■LG製 GSA-4040B


【注意】
「HITACHI 製」 「LG製」 と書いてますが、正確には違うかもしれません。
(便宜上、このページではそう呼ぶことにします)


2003年8月くらいから一般向けに販売された日立LGのマルチプラスドライブ GSA-4040B ですが、当初国内で流通していたのはHITACHI 製のものだけでした。
その後しばらくして、LG製 の GSA-4040B も登場。(登場時は)価格的にはHITACHI 製より若干安いくらいでしたが、なぜかLG製のほうは急激に価格が低下していき、2003年10月11日時点では2万円を切るショップも珍しくなくなってきています。

ところがこのHITACHI 製とLG製、ドライブ自体はどちらも GSA-4040B ですが、定格電流表記が異なることから、「ドライブ的に違いはないのか?」といった噂もあり、気になるところです。

そんなこんなで、LG製のもゲット!細かいことも含め、いろいろ比較してみましょう。
そもそも日立製とLG電子製があるのは、日立LGデータストレージは日立とLG電子の合併会社なので、その辺が関係しているものと思われます


上がHITACHI 製で、下がLG製
どちらもデザインがイマイチ・・・



検証時環境
マザーボード intel D865PERLK(865PEチップセットインテル純正品)
OS Windows2000 Professional + SP4
CPU Celeron 2.6GHz(FSB400)
メモリ PC3200 BULK(SAMSUNG) 256MB × 2
ビデオカード RADEON 9500(64MB)
サウンドカード オンボードのものを使用
FDドライブ 不明
プライマリマスター WesternDigitalの40G(7200rpm) WD400BB NTFS
プライマリスレーブ Seagateの80GB(7200rpm) ST380021A NTFS
セカンダリマスター LITE-ON LDW-401S
セカンダリスレーブ HL-DT-ST GSA-4040B(HITACHI製 or LG製)
USB2.0ドライブ(1) XJ-HD165H(USB2.0変換) 使用ケース
USB2.0ドライブ(2) PLEXTOR PREMIUM-U
USB2.0ドライブ(3) PLEXTOR PX-708A
ラトックの RS-U2EC5X にてUSB2.0変換





■HITACHI 製とLG製の比較

※私が買った箱無バルク品は各種ソフト、ケーブルが付属していましたが、ショップによってはソフトケーブル無し、ということもあるかもしれません。
※HITACHI製のは、BUFFALO、ロジテック等からも販売されてます。



比較項目
HITACHI製
LG製箱入(バルク扱い)
箱無バルク品(LG製)
価格(2003/10/11時点の目安)
※あくまで目安です
\25,000〜\28,000位(価格com情報) ショップによっては2万円以下 ショップによっては1万8千円以下
製造国表記 MALAYSIA KOREA 同左
購入時期と初期ファーム 2003/8/上 Firm A105 2003/10/上 Firm A300 同左
保証 I-O DATAの1年保証 ショップによる保証 同左
5V定格 0.5A 1.5A 同左
12V定格 0.5A 1.8A 同左
メインチップセット HD62604FDV HD62604FDV 同左
付属ソフト
B's Recorder GOLD5 BASIC
B's CLiP5
DVD MovieWriter 2.0 SE
VideoStudio 7 SE
PhotoImpact 8 SE
COOL3D 3.0 SE
PowerDVD XP
B's Recorder GOLD5 BASIC
B's CLiP5
neoDVDplus5
PowerDVD XP
同左
付属のDVD-RAMドライバ
meiudf.sys Ver 3.0.8.0
dvdram.sys Ver 3.1.1.0
DVDForm Ver 4.1.8.0
WPTool Ver 1.1.1.0
DVDTool Ver 1.0.8.0
meiudf.sys Ver 3.0.8.0
dvdram.sys Ver 3.1.1.0
DVDForm Ver 4.1.8.0
WPTool Ver 1.1.1.0
DVDTool Ver 1.0.8.0
同左
付属メディア maxell 3倍速DVD-RAMメディア
付属ケーブル ATA33ケーブル 同左
マニュアル 日本語 全部英語! 同左
入手しやすさ ほとんどのショップで取り扱っている 一部のショップでのみ入手可能 同左


