各ドライブのOffset値一覧 (修正版) 2014年12月28日最終更新

ドライブ名
括弧内は確認時ファー
ムウエアバージョン
Read sample offset
correction
Write samples offset Combined read/write
sample offset correction
Overread into Lead-In
and Lead-Out
PLEXTOR
PX-40TS
(1.13)
+646 - -
PX-12TS  +651 - -
PX-R412C
(1.07)
+325 ±0 +325
PX-W8220T
(1.05)
+325 ±0 +325
PX-W124TS
(1.07)
+913 ±0 +913
PX-W1210A
(1.10)
+69 ±0 +69
PX-W1210S
(1.05)
+68 ±0 +68
PX-W2410A
(1.04)
+68 ±0 +68
PX-W4012A
(1.02)
+68 ±0 +68
PX-W4012S
(1.00)
+68 ±0 +68
PX-320A
(1.01)
+68 ±0 +68
PX-W4824A
(1.00)
+68 ±0 +68
PX-W5224A
(1.00)
±0 ±0 ±0
PREMIUM
(1.00)
±0 ±0 ±0
PX-116A
(1.00)
+661 - - Lead-Inのみ可
PX-708A
(1.01)
±0 ±0 ±0
PX-704A
(1.01)
±0 ±0 ±0
PX-712A
(1.01)
±0 ±0 ±0
PX-716A
(1.02)
±0 ±0 ±0
PX-740A
(1.00)
+588 +96 +684 Lead-Inのみ可
PX-750A
(1.00)
+72 +60 +132 不可
PX-755A
(1.01)
±0 ±0 ±0
PX-760A
(1.00)
±0 ±0 ±0
PX-751A
(1.00)
+72 +60 +132 不可
PX-800A
(1.00)
+18 +48 +66
PX-B910SA
(1.00)
+72 +60 +132
PX-B940SA
(1.08)
+637 +30 +667
PX-B950SA
(1.08)
-24 不明 不明
LITE-ON
XJ-HD165H
(CH0Z)
-18 - - 不可
LTR-16102B
(OS0J)
-18 +24 +6 不可
LTR-24102B
(5S5A)
-18 +24 +6 不可
LTR-40125S
(ZS0J)
-18 +24 +6 Lead-Inのみ可
LTR-48246S
(SS0A)
-24 +24 ±0 Lead-Inのみ可
LTR-52327S
(QS04)
-24 +24 ±0 Lead-Inのみ可
LDW-401S
(ES0G)
-18 +24 +6 Lead-Inのみ可
LDW-811S
(HS06)
-18 +24 +6 Lead-Inのみ可
SOHW-812S
(US05)
-18 +24 +6 Lead-Inのみ可
SOHW-1653S
(CS09)
-18 +24 +6 Lead-Inのみ可
SHM-165P6S
(MS05)
-24 +24 ±0 Lead-Inのみ可
LH-18A1P
(GL0B)
-24 +24 ±0 Lead-Inのみ可
LH-2B1S
(AL05)
+588 +96 +684
LH-20A1P
(KL05)
-24 +24 ±0
LH-20A1PX
(KL05)
-24 +24 ±0
LH-20A1S
(9L02)
-24 +24 ±0
DH-20A3P
(XP5T)
-24 +24 ±0
DH-20A3P
(9P54)
-24 +24 ±0
iHAS322
(3L11)
-24 +24 ±0
iHES208
(8L05)
-24 +24 ±0
iHBS112
(CL04)
-24 +24 ±0
PLDS (Philips & Lite-on Digital Solutions)
DH-20A3P
(9B22)
-24 +24 ±0
YAMAHA
CRW3200E
(1.0d)
+703 +36 +739
CRW-F1
(1.0b)
+703 +36 +739
CRW-F1UX
(1.0f)
+703 +36 +739
CRW-F1SX
(1.0f)
+703 +36 +739
TEAC
CD-532E-B
(3.0B)
+654 - - Lead-Inのみ可
CD-540E
(3.0A)
-466 - - Lead-Inのみ可
CD-552E
(T016)
-18 - - 不可
CD-532S
(3.0A)
+62 - - 不可
CD-R55S
(1.0R)
+658 非MMCドライブの
為「Write」項目なし
非MMCドライブの
為「Write」項目なし
Lead-Inのみ可
CD-R56S-600
(1.0P)
+657 +36 +693 Lead-Inのみ可
CD-R58S
(1.0P)
+657 +36 +693 Lead-Inのみ可
CD-W54E
(1.1Y)
+655 +42 +697 Lead-Inのみ可
CD-W58E
(1.0A)
+655 +36 +691 Lead-Inのみ可
CD-W512E
(1.0J)
+655 ±0 +655 Lead-Inのみ可
CD-W524E
(1.0E)
+656 ±0 +656 Lead-Inのみ可
CD-W540E
(1.0H)
+656 ±0 +656 Lead-Inのみ可
CD-W552E
(1.05)
-24 +24 ±0 Lead-Inのみ可
DV-W58DK
(1.08)
+18 +48 +66 Lead-Outのみ可
DV-W58E
(2.0B)
+656 ±0 +656 Lead-Inのみ可
DV-W516E
(1.05)
+72 +60 +132 不可
DV-W516GDM
(M4S2)
-24 +24 ±0 Lead-Inのみ可
RICOH
MP7120A
(1.30)
+67 +36 +103 不可
MP7200A
(1.30)
+67 +36 +103 不可
MP7400A
(R107)
+67 +36 +103 不可
MP5125A
(1.51)
+90 +36 +126 ※注1
MP5240A
(1.05)
+61 +36 +97 Lead-Inのみ可
NEC
NR-7900A
(1.23)
+655 +36 +691 不可
NR-9100A
(1.11)
+655 +36 +691 不可
NR-9300A
(1.15)
+655 +36 +691 不可
ND-1300A +18 +48 +66 不可
ND-2500A
(1.05)
+18 +48 +66 不可
ND-2510A
(2.04)
+18 +48 +66 不可
ND-3500A
(2.26)
+18 +48 +66 不可
ND-3520A
(1.24)
+18 +48 +66 不可
ND-3530A
(3.22)
+18 +48 +66 不可
ND-3540A
(1.21)
+18 +48 +66 不可
ND-4550A
(1.26)
+18 +48 +66 不可
ND-4551A
(1-21)
+18 +48 +66 不可
ND-4571A
(1-21)
+18 +48 +66 不可
オプティアーク
AD-7173A
(1-2B)
+18 +48 +66 不可
AD-7173S
(1-21)
+18 +48 +66 不可
AD-7203A
(1.01)
+18 +48 +66
AD-7240S
(1.00)
+18 +48 +66
BD-5300S
(1.03)
-24 +24 ±0
MATSHITA (MATSUSHITA) / Panasonic
CW-7502
(4.17)
+92 ±0 +92 Lead-Inのみ可
CW-7503
(1.09)
+73 ±0 +73 Lead-Inのみ可
CW-7586
(1.08)
+56 +36 +92 不可
CW-8571
(1N47)
+73 +60 +133 不可
SW-9581N
(B102)
+72 +60 +132
SW-9585
(B100)
+72 +60 +132 Lead-Inのみ可
LF-M821JD
(A100)
+72 +60 +132 Lead-Inのみ可
SW-9587
(P102)
+72 +60 +132 Lead-Inのみ可
LF-MB121JD
(BD01)
+72 +60 +132 Lead-Inのみ可
UJ-850S
(1.20)
+72 +60 +132 Lead-Inのみ可
LF-PB271JD
(1.00)
+72 +60 +132
SW-5584
(1.00)
+72 +60 +132
LF-PB371JD
(1.00)
