CD-R実験室トップ
TEAC DV-W516E Part3 トップ 太陽誘電 16倍速DVD-Rメディア 太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア
太陽誘電 8倍速DVD+Rメディア 森メディア Prodisc 8倍速DVD-Rメディア


■TEAC DV-W516E Part3 - 2005年11月12日更新 -

もうこれ以上は買わない予定でしたが、いろいろあって買ってしまった 2005年9月製造の TEAC DV-W516E レポートページです。


TEAC DV-W516E
初流通品は6月製造でしたが、今回のは9月製造品。(白ベゼル)


ファーム1.0D の DV-W516E では低速焼きするとおかしな結果になったので、ここでは9月製造のDV-W516Eを使って、気になるメディアの全速度で焼いてみます。


初期ファームは1.07でした。(言うまでもなく、即1.0Dにアップ)



検証時環境
マザーボード intel D865PERLK(865PEチップセットインテル純正品)
OS Windows2000 Professional + SP4
CPU Celeron 2.6GHz(FSB400)
メモリ PC3200 BULK(SAMSUNG) 256MB × 2
ビデオカード RADEON 9500(64MB)
サウンドカード オンボードのものを使用
FDドライブ 不明
SATA HDD Seagate ST3160827AS (160GB)
プライマリマスター PLEXTOR PX-716A
プライマリスレーブ none
セカンダリマスター BenQ DW1640
セカンダリスレーブ TEAC DV-W516E
USB2.0 PLEXTOR PX-716UFL
USB2.0 PLEXTOR PX-712U
PCケース ソルダム MT-PRO1300(白 400W)
※電源はAcBel 400W に交換




各種エラーチェックページでの条件等は以下の通り。

●ライティングソフトは Nero CD-DVD Speed 4.10
●掲載しているデータは、絶対的な品質をあらわすものではないので、(重要)参考資料の一つとして見て下さい。
●PxScan用には、PX-716UFL を使用。(読み速度は2倍速CLV)
●Nero CD-DVD Speed 4.10 でのディスク品質テストは、DW1640 (Firm BSMB) を使用。(読み速度は4倍速CAV)
●PlexToolsProfessional 2.25用には、PX-712U (Firm 1.07) を使用。(読み速度は2倍速CLVで、速度2設定)




■とその前に、maxell 5倍速DVD-RAMでの読み書きを確認

ファーム1.0DでのRAMの読み書きを一応確認しておきます。
※何度か読み書きした maxell 5倍速DVD-RAMメディア(MXL16)を使用。


マウント時間
マウント時間は標準的。


Nero CD-DVD Speed 4.10 でのデータディスク作成
速度MAX & ベリファイ有効
ベリファイ有効のときです。(実質約2倍速)



Nero CD-DVD Speed 4.10 でのデータディスク作成
速度MAX & ベリファイ無効
ベリファイ無効のとき。
しっかり5倍速 CLV



Nero CD-DVD Speed 4.10 でのリードテスト
読みは特にこれといってなし。(普通の結果)


ということで、maxell 5倍速RAMでは大体予想通りの問題ない結果になりました。


CD-R実験室トップ
TEAC DV-W516E Part3 トップ 太陽誘電 16倍速DVD-Rメディア 太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア
太陽誘電 8倍速DVD+Rメディア 森メディア Prodisc 8倍速DVD-Rメディア