CD-R実験室トップ
BenQ DW1670 トップ ドライブ情報等 CD関連の各種性能 CD関連のベンチマーク
DVD関連のベンチマーク (1) DVD関連のベンチマーク (2) DLメディア
各種8倍速メディアエラーチェックページ Part1 各種8倍速メディアエラーチェックページ Part2
各種8倍速メディアエラーチェックページ Part3 各種16倍速メディアエラーチェックページ


■BenQ DW1670 - 2006年4月29日更新 -

DW1650発売からあまり日がたっていませんが、はやくも後継ドライブの DW1670 が発売されました。

 DW1650 の購入日 → 2006年3月11日
 DW1670 の購入日 → 2006年4月23日


以前発売された DQ60 と同じくDVD-RAMの読み書きに対応してますが、自社製ドライブという点でDQ60と根本的に異なっています。
今回はメインチップがPHILIPSからPanasonicに変更になったことで、DW1640、DW1650との違いも気になるところですが、どうでしょうか?


BenQ DW1670
BenQ DW1670
バルクのベゼルは特徴のない普通のやつです。
できればリテールパッケージのが欲しかったのですが、登場時点では国内未販売。
- 公式サイト -
AKIBA PC Hotline!


先に結論から書くと、DW1640、DW1650の後継ドライブとしては、期待通りの動きはしてくれませんでした。
理由としては、以下の2点。
※ただ、これは初期ファーム100のときに調べたことなので、今後のファームアップで変わってくるかもしれませんが。

 ○DVD±Rメディアは、Nero CD-DVD Speed ディスク品質テストで動作しない。(ただし、CD-Rは動作可能)
 ○QSuiteで設定できる項目が少ない。


そんなわけで、BenQブランドに期待して買うと期待はずれなところもありますが、使っていくうちに新たな発見もあるかもしれないので、いつもの要領で調べてみようと思います。
DW1670 の方がいい点としては、CDメディアのディスク品質テストで、4x CLV 読みが可能なことです。この辺に魅力を感じるならDW1670は要チェックかもしれません。(Jitter計測も可能)

誘電32倍速CD-Rメディア@PX-755A 4x焼きディスク
DW1640は選択できる最低書き込み速度が12xで、CAV 読み。
DW1670は選択できる最低書き込み速度が4xで、CLV 読みです。



- DW1650 と DW1670 の比較 -
※2006年4月時点
比較項目 DW1650 DW1670
DVD-RAM書き込み 非対応 対応
Nero CD-DVD Speed
ディスク品質テスト(DVDメディア)
可能 不可能
Nero CD-DVD Speed
ディスク品質テスト(CDメディア)
可能 可能
4xCLV読みも可能
QSuite
ブックタイプ
対応 対応
QSuite
QScan
対応 非対応
QSuite
WOPC
対応 非対応
QSuite
Solid Burn
対応 非対応
QSuite
Over Speed
対応 非対応
QSuite
テスト書き込み
対応 対応
DVD+RWブックタイプ書き換え 可能 可能
DVD-R最低書き込み速度 2.4倍速
※謎の速度
2倍速
DVD+Rオーバーバーン 対応 非対応




■各種DVDメディアの選択できる書き込み速度 & 書き込み方式について ※ファーム 100時

メディア 16x 12x 8x 6x 4x 2x
(2.4x)
1x
三菱化学 8倍速DVD+R DLメディア
MKM003
×
-
×
-
6x-8x-6x
Z-CLV
×
-
太陽誘電 16倍速DVD-Rメディア
TYG03
P-CAV
×
-
P-CAV
×
-
CLV
CLV
×
-
太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア
TYG02
×
-
×
-
P-CAV
×
-
CLV
CLV
×
-
太陽誘電 8倍速DVD+Rメディア
YUDEN000T02
×
-
×
-
P-CAV
×
-
CLV
CLV
×
-




■各種ディスクのマウント時間 ※ファーム 100時

記録済みディスクは MountTime_Checker で。ブランクディスクと通常の音楽CDは Nero CD-DVD Speed を起動させておいて、 「ディスク種類」 のところの表示されるまでの時間を計測しています。


ディスク種類 マウント時間
ブランクDVD-Rメディア
(TYG02)
24秒
記録済みDVD-Rメディア
(TYG02)
16秒
ブランクDVD+R DLメディア
(MKM003)
37秒
記録済みDVD+R DLメディア
(MKM003)
23秒
ブランクCD-Rメディア
(太陽誘電48倍速)
21秒
記録済みCD-Rメディア
(太陽誘電48倍速)
17秒
プレス2層DVD-Video (CSS) 11秒
普通の音楽CD 17秒
記録済みDVD-RAMメディア
(maxell 5倍速DVD-RAM)
25秒


