■DVDScanのJitter - 2006年6月4日更新 -

LITE-ONドライブでJitter計測が可能ということで話題の DVDScan ですが、PX-760SA検証ページで使っていたところ思ったより高い値が出ることが多かったので、「他のドライブではどうか?」 ということで、いくつかのドライブで焼いてJitter計測してみよう!のコーナーです。

- 関連リンク(というか本家) -


使用メディア
太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア
ID : TYG02
※ホワイトプリンタブル 50枚スピンドルパッケージ


ライティングソフトは Nero CD-DVD Speed 4.51.1
PxScan用には、PX-716UFL を使用。(読み速度は2倍速CLV)
TA Test用には、PX-716UFL を使用。
Nero CD-DVD Speed 4.51.1 でのディスク品質テストは、DW1640 (Firm BSMB) を使用。(読み速度は4倍速CLV)
DVDScan 0.02Beta用には、LITE-ON SHM-165P6S (Firm MV96) を使用。(Speed=4,Interval=400)

ここで使用しているドライブの選定は、管理人の気まぐれです。(基本的に、メインマシン、2ndマシンに検証時点で取り付けられているものを中心に使ってます)
接続環境は内蔵ATAPI が多いですが、一部外付け化しているのもあります。(検証の厳密さより、利便性優先)
ドライブを複数繋いでいると、LITE-ONドライブが選択できないことありますが、そのときはWindowsのデバイスマネージャで使用していないドライブを無効にすると選択できるようになります。



 【一応注意点とか】
今回はJitterメインに載せてますが、Jitterが品質を決めるすべてではないと思われます。
参考資料 (PX-760SA の取説より一部抜粋)
一般的には、Jitterとエラーレート計測の相関性はありますが、メディアによっては、必ずしもJitterを最適にした方が良い結果になるとは限りません。

今回、メディアはTYG02しか試していません。
TYG02は多くのドライブで問題なく焼けるメディアの一つですが、なかにはTYG02以外のメディアを使ったほうがいいドライブもあります。(TYG02自体に、多少の品質的個体差がある点にも注意)
6倍速書き込みが可能なドライブでは、8倍速ではなく、6倍速で書き込みしています。
DVD-Rによっては、ディスクサイズを正常に取得できないことがあるようです。(DVDScan 0.02 Beta時)
※DIGAで作成したDVD-R (DVD-VIDEO) は、正常にディスクサイズを取得できませんでした。
そのときは、手動でディスクサイズを入力してやるとまともに動作します。(ディスクサイズ取得にはKProbeが便利)




Next Page >>









■参考資料関係 (1)

ここでは DVDScan 0.02 Beta を使っていますが、画像を保存するには、キーボードの PrintScreen で全画面保存するしかありません。
それだとサイズ的にかなり大きくなってしまうので、Jitter部のみ(画像ソフトで)切り取っています。


Jitter計測完了後の画面
Pioneer DVR-A07-J 6倍速書き込みディスク@TYG02
画面クリックで原寸表示 (New Window!)



↑からJitterグラフをのみを切り取ったもの
OPTPiX webDesigner を使ってます




Next Page >>






■参考資料関係 (2)

比較用資料として、プレスDVDの各種(Jitter)計測グラフを載せておきます。

焼き実験しながら見てたプレスDVD-Video
〜 船木誠勝 我が人生に悔いなし 〜
格闘技番組での落ち着いた語り口が人気の、船木誠勝自伝DVD
ヒクソンが最後に(公式に)試合をしたのは船木戦が最後?
(2000年5月26日コロシアム2000)
この前来日したときは、大晦日に試合しそうなコメントは残すものの、結局騎馬戦だけで帰っちゃうし・・・



Nero CD-DVD Speed 4.51.1 + BenQ DW1640 (Firm BSMB)
PIE/PIF はそうでもないですが、Jitterグラフが安定しています。
平均 6.34% というのは、色素メディアではほぼ無理。




Beta/Jitter/ (PxScan + PX-716UFL)
これはプレスならでは、というのはなさそうです。




DVDScan 0.02 Beta + LITE-ON SHM-165P6S (Firm MV96)
プレスDVDでは残念ながらうまく動作してくれませんでした。




Next Page >>