【補足1】
LG製のGSA-4040Bは、基本的にショップによる保証となるみたいです。(保証を重要視するときは、要確認)
ショップごとに保証規定も異なってきます。

【補足2】
HITACHI製の付属ソフトは、販売メーカーによって異なります。(アイオー、バッファロー、ロジテック、それぞれで異なる)

【補足3】
この中で一番気になるのは、5Vと12Vの定格値ですが、HITACHI製のはアイオーデータがあとからシールで貼り付けしています。
(供給された時点でのドライブユニットには、定格数値は書かれていない)
こちら を参照(New Window)

で、結局定格値の違いはどうなのか?ということですが、私もよくわからないので、基板画像をアップしておきます。

わかる人はそれを見て判断してください、ということで・・・基本的にほとんど同じに見えます。


期間限定公開(悪用厳禁!)
※LG製のは箱入のを掲載してますが、箱無のと同等です
※基本的に、違いはなさそう
(表面は少しピンボケ勘弁!)
〜 いずれも約1MB (New Window) 〜
HITACHI製メイン基板 表面
HITACHI製メイン基板 裏面
LG製メイン基板 表面
LG製メイン基板 裏面


【補足4】
フロントベゼルにも違いが見られます。


上がHITACHI製で下がLG製。ベゼルは見た目だけでなく、構造的にも違ってます。
(HITACHIのは、フロントベゼル背面に防塵用と思われるスポンジ状の物がついている)
LG製のはスポンジ状のものはついていませんが、形状で防塵対策を行っているように見えます。


【補足5】
LG製の初期ファームは A104 の場合もあるみたいです。(デルタでの報告より)

【補足6】
DVD-RAMドライバーは、B's Recorder GOLD のCD-ROMに収録されています。







■結局、決定的な違いはないのか?

ドライブの機能的、性能的違いはほとんどなさそうに思いますが、細かい点では違いがありました。

Part1 では記録済みDVD+RメディアのNero CD-DVD Speed での結果が変でしたが、LG製のGSA-4040Bでは特におかしなところはなく、正常終了します。


LG製箱入GSA-4040B(Firm A300) + B's Recorder GOLD 7.06 + RICOH 4倍速DVD+Rメディアで作成したDVD-Videoディスク
画面クリックでログを表示


次に、同じPC環境 & 同じディスクで、ドライブのみをLG製のGSA-4040Bから、HITACHI製GSA-4040B(Firm A300)に変更 して同じことを試したところ、


日立製GSA-4040B(Firm A300)での結果

またしても Part1 と同じような不具合が発生してしまいました。

日立製のGSA-4040BはどうもDVD+Rメディアに対する挙動が変です。
そもそも容量が誤って認識されてしまうのが変なのですが、(実際には4.38GBではなく、4.26GB)
計測途中、なぜか↑のようになってしまいます。
(もしかしたら、私が買ったのが微妙に初期不良か?同じ日立製でも製造ロットによって違う、なんてこともあるかもしれませんが)

微妙に初期不良とうのも変な話ですが
この問題は、DVD-Rメディア、DVD+RWメディアでは起きません。


で、その後同じ場所に、LG製箱無バルクをつないで同様のことをしたところ、「4.26GB」と認識されて正常に最後まで計測完了しました。ともかく、私の所有している日立製GSA-4040Bはどこかおかしいみたいです。





【追記(重要)】
 
その後 ファームA301 がリリースされましたが、A301で試したところ、この問題が解決されてました。
日立製の GSA-4040B ですが、容量も正常に認識される上に、最後まで問題なくテスト完了。