+72 +60 +132
TOSHIBA (東芝サムスン)
SD-R1002
(1038)
+678 +36 +714 不可
SD-M1401
(1008)
-502 - - 不可
SD-M1402
(1010)
-502 - - 不可
SD-M1502
(1002)
-502 - - 不可
SD-M1612
(1806)
-502 - - 不可
SD-M1712
(1004)
-502 - - 不可
SD-M1802
(1030)
+661 - - Lead-Inのみ可
SD-R5272
(1030)
+86 +12 +98 不可
TS-H552A
(BF30)
+86 +12 +98 不可
TS-H552B
(TS04)
-18 +24 +6 不可
TS-H652L
(TI02)
-24 +24 ±0 不可
SD-S802A
(MC08)
+667 - -
TS-H653A
(TI01)
-24 +24 ±0
SANYO
CRD-BP3
(1.06)
+658 ±0 +658 不可
CRD-BP4
(4.31)
+658 ±0 +658 不可
CRD-BP1700P
(1.05)
+658 ±0 +658 不可
AOpen
CRW5224
(1.05)
+67 +36 +103 不可
DSW1812P
(ZA32)
-24 +24 ±0
PHILIPS
321240
(1.0C)
+703 +36 +739 不可
MITSUMI
CD-4804TE
(3.0D)
+656 +136 +792 不可
CD-4805TE
(1.8A)
+644 +36 +680 不可
CR-487ETE
(0019)
-24 +24 ±0 不可
CR-485FTE
(7.0C)
+703 +36 +739 不可
Acer / BenQ
CRW1208A
(9.EB)
+662 +13 +675 Lead-Outのみ可
CRW1610A
(G.QF)
+662 不明 不明 Lead-Outのみ可
CRW4816P
(A.NZ)
-18 +24 +6 Lead-Inのみ可
656A
(56AI)
-18 - - 不可
DW800A
(B2F7)
+1262 +108 +1370 Lead-Inのみ可
DW822A
(B3IC)
+1262 +108 +1370 Lead-Inのみ可
DW1600
(B5F9)
+588 +96 +684 Lead-Inのみ可
DW1625
(BBBA)
+588 +96 +684 Lead-Inのみ可
DW1640
(BSGB)
+588 +96 +684 Lead-Inのみ可
DQ60
(MRBC)
+72 +60 +132 不可
DW1650
(BCDC)
+588 +96 +684 Lead-Inのみ可
DW1655
(BCIC)
+588 +96 +684 Lead-Inのみ可
DW1670
(100)
+72 +60 +132 不可
DW1800
(ZB34)
-24 +24 ±0
BW1000
(AB31)
+588 +96 +684
MSI
CR52-A2
(160D)
+658 ±0 +658 不可
OPTORITE
CW5202
(150E)
+658 ±0 +658 不可
OPTI
OPCRW5224
(140H)
+658 ±0 +658 不可
SONY
CDU948S
(1.0k)
※↑の紫の囲みを参照
- +24 -
CRX145E
(1.0b)
+542 +24 +566 Lead-Inのみ可
CRX215E1
(SYS2)
-24 +24 ±0 Lead-Inのみ可
DRU-500A
(1.0f)
+90 +6 +96 不可
DRU-510A
(1.0d)
+90 +6 +96 不可
DRU-530A
(1.0a)
+659 ±0 +659 Lead-Inのみ可
DRU-800A
(KY01)
-18 +24 +6 Lead-Inのみ可
DW-G110A
(2.0c)
+49 +30 +79 不可
DRU-840A
(SS01)
-24 +24 ±0
Pioneer
DVD-500M
(1.07)
+564 - - Lead-Inのみ可
DVR-A05-J
(1.00)
+18 +48 +66 Lead-Outのみ可
DVR-A06-J
(1.07)
+18 +48 +66 Lead-Outのみ可
DVR-A07-J
(1.10)
+18 +48 +66 Lead-Outのみ可
DVR-A08-J
(1.04)
+18 +48 +66 Lead-Outのみ可
DVR-A09-J
(1.09)
+18 +48 +66 Lead-Outのみ可
DVR-110D
(1.10)
+18 +48 +66 Lead-Outのみ可
DVR-A10-J
(1.22)
+18 +48 +66 Lead-Outのみ可
DVR-111
(1.02)
+18 +48 +66 Lead-Outのみ可
DVR-111C
(1.06)
+18 +48 +66
DVR-A11-J
(1.19)
+18 +48 +66 Lead-Outのみ可
DVR-112D
(8.05)
+18 +48 +66
DVR-A12J
(1.06)
+18 +48 +66
DVR-212
(1.09)
+18 +48 +66
DVR-S12J
(1.21)
+18 +48 +66
BDC-S02J-BK
(1.01)
+637 +30 +667
DVR-215
(1.06)
+18 +48 +66
DVR-S15J
(1.14)
+18 +48 +66
DVR-216D
(1.03)
+66 +48 +114
BDR-203BK
(1.05)
+637 +30 +667
BDR-S03J-BK
(1.06)
+637 +30 +667
BDR-205
(1.02)
+637 +30 +667
BDR-206
(1.02)
+637 +30 +667
BDR-206M
(8.01)
+637 +30 +667
BDR-L05SH
(1.24)
+637 +30 +667
BDR-XD04J
(1.41)
+637 +30 +667 Lead-Outのみ可
BDR-S08J
(1.40)
+637 +30 +667 Lead-Outのみ可
BDR-S09J
(1.20)
+637 +30 +667 Lead-Outのみ可
BDR-XD05W
(1.21)
+637 +30 +667 Lead-Outのみ可
BDR-XD05R2
(3.00)
+637 +30 +667 Lead-Outのみ可
BDR-UD03
(1.04)
+637 +30 +667 Lead-Outのみ可
日立LG
GCC-4520B
(1.00)
-24 +24 ±0 Lead-Inのみ可
GMA-4020B
(A108)
+637 +30 +667 Lead-Inのみ可
GSA-4040B
(A105)
+637 +30 +667 Lead-Inのみ可
GSA-4081B
(A100)
+637 +30 +667 Lead-Inのみ可
GSA-4082B
(A201)
+637 +30 +667 Lead-Inのみ可
GSA-4120B
(A101)
+637 +30 +667 Lead-Inのみ可
GSA-4163B
(A101)
+637 +30 +667 Lead-Inのみ可
GSA-4167B
(DJ10)
+637 +30 +667 Lead-Inのみ可
GSA-H10N
(JJ11)
+637 +30 +667 Lead-Inのみ可
GSA-H12N
(UJ11)
+637 +30 +667 Lead-Inのみ可
GSA-H22N
(1.00)
+72 +60 +132
GSA-H42N
(RJ11)
+637 +30 +667
GSA-H44N
(RB00)
+637 +30 +667
GSA-H55N
(1.00)
+72 +60 +132
GSA-H62N
(CL00)
+637 +30 +667
GGW-H20N
(XJ01)
+637 +30 +667
GH22NP20
(1.00)
+72 +60 +132
GH22NS30
(1.01)
+72 +60 +132
BH08NS20
(EL01)
+637 +30 +667
BH12NS30
(EL00)
+637 +30 +667
BH16NS48
(1.00)
-24 +24 ±0 Lead-Inのみ可
WH16NS48
(TSTR)
-24 +24 ±0 Lead-Inのみ可
ASUS
DRW-1814BLT
(1.04)
-24 +24 ±0
Accesstek(SANYO)
DD0203
(2.11)
+658 ±0 +658 不可
NU
DDW-061
(BX02)
+1262 +108 +1370 Lead-Inのみ可

