CD-R実験室トップ
DW1650 トップ ドライブ情報等 CD関連の各種性能 各種DVDメディアエラーチェックページ


■BenQ DW1650 - 2006年3月12日更新 -

久々に登場した、BenQ新ドライブ DW1650 検証ページです。
海外では DW1655 が売られていますが、なぜか国内ではLightScribe非対応の DW1650 のみ?
その辺の事情がよくわかりませんが、ともかくめでたく国内販売された DW1650 について調べてみることにします。



BenQ DW1650
BenQ DW1650
発売されないか?とも言われていたドライブですが、
なんとか国内販売されました。
- 公式ページ -
- 公式ページ -
AKIBA PC Hotline!


※今回は時間があまりないため、いつもより内容が少なくなってます。
※調査期間は、PX-760A ファーム1.01公開まで!





■各種DVDメディアの選択できる書き込み速度 & 書き込み方式について ※ファーム BCDC 時

メディア 16x 12x 8x 6x 4x 2x
(2.4x)
1x
三菱化学 8倍速DVD+R DLメディア
MKM003
太陽誘電 16倍速DVD-Rメディア
TYG03
太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア
TYG02
×
-
×
-
P-CAV
×
-
CLV
×
-
太陽誘電 4倍速DVD-Rメディア
TYG01
TDK 1倍速DVD-Rメディア
TDKG02000000




■各種ディスクのマウント時間 ※ファーム BCDC 時

記録済みディスクは MountTime_Checker で。ブランクディスクと通常の音楽CDは Nero CD-DVD Speed を起動させておいて、 「ディスク種類」 のところの表示されるまでの時間を計測しています。


BenQ DW1650 (Firm BCDC) BenQ DW1640 (Firm BSOB) ※参考比較用
ディスク種類 マウント時間
ブランクDVD-Rメディア
(TYG02)
13秒
記録済みDVD-Rメディア
(TYG02)
17秒
ブランクDVD+R DLメディア
(MKM003)
記録済みDVD+R DLメディア
(MKM003)
18秒
ブランクCD-Rメディア
(太陽誘電48倍速)
12秒
記録済みCD-Rメディア
(太陽誘電48倍速)
11秒
プレス2層DVD-Video (CSS) 11秒
普通の音楽CD 11秒
記録済みDVD-RAMメディア
(maxell 5倍速DVD-RAM)
-
ディスク種類 マウント時間
ブランクDVD-Rメディア
(TYG02)
12秒
記録済みDVD-Rメディア
(TYG02)
14秒
ブランクDVD+R DLメディア
(MKM003)
記録済みDVD+R DLメディア
(MKM003)
17秒
ブランクCD-Rメディア
(太陽誘電48倍速)
17秒
記録済みCD-Rメディア
(太陽誘電48倍速)
11秒
プレス2層DVD-Video (CSS) 10秒
普通の音楽CD 15秒
記録済みDVD-RAMメディア
(maxell 5倍速DVD-RAM)
-




■BenQ DW1650 の主な特徴等 (一部主観意見含む)

DQ60はTEAC OEMでそれまでのBenQと全然別物だったが、本ドライブはDW1640の正規後継ドライブ。
基本的な性能はDW1640と同じです。
Nero CD-DVD Speed のディスク品質テストで動作可能。(Jitter計測も可能)
読み方式は、DW1640と同じく、CAV です。
相変わらず、1層DVD±Rへの6倍速書き込みは非サポート。
詳細
QSuiteの機能はフルに使用可能。
側面には、DW1640同様に穴が開いている。
DW1640と同じです。
DVD-Rメディアに2.4倍速という、謎の速度も相変わらずサポート。
ROM化は各種メディアに対して個別に設定可能。
DVD+R DLはROM化したいが、DVD+RはROM化したくないときに便利。
DVD+Rにオーバーバーンが可能。
QSuiteを併用することで、通常は無理なDVD+RへのTest書き込みが可能。
(オーバーバーン能力を事前に確認したいときに便利?)
DVDメディア、CDメディアの、CD Speed でのディスク品質テスト時の選択できる書き込み速度は、DW1640と同じ。(DW1640と同じ感覚で使えそう)
ExactAudioCopy では、CDRDAO経由しなくても書き込み可能。(V0.95 beta 3にて確認)
CD Manipulator 2.70 でも書き込み可能。
ExactAudioCopyで、オフセット値を適切に設定すれば用意したデータをすべて書くことが可能。
ただ、読みはディスク終端618サンプルをリップできない。(使用上はほぼ問題なし)
暁のラブレターは問題なし。


