CD-R実験室トップ
Pioneer DVR-216D トップ 各種ベンチマーク DVD-R 書き込みグラフ 16倍速DVD-R
8倍速DVD-R Part1 8倍速DVD-R Part2 8倍速DVD-R Part3 2層DVD+R


■Pioneer DVR-216D  - 2008年6月22日更新 - 

スペック的にほぼ頭打ちになってから数年経過しようとしている記録型DVDドライブですが、Pioneerから新型番のドライブが発売されました。

一応2層メディアの書き込み速度はアップしたものの、それ以外はあまり変更点のようなものはなく、正直215系ドライブをすでに使っていて不満がないなら買うほどのものではないと思います。(昔のように、書き込み速度が2倍速から4倍速にアップというなら買い換える価値はあると思いますが)
しかし今回は久々に設計変更されたようなので、結局発売日の翌日に購入。

DVD-R 高速書き込み時の動作音がDVR-215より少しだけ静かになったりと変化した面もありますが(と私は感じましたが) DVD-R 6倍速書き込みが可能、外周ほどメディアチェックの回数が多くなる、DVD-R の8倍速や12倍速書き込みではメディアによって書き込み方式が違う、読み速度の制御ができない、CD-R へ4倍速という低速書き込みをサポート、NeroDiscSpeedでのDAEで、6倍速以降が「遅すぎます」となること等は今まで通りで、使用感的には215とほとんど同じす。

※静かになったとは言っても、やはりそれなりにうるさいです。(シャー系動作音) 多分リテールのS15J の方が静か。(主観意見)
※意表をついて、CD-DAのリードオフセット値が変更されてます。(+18 → +66)



Pioneer DVR-216D
Pioneer DVR-216D
"D" が付くのでRAMには非対応ですが、もうRAMは使っていないのでその辺は気にせず購入。
アイボリー、黒、銀同時発売されましたが、今回は黒にしました。
AKIBA PC Hotline!

メインチップは NEC MC-10044B
基板だけではなく、筐体から新設計。
天板の形も今までと違っていて、素人が見てもその辺の凝りに凝ったとみられるデザインの優位性はさっぱりわかりませんが、今までよりはよくなっているということでいいと思います。
DVD-R 20倍速書き込みは予想していたより速く、4分34秒程度で完了。ただし、(静音化されたといっても)少しうるさく感じます。
DVD-R8倍メディアを使う分にはうるさくはないのは、DVR-215辺りと同様。
推奨系メディアを使えば、8倍速DVD-R、16倍速DVD-Rとも書き込み品位良好。(今回私が買ったのは多分まぁまぁの良ロット品)
DVD-R 6倍速CLV書きはいつものように可能。
DVD±R 8倍速書き込み、DVD±R 12倍速書き込みは、メディアによって Z-CLV になったり、P-CAV になったりするのも今までのPioneerと同様。
TYG02、TYG03で全速度焼いてみましたが、書き込み方式はDVR-215と同じです。
1倍速DVD-Rメディアへの2倍速書き込みはやはり非サポート。
DVR-215で厳しくなった電源の仕様が、少し緩和された。(ただし12Vは若干上昇)
 DVR-212 → 5V = 1.8A、12V = 1.1A
 DVR-215 → 5V = 2.1A、12V = 1.4A
 DVR-216 → 5V = 1.7A、12V = 1.5A
NeroDiscSpeed のディスク品質テストでは残念ながら動作しない。(確認バージョンは 4.11.2.0 古いバージョンでは未確認)
ROM化関連は、1層DVD+RはROM化されずBookTypeそのままで、2層DVD+Rは強制的にROM化される。
基本的に読み速度の制御ができないものの、CSS付DVD-Video再生時は勝手に速度が落とされるので、うるさくはない。
EACで設定するオフセット値は、読み +66、書き +48
今までのPioneerは読み +18、書き +48なので、読みが少し変わっています。
型番から想像つきますが、Labelflash 、DVD版DiscT@2には非対応。
CD Manipulator、Exact Audio Copy、ImgBurn いずれも書き込み可能。(EACはPC環境によっては動作しないこともあるので注意)
暁のラブレターが少しいやな感じになるのは今まで通り。

古いドライブから買い換えるなら、215系より216系の方がよさそうな気はします。(特に明確な根拠はありませんが)