※Overread into Lead-In and Lead-Outについては、正しくない可能性もあります。





以下、細かすぎて読んでも意味ないです





■Exact Audio Copyを使った音楽CD完全バックアップ (改訂版) - 2006年12月2日更新 -


※私の知識が乏しいため、初回アップ時と違った内容になってますが、(初回アップ時は、肝心なところを間違えて解釈してました)
ご了承の程お願いします。




音楽CDはデータCDと違ってアドレス情報がないため、(使用するドライブにもよりますが)読み書きのそれぞれの段階で、位置がずれてしまうというのは、ExactAudioCopyの登場によって広く知れ渡ってきました。
そのため、Combined read/write sample offset correction ± 0 ではないドライブを使用し、音楽CDを何世代もひたすら孫コピーすると、最終的には無音の音楽CDができるということになります。(コピーするたびに位置がずれてしまうため)
これを現実的に行うには不可能に近いですが。


ExactAudioCopyは、音楽CD読み時、書き時それぞれの段階でこのズレを補正する機能を備えているため、その辺にこだわるときは非常に有効なソフトですが、


実は、(今まで正しいと思われていた)オフセット値が30サンプルずれているらしい


という、新たな情報が出回ってきました。(にゃおでぃお - 音楽圧縮に関するウェブページ さんの、11月24日、25日Bolg参照)

まさか!と思いつつも慎重に調べてみたところ、どうやら本当だったので、あらためてその辺を書いてみたいと思います。

【訂正】
メール、掲示板にてご指摘いただきましたが、前回アップした内容だけでは、真のオフセット値(リードの場合、+30か?±0か?)を判断することは不可能と思われます。誤ったことを書いてしまい、大変申し訳ありません。


【追記1】
いずれの条件でも、EACオプション → 取り込みの、「欠落したオフセットサンプルを無音で補完する」 は有効にしています。

【追記2】
Exact Audio Copy V0.95 beta 4 で、Read sample offset correction を 588 に設定して吸い出すと、ログに 「欠落サンプル」 「エラーがありました」 と出ます。この 「588」 という数値はDW1640、DW1655等の Read sample offset correction に相当しますが、うちで試した限りでは実害は出ていません。(ただし、DW1640、DW1655の場合はオーバーリードを行わないように設定する必要あり)





■そもそも、読み、書きそれぞれの段階でのオフセット値(ズレ)を求めるのは、一般ユーザーレベルには無理

オフセット値(ズレの値)は、以下の3種類が通常使われますが、


●読み
●書き
●(同一ドライブでの)読み + 書き


このうち、同一ドライブでの読み + 書き に関しては、値を求めるのが簡単です。
やり方は、Nero CD-DVD Speed にて、「拡張DAE品質テスト」 → 「テストCDの作成」 でテストCDを作成して、それを元にテスト実行すれば求められます。


PX-755A での読み + 書きのオフセット値
赤の四角で囲んだとこのの数値が、読み + 書きのオフセット値(ズレの値)です。
PX-755A の場合は ±0 となります。(この結果は信頼できると思います)


難しいのは、読み、書きそれぞれの段階でのズレで、これは求めようにも求められません。
例えば、

 読み+30、書き-30なのか?
 読み-30、書き+30なのか?
 読み+10、書き-10なのか?
 読み±0、書き±0なのか?
 読み+500、書き-500なのか?


等々。

私が一番最初にオフセットCDを作成したときも、Web上の情報を元にして PX-2410A でオフセットCDを作成し、それを大元にしてデータベースを作成してきました。なんせ、書きまたは読みのオフセット値は自分では求める手段がありません。
で、今回はこれが30サンプルずれていたために、結果的にすべてのドライブの読み、書きのオフセット値は間違えていた・・・
ということになります。
注:本当に間違えていた場合です。(間違えていない可能性もありそうなため))

今回の件で、例えばPX-755A の場合は、今までは、


Read sample offset correction +30
Write samples offset -30
Combined read/write sample offset correction ±0


とされてきましたが、新たに浮上した正しいとされる値は↓のようになります。(Read sample offset correctionは30マイナスし、Write samples offsetは30プラスする)


Read sample offset correction ±0
Write samples offset ±0
Combined read/write sample offset correction ±0


EACは歴史が長く、使用者も多いソフトであるため、

「今頃になってそんなこと言われても・・・ほんとにそうなの?」

という疑問が当然出てきますが、↓の「実際の確認の詳細」 「先頭と末尾にゼロサンプルがないWAVEファイルを使っての検証」 での結果から、今回の情報は間違いないと思います。

【訂正】
すいません。これだけでは判断することはできないということで訂正させていただきます。





■実際の確認の詳細

まず最初にやるべきことは、先頭と末尾にゼロサンプルがないWAVEファイルを用意することです。これがないと、正確な検証ができません。
先頭と末尾にゼロサンプルがないWAVEファイルを用意する方法はいろいろありますが、ここではCDRWIN + PX-755A + 普通の音楽CDを使って、先頭と末尾にゼロサンプルがない15分キッカリのWAVEファイルを作ります。
※こんな面倒なことをしなくても、ライブCD等から任意のトラックをリッピングしてもうまくいきます。


