CD-R実験室トップ
TEAC DV-W516GDM トップ ドライブ情報等 CD関連の各種性能 CD関連のベンチマーク
太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア全速度書き込み DVD関連のベンチマーク DLメディア
各種8倍速メディアエラーチェックページ Part1 各種8倍速メディアエラーチェックページ Part2
各種16倍速メディアエラーチェックページ


■TEAC DV-W516GDM - 2006年7月23日更新 -

TEAC自社製ドライブ DV-W516E から約1年、久々にTEACから5インチ記録型DVDドライブが発売されました。


TEAC DV-W516GDM
TEAC DV-W516GDM
DV-W516E から約1年後に登場した、DV-W516GDM
- 公式サイト -
AKIBA PC Hotline!


さて販売されたのはいいのですが、DV-W516E のように自社製ではありません。


上が TEAC DV-W516GDM で、下が LITE-ON SHM-165P6S
イジェクトホール、イジェクトボタン、LED の位置が同じ。
これを見た時点で LITE-ON では?ということになりますが、実際に物を見ると間違いなく LITE-ON です。



TEAC DV-W516GDM LITE-ON SHM-165P6S
拡大(期間限定) 拡大(期間限定)


ということで、ドライブ的な特徴も LITE-ON の特徴が良く出ています。

KProbeで動作可能。(Nero CD-DVD Speed のディスク品質テストも動作可能)
KProbe でドライブ詳細情報を取得可能。
EEPROM Utility 3.3.3 で動作可能。
Hyper Tuning の設定が可能 & 実際に効果もあり。
Hyper Tuning の設定を行うと、TYG02 へ2倍速書き込みが可能になったりと、選択できる書き込み速度が変化する。
DVDメディアへの6倍速CLV 書き込みが可能 & 書き込みグラフは LITE-ON 特有の微妙なカーブを描く。
DVDScanでも(一応)動く。
DVD-RAM 5倍速書き込みは、CLV ではなく P-CAV

ただし、BookTypeの設定変更はできないため(初期ファームで確認)LITE-ONドライブをそのまま発売、ということではなさそうです。
また、書き込み速度的スペックはDV-W516E とほとんど同じです。位置付け的にはコストダウンモデルということになるんでしょうか?


DV-W516E と DV-W516GDM の各種メディア書き込み最大速度
DV-W516E DV-W516GDM
DVD-R 16倍速 16倍速
DVD-R DL 8倍速 8倍速
DVD-RW 6倍速 6倍速
DVD-RAM 5倍速 5倍速
DVD+R 16倍速 16倍速
DVD+R DL 8倍速 8倍速
DVD+RW 8倍速 8倍速
CD-R 40倍速 48倍速
CD-RW MS 4倍速 4倍速
CD-RW HS 10倍速 10倍速
CD-RW US 24倍速 24倍速
MAX書き込み速度は、CD-R以外は同じです。
(DV-W516GDM のRAM5倍速はP-CAV なので、そういう意味では DV-W516E よりパワーダウンしてますが)


あまり細かいことを気にせず普通に使う分には、DV-W516E との違いを感じないかもしれませんが、Hyper Tuning の設定が焼きに結構影響することは知っておいた方がいいかもしれません。

Hyper Tuning の設定は Smart-Burn utility で行いますが、ダウンロード先はTEACではなく、LITE-ON(系)のサイトです。
Smart-Burn utility 3.1.16 Smart-Burn utility 3.1.16t
※バージョンは 2006年7月23日時点。
※3.1.16t の方は、(初期ファーム DV-W516GDM の場合)ダウンロードしてもあまり意味はありません。(Online Hyper Tuning が使えないため)





Hyper Tuning はTEACのサイトを見ても一言も書かれてませんが(当然ですが)
かなり改善されることがあり、Jitterは特によくなる傾向があります。(逆にPIEは増えることもありますが)
以下、「太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア全速度書き込み」 の内容を一部抜粋。


DVDScan の Jitter グラフと PxScan のTA (外周) を比較
Hyper Tuning OFF
TYG02 4x焼き
Hyper Tuning ON
TYG02 4x焼き




■TEAC DV-W516GDM の主な特徴等 ※確認時のファームウェアはM4S2

調査項目 結果(内容) 補足説明 (なんで調べているか?等)
ベンダーID TEAC
プロダクトID DV-W516GDM
メインチップ MediaTek MT1888E 普通に使う分には気にする必要はありませんが、これによってある程度ドライブの性能が見えてくるときがあります。
MediaTek搭載品 → KProbeで動く可能性が高い
NEC搭載品 → オフセット値がRead=48、Write=18