■検証時PC環境

新ドライブ検証PC 各種計測用PC
 マザーボード ASUS P5K PRO (Intel P35 + ICH9R)
BIOS Ver.1001
 OS Windows Vista Home Premium 32bit SP1 DSP版
 CPU Core2Duo E8400
 メモリ DDR2-800 2GB x 2
 ビデオカード RH3650 LE512H (Radeon HD3650)
 サウンド ↑のHDMI より出力(オンボードのはBIOSで遮断)
 FDD なし
 ICH9R (AHCI) WD Caviar SE16 500GB (WD5000AAKS)
 ICH9R (AHCI) WD Caviar SE16 640GB (WD6400AAKS)
 ICH9R (AHCI) Pioneer BDC-S02J
 ICH9R (AHCI) LITE-ON LH-2B1S
 ICH9R (AHCI) Pioneer DVR-216D
 PATAマスター PLEXTOR PX-760A
 ディスプレイ 東芝 REGZA 37H3000 ※HDMI 接続
 ケース スカイテック SKC-71N
電源は オウルテック SS-550HT
 マザーボード ASUS P5LD2 DELUXE (intel 945P + ICH7R)
BIOS Ver.0603
 OS WindowsXP Professional SP3 OEM
 CPU PentiumD 940
 メモリ Crucial PC2-5300 (DDR2-667) 1GB x 2
 ビデオカード GeForce 8600GT 256MB HDCP対応
 サウンド オンボード
 FDD TEAC 2モード
 ICH7R (AHCI) WD Caviar SE16 500GB (WD5000AAKS)
 ICH7R (AHCI) LITE-ON DH-4O1S
 PATAマスター Panasonic LF-MB121JD
 PATAスレーブ LITE-ON DH-20A4H
 IEEE1394 PLEXTOR PX-755A + ラトックアルミケース
 ディスプレイ 三菱 RDT202WM(BK)
 ケース ソルダム MT-PRO1300(白 400W)
※電源は ENERMAX ELT620AWT に交換
※サイドカバーは開けっ放しで使用

Windows Vista Home Premium 32bit SP1 での各種ソフト動作状況
 Nero 8.3.2.1 動作OK
 Nero DiscSpeed 4.11.2.0 動作OK
 Nero DriveSpeed 3.8.1.0 動作OK
 DVDINFOPRO HD 5.07 動作OK
 ImgBurn 2.4.1.0 動作OK
 Exact Audio Copy V0.95 beta 4  今回のPC環境では書き込みできない
(読みは可能)
 CD Manipulator 2.70 動作OK

EACは、デフォルト設定、NeroのASPI 使用したとき、どちらでも こんな感じ になって 書き込みできませんでしたが、SAID-235US でUSB2.0変換することで書き込みできたので、ドライブ的には書き込み可能なものの、PC環境によっては書き込みできないようです。(同じPCにつながっているBDC-S02J、LH-2B1S でも同様の現象が出るので、P5K PROでAHCI モードだともしかしたらだめなのかもしれません)
OSインストールは、Vista SP1クリーンインストール → Intel Chipset Software Installation Utility V9.0.0.1007 → 各種デバイスドライバの順で行っています。

■製品ラベル、ドライブ情報等

MADE IN CHINAで、5V = 1.7A、12V = 1.5A (DVR-215は5V = 2.1A、12V = 1.4A)
215は5Vが2Aオーバーでしたが、1.7Aまで下がってます。
製造は2008年5月で、天板の形が今までと違ってます。

フロント部のレイアウト(LED)が今までと違っています。

拡大 MC-10044B
LEDの位置が変わったことからも想像つきますが、フロント部の基板が小型化されてます。

特に意味はない分解図(1) 特に意味はない分解図(2)

DVDInfoPro 5.07
タイムスタンプは4月18日で、購入日の約2ヶ月前。
初期ファームは1.03で、シリアルは(いつものように)製品ラベルの数値がそのまま出ます。
今後型番L対応のファームウェアが出て、入れることができるようになれば
「LabelFlash」 にチェックがついて、DVD版DiscT@2等もできるようになると思われます。

DVRFlash 2.5.1
Win32版 DVRFlash で、DVRFlash -v X:
(X のところはドライブレター)
バルクなので、いつもの通り "GENERAL" と出ます。

■DVD-Video再生時の動作音について

一応MAX以外の速度が選べるものの、どちらを選んでも同じになります。
DVD-Video(CSS)再生時は勝手に速度が落とされるので、うるさくはないです。(主観)

■各種特殊音楽ディスクの読み(書き)性能

特殊音楽ディスクタイトル 特殊音楽ディスク種類 特徴 検証結果
中島美嘉 / 愛してる
レーベルゲートCD エラー入りのカクタス・データ・シールド。(トラック1で音飛び発生しやすい) 認識、読み共に無問題
Nick Carter / NOW OR NEVER
Key2Audio 国内ではほとんど採用実績がない、Key2Audioプロテクト。PCでのマウントは未保証なディスク。 認識、読み共に無問題
westlife / world of our own
CDS-100 カクタス・データ・シールド最強のCDS-100ディスク。
誤爆が多く、回収されてしまったという経緯がある、今となっては入手困難な(ある意味)貴重なディスク。
無音WAVEになってしまう
aiko / 暁のラブレター
特殊データ入り
音楽ディスク
書き込む際に問題が起きやすいという特殊なデータが混入されているディスク。 書き込み時、やや問題発生
(気のせいレベル)
元ちとせ / ノマド・ソウル
SACDハイブリッド・ディスク プロテクトディスクではないが、ドライブによってはマウントできないディスク。 認識、読み共に無問題