CDRWINの設定(15分ジャストのWAVEファイルを作る場合)
※15分という時間に、特に深い意味はありません。
End - Start = 67499 になるように、Start と End に適当な数値を入れてやります。
Start と End で指定したアドレス付近が無音でなければ、先頭と末尾にゼロサンプルがない、15分ジャストのWAVEファイルができます。
適当にリッピングして、WaveCompareでゼロサンプル削除というのが一番簡単かもしれません。



作成したWAVEファイルの先頭
赤のラインより上はWAVEヘッダになります。赤のラインより下が音楽CDから吸い上げたデータですが、
ゼロデータではなく、音楽データらしきものが並んでいるのが分かります。


作成したWAVEファイルの末尾
しっかりデータが詰まっています。


WaveCompare
先頭、末尾共に、ゼロサンプルがないことが確認できます。




■先頭と末尾にゼロサンプルがないWAVEファイルを使っての検証

Exact Audio Copy V0.95 beta 4 + PX-755A を使い、↑で用意した先頭と末尾にゼロサンプルがない15分ジャストのWAVEファイルを元に音楽CDを作成して、その作成した音楽CDから PX-755A でリッピングし、元のWAVEファイルと比較します。
なお、書き込みのときにはCUEシートを使用しています。 test1.cue

test1,wav が元のWAVEファイルで、jouken1.wav、jouken2.wav、jouken3.wav、jouken4.wav、jouken5.wav、jouken6.wav がリッピングしたWAVEファイルです。



条件 (1)
※今まで正しいとされてきた設定 (& オーバーリードを行う場合)
Read sample offset correction : +30
Write samples offset : -30
Overread into Lead-In and Lead-Out を有効にする
末尾30サンプルが欠落して、その分が相違となっています。
PX-755A は Overread into Lead-In and Lead-Out が可能なため、
ディスク上にデータがあれば読めますが、それが読めないということは、
書き込みのときにWAVEファイル末尾30サンプルが欠落したと思われます。
(欠落した分は、ゼロデータで補完されます)
※LITE-ON SHM-165P6S 等でもこの30サンプルは読めません。



条件 (2)
※今まで正しいとされてきた設定 (& オーバーリードを行わない場合)
Read sample offset correction : +30
Write samples offset : -30
Overread into Lead-In and Lead-Out を無効にする
条件(1)と同じです。



条件 (3)
※今回、真実の値として報告されたオフセット値での設定 (& オーバーリードを行う場合)
Read sample offset correction : ±0
Write samples offset : ±0
Overread into Lead-In and Lead-Out を有効にする
データの欠落はありません。
WAVEファイルを音楽CDとして書いて読んでいますが、データを100%再現できています。
※±0で書き込んでいるので、オーバーリードする意味ないですが一応。



条件 (4)
※今回、真実の値として報告されたオフセット値での設定 (& オーバーリードを行わない場合)
Read sample offset correction : ±0
Write samples offset : ±0
Overread into Lead-In and Lead-Out を無効にする
条件(3)と同じく、データの欠落はありません。
読み書きともずれがなく、完璧にデータを再現しています。
この条件(4)での結果と、PX-755A は Combined read/write sample offset correctionが ±0 という絶対的な事実が、今までのEACでのオフセット値が間違えていた、という決定的な証拠になります。
【訂正】
いまさらですが、大変申し訳ありません!ここの説明は私が完璧に勘違いしており、間違えていました。
そもそも、書くときのオフセット値をプラス方向にすると、意図的にかなりずらしてた場合でも、WAVEファイルを(音楽CDとして)書いて読んでもデータの欠落は起きません。(以下の条件(5) 条件(6) を参照)



※条件(5) 条件(6) 検証前の補足
検証中に気が付きましたが、書き込みのときにCDRDAOを経由する設定にすると、オフセットで設定した(ずらした)値の分だけ書き込めなくなります。そのため、CDRDAO経由なしで書き込み可能なドライブの場合、CDRDAOは経由しないで書き込んだ方がいいかと思います。



条件 (5)
※意図的に読み書きのオフセット値を思いっきりズラした場合 (& オーバーリードを行う場合)
Read sample offset correction : -5000
Write samples offset : +5000
Overread into Lead-In and Lead-Out を有効にする
読み書きそれぞれの段階で意図的に5000サンプルもずらしています。ただし、読み書きでズレが相殺するようにしています。ずらす方向はこれまでのPX-755A で設定していた、リードプラス30、ライトマイナス30とは逆向です。
さて結果ですが、用意したWAVEファイルを音楽CDとして書いて読んでも、データの欠落はありませんでした。5000サンプルもわざとずらしていますが、ずらす方向によっては大丈夫みたいです。
※PX-755A の代わりに、LITE-ON SHM-165P6S、LH-18A1P で同じことを試しても、データの欠落は起きません。



条件 (6)
※意図的に読み書きのオフセット値を思いっきりズラした場合 (& オーバーリードを行わない場合)
Read sample offset correction : -5000
Write samples offset : +5000
Overread into Lead-In and Lead-Out を無効にする
条件(5)と違い、読むときにオーバーリードを行わない設定にしています。
結果としては、ずらした分のデータがみごとに欠落しています。
ただし、条件(5)のように、読みときにオーバーリードを行う設定にすればデータの欠落は起きないので、書くときではなく、読むときに欠落している、ということでいいと思います。



【ここまでのまとめ】

繰り返しになりますが、一般ユーザーレベルでは、読み書きそれぞれの段階でのオフセット値を求めるのは不可能と思われます。
ただ、どのドライブでもいいので、読み、または書き時のオフセット値が分かれば、各ドライブ間の相対的なずれから、すべてのドライブの読み書きそれぞれでの段階でのオフセット値が判明します。

そのため、例えば PX-755A の場合は、

  Read sample offset correction = +30 である
  Read sample offset correction = ±0 である
  Read sample offset correction = -30 である

と3人の人から言われた場合、一般ユーザーとしてはどれが正しいか判断付きません。
ただ、そうは言っても、

  Read sample offset correction = +30 (今まで正しいとされてきた値)
  Read sample offset correction = ±0 (今回登場した値)


のどちらかで間違いないだろうということで話を進めます。

ではどちらが正しいか?ですが、同じような検証をやってもわかりそうにないので、以降は市販のプレス音楽CDを使い、無理とは思いつつも 「なにかヒントや手がかりになることはないか?」 ということで話を進めます。





■市販のプレス音楽CDを使っての検証 (1)

