CD-R実験室トップ
日立LG GGW-H20N トップ ドライブ情報等 CD関連の各種性能 CD関連のベンチマーク
DVD-R書き込みグラフ DVD関連のベンチマーク HD DVD/DVDツインフォーマットディスクの認識
BD-Rのベンチマーク BD-REのベンチマーク BDビデオのベンチマーク
BD-R 6倍速書き込より4倍速書き込みの方が速いという罠 HD DVDビデオのベンチマーク
8倍速DVD-R 16倍速DVD-R DVD+R その他DVD-R 付属ソフト 各種ソフトでの動作


■I-O DATA BRD-SH6B (日立LG GGW-H20N)  - 2007年12月2日更新 - 

DVDのときは、DVD-R、DVD+R どちらが普及するか読めない時期があり、どっちを買うか?迷うこともありましたが、最終的にはドライブ側の方で分裂した規格に対応。
次世代になっても、Blu-ray、HD DVDで規格が分裂していますが、日立LGは一般販売第一弾でいきなり両対応ドライブを発売してきました。
はやくもドライブ側で分裂した規格に対応・・・ということで、PC用ドライブに関しては本格普及の前に規格分裂の意味がなくなってきつつあります。

とは言ってもHD DVDの書き込みには対応していませんが、現状では東芝は読みはともかく、書きの方は重視していないようなので(公の場で、HD DVD-R は売れなくても困らないと発表 ← こういうこと言っちゃって大丈夫?)事実上全規格対応ドライブということでいいと思います。


日立LG GGW-H20N
日立LG GGW-H20N
初回流通量が恐ろしく少ないアイオー販売の GGW-H20N
AKIBA PC Hotline! 初掲載でいきなり売り切れです。
- 公式サイト -
AKIBA PC Hotline!


