■Pioneer DVR-111C - 2007年2月12日更新 -

※このページは簡易検証ページです。

全く予定していませんでしたが、突如 LightScribe 対応の Pioneer DVR-111C がPCパーツショップに流通してきました。
LightScribe 対応メディアがほとんど売っていないこともあり、普通なら気にも留めないところですが、


Pioneer DVR-111C
Pioneer DVR-111C
AKIBA PC Hotline!


こんな感じで、フロントベゼルがいつものPioneerバルクと違うので、(ベゼル目的で)購入。
特に取り上げることもないのですが、せっかくなのでドライブ情報、その他を書いておきます。




■検証時環境、ドライブ情報

 マザーボード ASUS P5LD2 DELUXE (intel 945P + ICH7R)
 OS WindowsXP Professional SP2 OEM
 CPU PentiumD 940
 メモリ Crucial PC2-5300 (DDR2-667) 512MB x 2
 ビデオカード GeForce 6600GT 128MB GDDR3 SDRAM
 サウンド オンボードのものを使用
 FDD TEAC 2モード
 SATA Seagate Barracuda 7200.10 ST3320620AS (320GB)
 IDEマスター 光学ドライブ 日立LG GSA-H42N (日立版)
 IDEスレーブ 光学ドライブ Pioneer DVR-111C → DVR-111L へファーム変更
 IT8211 ATA/ATAPI
 コントローラ1マスター
光学ドライブ LITE-ON LH-18A1P
 IT8211 ATA/ATAPI
 コントローラ1スレーブ
光学ドライブ BenQ DW1640
 USB2.0 光学ドライブ LITE-ON LH-20A1PX
 IEEE1394 光学ドライブ PLEXTOR PX-755A + ラトックIEEE1394アルミケース
 ケース ソルダム MT-PRO1300(白 400W)
※電源は ENERMAX ELT620AWT に交換
※サイドカバーは開けっ放しで使用
※外付けドライブは、必要に応じて電源入れてます。



フロントベゼル
通常のPioneerのバルクモデルは彫ってあるだけですが、111Cは色付きの文字入りです。
バルクモデルらしく、トレイの色も↑のベゼルと同色でした。
実際の文字は、↑のより少し薄く見ます。(スキャナー設定等関係で、現物とやや異なってます)



製品ラベル
2006年10月製で、MADE IN CHINA



ドライブ上面スキャン
111でおなじみのくぼみもしっかりあります。



DVDINFOPro 4.628
ファームウェアは、少し古めのものでした。
認識は "DVR-111C" で、LightScribe にはしっかりチェックがついてます。



Nero InfoTool 4.2.1.0
Nero Info Tool では、なぜか LightScribe にチェックが付きません。(原因不明)



DVRFlash 2.2
ログ
Win32版 DVRFlash で、DVRFlash -v X:
(X のところはドライブレター)



Pioneer DVR-111C の基板スキャン画像
DVR-111C 搭載チップ
NEC D63645AGM
NEC C3345GC





さて、あとは動作確認も含めて適当にDVD±Rメディアに焼いておこう、というところなのですが、DVR-111C 用の最新ファームが見当たらないので、ここは思い切って DVR-111L 化しちゃいます。(検証時最新の111系ファームは、*.29 です)


ということで、予定通りL化完了
"LightScribe" のところのチェックが外れて、代わりに "LabelFlash" にチェックが付きました。
(シリアルはしかり同じ番号です)
※111L化は、危険兄弟 さんのページより必要なファイルをダウンロードして実行するだけです。(自己責任)
ファームの数値は、1.06 → 8.29 とアップしましたが、よく見たら日付が古くなってます。
もしかして、ファームアップしたのは失敗だったのか・・・(111Cのファームがないので、元に戻せず)

111L化したことで、LabelFlashはしっかりできるようになってます。つまり DVR-111C は、LightScribe、LabelFlash 共にハード的にどちらも可能ということになりますが、DVR-111C のファームのときは LabelFlash ができず、DVR-111L のハードのときは LightScribe ができないので、(LightScribe メディアがマウントできない)残念ながら共存は無理のようです。
※111C → 111L 化しても、通常の焼きは問題なくできています。





■111C → 111L は可能でも、111L → 111C は無理?

