BenQ DW1625 トップ ドライブ情報等 CD関連の各種性能 LightScribeを使ってみる トップへ
DVD関連のベンチマーク (1) DVD関連のベンチマーク (2) QSuite DVD+R DLメディアエラーチェックページ
各種4倍速メディアエラーチェックページ 各種8倍速メディアエラーチェックページ 各種16倍速メディアエラーチェックページ


■QSuite

QSuite という統合ユーティリティ的ソフトが付属していますが、DW1625を使いこなすにはQSuiteは結構重要そうです。
ざっと使った感じでは、できることは、


ディスク情報(ID)の表示
BookTypeの設定、変更 (変更はDVD+RWメディアのみ)
記録前のメディアの品質テスト (QScan)
WOPC有効、無効の切り替え
Test書き込みの設定 (通常はテスト書き込みを行えない、DVD+Rメディアへもテスト書き込みが可能に)
※各種ライティングソフトで通常の焼きを行っても、QSuiteでテスト焼き有効の設定を行っていた場合は、シミュレーション焼きになります。


このうちWOPCの有効、無効切り替えは書き込み品質に影響する項目なので、よく確認しておいた方がよさそうです。
※何枚か焼いたところではWOPCは有効にした方がいい場合が多いです。(例外あり)
※WOPCを無効にしても、PCを再起動すると勝手にWOPC有効になります。(ファームBBBA + QSuite 1.0にて確認)


WOPC説明


WOPCが無効に設定されている状態



ROM化 (BookType)の設定
各種メディアの書き込み時のBookTypeの設定や、DVD+RWディスクのBookTypeの変更はすべてこの画面で実行可能です。(デフォルトはすべてROM化される設定になってました)
この状態だと、
DVD+R、DVD+RW、DVD+R DLの3タイプのディスクは書き込み時すべてROM化される
&
現在ドライブにマウントされているディスクはDVD+RWで、BookTypeはDVD-ROM
ということになります。





あとは、よく使いそうなのは QScan ですが、いくつかのメディアの結果を載せておきます。


Prodisc 16倍速DVD+Rメディア
16倍速時
ID : PRODISCR04



Prodisc 16倍速DVD+Rメディア
8倍速時
ID : PRODISCR04






太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア
8倍速時
ID : TYG02



TOP と書かれた 8倍速DVD-Rメディア(ID偽●)
8倍速時
ID : TYG02
偽●・・・ですが、思ったほど悪くありませんでした。


BenQ DW1625 トップ ドライブ情報等 CD関連の各種性能 LightScribeを使ってみる トップへ
DVD関連のベンチマーク (1) DVD関連のベンチマーク (2) QSuite DVD+R DLメディアエラーチェックページ
各種4倍速メディアエラーチェックページ 各種8倍速メディアエラーチェックページ 各種16倍速メディアエラーチェックページ