メインチップは、RENESAS R8J32702SFPV が搭載。
ドライブ的な特徴は RENESAS 搭載の日立LG記録型DVDドライブとよく似ています。
日立LGは日立製とLG製がありますが、本ドライブはLG製。(ただ、GGW-H20Nに日立製があるかはわかりませんが)
Panasonic製BDドライバーで、BD-RE に書き込み可能。
本ドライブには付属されていませんが、パナソニック コミュニケーションズの製品情報ページ からダウンロードできます。(Panasinicのドライブが接続されていないとインストールできない点には注意)
ただBD-R の方は、数枚試した限りでは途中でエラーとなってしまったので、付属のB's CLiPを使った方がいいかもしれません。
BD-R へ速度違反書き込みが可能。
4倍速TDK BD-R メディア → 6倍速
2倍速三菱化学 BD-R メディア → 6倍速
2倍速TDK BD-R メディア → 4倍速
付属のB's Recoeder GOLDではBD-Rへベリファイレス記録ができるので、速さ重要視のときは特に使えます。
付属ソフトで確認する限り、BD-REは強制ベリファイ仕様。(付属以外のソフトではあまり詳しく調べていません)
BD-R 6倍速書き込み対応とは言っても、4倍速書き込みに比べて1分23秒くらいしか違わないので、2倍速 → 4倍速の時の変化に比べるとイマイチありがたみがないかもしれない。
それより、6倍速時は初速2.6倍速のCAV方式、4倍速時はCLV方式のため、書き込む容量が少ないときは
6倍速書き込みより、4倍速書き込みの方が速くなります。
2倍速BD-REの書き込み速度が、少しだけ速い。(2.3倍速)
ただし、1層BD-REのみで、2層BD-REは2.0倍速止まり。
HD DVD-R のメディア情報を読み取れるか?と、無茶な期待をしてみましたが、残念ながらマウントできませんでした。(いつまでも読みに行こうとするので、少々危険)
付属のWinDVD8がなにげに性能よく、Panasonic DMR-BW800で、音声オートで記録した互換性に難ありのBD-R の再生が可能。(ただし、DVD-R に記録したのは再生不可)
フロントベゼルにLGの嫌すぎる過ぎるロゴ(←主観意見)がなく、デザイン的には普通。(個人的には非常に重要)
定格電流値が、製品ラベルに記載されている数値と、アイオーデータがあとから貼り付けたシールで全然違う。
いずれにしても、電源には気をつけた方が未然にトラブルを防げると思います。
製品ラベル → 5V = 1.9A、12V = 3.0A
アイオーデータのシール → 5V = 1.5A、12V = 1.0A
付属のWinDVDでスパイダーマン3が再生できない!
ただし、LF-PB271JD に付属のPowerDVDでも再生できないので、これはスパイダーマン3側に問題ありそうな気がしますが、いずれにしてもなんとかしてほしいところです。
DVD-R 6倍速書き込みは相変わらずサポートされていない。
メディアによっては8倍速書き込みの記録品位がかなり悪く、4倍速に書き込み速度を落とすと劇的に改善される現象が出ているので、そろそろ真剣にDVD-R 6倍速書き込みを検討してほしいところです。(ただし4倍速での記録品位はメディアによってはかなりいいので、時間が許せばメインDVD-R 焼きドライブとしても全然不満は出なさそうですが)
DVD-R CLV 書き込み時、途中でメディアチェックするようになった。
CSS DVD-Video再生時は速度が落とされるので、あまりうるさくはない。
ただし、マウント直後はたまにうるさく感じることあり。(うるささの感じ方は主観)
BDビデオ、HD DVDビデオの再生時もうるさくはないです。
Nero DiscSpeed 4.9.0.0 のディスク品質テストでは残念ながら動作しない。(というか、開始が押せない)
DVD-R 8倍速書き込みは、8倍速メディアと16倍速メディアで書き込み方式が異なる。(8倍速メディア使用時は Z-CLV で、16倍速メディア使用時は P-CAV)
EACで設定するオフセット値は、今までの日立LGドライブと同じで、読み(+637) 書き(+30)
EACでは、CDRDAOを経由してもしなくても書き込み可能。(ただし、CDRDAOを経由すると先頭30サンプルが0で補完されてしまうので、経由しない方を推奨)
CDRDAOを経由しないで書き込めば、用意したWAVEファイルを書き漏らすことなく音楽CD作成が可能です。
読みの方は、ディスク終端637サンプルを読めない。
書き込み時BookTypeの設定変更はできず、1層DVD+R、2層DVD+Rともに強制的にROM化する。
BookType判別ドライブとしては使えない。
※注:アイオー販売品の場合で、LG販売品だと違うかもしれません。
CDS200系の音楽ディスクの読みは、DVDドライブの時の日立LGと同様で良好。
CD Manipulator 2.70 では予想通り書き込み可能。
暁のラブレターではほぼ問題なし。


BD-R はTDKの2倍速のをメインで使っているので、それに4倍速書き込み可能というのは非常にいいです。
DVD系に関しては、よくも悪くも今までの日立LGの特徴がよく出ています。(DVD-R 6倍速対応はそろそろ対応してほしいところですが)
あとこれは余計な話ですが、BDビデオ、HD DVDビデオの再生がスムーズにいかないときは、CPUより先にビデオカードを変えた方がいいかもしれません。私の経験だと、CPUがPentiumD 940のときですが、GeForce 6600GT 128MB だと再生カクカクでも、GeForce 8600GT 256MB に変えたところスムーズで完璧な再生になりました。