DVR-111C の方には、LightScribe用と思われる部品が取り付けられています。

DVR-111D DVR-111C
見てのとおり、111Cの方には余分に部品が付いています。






あとは適当にいくつかのDVD±Rメディアに焼いておきます。
メディアの選定、書き込み速度は、管理人の好み、または気まぐれで決めています。


書き込みドライブ Pioneer DVR-111L ※元ハードは DVR-111C
ファームウェア 8.29
メディア (ID) TDK(太陽誘電) 16倍速DVD-Rメディア 超硬 (TYG03)
書き込み速度 4倍速 6倍速 8倍速 12倍速 16倍速
Nero CD-DVD Speed 4.7.0.2 ディスク品質テスト
PxScan 1.7.10.1 + PxView 1.12.6 + PX-755A (改Firm 1.07) PIE/Beta/Jitter/TA
コメント等
最後のほうで減速してますが、エラー的にはまずます。
TYG03にこのくらいで焼ければ不満はありません。





書き込みドライブ Pioneer DVR-111L ※元ハードは DVR-111C
ファームウェア 8.29
メディア (ID) 太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア (TYG02)
書き込み速度 4倍速 6倍速 8倍速 12倍速
Nero CD-DVD Speed 4.7.0.2 ディスク品質テスト
PxScan 1.7.10.1 + PxView 1.12.6 + PX-755A (改Firm 1.07) PIE/Beta/Jitter/TA
コメント等
Z-CLV の影響が出てはいますが、全体的にはいい方かと思います。特にTA は形がよく、好結果。
外周でPIFが増えているのは、Pioneerの仕様のようなところがある戸思います。





書き込みドライブ Pioneer DVR-111L ※元ハードは DVR-111C
ファームウェア 8.29
メディア (ID) 太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア (TYG02)
書き込み速度 4倍速 6倍速 8倍速 12倍速
Nero CD-DVD Speed 4.7.0.2 ディスク品質テスト
PxScan 1.7.10.1 + PxView 1.12.6 + PX-755A (改Firm 1.07) PIE/Beta/Jitter/TA
コメント等
同じメディアで、書き込み速度を6倍速に落としたとき。
エラー的には若干増えてるところもありますが、Beta/Jitterはこっちの方が安定しています。





書き込みドライブ Pioneer DVR-111L ※元ハードは DVR-111C
ファームウェア 8.29
メディア (ID) maxell 8倍速DVD-Rメディア (MXL RG03) 日本製
書き込み速度 4倍速 6倍速 8倍速 12倍速
Nero CD-DVD Speed 4.7.0.2 ディスク品質テスト
PxScan 1.7.10.1 + PxView 1.12.6 + PX-755A (改Firm 1.07) PIE/Beta/Jitter/TA
コメント等
maxell (日本製)はかなりいい感じで焼けています。特にTA の形がよく、全体的に好結果。(PIFは少し多いですが)





書き込みドライブ Pioneer DVR-111L ※元ハードは DVR-111C
ファームウェア 8.29
メディア (ID) maxell 8倍速DVD-Rメディア (MXL RG03) 台湾製
書き込み速度 4倍速 6倍速 8倍速 12倍速
Nero CD-DVD Speed 4.7.0.2 ディスク品質テスト
PxScan 1.7.10.1 + PxView 1.12.6 + PX-755A (改Firm 1.07) PIE/Beta/Jitter/TA
コメント等
スーパーODMの台湾製maxell ですが、PX-755A のみなぜか内周でPIEが高くなってしまいました。
しあにんなお昼ごはんさんでも見事に同じような傾向になっているので、初期ロットの頃の台湾maxell は積極的に買うほどの物ではないということで。(ちなみに、これは地元近くのさくらやで買ったものです)




書き込みドライブ Pioneer DVR-111L ※元ハードは DVR-111C
ファームウェア 8.29
メディア (ID) 森メディア (MXL RG03)
書き込み速度 4倍速 6倍速 8倍速 12倍速
Nero CD-DVD Speed 4.7.0.2 ディスク品質テスト
PxScan 1.7.10.1 + PxView 1.12.6 + PX-755A (改Firm 1.07) PIE/Beta/Jitter/TA
コメント等
微妙に PX-755A で内周PIE高いところもありますが、これは問題ない範囲。
TA の形は相変わらずよく、根本的にいい感じで焼けているように見えます。





書き込みドライブ Pioneer DVR-111L ※元ハードは DVR-111C
ファームウェア 8.29
メディア (ID) MBF 4倍速DVD-Rメディア (MXL RG02)
書き込み速度 1倍速 2倍速 4倍速
Nero CD-DVD Speed 4.7.0.2 ディスク品質テスト
PxScan 1.7.10.1 + PxView 1.12.6 + PX-755A (改Firm 1.07) PIE/Beta/Jitter/TA
コメント等
MBF 4倍速も結果良好。使っても大丈夫そうです。





書き込みドライブ Pioneer DVR-111L ※元ハードは DVR-111C
ファームウェア 8.29
メディア (ID) TDK 4倍速DVD+Rメディア (TDK001) 超硬UV
書き込み速度 2.4倍速 4倍速
Nero CD-DVD Speed 4.7.0.2 ディスク品質テスト
PxScan 1.7.10.1 + PxView 1.12.6 + PX-755A (改Firm 1.07) PIE/Beta/Jitter/TA
コメント等
多少エラー多いですが、これくらいは問題ない範囲。
8.**系ファームのため、強制的にROM化されています。

やや検証メディアは少ないですが、これにて終了。
maxell 、森メディア、MBF、誘電といった定番メディアへの焼きはどれもよさそうな感じです。

トップへ