ファームウェアチェックページ1
ファームウェアチェックページ2
ファームウェアチェックページ3




■その他

Part1 で試していなかったことを中心に、LG製ので調べてみました。


maxell ブランク4倍速DVD-Rメディア + Nero CD-DVD Speed 2.02 での結果
綺麗な横一直線のグラフで、まったく問題なし。



↑のをKprobe で測定
これも問題なし




何度か使用したRICOH 4倍速DVD+RWメディアを、GSA-4040B + B's7で完全消去したもの
+ Nero CD-DVD Speed 2.02 での結果
これも綺麗な横一直線のグラフです。



↑のをKprobe で測定
最後で少しエラー高めですが、外周部以外は問題なし。
→メディアをよくみると、外周部が少し汚れていたので、多分そのせい




GSA-4040Bで、RAW OF で作成したテストCDを使用
画面クリックでログを表示
残念ながら結果はいまいちですが、これは日立製のGSA-4040Bでも同様の結果になります。
※ファームウェアをA300からA301にアップしても変化ありませんでした




↑と同じディスクを、Nero Drive Speedで読み速度8倍速に指定して測定
画面クリックでログを表示
速度を落とすと、満足のいく結果になります。





Part1では音楽CDの読みグラフがギザギザでしたが、今回の環境では日立製とLG製どちらも正常に測定されました。
(どちらも確認ファームはA300)



【補足1】
Exact Audio Copy V0.95 prebeta 3 では残念ながら書き込み不可。(ファームA300, A301で確認)ただ、読みは可能です。
また、CD Manipulator 2.69 では読み書きとも動作します。

【補足2】
書き込み中の動作音が非常に静か。ほとんど騒音的なものはありません。

【補足3】
LG製箱入りのに付属しているmaxell DVD-RAMメディアのパッケージデザインが、国内で売られているのと違っています。

【補足4】
CD-RメディアにFull-CLVで書き込むときのMAX速度が8倍速となってしまいます。
(選択できる書き込み速度が、4倍速、8倍速、16倍速、24倍速で、内周部MAX書き込み速度が12倍速のため)
24倍速時の外周部の書き込み品位がイマイチっぽいので気になるところ。
(↓のほうにリンク貼ってある、CDのエラーチェックページ参照)

【補足5】
DVD-Rメディア書き込み時、最後にトレイがいったん開いてすぐ閉まる、という動作をします。(仕様っぽい)
DVD+Rメディアではこの現象は起きません。(Part1 でも書いてますが)
※使用ライティングソフトは、B's Recorder GOLD 7.06
※「書き込み直後に、メディアをイジェクトする」の設定とは別の問題です





■HITACHI 製とLG製、どちらを買えばいいのか?

保証の面で不利なことと、マニュアルが英語であることを許容できるなら、値段の安いLG製を買うのがいいかと思います。通常のライティングソフト、パケットライトソフト、オーサリングソフト、DVD-RAMドライバーといったところは全部付属しているので、値段の安いLG製のを買うだけでも一通りのことはできます。
(注:マニュアルは英語ですが、ソフトは日本語が選べます)
※ただし、箱無バルクのは、もしかしたらソフト無しのがあるかもしれないので、購入するときは要注意
※マニュアルが英語と言っても、光学ドライブの扱いに慣れている人なら困ることはないと思います
※記録型DVDドライブを初めて買うときは、付属ソフトを重要して決たほうがいいかも


で、どちらかを選べ、と言われたら個人的にはLG製のを選びます。
(日立製のはDVD+Rメディアでの挙動がおかしいので → うちだけかもしれませんが)

→ファームA301で解決しました。結局差はない、ということでよさそうに思います。
  (もしかしたら、細かいレベルではいろいろとあるかもしれませんが)


いずれにしても、全部入りドライブは現在(2003年10月)これしかありません。それが2万円以下となればどう考えてもお買い得!買おうかどうか迷っていた人は、2万円を切るくらいの値段になったら買い時ではないかと思います。




DVDメディアのエラーチェックに興味がある人は こちら をクリック
CDのエラーチェックに興味がある人は こちら をクリック
トップへ