一通り使ってみたところ、DW1640の後継ドライブとして使えるのではないかと思います。
DW1640と性能、仕様的によく似ています。

その他のいつもの調査項目は以下の通り。(一部↑で書いたのと重複あり)

項目 結果(データ)
主要チップ PHILIPS
PNX7862EL
製造国表示 CHINA
排気ファン なし
5V定格 1.6A
12V定格 1.8A
ヘッドホン端子 なし
付属のブランクメディア なし
付属のソフト nero Express 6.6.0.14
nero VISION Express2 3.1.0.14
nero SHOWTIME 2.0.0.39
LightScribe 1.4.44.1
Read sample offset correction +618
Write samples offset +66
Combined read/write sample offset correction +684
DVD+R DVD+RW、DVD+R DLメディアのROM化 それぞれ個別に設定可能
(実際の効果は確認してませんが、問題ないはず)
DVD-RAMに記録したデータは読めるか? 不可
Exact Audio Copy での読み書き
(V0.95 beta 3にて確認)
読み
書き ※CDRDAO経由しなくても可能
CD Manipulator 2.70 での読み書き
読み
書き
(CD-DAの)読み速度の変更はできるか? 可能(最低は12倍速)
CD-R最低書き込み速度 12倍速
フルCLVでのCD-R書き込み最高速度 未確認
フルCLVでのDVD-R/DVD+R書き込み最高速度 1層DVD±Rは4倍速
ROM化したDVD+R、DVD+R DLディスクの認識 DVD+R、DVD+R DL共に本来のBookTypeで認識
※なんでこんなことを調べているかというと、ドライブによってはROM化したディスクをROM化していないと判断してしまったり、逆にROM化していないのにROM化したかのように処理してしまうことがあるからです。(DW1650 はBookTypeの判別ドライブとして正常に使用可能)
ルクセンブルクTDK8倍速メディアの認識 TTG02 詳細はこちら を参照
保証 バルク購入 ※保証書は付属されていませんでした
トレイの色 黒 ※白ベゼル、黒ベゼルともに黒
搭載バッファ容量 2MB


【補足1】
B's8.29ではあっかんべーしませんでした。(対応していないが、MAXで書き込み可能)

【補足2】
DW1640では焼いたドライブが表示されないディスクでも、DW1650では(ある程度)表示されます。

DIGAで焼いたDVD-Rを、DW1640にマウント

DIGAで焼いたDVD-Rを、DW1650にマウント




■エラーの傾向について

DW1640というと、ちょっとした焼きの変化を神経質に拾うことで有名ですが、その辺をDW1650 と比較してみます。

TYG02@TEAC DV-W516E 4x焼きディスク
いかにも DW1640 らしいグラフ。


で、気になる DW1650 での読みですが、

なんか似たようなグラフになりました。
この辺の性能は、DW1640 と近いみたいです。




■規格外CD-Rのマウント等について

PX-760A で、GigaRec 0.8x で書き込みしたCD-Rのマウント具合等を調べてみます。
メディアは太陽誘電32倍速650MB CD-Rで、書き込み速度は4倍速。


DW1640でのディスク品質テスト結果
マウント時間は17秒。
マウントするときいやな音がします。



DW1650でのディスク品質テスト結果
なぜか 「recorded with...」 が表示されません (原因不明)
マウント時間は11秒。


思った程差が出ませんでしたが、DW1650の方がマウントはスムーズで、DW1640のような嫌な音はしませんでした。
※GigaRec 0.7x のディスクだと、DW1640、DW1650ともにマウントできません。




■DVD+Rメディアにオーバーバーンしてみる

太陽誘電 8倍速DVD+Rメディア
でオーバーバーンテスト
4631MBまで可能という判定結果。



オーバーバーン設定をしてのデータディスク作成
速度4倍速 & SolidBurn有効 & WOPC有効
4630MBに設定して、オーバーバーン。
特におかしなところはなく、正常に完了しました。



PX-712U PI/PO Sum8 Test
オーバーバーンエリアでややエラー多いですが、全然問題ない範囲。



DW1640ディスク品質テスト



DW1650ディスク品質テスト



TA Test



PxScan
ややBeta高めですが、これも問題なし。


1枚しか試してませんが、DW1650 のオ−バーバーンはまぁまぁ使えそうな感じです。
なんらかの理由で、ちょっとだけ容量オーバーしたデータをDVD1枚に収めたいときに便利かも。


CD-R実験室トップ
DW1650 トップ ドライブ情報等 CD関連の各種性能 各種DVDメディアエラーチェックページ