■FORTISの8倍速DVD-Rメディアはどうなのか?

ドスパラというと、他店にない 時として怪しげな DVDメディアを扱うことで有名ですが、2004年7月、FORTISなるメーカーの8倍速DVD-Rメディアが発売されました。値段はスリムケース入りで1枚約90円と格安。

中身が気になるところですが、値段から言ってProdiscあたりか?と思っていたところ、なんとIDは太陽誘電8倍速DVD-Rメディアと同じ TYG02 でした。
→nero6で、ShiftとCtrlボタンを押しながら 「Recorder」 → 「Disc Info」 と操作すると詳細な情報が取得できますが、それも完全一致しています。

もしほんとに太陽誘電だとすると値段が安すぎ & メディア業界に革命が起こる!?(ちょっと大げさですが)ということになりますが、はたしてどうでしょうか?




■外観上の違いについて

ぱっと見、記録面の内周部に違いが見られます。(誘電純正品は、黒いワッカ状のものがある)
その他いろいろと違いがありそうですが、フカミさんが詳細に調査 されています。

人間がみるとメディア自体に違いがありそうにも見えますが、各種ツールでのメディア情報は完全一致することから、ドライブ側では両者を同じ条件で処理するはず・・・
このまま考えても結論はでそうにないので、実際に焼いてみることにします。


FORTIS 8倍速DVD-Rメディア ID : TYG02


太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア ID : TYG02

いずれにしても、製造ラインが違うことは間違いなさそうです。




■実際に焼いてみる

今回使用したドライブは、以下の4ドライブ。


ドライブ名 ファームウェア 接続形態
日立LG GSA-4120B ※日立版 A102 ATAPI 内蔵 (400Wクラス電源)
Pioneer DVR-A07-J 1.18 ATAPI 内蔵 (400Wクラス電源)
PLEXTOR PX-712A 1.03 RATOCのUSB2.0ケースにてUSB2.0変換
SONY DRU-700A ※純正品 VY05 PX-W4012TUのUSB2.0ケースにてUSB2.0変換


その他条件は、

 ○KProbe 2.2.3 + HD165H
 ○PlexToolsProfessional 2.15 + PX-712A (Firm 1.03) 8ECC
 ○ライティングソフトは nero 6.3.1.17 で、ソースはDVD-Videoデータ(約4.36GB)
 ○書き込み速度はいずれも8倍速

です。(左がFORTISで、右が太陽誘電純正メディア)


FORTIS 8倍速DVD-Rメディア

ID : TYG02

太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア

ID : TYG02


日立LG GSA-4120B (Firm A102) 8倍速書き込み ※日立版

PlayStation2 (SCPH-10000) で外周部でブロックノイズ発生






PlayStation2 (SCPH-10000) で再生良好





PLEXTOR PX-712A (Firm 1.03) 8倍速書き込み

PlayStation2 (SCPH-10000) で再生良好






PlayStation2 (SCPH-10000) で再生良好





Pioneer DVR-A07-J (Firm 1.18) 8倍速書き込み

PlayStation2 (SCPH-10000) で再生良好






PlayStation2 (SCPH-10000) で再生良好





SONY DRU-700A (Firm VY05) 8倍速書き込み

PlayStation2 (SCPH-10000) で外周部が再生できない






PlayStation2 (SCPH-10000) で外周部が再生できない







試した枚数が少ないので、それなりの結果でしかない、ということを前置きしておますが、やはり本物の太陽誘電の方がよさそうです。
とはいえ、FORTISは1枚あたり(ケース付で)約90円という破格値。
DVR-A07-JやPX-712Aだと普通に使えそうなので、値段を考えればかなりお買い得です。
(あと問題となるのは、いつまで売っているか?と言うことになりそう)

※SONY DRU-700Aでは結果がよくないですが、このドライブは元々DVD+Rメディアを使うべきだと思うので、こんなもんだと思います。
※FORTISと本物誘電ではグラフの大まかな傾向は似ています。(ID偽装とかじゃなさそう) 実は偽装とか・・・(汗) → 確認中。
→「誘電OEMではない」とのことです。値段のわりにいいことは確かだとは思いますが・・・





トップへ