CD-R実験室トップ
日立LG GSA-4082B Part2 トップ 4倍速DVD-R TYG02系 MXL RG03系 その他8倍速DVD-R


■日立LG GSA-4082B Part2 - 2007年5月11日更新 - 

※ここは日立LG GSA-4082B 再検証ページです。

GSA-4082B というと私の中では非常に印象がよく、以前はメインドライブとして使用していたこともありました。
記録品位的にもいいと思ってましたが、当時のDVD±R 計測ツールは、


LITE-ON DVD-ROMドライブ + KProbe
Accesstek DD0203 + UM Doctor Pro.II


くらいで、計れるのはせいぜいPIEとPIFくらいです。
その後状況が変わり、現在(2007年5月現在)は、PIE、PIF、Beta、Jitter、TA といった辺りが可能。Jitter、TA は記録品位を見るのに役立ちますが、当時は(一般ユーザーでは)それは無理だったので、その辺どうなるか非常に興味あります。

GSA-4082B ははたしてどの程度名機なのか?ということで、今さらですが GSA-4082B の再登場となりました。


日立LG GSA-4082B
オーソドックスなフロントベゼルの GSA-4082B
その後日立LGは続々と発売していますが、個人的には GSA-4082B のベゼルが一番好み。


【補足事項等々】
今回はほとんど4倍速で書き込みしています。
最初の予想では(4倍速書込みとはいっても)実はそれほどよくはないのでは?とも思ってましたが、意外といい感じでした。
現行の安メディア系(ProdiscF01、GSC003等)では、ファームの更新が止まっていることで、8倍速メディアでもMAXで4倍速しか選べないことがあるものの、それでもまぁまぁまともに焼けています。

ただ、安メディア系でも16倍メディアは使わない方がよさそうで、ProdiscF02はちょっとまずそうなことになりました。多少メディア選びに気をつける必要はありそうです。(ファームの更新が止まっているので、これは仕方ないと思いますが)

※以前メインドライブとして使用していたため、多少へたりのようなものがあるかもしれません。




■ドライブ情報

製品ラベル
2004年の2月製造です。
以前はシリアル隠してましたが、今回はさらします。



DVDINFOPro 4.634
特にこれと言ったことはないですが、ファームは検証時最新の A209 にアップ。



メイン基板
昔のドライブらしく、1枚のでかいプリント板です。
(実装部品も多め)
拡大


HD62604AFDV 703101AGJ-33




■DVD-R 書き込みグラフ等

MAX 8倍速ドライブですが、日立LGなので6倍速という書込み速度はありません。
8倍速は中途半端なZ-CLV になるので、書込み品位重視なら4倍速を推奨。
メディアは(2007年5月時点での)現行のメディアでもまだまともに使えるのが普通に入手可能です。
よさそうなのは太陽誘電8倍速メディア辺り。(極端にハズレのだとちょっとアレですが)
16倍速メディア(TYG03等)はファームで対応されていないので、最初から忘れた方がいいです。(TYG03の場合だと、書込み速度もMAXで4倍速までしか選択できない)


8倍速書込みグラフ
初速が4倍速で、6x → 8x のZ-CLV 書込み。



4倍速書き込みグラフ
4倍速時は特にこれといってありません。




■PIFが少ない

途中でメディアチェックの挙動はしないタイプのドライブなので、良質メディアを使うとPIF低エラー焼きが狙えます。


maxell 8倍速DVD-Rメディア HG での比較
PX-800A で書き込みした場合
GSA-4082B で書き込みした場合
PIF合計24というのはなかなか出ません。





■ファームウェア情報

ファームA209の情報
"TYG03" とかはないので、使うなら8倍速メディアまでで。


CD-R実験室トップ
日立LG GSA-4082B Part2 トップ 4倍速DVD-R TYG02系 MXL RG03系 その他8倍速DVD-R