暁のラブレターで少し問題が出る のはいつもの通りです。

Exact Audio Copy V0.95 beta 4 を使用して確認しています。
※今回EACでの書き込みができなかったので、暁のラブレターの書き込みはNero8を使用しています。

■DAE (DVR-216D で16倍速でテストディスク作成)

Nero Disc Speed 4.11.2.0
オフセット値がいつもの数値(66サンプル)と違いますが、これは読みの数値が変わっているためです。
DAEは100なものの、6x以降が 「遅すぎます」 となるのはいつもの通り。
ログ

各種ディスクのマウント時間 ※ファーム 1.03時

ディスク種類 マウント時間 ディスク種類 マウント時間
ブランクDVD-Rメディア
(TYG02)
28秒 ブランクCD-Rメディア
(太陽誘電48倍速CD-Rメディア)
28秒
記録済みDVD-Rメディア
(TYG02)
22秒 記録済みCD-Rメディア
(太陽誘電48倍速CD-Rメディア)
17秒
ブランクDVD+R DLメディア
(MKM001)
28秒 普通の音楽CD 17秒
記録済みDVD+R DLメディア
(MKM001)
22秒 プレス2層DVD-Video (CSS) 18秒

全体的にDVR-215より遅くなってますが、PC環境が変わっているので、その辺はあまり細かく比較できないかもしれません。

■各種DVDメディアの選択できる書き込み速度 & 書き込み方式について ※ファーム 1.03時

メディア 20x 18x 16x 12x 8x 6x 4x 2x
太陽誘電 16倍速DVD-Rメディア
TYG03
CAV
×
-
CAV
P-CAV
P-CAV
CLV
CLV
×
-
太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア
TYG02
×
-
×
-
×
-
6x-8x-12x
Z-CLV
6x-8x
Z-CLV
CLV
CLV
×
-

DVR-215と同じです。

■主な特徴まとめ

調査項目 結果(内容) 補足説明 (なんで調べているか?等)
ベンダーID PIONEER
プロダクトID DVD-RW DVR-216D
メインチップ MC-10044B
購入時ファームウェア 1.03
製造国表示 CHINA
排気ファン なし
5V定格 1.7A
12V定格 1.5A
Exact Audio Copy での
Read sample offset correction
+66サンプル
Exact Audio Copy での
Write samples offset
+48サンプル
Exact Audio Copy での
Combined read/write sample offset correction
+114サンプル
エラー入りCDS200系ディスク
(通称コピーコントロールCD)
の読み
問題なし
NeroDriveSpeed での速度制御 できない
1層DVD+R ROM化 BookTypeそのまま
2層DVD+R ROM化 強制ROM化仕様
DVD+RW ROM化 未確認
Exact Audio Copy での読み書き 読み → 可能
書き → 今回のPC環境では不可
SAID-235US でUSB2.0変換することで書き込み可能になりました
CD Manipulator 2.70 での読み書き 読み → 可能
書き → 可能
ログ
ImgBurn 2.4.1.0 での読み書き 読み → 可能
書き → 可能
ログ
CD-R最低書き込み速度 4倍速
フルCLVでのDVD-R/DVD+R書き込み最高速度 1層は6倍速
2層はMKM001で確認する限りは4倍速
ROM化したDVD+R、DVD+R DLディスクの認識 DVD+R、DVD+R DL共に本来のBookTypeで認識 なんでこんなことを調べているかというと、ドライブによってはROM化したディスクをROM化していないと判断してしまったり、逆にROM化していないのにROM化したかのように処理してしまうことがあるからです。(DVR-216D はBookTypeの判別ドライブとして正常に使用可能)
メーカー保証 バルクのためなし
トレイの色
搭載バッファ容量 2MB
ドライブのLEDとマザーボードHDDのLEDは同期するか? 書き込み中はドライブのLED、HDDのLEDともに点灯しっぱなし
MediaCodeSpeedEdit でのファームウェア情報 -
Nero CD-DVD Speed のディスク品質テストで動作するか? 動作不可 NeroDiscSpeed 4.11.2.0 にて確認
(古いバージョンでは未確認)
暁のラブレター書き込み能力 やや問題発生 aiko/暁のラブレターは、書き込みのとき問題が出やすいという特殊データが入っている音楽ディスクです。
こちら を参照。
購入時ジャンパー位置 -

■各種エラー計測グラフの見方がわからない!

説明ページ


CD-R実験室トップ
Pioneer DVR-216D トップ 各種ベンチマーク DVD-R 書き込みグラフ 16倍速DVD-R
8倍速DVD-R Part1 8倍速DVD-R Part2 8倍速DVD-R Part3 2層DVD+R