■Pioneer DVR-110D 速報ページ - 2005年7月30日更新 -

更新が遅れる可能性があるので、速報ページをアップしておきます。
※いつもの正式ページは後日アップします。


発売前は、「TEAC OEMか!?」 とも言われていたPioneer新ドライブですが、
2005年7月30日に秋葉に流通した DVR-110D なる型番のドライブは自社製でした。
7月30日に販売されたのは、どうやら秋葉でもごく一部のショップのみですが、なんとか即ゲットに成功!
デザイン的には従来のOEM品と同等で、トレイの色は白でした。



製品ラベル
意外というかなんと言うか、MADE IN JAPAN です。



★★★ 期間限定公開 ★★★
基板スキャン画像(紛失っぽい)
DVR-110D
NEC D63645GM
NEC C3345GC
DVR-109
NEC D63641GM
NEC C3340GC
違うところもありますが、よく似ています。
筐体構造も似ているので、マイナーチェンジモデルっぽい。



DVDINFOPro 4.22
DVD-RAM書き込みにはチェックが付きません。
Extra Info が7月20日ということで、かなり最近に製造、出荷されたようです。




■6倍速書き込みは今回もしっかりサポート

DVDメディアへの6倍速CLV 書き込みをサポートしているメーカーはなぜか少ないですが、Pioneerは今回もしっかりサポートしています。


使用メディア
太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア
12x 8x 6x 4x から選択可能
ID : TYG02



Nero CD-DVD Speed 4.01 6倍速書き込み
A09-J と同じようなOPC的動作をしてます。





以下は、↑で作成した各種ディスクの計測結果です。



PX-716A Sum8 Test (速度2)



PxScan (Beta/Jitter)



TA Test
左から、内周、中周、外周



KProbe 2.4.3 - LITE-ON SOHW-1653S -



ディスク品質テスト - BenQ DW1640 -
DW1640では、どうやらOPC動作のところを捕らえてます。(この辺はちょっと気になる?)



ディスク品質テスト - Pioneer DVR-110D -
選べる読み速度は、MAXと8倍速のみ。
他のドライブと傾向的に違います。




■その他

バルクなので、Kernel type は 予想通りGENERAL
Pioneer純正ファームは普通には入れられないということで。


Exact Audio Copy V0.95 beta 2 では残念ながら書き込みエラー。
CDRDAO経由だと書き込み可能。
等速メディアへの書き込み速度は、109同様1倍速固定。
付属ソフトはなし。
ROM化関連は、
1層DVD+R → ROM化されない
2層DVD+R → ROM化される

でした。


その他のことは、いつもの正式ページで触れる予定です。



トップへ