等々。
購入時ファームウェア M4S2
製造国表示 CHINA
排気ファン なし
5V定格 1.5A
12V定格 1.5A
ヘッドホン端子 なし
付属のブランクメディア なし
付属ソフト なし バルク購入ですが、付属ソフトはありませんでした。
Exact Audio Copy での
Read sample offset correction
-24サンプル ※2006年11月25日修正
Exact Audio Copy での
Write samples offset
+24サンプル ※2006年11月25日修正
Exact Audio Copy での
Combined read/write sample offset correction
±0サンプル DV-W516GDM で音楽CDを読み書きしたときは、読み書きでズレが相殺されます。
Exact Audio Copy での
Overread into Lead-In and Lead-Out
Lead-In のみ可 対応していない場合、ずれる分の読みが不可。
DV-W516GDM は Overread into Lead-In だけなものの、ディスク全領域からリッピング可能。
Exact Audio Copy でオフセットCDを作成できるか? 作成可能
音楽CDリッピング可能領域 Exact Audio Copy を使い、"Read sample offset correction" を "-24" に設定し、リードイン、リードアウトオーバーリードのオプションを有効にすることで、全領域リッピング可能。 ※2006年11月25日修正
音楽CD書き込み可能領域 Exact Audio Copy を使い、"Write samples offset" を "+24" に設定することで、位置ずれ、データの書き漏らしのない完璧な音楽CD作成が可能。
※2006年11月25日修正
エラー入りCDS200系ディスク
(通称コピーコントロールCD)
の読み
認識、読み共に良好。
NeroDriveSpeed での速度制御 DVDメディアは、
16x (CAV)
12x (CAV)
8x (CAV)
6x (CAV)
4x (CAV)
2x (CLV)
1x (CLV)

CDメディアは、
48x (CAV)
40x (CAV)
32x (CAV)
24x (CAV)
12x (CLV)
8x (CLV)
4x (CLV)
から選択可能。
1層プレスDVD-Video、プレス音楽CDで確認したところでは、すべて指定した速度どおり制御されました。
CD-Rオーバーバーン Nero CD-DVD Speed 4.51.3 で試したところでは、82分44秒くらいまでは可能。
DVD+Rオーバーバーン 非対応。
Nero CD-DVD Speed 4.51.3 にて確認。
1層DVD+R ROM化 BookType設定変更は出来ない。
(ROM化されない)
2層DVD+R ROM化 BookType設定変更は出来ない。
(強制ROM化仕様)
Exact Audio Copy での読み書き 読み → 可能
書き → 可能
CDRDAO経由しなくても可能。
V0.95 beta 4にて確認。
※CDRDAO経由のオプションは、「EAC」 → 「書き込み」 タブのところにあります。
CD Manipulator 2.70 での読み書き 読み → 可能
書き → 可能
CD-R最低書き込み速度 8倍速
フルCLVでのCD-R書き込み最高速度 16倍速
フルCLVでのDVD-R/DVD+R書き込み最高速度 6倍速 LITE-ONらしく、6倍速CLV 書き込みが可能です。
ROM化したDVD+R、DVD+R DLディスクの認識 DVD+R、DVD+R DL共に本来のBookTypeで認識。 なんでこんなことを調べているかというと、ドライブによってはROM化したディスクをROM化していないと判断してしまったり、逆にROM化していないのにROM化したかのように処理してしまうことがあるからです。(DV-W516GDM はBookTypeの判別ドライブとして正常に使用可能)
(作り間違えた)
ルクセンブルクTDK8倍速メディアの認識
TTG02 詳細はこちら を参照
保証 バルク購入
トレイの色
搭載バッファ容量 2MB
データ転送速度 PIOモード 4
MultiWord DMA-2
Ultra DMA-4
ドライブのLEDとマザーボードHDDのLEDは同期するか? 同期しない
MediaCodeSpeedEdit でのファームウェア情報 -
Nero CD-DVD Speed のディスク品質テストで動作するか? DVD±Rメディア、DVD-RAMメディア、CDメディアいずれも可能。
ただ、Jitter計測はできない。
RAMも計測可能というのは高ポイント。
暁のラブレター書き込み能力 問題なし。 aiko/暁のラブレターは、書き込みのとき問題が出やすいという特殊データが入っている音楽ディスクです。
こちら を参照
B's Recorder GOLDでDVD-Rメディアへ書き込みしたとき、最後の工程でトレイが一旦開いてすぐしまる通称 「あっかんべー現象」 は起きるか? あっかんべーしませんでした。
B's Recorder GOLD 8.33 にて確認。
別に問題があるわけではありませんが、ドライブによって起きたり起きなかったりするので、一応調べてます。
なお、この現象はオプション設定の、「書き込み直後に、メディアをイジェクトする」 とは関係ありません。
また、DVD-Rで起きる現象で、DVD+Rでは起きません。
購入時ジャンパー マスター LITE-ON は通常スレーブにささってますが、マスターにさしてありました。