■日立LG GGW-H20N の主な特徴等 ※確認時のファームウェアは XJ01

調査項目 結果(内容) 補足説明 (なんで調べているか?等)
ベンダーID HL-DT-ST
プロダクトID BD-RE GGW-H20N
メインチップ RENESAS
R8J32702SFPV
購入時ファームウェア XJ01
製造国表示 KOREA
排気ファン なし
5V定格 1.9A ※アイオーデータのシールは 1.5A 表記
12V定格 3.0A ※アイオーデータのシールは 1.0A 表記
ヘッドホン端子 なし
付属のブランクメディア なし
付属ソフト WinDVD for I-O DATA 8.08.421
B'sRecorderGOLD 9.22
B'sCLiP 7.18
Ulead DVD Movie Writer 5.55.0027.1 BD version
Ulead BD DiscRecorder 2.51.0106.0
EasySaverLE 2.23
※バージョンはインストールして確認
Exact Audio Copy での
Read sample offset correction
+637サンプル
Exact Audio Copy での
Write samples offset
+30サンプル
Exact Audio Copy での
Combined read/write sample offset correction
+667サンプル
Exact Audio Copy での
Overread into Lead-In and Lead-Out
リードインのみという判定結果
音楽CDリッピング可能領域 ディスク終端637サンプルを読めない
音楽CD書き込み可能領域 Exact Audio Copy を使い、"Write samples offset" を "+30" に設定することで、位置ずれ、データの書き漏らしのない完璧な音楽CD作成が可能 CDRDAO経由なしの設定にする必要があります
※CDRDAO経由のオプションは、「EAC」 → 「書き込み」 タブのところにあります
エラー入りCDS200系ディスク
(通称コピーコントロールCD)
の読み
認識、読み共に良好
NeroDriveSpeed での速度制御 CD、DVDともに制御可能
CD-Rオーバーバーン Nero DiscSpeed 4.9.0.0 でのシミュレーションでは、81分38秒くらいまで可能という判定結果
DVD+Rオーバーバーン 非対応
1層DVD+R ROM化 強制的にROM化される Nero DiscSpeed 4.9.0.0にて確認
2層DVD+R ROM化 強制的にROM化される Nero DiscSpeed 4.9.0.0にて確認
DVD+RW ROM化 BookType設定変更不可 Nero DiscSpeed 4.9.0.0
ImgBurn 2.3.2.0にて確認
Exact Audio Copy での読み書き 読み → 可能
書き → 可能
CDRDAO経由すると最後で固まってしまったので、経由しない方が安心
※CDRDAO経由のオプションは、「EAC」 → 「書き込み」 タブのところにあります
CD Manipulator 2.70 での読み書き 読み → 可能
書き → 可能
CD-R最低書き込み速度 4倍速
フルCLVでのCD-R書き込み最高速度 16倍速
フルCLVでのDVD-R/DVD+R書き込み最高速度 1層は4倍速
2層は詳細未確認
ROM化したDVD+R、DVD+R DLディスクの認識 ROM化していない記録済1層DVD+R
ROM化していない記録済2層DVD+R
ROM化していない未記録1層DVD+R
ROM化していない未記録2層DVD+R
いずれのディスクも、"BookType = DVD-ROM" という情報を返してくる
ブックタイプ判別ドライブとしては使用不可
(作り間違えた)
ルクセンブルクTDK8倍速メディアの認識
TTG02 詳細はこちら を参照
保証 1年
トレイの色
搭載バッファ容量 4MB (各種ツールでは2MB表記)
データ転送速度 PIOモード 4
MultiWord DMA-2
Ultra DMA-5
ドライブのLEDとマザーボードHDDのLEDは同期するか? 書き込み中はドライブのLEDは点滅、HDDのLEDは点灯
MediaCodeSpeedEdit でのファームウェア情報 -
Nero CD-DVD Speed のディスク品質テストで動作するか? 動作しない
暁のラブレター書き込み能力 少し微妙になる aiko/暁のラブレターは、書き込みのとき問題が出やすいという特殊データが入っている音楽ディスクです。
こちら を参照。
購入時ジャンパー位置 -


■トレイの色

ベゼル色と同じです。


■DVD-Video再生はうるさくはない

MAX速度が抑えられていることもあり、うるさくはありません。
(マウント直後はややうるさく感じるときもあり)
BDビデオ、HD DVDビデオに関しても、うるさくはないです。


■箱

箱1 箱2 箱3 箱4 箱5


■各種DVDメディアの選択できる書き込み速度 & 書き込み方式について ※ファーム XJ01時

メディア 20x 18x 16x 12x 8x 6x 4x 2x
太陽誘電 16倍速DVD-Rメディア
TYG03
×
-
×
-
P-CAV
P-CAV
P-CAV
×
-
×
-
×
-
太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア
TYG02
×
-
×
-
×
-
×
-
6x-8x
Z-CLV
×
-
CLV
×
-

