BenQ DW1625 トップ ドライブ情報等 CD関連の各種性能 LightScribeを使ってみる トップへ
DVD関連のベンチマーク (1) DVD関連のベンチマーク (2) QSuite DVD+R DLメディアエラーチェックページ
各種4倍速メディアエラーチェックページ 各種8倍速メディアエラーチェックページ 各種16倍速メディアエラーチェックページ


■LightScribe を使ってみる

初の対応ドライブである BenQ DW1625 にメディアが1枚同梱されていますが、その貴重な1枚を早速使ってみたので、実際の使用感等を書いてみたいと思います。

参考リンク

操作法等はYAMAHA CRW-F1の DiscT@2 に似ていますが、DiscT@2 と違っていい点はディスク全体に絵が描けること。見た目も綺麗でかなりいい感じです。あとはメディアがどこまで普及するか?ですが。


同梱されていた LightScribe 対応CD-Rメディア
紙ケースに入ってました。
(レーベル面は金色っぽい感じ)



メディア製造元 (各種ソフトでの情報)
見た目Sonic AZOですが、予想通り三菱です。




■付属の neroでレーベル面に書き込み!

LightScribe は付属のneroで行いますが、F1の DiscT@2 と同じ要領でよさそうです。
手順としては、通常の焼き → 通常の焼きが完了 → メディアを手動でひっくり返す → レーベル面に書き込み(印刷)

こんな感じで、写真データ、テキストを配置。
※↑の 「CD-R実験室」 という文字は、テキストデータです。



書き込み(印刷)前に、「印刷コントラスト」 という設定項目が出現します。
今回は 「最高」 に設定。



メディアが1枚しかないので、書き込み前にプレビューで(イメージ通りになっているか?)慎重に確認



書き込み(印刷)中・・・・・
思ったより時間かかるみたいです。(今回の設定では、約30分)


で、無事完成しました。




■仕上がり具合はどうか?

モノクロですが、思ったよりいい感じです。


スキャナーで取り込み。



デジカメで撮影
思ったよりクッキリ写ってます。


普段はプリンターでレーベル面に印刷はしないので、なにかレーベル面に書くときはひたすら手書きですが、それだと見た目がいまいち。
でも、わざわざプリンターで印刷というのは面倒・・・
という感じでしたが、これなら余計な周辺機器を追加せずに綺麗にレーベル面が仕上がるので、(個人的には)かなり魅力的な機能だと思います。
繰り返しになりますが、あとはメディアが普及するかどうか?国内有名メディアメーカーにはぜひ前向きに製品化を検討して頂きたいところです。


BenQ DW1625 トップ ドライブ情報等 CD関連の各種性能 LightScribeを使ってみる トップへ
DVD関連のベンチマーク (1) DVD関連のベンチマーク (2) QSuite DVD+R DLメディアエラーチェックページ
各種4倍速メディアエラーチェックページ 各種8倍速メディアエラーチェックページ 各種16倍速メディアエラーチェックページ