CD-R実験室トップ
ファーム1.0D の DV-W516E トップ 各種8倍速DVDメディアエラーチェックページ
各種16倍速DVDメディアエラーチェックページ その他


■ファーム1.0D の DV-W516E - 2005年10月29日更新 -

ファームウェア1.0Cでかなりまともになってきた TEAC DV-W516E ですが、さらに改善された1.0Dがリリースされました。
1.0Cに続いて各種DVDメディアで焼いてみることにします。
メーカー発表の変更点は、


< F/W 1.0C -> 1.0D >
MKM 16x DVD-R、MKM 4x DVD+R DLの記録品質改善
3x DVD-RAMの記録品質改善
DVD-R DL マルチボーダー記録(Layer Jump記録)対応


※DV-W516E は、ファーム1.0Cのページで使ったのと同じものを使用しています。


ファーム1.0Cのときと同じ個体を使用。


検証時環境
(書き忘れましたが、ファーム1.0Cのときも同じ環境です)
マザーボード intel D865PERLK(865PEチップセットインテル純正品)
OS Windows2000 Professional + SP4
CPU Celeron 2.6GHz(FSB400)
メモリ PC3200 BULK(SAMSUNG) 256MB × 2
ビデオカード RADEON 9500(64MB)
サウンドカード オンボードのものを使用
FDドライブ 不明
SATA HDD Seagate ST3160827AS (160GB)
プライマリマスター PLEXTOR PX-716A
プライマリスレーブ none
セカンダリマスター BenQ DW1640
セカンダリスレーブ TEAC DV-W516E
USB2.0 PLEXTOR PX-716UFL
USB2.0 PLEXTOR PX-712U
PCケース ソルダム MT-PRO1300(白 400W)
※電源はAcBel 400W に交換




その他、条件等は以下の通り。

●ライティングソフトは Nero CD-DVD Speed 4.07
●ここに掲載しているデータは、絶対的な品質をあらわすものではないので、(重要)参考資料の一つとして見て下さい。
●PxScan用には、PX-716UFL を使用。(読み速度は2倍速CLV)
●Nero CD-DVD Speed 4.07 でのディスク品質テストは、DW1640 (Firm BSLB) を使用。(読み速度は4倍速CAV)
●PlexToolsProfessional 2.25用には、PX-712U (Firm 1.07) を使用。(読み速度は2倍速CLVで、速度2設定)


CD-R実験室トップ
ファーム1.0D の DV-W516E トップ 各種8倍速DVDメディアエラーチェックページ
各種16倍速DVDメディアエラーチェックページ その他