ブランクDVD+R DLはやや時間かかってますが、その他は標準的。




■BenQ DW1670 の主な特徴等 (一部主観意見含む) ※確認時のファームウェアは100

TEAC OEMのDQ60と違い、自社製のRAM書き込み対応ドライブ。
ただし、RAM MAX書き込み速度は新規格の12倍速ではなく、5倍速止まり。
メインチップ関係が今までのPHILIPSからPanasonicへ変更。
Panasonic
MN103SA6GSJ
Panasonic
AN22115A
多分そのせいだと思いますが、DVDメディアはNero CD-DVD Speed のディスク品質テストで動作しなくなってます。
※確認時のファームは100
CD-Rメディアに関しては、Nero CD-DVD Speed のディスク品質テストで動作可能。(Jitter計測にも対応)
4xCLV 読みとかも可能。
1層DVDメディアへの6倍速書き込みは、相変わらず非サポート。
ROM化関連は自由自在に可能。
DVD+R
DVD+R DL
DVD+RW
それぞれ個別に設定変更できる上に、DVD+RWのBookType書き換えのみも可能。
初期ファーム100で確認する限りでは、DVD-Rへの低速焼きが奇妙な焼きになってしまい、後期ファームのTEAC DV-W516E にそっくり。
DVD+Rへの低速焼きもどうもよくないので、低速焼きには向いてなさそう。
DW1650で可能だった、DVD+Rオーバーバーンは残念ながらできない。
相変わらず、側面に穴が開いている。
3倍速RAM、2倍速RAMの読み速度は、共に5倍速。
ExactAudioCopy では、CDRDAO経由しなくても書き込み可能。
CD Manipulator 2.70 では、普通に書き込み可能。
ExactAudioCopyを使い、「Write samples offset」 を 「+60」 に設定した場合、ディスク先頭60サンプルを書けない。
読みは残念ながらディスク終端72サンプルをリップ不可。(実用上はほぼ問題なし)
暁のラブレターは問題なし。


今までのBenQらしさが感じられないところが多いので、BenQに興味があるならDW1650が入手できるうちに買っておいたほうがいいような気がしなくもないです。(今後、真のDW1640、DW1650後継ドライブが発売されるかどうかは、検証時点では不明)
その他のいつもの調査項目は以下の通り。(一部↑で書いたのと重複あり)

項目 結果(データ)
主要チップ Panasonic
MN103SA6GSJ
Panasonic
AN22115A
製造国表示 China
排気ファン なし
5V定格 1.6A
12V定格 1.8A
ヘッドホン端子 なし
付属のブランクメディア なし
主な付属ソフト Nero 6 OEM一式(詳細バージョン未確認)
PowerDVD 6 for OEM
Read sample offset correction +72 ※2006年11月25日修正
Write samples offset +60 ※2006年11月25日修正
Combined read/write sample offset correction +132
DVD+R DVD+R DLメディアのROM化 自由自在
DVD-RAMに記録したデータは読めるか? 可能
Exact Audio Copy での読み書き
(V0.95 beta 4にて確認)
読み
書き ※CDRDAO経由しなくても可能
CD Manipulator 2.70 での読み書き
読み
書き
(CD-DAの)読み速度の変更はできるか? 可能(最低は4倍速)
CD-R最低書き込み速度 8倍速
フルCLVでのCD-R書き込み最高速度 16倍速
フルCLVでのDVD-R/DVD+R書き込み最高速度 1層DVD±Rは4倍速
2層DVD+Rは詳細未確認
ROM化したDVD+R、DVD+R DLディスクの認識 DVD+R、DVD+R DL共に本来のBookTypeで認識
※なんでこんなことを調べているかというと、ドライブによってはROM化したディスクをROM化していないと判断してしまったり、逆にROM化していないのにROM化したかのように処理してしまうことがあるからです。(DW1670 はBookTypeの判別ドライブとして正常に使用可能)
ルクセンブルクTDK8倍速メディアの認識 TTG02 詳細はこちら を参照
保証 1年
トレイの色
搭載バッファ容量 2MB


【補足1】
B's8.29ではあっかんべーしませんでした。

【補足2】
バルク販売品ですが、保証書が同梱されてました。

【補足3】
しあにんなお昼ごはんさんを見て知りましたが、TEAC DV-W516E と同様のやり方でトレイ開閉速度を速くできます。

イジェクトボタン長押し
 ↓
LEDがチカチカ点滅
 ↓
イジェクトボタンを離す


ただ、かなり乱暴な開閉になるので、やらないほうがよさそうですが。




■初期出荷ファームでの QSuite での対応度

使用できる項目がかなり限られてます。
使えるのはBookTypeとテスト書き込みの設定のみ。



ブックタイプは個別に設定できるようになってます。
(この画面で、DVD+RWメディアのBookType書き換えも可能)



DVD+R のテスト書き込みというのもそんなに難しい制御ではないらしく、設定可能。


CD-R実験室トップ
BenQ DW1670 トップ ドライブ情報等 CD関連の各種性能 CD関連のベンチマーク
DVD関連のベンチマーク (1) DVD関連のベンチマーク (2) DLメディア
各種8倍速メディアエラーチェックページ Part1 各種8倍速メディアエラーチェックページ Part2
各種8倍速メディアエラーチェックページ Part3 各種16倍速メディアエラーチェックページ