ハード・トランス・レイヴ・ベスト・ミックスド・バイ・UTO

手持ちのCDをひたすら調べてようやく発見した、1曲目の先頭と最終曲の末尾にゼロサンプルがないという珍しいCDです。
ただし、ゼロサンプルではないとは言っても、

 FE FF FE FF FE FF 00 00 00 00 FF FF FE FF FE FF 00 00 FF FF FE FF FE FF FE FF

とか、

 FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF

とかのデータが並んでいるだけで、事実上無音なのですが、ゼロデータではないことは確かで、ディスクの先頭と末尾にキツキツにデータが詰まっています。
まずディスク末尾について調べてみると、PX-755A で+53までずらしてもデータゼロではないデータが取得でき、+54までずらすとはじめてゼロデータが出現します。
つまり、PX-755A の場合は、

 Read sample offset correction : +30
 Read sample offset correction : ±0

のどちらに設定してもデータを取り逃すことになります。
一方、ディスク先頭ですが、-11760 (限界)までずらしても、ゼロデータは現れませんでした。
※このCDでの検証では、PX-755A の "Read sample offset correction" が 「+30」 か? 「±0」 か?の手がかりはつかめそうにありません。





次に、PX-755A を使ってこのCDを孫コピーし、の状態との状態でのWAVEファイルを比較してみます。

【補足説明】
まずCDからリッピングする(このときのWAVEファイルが
です) → のWAVEファイルから音楽CDを作成する → その作成した音楽CDから、再度リッピングする(このときのWAVEファイルが です)


条件は、以下の2通りです。(いずれも、読む時はオーバーリードを行う設定にしています)


条件 (1)
Read sample offset correction +30
Write samples offset -30


条件 (2)
Read sample offset correction ±0
Write samples offset ±0


結果としては予想通りで、条件(1)ではの末尾30サンプルがゼロデータになってしまったものの、条件(2)ではでもディスク先頭と末尾にゼロサンプルはありませんでした。


ここまでのまとめ (PX-755A を使った場合)
音楽CDのデュプリケートを行う場合は、"Read sample offset correction = ±0" "Write samples offset = ±0" にするべき。なぜなら、"Read sample offset correction = +30" "Write samples offset = -30" にすると、ディスク終端の30サンプルがゼロデータに置き換わってしまう。
自作WAVEファイルから音楽CDを作成する場合も、"Write samples offset = ±0" にするべき。なぜなら、"Write samples offset = -30" にして音楽CDを作成すると、その音楽CDからは末尾30サンプルのデータが取り出せなくなってしまう。(ただし、末尾30サンプルがゼロデータの場合は除く)
真の "Read sample offset correction" の値は、これだけの検証では断言できない。


一言で言うと、「書き込むときに、"Write samples offset" の値をマイナス方向にするとよくない」 ということになります。(LITE-ONドライブでも同様のことが言えます)

【補足1】
PlexToolsProfessional (確認バージョンは2.36)を使った場合は、"Read sample offset correction = +30" "Write samples offset = -30" の設定でコピーを行うことになりますが、「ディスク終端の30サンプルがゼロデータに置き換わる」 という現象は起きません。(最終トラック末尾に、588のゼロサンプルを追加しているため)

【補足2】
このCD(ハード・トランス・レイヴ・ベスト・ミックスド・バイ・UTO)ですが、その後LITE-ON SHM-165P6S で確認したところ、Read sample offset correctionをプラス方向に設定しても、その分のデータをなぜか読めません。
ちょっとややこしいですが、つまりこのページを見て、「ハード・トランス・レイヴ・ベスト・ミックスド・バイ・UTO」 を買ってみようか?と思ったときは、PLEXTORドライブがないとまともに検証できないかもしれない、ということです。

【追記】
翌日、その LITE-ON SHM-165P6S がお亡くなりになられました・・・ (今回の実験をやったことと関係あるかは不明)






■市販のプレス音楽CDを使っての検証 (2)

Carnival

このCDは、PX-755A で "Read sample offset correction ±0" に設定した場合、最終トラック末尾にゼロサンプルがありません。
結論から言うと、このCDの末尾のデータを取り逃さないためには、 "Read sample offset correction = +5" 以上にする必要があります。



"Read sample offset correction = +6"にして読んだ、最終トラック終端部
このWAVEファイルをWaveCompareに読ませると、ゼロサンプル 末尾1 となります
"01" とかいうのがちらほら見えます。これ以上ずらして読んでも、あとは "00" だけです。
実際のところこの"01" はコピーする必要ないと思いますが、ここでは正確なコピーのために、一見意味ないことに拘っています。


なお、1曲目の先頭には、残念ながら大量のゼロサンプルがあります。


ここまでのまとめ (PX-755A を使った場合)
音楽CDのデュプリケートを行う場合は、"Read sample offset correction = ±0" "Write samples offset = ±0" にするべき。なぜなら、"Read sample offset correction = +30" "Write samples offset = -30" にすると、ディスク終端の30サンプルがゼロデータに置き換わってしまう。
自作WAVEファイルから音楽CDを作成する場合も、"Write samples offset = ±0" にするべき。なぜなら、"Write samples offset = -30" にして音楽CDを作成すると、その音楽CDからは末尾30サンプルのデータが取り出せなくなってしまう。(ただし、末尾30サンプルがゼロデータの場合は除く)
真の "Read sample offset correction" の値は、これだけの検証では断言できない。
"Read sample offset correction = ±0" の設定だとデータを取りこぼしてしまうが、"Read sample offset correction = +30" の設定だとデータをとりこぼさないというCDも存在することは存在する。(そのため、PX-755A の "Read sample offset correction" は "+30" が正解なのか?という気がしなくもないが、やはりこれだけで真実を判断することはできない)





■市販のプレス音楽CDを使っての検証 (3)

Candlize

このCDも、PX-755A で "Read sample offset correction ±0" に設定した場合、最終トラック末尾にゼロサンプルがありません。
結論から言うと、このCDの末尾のデータを取り逃さないためには、 "Read sample offset correction = +18" 以上にする必要があります。



"Read sample offset correction = +19"にして読んだ、最終トラック終端部
このWAVEファイルをWaveCompareに読ませると、ゼロサンプル 末尾1 となります
"Read sample offset correction ±0" で読んだ場合、
"Read sample offset correction +30" で読んだ場合と比較して、
↑の赤で囲んだところのデータを読まない、ということになります。
これだけ見ると嫌な感じですが、WAVEを聞いても欠落したことに気が付きません。(私の耳では)
念のため、同じCDをもう1枚買ってみましたが、同じ結果になりました。


なお、1曲目の先頭には、残念ながら大量のゼロサンプルがあります。





いろいろと調べましたが、すべてまとめると、(PX-755A 使用の場合です)