■LITE-ON 系ツールでの動作について

Bit Setting Utility 1.3.5
F/W not support ! と言われてしまい、設定変更不可。



EEPROM Utility 3.3.3
「Backup Eeprom」 は正常に動作しているっぽいです。



Smart-Burn utility 3.1.16



Smart-Burn utility 3.1.16
"HyperTuning" は焼きに影響する項目ですが、設定が可能な上、しっかり効果も現れてます。
(効果については、メディア等によるかもしれませんが)



Smart-Burn utility 3.1.16t
"Online Hyper Tuning" はさすがに設定はできませんでした。
実際には確認してませんが、それなりのファームをぶち込めば設定できるようになる、、と思われます。



XSF 1.53 でファームは吸えるか?
WinXP起動ディスクで起動 → XSF 1.53実行だと↑のようになるもの、うまくファームは吸えず。
IDEのHDDを繋いで、Win98SEの起動ディスクで起動 → FAT32フォーマットしたHDDに XSF1.53 をコピー
→HDDから XSF 1.53 を実行とかやってみても正常動作せず。
XSFの使い方とかイマイチ理解してませんが、ドライブ壊す可能性もありそうなので、あまり深追いせずあきらめました。
試したコマンドは、
XSF 2 R M4S2.BIN
XSF 2 R M4S2.BIN /FULL



KProbe 2.5.2 での動作
DVR-A07-J maxell 8倍速DVD-Rメディア 8倍速書き込みディスクを使用
普通に動作します。



Nero CD-DVD Speed 4.51.3 ディスク品質テスト
DVR-A07-J maxell 8倍速DVD-Rメディア 8倍速書き込みディスクを使用
同じく、普通に動作します。



DVDScan 0.02Beta での動作
DVR-A07-J maxell 8倍速DVD-Rメディア 8倍速書き込みディスクを使用
PISum8/PIF
画面クリックで元画面表示 (New Window!)
PISum8 に関しては、まともに動作しているっぽいです。
Jitter
画面クリックで元画面表示 (New Window!)
Jitterはまともに動きませんでした。(当然かもしれませんが)
ファーム MV9N での SHM-165P6S での同ディスクのJitterグラフ
Beta
画面クリックで元画面表示 (New Window!)
Betaはそれなりに動いてくれましたが、本来より低く出るようです。
ファーム MV9N での SHM-165P6S での同ディスクのBetaグラフ


■各種DVDメディアの選択できる書き込み速度 & 書き込み方式について ※ファーム M4S2時

メディア 16x 12x 8x 6x 4x 2x 1x
太陽誘電 16倍速DVD-Rメディア
TYG03
CAV
P-CAV
P-CAV
CLV
CLV
※注1
CLV
※注1
×
-
太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア
TYG02
×
-
×
-
P-CAV
CLV
CLV
CLV
※注1
×
-

※注1
HyperTuning を有効にした場合のみ選択可能。


■各種ディスクのマウント時間 ※ファーム M4S2時

ディスク種類 マウント時間 ディスク種類 マウント時間
ブランクDVD-Rメディア
(TYG02)
17秒 プレス2層DVD-Video (CSS) 10秒
記録済みDVD-Rメディア
(TYG02)
16秒 普通の音楽CD 16秒
ブランクDVD+R DLメディア
(MKM003)
28秒 記録済みDVD-RAMメディア
(maxell 5倍速DVD-RAM)
22秒
記録済みDVD+R DLメディア
(MKM003)
26秒 - -
ブランクCD-Rメディア
(太陽誘電48倍速)
16秒 - -
記録済みCD-Rメディア
(太陽誘電48倍速)
15秒 - -


CD-R実験室トップ
TEAC DV-W516GDM トップ ドライブ情報等 CD関連の各種性能 CD関連のベンチマーク
太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア全速度書き込み DVD関連のベンチマーク DLメディア
各種8倍速メディアエラーチェックページ Part1 各種8倍速メディアエラーチェックページ Part2
各種16倍速メディアエラーチェックページ