16倍速メディアは最低が8倍速になっています。
6倍速書き込みは相変わらず非サポートで、その点はマイナスポイント。


■各種ディスクのマウント時間 ※ファーム XJ01時

記録済みディスクは MountTime_Checker で。ブランクディスクと通常の音楽CDは Nero CD-DVD Speed を起動させておいて、 「ディスク種類」 のところの表示されるまでの時間を計測しています。

ディスク種類 マウント時間 ディスク種類 マウント時間
ブランクDVD-Rメディア
(TYG02)
21秒 記録済みCD-Rメディア
(太陽誘電48倍速CD-Rメディア)
14秒
記録済みDVD-Rメディア
(TYG02)
21秒 普通の音楽CD 14秒
ブランクDVD+R DLメディア
(MKM001)
24秒 プレス2層DVD-Video (CSS) 13秒
記録済みDVD+R DLメディア
(MKM001)
28秒 記録済みDVD-RAMメディア
(maxell 5倍速DVD-RAM)
26秒
ブランクCD-Rメディア
(太陽誘電48倍速CD-Rメディア)
13秒 記録済みDVD-RAMメディア
(maxell 12倍速DVD-RAM)
17秒



ディスク種類 マウント時間 ディスク種類 マウント時間
ブランクBD-Rメディア
(TDK 4倍速1層)
21秒 記録済みBD-REメディア
(Panasonic 1層)
20秒
ブランクBD-Rメディア
(TDK 4倍速2層)
20秒 記録済みBD-REメディア
(Panasonic 2層)
30秒
記録済みBD-Rメディア
(TDK 4倍速1層)
20秒 BDビデオ(1層) 21秒
記録済みBD-Rメディア
(TDK 4倍速2層)
28秒 BDビデオ(2層) 20秒


全体的に普通で、特に遅くはないと思います。


■今回使用しているソフト等

【焼き関連で使用しているソフト】
Nero DiscSpeed 4.9.0.0
Nero DriveSpeed 3.6.0.0
Nero InfoTool 5.1.0.0
PlexToolsProfessional LE 3.13
PxScan 1.7.12
PxView 1.12.6
Exact Audio Copy V0.95 beta 4
CD Manipulator 2.70
Nero8.1.1.3 or 8.1.1.4
DVDINFOPro 4.700
MountTime_Checker
CD-Ripper
WaveCompare
wnaspi32.dll (nero)
※CD-Ripper等、ASPI が原因で動作しないソフトの場合、wnaspi32.dll を *.exe と同じフォルダに入れてやると(大抵)正常動作します。

【ここで使用しているPxScan 用バッチファイル、PxView 用config.ini】
PIE/Beta/Jitter用バッチファイル
PIE/Beta/Jitter用 config.ini
TA 用バッチファイル(デフォルト3エリア)
TA 用バッチファイル(外周を指定したもの)
TA 用 config.ini
バッチファイルの中の6桁の数値は、PLEXTORドライブ のシリアルナンバーです。(使用するドライブの S/N に書き換える必要あり)

【画像関係で使用しているソフト】
ホームページビルダー2001に付属のウェブアート デザイナー (*.png、*.jpeg 変換)
OPTPiX webDesigner 3.22.01 (画像切抜き、その他)


■各種エラー計測グラフの見方がわからない!

説明ページ


CD-R実験室トップ
日立LG GGW-H20N トップ ドライブ情報等 CD関連の各種性能 CD関連のベンチマーク
DVD-R書き込みグラフ DVD関連のベンチマーク HD DVD/DVDツインフォーマットディスクの認識
BD-Rのベンチマーク BD-REのベンチマーク BDビデオのベンチマーク
BD-R 6倍速書き込より4倍速書き込みの方が速いという罠 HD DVDビデオのベンチマーク
8倍速DVD-R 16倍速DVD-R DVD+R その他DVD-R 付属ソフト 各種ソフトでの動作