Candlize / 矢井田瞳 のようなCDの場合、今までの設定(リードオフセット+30)でないとデータを完璧に取得できないが、それに合わせてライトオフセット値-30で書き込むと、書き込み時にデータが欠落(末尾30サンプルが欠落)する現象が起きてしまうことになる。
逆に新たに浮上した設定(リード、ライトともオフセット±0)にすれば、書き込み時にデータが欠落することはないが、読むときにディスク終端30サンプルが読めないということになってしまう。
このようなCDを(データの取りこぼしがないことを最優先して)コピーするには、PlexToolsProfessional が実は最適。
※確認時のバージョンは2.36
※EACでもPlexToolsと同様のことをすることが可能ですが、最終トラック末尾に手動で588サンプルを追加するのが少しだけ面倒。
ハード・トランス・レイヴ・ベスト・ミックスド・バイ・UTO のようなCDを、データの取りこぼしがないことを最優先してコピーするには、PlexToolsProfessioinal では無理。どうしてもというのなら、EACでデータがある程度オーバーリードしてある程度のゼロサンプルを手動で追加 → オーバーリードした分ライトオフセット値を手動で書き込み、とかすれば可能。
※ただ、これはディスク末尾のデータに関して有効で、ディスク先頭のデータに関しては無理っぽいです。
ただし、上記のようなCDはまれのため、通常音楽CDのデュプリケートを行う場合は、"Read sample offset correction = ±0" "Write samples offset = ±0" にして、EACを使うのが最適。なぜなら、"Read sample offset correction = +30" "Write samples offset = -30" にすると、ディスク終端の30サンプルがゼロデータに置き換わってしまう。
とはいえ、ディスク終端にゼロサンプルが30以上ある場合は、今までの設定の "Read sample offset correction = +30" "Write samples offset = -30" でもデータの取りこぼし、書き漏らし、位置ずれのない完全コピーが可能。
自作WAVEファイルから音楽CDを作成する場合は、"Write samples offset = ±0" にするべき。なぜなら、"Write samples offset = -30" にして音楽CDを作成すると、その音楽CDからは末尾30サンプルのデータが取り出せなくなってしまうため。(ただし、末尾30サンプルがゼロデータの場合はこの限りではありませんが)
結局のところ、真の "Read sample offset correction" が "+30" か? "±0" か?は一般ユーザーレベルで調べるのは無理なものの、従来どおりの "Read sample offset correction = +30" に設定しないと、データを取りこぼしてしまうという音楽CDも中には存在することも事実。
「音楽CDを買ったらWAVEファイル化してHDDに取り込み、気が向いたらCD-Rに焼く」 といったことが日常化している人は、"Read sample offset correction" の値を真実の値にするのが理想的。
で、真の "Read sample offset correction" の値は、±0でいいんですよね??
新たに浮上したオフセット値が正しい場合、PX-755A 等のPLEXTOR自社製ドライブでは、通常のライティングソフトで普通に音楽CDを作成すればデータの欠落がない音楽CDができるのに、(今まで使用されてきた)Write samples offset = -30 に設定して書き込んだときは、わざわざ30サンプルずらして、30サンプルが欠落した状態で音楽CDを作成していたということになる。(ただし、末尾30サンプルがゼロデータの場合は、実害はありませんが)
PlexToolsProfessaional の場合は、ソフト側で588のゼロサンプルを(強制的に)追加して書き込む仕様のため、データ欠落は起きないものの、同じくわざわざ30サンプルずらして書き込んでいたことになる。(あくまで、今回新たに浮上したオフセット値が正しい場合)
EACの "Write samples offset" がマイナス数値になると、データを書き漏らすっぽい。(多分)
※今回の件で、手持ちのドライブの "Write samples offset" の数値は、すべて0以上になっています。
EACで書き込みを行うとき、必要がないときはCDRDAOを経由しない方がいい。
その他行ってみた検証 (New Window!)


なお、これは世の中の音楽CDのほんの一部について調べた結果をまとめたもので、すべての場合にはあてはまらないかもしれない、ということも追記しておきます。





■日立LGの記録型DVDドライブの件

さて、ここで気になるのは、Write samples offset = ±0と思われていた日立LGドライブ(GSA-H12N等)ですが、実はWrite samples offset = +30 だった、ということになります。(今回の情報が本当だった場合)
この事実に今まで気が付かなかったのはなぜか?ですが、


日立LG GSA-H12N等で、今までEACでWrite samples offset = ±0で書き込んだ場合、実は30サンプルずれていたものの、リードアウトエリアにはデータがしっかり記録されていた。
※この場合のリードアウトエリアというのは、PLEXTORドライブから見た場合です。
PLEXTORドライブでは、Overread into Lead-In and Lead-Outが可能で、そのリードアウトに差し掛かっていたデータをリッピングすることができるため、ずれていたことに気が付きにくい。


といった感じだと思います。
これは少し余談になりますが、今回の件でランクアップしたドライブは、PLEXTOR と LITE-ON と BenQ
PLEXTOR は読み書きともオフセット値 ±0 であることが判明したのはすでに書きましたが、LITE-ON (SHM-165P6S、LH-18A1P で確認) BenQ (DW1640 と DW1655 で確認)はオフセット値を適切に設定することで、読み書きでデータ欠落が起きないようになりました。(DW1670 は残念ながら不可)





■PlexToolsProfessional について再度補足

確認時点での最新バージョンは2.36ですが、バージョン2.36およびそれより前のバージョンでは、間違ったオフセット値になっています。
(注:今回の情報が本当だった場合)

PlexToolsProfessional は自動でオフセット値を設定してくれるソフトですが、手動で設定変更はできないので、もし些細なズレを気にするのなら、PlexToolsProfessional 2.36以前のバージョンは使わない方がいいということになります。(ただ、ズレとはいっても、30サンンプル程度ならまず気が付かないと思いますが)

今後PlexToolsProfessional がバージョンアップしたときにこの問題について修正されるかは分かりませんが、修正されるなら、書き込み時に588のゼロサンプルをこっそり追加する機能は廃止されると、勝手に予想しています。
→PLEXTORドライブの書き込みオフセット値は-30と思われていたため、PlexToolsProfessional は30サンプルずらして書き込んでますが、そうすると30サンプル欠落してしまうため、588のゼロサンプルを追加していると思います。(588のゼロサンプルのうち、30サンプルは削られる形になりますが、ゼロデータなので問題にならない)


もし、PlexToolsProfessional 開発担当の方がこの問題を認知し、改善されるのであれば、↓の赤で囲んだところはきれいに 0 と表示されることになるはずです。


