ファーム1.0C の DV-W516E - 2005年10月29日更新 -

旧ファームの TEAC DV-W516E の欠点、、というか使いづらい点は、太陽誘電8倍速DVD-Rメディア (TYG02) にまともに焼けないことで、これは結構困ります。(TYG02 は多くのドライブで問題なく焼けるメディア)

DVD-Rではなく、DVD+Rを使えばいいかもしれませんが、国内市場では圧倒的にDVD-Rの方が扱いがいいので、やはりDVD-Rでもまともに使えるようになって欲しいところです。

メーカー側でもこの問題は認識しているようで、ファームウェアの更新履歴をみると、


< F/W 1.0B -> 1.0C >
DVD-Rメディアの記録品質改善(太陽誘電 他)
DVD-RAM Write&Verify 速度改善


とあります。
ここのところ時間がなくて試せない状況が続いてましたが、ようやく暇ができたので、ファーム1.0Cで改めて試してみることにします。


TEAC DV-W516E
今回は白ベゼルのものを使用。


とその前に、初期ファーム1.05での焼きの悪さ加減を再確認!しておきます。

条件等は以下の通り。

●ライティングソフトは Nero CD-DVD Speed 4.07
●ここに掲載しているデータは、絶対的な品質をあらわすものではないので、(重要)参考資料の一つとして見て下さい。
●PxScan用には、PX-716UFL を使用。(読み速度は2倍速CLV)
●Nero CD-DVD Speed 4.07 でのディスク品質テストは、DW1640 (Firm BSLB) を使用。(読み速度は4倍速CAV)
●PlexToolsProfessional 2.25用には、PX-712U (Firm 1.07) を使用。(読み速度は2倍速CLVで、速度2設定)




太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア
8倍速書き込み

ID : TYG02

選択できる書き込み速度 → 8x 4x 2x
PxScan
Nero CD-DVD Speed 4.07 ディスク品質テスト
PlexToolsProfessional 2.25 + PX-712U Sum8 Test
TA Test
左から内周、中周、外周

PLEXTORドライブでは、PIF(PX-716UFL)、POF(PX-712U) ともに問題ありませんが、DW1640 では、PIF、POF共に問題ありありという、理解に苦しむ結果です。
ただ、これは初期ファームでの結果なので、今となってはあまり気にする必要はありません。




Prodisc (FUJI) 8倍速DVD-Rメディア
8倍速書き込み

ID : ProdiscF01

選択できる書き込み速度 → 8x 4x 2x
PxScan
Nero CD-DVD Speed 4.07 ディスク品質テスト
PlexToolsProfessional 2.25 + PX-712U Sum8 Test
TA Test
左から内周、中周、外周

初期ファームの段階で、もう1枚焼いておきます。
FUJI ブランドの8倍速DVD-Rメディアは、検証時点で TYG02 と ProdiscF01 の2種類が出回っていますが、スピンドル形状、原産国、オキソライフの文字から簡単に判別可能です。。
※普通だったら TYG02 を選ぶと思いますが、検証目的なので、私はあえて ProdiscF01 を買いましたが。

ところが、初期ファームの DV-W516E では、トータルして見ると ProdiscF01 の方が TYG02 よりまともな結果になってしまいました。(この場合、FUJI 8倍速は台湾製を選んだ方が正解?)

・・・・さて、このまま初期ファームの1.05で焼いても意味ないので、早速1.0Cにアップしましょう!



ファームウェア1.0Cでの結果