチェックページ DVD-R DLメディアエラーチェックページ
各種4倍速メディアエラーチェックページ 各種8倍速メディアエラーチェックページ 各種16倍速メディアエラーチェックページ