本当に間違えていたというのなら、ぜひとも改善を希望。




■音楽CDバックアップ時の設定について

※Exact Audio Copy V0.95 beta 4 を使用しています。

音楽CDをディスク単位で正確にコピーするための、抑えておくべき設定項目です。
ここでは、ドライブは LITE-ON SHM-165P6S を使用しています。


EAC → ドライブオプション → オフセット / 速度
「読み込みサンプルオフセット訂正を使用する」 にチェックし、ドライブ固有の数値を入れます。
「リードイン・リードアウトをオーバーリードする」 のチェックボックスは、ドライブによってチェックしたほうがいい場合と、しない方がいい場合があります。
チェックした方がいいドライブの例 → LITE-ON SHM-165P6S、LITE-ON LH-18A1P 等。
チェックしない方がいいドライブの例 → BenQ DW1640、BenQ DW1655 等。
チェックした方がいいか?しない方がいいか?が分からない場合は、先頭と末尾にゼロサンプルがないWAVEファイルを用意して、
チェックする場合、しない場合両方の条件で実際に読み書きを行い、データの欠落がないか?を調べると分かります。



EAC → ドライブオプション → 書き込み
「書き込みサンプルオフセットの値」 に、ドライブ固有の数値を入れてやります。



EAC → ドライブオプション → ギャップ検出
ドライブによって違うかもしれませんが、いくつかの条件で試したところ、「検出方法A」 にするのがよさそうです。



メイン画面
最初に 「アクション」 → 「ギャップ検出」 を実行しておくといいと思います。
INDEX0が振られているトラックの場合は、↑の青の四角のところに数値が出ます。(トラック1のところには、必ず数値が出ます)
あとは、画面左のIMGアイコンをクリックしてイメージを作成し、WRIアイコンをクリックして、*.cue を指定して書き込めば完了です。
「少女の行為はもう終わったのか」 とか 「ふたつの液体」 とか、思わずなんか想像しちゃうようなタイトルがありますが、
別に怪しいCDではありません。(笑) レイクライシスのサントラ です。


その他 (EAC → EACオプション → 書き込み)
書き込みできないときは、↑の赤のチェックボックスを有効にするとうまくいくかもしれません。
すでにチェックしてある場合は、チェックをはずすとうまくいくこともあります。





















