BenQ DW1625 トップ ドライブ情報等 CD関連の各種性能 LightScribeを使ってみる トップへ
DVD関連のベンチマーク (1) DVD関連のベンチマーク (2) QSuite DVD+R DLメディアエラーチェックページ
各種4倍速メディアエラーチェックページ 各種8倍速メディアエラーチェックページ 各種16倍速メディアエラーチェックページ


BenQ DW1625 DVD関連のベンチマーク(2)
ここでの DW1625 のファームウェアはBBBAです
■このページで使用しているメディアの選択できる書き込み速度 (DVDINFOPro 3.53調べ)

太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア
ID : TYG02

選択できる書き込み速度 → 8x 4x 2.4x
6倍速は不可。
最低速度は2.4倍速です。(実際に2.4倍速で書き込みも可能)



太陽誘電 4倍速DVD+Rメディア
ID : YUDEN000T01

選択できる書き込み速度 → 4x 2.4x
速度違反は許可されず、MAXは 4倍速まででした。




DVD-R 8倍速書き込み (太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア)
Nero CD-DVD Speed 3.75 使用

デフォルトはWOPC有効ですが、無効の場合も試してます。
WOPC有効と無効とでは時間的には1分位違い、(16倍速メディアのときと比べて)時間的に結構差が出ました。


WOPC 有効のとき
BenQおなじみのグラフ。(初速は6.68倍速と高速)



WOPC 無効のとき
WOPC無効のとき。途中で減速せず、一気に最後まで焼ききっています。
初速は同じく6.68倍速でした。




■各種計測結果

↑で作成したディスクを各種ソフトで計測した結果です。
16倍速メディアのときはWOPC有効の方が悪いということになってしまいましたが、今回はWOPC有効の方がよくなりました。(特に外周はその傾向あり)


Nero CD-DVD Speed 3.75 + DW1620 での計測結果
WOPC有効で作成したディスク
WOPC無効で作成したディスク
DW1620 + CD Speed ではあまり差はないように見えますが、





PxScan 1.6.2 + PX-716A での計測結果
WOPC有効で作成したディスク
WOPC無効で作成したディスク
PX-716Aだと外周部に結構差がでました。
この結果からすると、WOPCは切らない方いいということになり、DVD関連のベンチマーク(1)のときと少し違う結果になってます。






DVD+R 4倍速書き込み (太陽誘電 4倍速DVD+Rメディア)
Nero CD-DVD Speed 3.75 使用

続いて4倍速メディアでの結果です。


WOPC 有効のとき
特に気になるところはない、おなじみのグラフ。



WOPC 無効のとき
予定通りのグラフです。
最初から最後まで一気に4倍速書き込み。(時間的には約19秒短い)




■各種計測結果

↑で作成したディスクを各種ソフトで計測した結果です。
8倍速誘電同様、WOPC有効の方がいい結果になりました。


Nero CD-DVD Speed 3.75 + DW1620 での計測結果
WOPC有効で作成したディスク
WOPC無効で作成したディスク





PxScan 1.6.2 + PX-716A での計測結果
WOPC 有効で作成したディスク
WOPC 無効で作成したディスク
あきらかにWOPC無効の方が悪いです。外周のBetaがちょっと低すぎかも?


基本的には、WOPCは有効にしておいたほうがよさそうです。(DVD関連のベンチマーク 1ではWOPC無効の方がよかったりしたので、例外はあると思いますが)


BenQ DW1625 トップ ドライブ情報等 CD関連の各種性能 LightScribeを使ってみる トップへ
DVD関連のベンチマーク (1) DVD関連のベンチマーク (2) QSuite DVD+R DLメディアエラーチェックページ
各種4倍速メディアエラーチェックページ 各種8倍速メディアエラーチェックページ 各種16倍速メディアエラーチェックページ