各ドライブのOffset値一覧(誤った値の旧版) ※この表は更新終了

ドライブ名
括弧内は確認時ファー
ムウエアバージョン
Read sample offset
correction
Write samples offset Combined read/write
sample offset correction
Overread into Lead-In
and Lead-Out
PLEXTOR
PX-40TS
(1.13)
+676 - -
PX-12TS  +681 - -
PX-R412C
(1.07)
+355 -30 +325
PX-W8220T
(1.05)
+355 -30 +325
PX-W124TS
(1.07)
+943 -30 +913
PX-W1210A
(1.10)
+99 -30 +69
PX-W1210S
(1.05)
+98 -30 +68
PX-W2410A
(1.04)
+98 -30 +68
PX-W4012A
(1.02)
+98 -30 +68
PX-W4012S
(1.00)
+98 -30 +68
PX-320A
(1.01)
+98 -30 +68
PX-W4824A
(1.00)
+98 -30 +68
PX-W5224A
(1.00)
+30 -30 ±0
PREMIUM
(1.00)
+30 -30 ±0
PX-116A
(1.00)
+691 - - Lead-Inのみ可
PX-708A
(1.01)
+30 -30 ±0
PX-704A
(1.01)
+30 -30 ±0
PX-712A
(1.01)
+30 -30 ±0
PX-716A
(1.02)
+30 -30 ±0
PX-740A
(1.00)
+618 +66 +684 Lead-Inのみ可
PX-750A
(1.00)
+102 +30 +132 不可
PX-755A
(1.01)
+30 -30 ±0
PX-760A
(1.00)
+30 -30 ±0
PX-751A
(1.00)
+102 +30 +132 不可
LITE-ON
XJ-HD165H
(CH0Z)
+12 - - 不可
LTR-16102B
(OS0J)
+12 -6 +6 不可
LTR-24102B
(5S5A)
+12 -6 +6 不可
LTR-40125S
(ZS0J)
+12 -6 +6 Lead-Inのみ可
LTR-48246S
(SS0A)
+6 -6 ±0 Lead-Inのみ可
LTR-52327S
(QS04)
+6 -6 ±0 Lead-Inのみ可
LDW-401S
(ES0G)
+12 -6 +6 Lead-Inのみ可
LDW-811S
(HS06)
+12 -6 +6 Lead-Inのみ可
SOHW-812S
(US05)
+12 -6 +6 Lead-Inのみ可
SOHW-1653S
(CS09)
+12 -6 +6 Lead-Inのみ可
SHM-165P6S
(MS05)
+6 -6 ±0 Lead-Inのみ可
LH-18A1P
(GL0B)
+6 -6 ±0 Lead-Inのみ可
YAMAHA
CRW3200E
(1.0d)
+733 +6 +739
CRW-F1
(1.0b)
+733 +6 +739
CRW-F1UX
(1.0f)
+733 +6 +739
CRW-F1SX
(1.0f)
+733 +6 +739
TEAC
CD-532E-B
(3.0B)
+684 - - Lead-Inのみ可
CD-540E
(3.0A)
-496 - - Lead-Inのみ可
CD-552E
(T016)
+12 - - 不可
CD-532S
(3.0A)
+92 - - 不可
CD-R55S
(1.0R)
+688 非MMCドライブの
為「Write」項目なし
非MMCドライブの
為「Write」項目なし
Lead-Inのみ可
CD-R56S-600
(1.0P)
+687 +6 +693 Lead-Inのみ可
CD-R58S
(1.0P)
+687 +6 +693 Lead-Inのみ可
CD-W54E
(1.1Y)
+685 +12 +697 Lead-Inのみ可
CD-W58E
(1.0A)
+685 +6 +691 Lead-Inのみ可
CD-W512E
(1.0J)
+685 -30 +655 Lead-Inのみ可
CD-W524E
(1.0E)
+686 -30 +656 Lead-Inのみ可
CD-W540E
(1.0H)
+686 -30 +656 Lead-Inのみ可
CD-W552E
(1.05)
+6 -6 ±0 Lead-Inのみ可
DV-W58DK
(1.08)
+48 +18 +66 Lead-Outのみ可
DV-W58E
(2.0B)
+686 -30 +656 Lead-Inのみ可
DV-W516E
(1.05)
+102 +30 +132 不可
DV-W516GDM
(M4S2)
+6 -6 ±0 Lead-Inのみ可
RICOH
MP7120A
(1.30)
+97 +6 +103 不可
MP7200A
(1.30)
+97 +6 +103 不可
MP7400A
(R107)
+97 +6 +103 不可
MP5125A
(1.51)
+120 +6 +126
MP5240A
(1.05)
+91 +6 +97 Lead-Inのみ可
NEC
NR-7900A
(1.23)
+685 +6 +691 不可
NR-9100A
(1.11)
+685 +6 +691 不可
NR-9300A
(1.15)
+685 +6 +691 不可
ND-1300A +48 +18 +66 不可
ND-2500A
(1.05)
+48 +18 +66 不可
ND-2510A
(2.04)
+48 +18 +66 不可
ND-3500A
(2.26)
+48 +18 +66 不可
ND-3520A
(1.24)
+48 +18 +66 不可
ND-3530A
(3.22)
+48 +18 +66 不可
ND-3540A
(1.21)
+48 +18 +66 不可
ND-4550A
(1.26)
+48 +18 +66 不可
ND-4551A
(1-21)
+48 +18 +66 不可
ND-4571A
(1-21)
+48 +18 +66 不可
ソニーNECオプティアーク
AD-7173A
(1-2B)
+48 +18 +66 不可
MATSHITA (MATSUSHITA)
CW-7502
(4.17)
+122 -30 +92 Lead-Inのみ可
CW-7503
(1.09)
+103 -30 +73 Lead-Inのみ可
CW-7586
(1.08)
+86 +6 +92 不可
CW-8571
(1N47)
+103 +30 +133 不可
SW-9581N
(B102)
+102 +30 +132
SW-9585
(B100)
+102 +30 +132 Lead-Inのみ可
LF-M821JD
(A100)
+102 +30 +132 Lead-Inのみ可
SW-9587
(P102)
+102 +30 +132 Lead-Inのみ可
LF-MB121JD
(BD01)
+102 +30 +132 Lead-Inのみ可
UJ-850S
(1.20)
+102 +30 +132 Lead-Inのみ可
TOSHIBA (東芝サムスン)
SD-R1002
(1038)
+708 +6 +714 不可
SD-M1401
(1008)
-472 - - 不可
SD-M1402
(1010)
-472 - - 不可
SD-M1502
(1002)
-472 - - 不可
SD-M1612
(1806)
-472 - - 不可
SD-M1712
(1004)
-472 - - 不可
SD-M1802
(1030)
+691 - - Lead-Inのみ可
SD-R5272
(1030)
+116 -18 +98 不可
TS-H552A
(BF30)
+116 -18 +98 不可
TS-H552B
(TS04)
+12 -6 +6 不可
TS-H652L
(TI02)
+6 -6 ±0 不可
SANYO
CRD-BP3
(1.06)
+688 -30 +658 不可
※注2
CRD-BP4
(4.31)
+688 -30 +658 不可
CRD-BP1700P
(1.05)
+688 -30 +658 不可
AOpen
CRW5224
(1.05)
+97 +6 +103 不可
PHILIPS
321240
(1.0C)
+733 +6 +739 不可
MITSUMI
CD-4804TE
(3.0D)
+686 +106 +792 不可
CD-4805TE
(1.8A)
+674 +6 +680 不可
CR-487ETE
(0019)
+6 -6 ±0 不可
CR-485FTE
(7.0C)
+733 +6 +739 不可
Acer / BenQ
CRW1208A
(9.EB)
+692 -17 +675 Lead-Outのみ可
CRW1610A
(G.QF)
+692 +554
(ちょっと怪しいかも)
+1246
(ちょっと怪しいかも)
Lead-Outのみ可
CRW4816P
(A.NZ)
+12 -6 +6 Lead-Inのみ可
656A
(56AI)
+12 - - 不可
DW800A
(B2F7)
+1292 +78 +1370 Lead-Inのみ可
DW822A
(B3IC)
+1292 +78 +1370 Lead-Inのみ可
DW1600
(B5F9)
+618 +66 +684 Lead-Inのみ可
DW1625
(BBBA)
+618 +66 +684 Lead-Inのみ可
DW1640
(BSGB)
+618 +66 +684 Lead-Inのみ可
DQ60
(MRBC)
+102 +30 +132 不可
DW1650
(BCDC)
+618 +66 +684 Lead-Inのみ可
DW1655
(BCIC)
+618 +66 +684 Lead-Inのみ可
DW1670
(100)
+102 +30 +132 不可
MSI
CR52-A2
(160D)
+688 -30 +658 不可
OPTORITE
CW5202
(150E)
+688 -30 +658 不可
OPTI
OPCRW5224
(140H)
+688 -30 +658 不可
SONY
CDU948S
(1.0k)
※↑の紫の囲みを参照
- -6 -
CRX145E
(1.0b)
+572 -6 +566 Lead-Inのみ可
CRX215E1
(SYS2)
+6 -6 ±0 Lead-Inのみ可
DRU-500A
(1.0f)
+120 -24 +96 不可
DRU-510A
(1.0d)
+120 -24 +96 不可
DRU-530A
(1.0a)
+689 -30 +659 Lead-Inのみ可
DRU-800A
(KY01)
+12 -6 +6 Lead-Inのみ可
DW-G110A
(2.0c)
+79 ±0 +79 不可
Pioneer
DVD-500M
(1.07)
+594 - - Lead-Inのみ可
DVR-A05-J
(1.00)
+48 +18 +66 Lead-Outのみ可
DVR-A06-J
(1.07)
+48 +18 +66 Lead-Outのみ可
DVR-A07-J
(1.10)
+48 +18 +66 Lead-Outのみ可
DVR-A08-J
(1.04)
+48 +18 +66 Lead-Outのみ可
DVR-A09-J
(1.09)
+48 +18 +66 Lead-Outのみ可
DVR-110D
(1.10)
+48 +18 +66 Lead-Outのみ可
DVR-A10-J
(1.22)
+48 +18 +66 Lead-Outのみ可
DVR-111
(1.02)
+48 +18 +66 Lead-Outのみ可
DVR-A11-J
(1.19)
+48 +18 +66 Lead-Outのみ可
日立LG
GCC-4520B
(1.00)
+6 -6 ±0 Lead-Inのみ可
GMA-4020B
(A108)
+667 ±0 +667 Lead-Inのみ可
GSA-4040B
(A105)
+667 ±0 +667 Lead-Inのみ可
GSA-4081B
(A100)
+667 ±0 +667 Lead-Inのみ可
GSA-4082B
(A201)
+667 ±0 +667 Lead-Inのみ可
GSA-4120B
(A101)
+667 ±0 +667 Lead-Inのみ可
GSA-4163B
(A101)
+667 ±0 +667 Lead-Inのみ可
GSA-4167B
(DJ10)
+667 ±0 +667 Lead-Inのみ可
GSA-H10N
(JJ11)
+667 ±0 +667 Lead-Inのみ可
GSA-H12N
(UJ11)
+667 ±0 +667 Lead-Inのみ可
GSA-H22N
(1.00)
+102 +30 +132
Accesstek(SANYO)
DD0203
(2.11)
+688 -30 +658 不可
NU
DDW-061
(BX02)
+1292 +78 +1370 Lead-Inのみ可




トップへ