■日立LG GSA-4120B (LG版)

日立LGの全規格対応、DVDスーパーマルチの新ドライブ GSA-4120B が発売されました。
(今回は、日立版よりLG版の方が先に登場)

DVD-RAMが5倍速、DVD+R DLに対応と、大幅スペックアップしていますが、実際の使い勝手はどうか?ということで、調べた結果なんかをいろいろと書いてみたいと思います。


フロントベゼルは相変わらずのデザイン
検証時環境 (New Window!)
- 公式ページ -




■見切り発射の予感

仕様的には最強を狙えるドライブですが、まず気になるのはDVD+R DLメディアのROM化ができないことです。→検証ページは こちら

環境によってはROM化できなくても不自由しませんが、DVD+R DLメディアはROM化すると互換性が大幅によくなるので、(というより、悪すぎの互換性がそれなりにまともになる、、といった方が適切ですが)
これは大きなマイナスポイント。正直、このままではDVD+R DLメディアは使う気がしません。
ただ、この点は将来的に改善されることも期待できるかもしれません。(未保証)

ソース1
ソース2

※2004年6月13日時点での情報



その他の問題点として、GSA-4120B発売時、5倍速DVD-RAMメディアが売っていない!(リテールパッケージモデルにもメディアが付属していない)というのもあります。また、GSA-4120B発売時はDVD+R DLメディアが極度の品薄で、十分に試せない状態。
LGのドライブはちょっと待てばすぐに安くなる、といった印象もあり、急いでLG版を買うこともなかったかぁと。
(初めは日立版のを買う予定でした)

しかし、メディアがない状況なのに、なんでこんな見切り発射的な発売をしたのか少々疑問。

RAMドライバも付属していないし・・・ おっと、文句を言うのはこのくらいにしておきます(^^;

そういったことはさておき、特徴的なことや感じたことをまとめると、大体以下の通りです、


発売時の光学ドライブ用メディアの全規格対応の唯一のドライブ。
(ただし、カートリッジ式DVD-RAMは除く)
全規格対応だけでなく、速度的にも高速。(DVD-RAM 5倍速、DVD+R 12倍速)
12倍速書き込みは、PX-712A同様一部の8倍速DVD+Rメディアを使用することで可能。
(可能なのは、RICOH、太陽誘電、三菱の8倍速DVD+Rメディア)
DVD+R DLメディアのROM化ができない。(ただし、今後改善される可能性はあるかもしれませんが)
通常の1層DVD+RのROM化も不可。
DVDメディアへの書き込みは初速6倍速だが、6倍速指定での書き込みが出来ない。(確認時ファームウェアはA101)
※6倍速フルCLV焼きが出来ると非常にうれしいのですが、開発担当の方はその辺はあまり重要視しないんでしょうか?
CD-R書き込みの初速がようやく16倍速に。
GSA-4082BはCD-R書き込み時、フルCLVにこだわるとMAX 8倍速ということになっていたが、GSA-4120BはフルCLVでのMAX速度は16倍速。
DVD-RAMドライバが付属していない。
LG USサイト で配布されています。 XP 2000 9x
メディアが付属していない。
パッケージを見ると日本語のかけらもないが、取説はしっかり日本語。


メディアはともかく、DVD-RAMドライバが付属していないのがかなり謎ですが、LG USで配布されているので、ない場合はそちらからダウンロードしておきましょう。
すでにRAMドライバがインストールされているときは、BHAのサイト で最新版にアップできます。

【追記】
LGのサイトにRAMドライバについての説明が掲載されました。
こちら





■1層DVDメディアに12倍速書き込みが可能

DVD+R DLメディアが入手できない & 5倍速DVD-RAMメディアが売っていない(検証時) ということで、売りの一つである12倍速書き込みを検証してみます。

※使用したメディアはRICOHの8倍速DVD+Rメディアです
※Nero CD-DVD Speed のバージョンは3.01



DVDINFOPro 2.54 でのRICOH 8倍速DVD+Rメディアの情報
日立LGのドライブというと速度違反はできない印象がありますが、
今回は一部の8倍速DVD+Rメディアに12倍速書き込みが可能。



Nero CD-DVD Speed 3.01 での 「データディスク作成」 の結果
初速6倍速のZ-CLVです。
12倍速への移行スピードはPX-712Aより速いですが、トータルの時間はPX-712Aより遅め。





以下の6枚のグラフは、↑で作成したディスクの測定結果です


Nero CD-DVD Speed 3.01 での通常のリードテスト結果


特に気なるところはありません。スムーズに読めています。



KProbe 2.1.0 + HD-165Hでの測定結果
とりあえず問題はありませんが、この手のツールでの結果は見ない方が幸せのときもあります(笑)
(Z-CLVの影響が PI にはっきりと出てしまう例)



PlexTools Professional + PX-712Aでの Beta/Jitter Test測定結果
序盤のBetaがふらついてますが、問題なし。



PlexTools Professional + PX-712Aでの PI/PO Test 測定結果
外周ややエラー多目ですが、全体的に問題なし。



KProbe 2.1.0 + DRU-700A (SOHW-812S改) での測定結果
DRU-700Aでの測定では、12倍速記録エリアの方が低エラーになってます。



Nero CD-DVD Speed 3.01 + BenQ DW830A (DW800A改)
Z-CLV切り替えポイントでJitterが変動してます。
品質スコアは96


全体的に見て、RICOH 8倍速メディアへの12倍速記録はいいのではないかと思います。
三菱でもいけますが、いまいちよくない結果が出てるので(2ページ目のエラーチェックページ参照)
さしあたってはRICOH、または太陽誘電で。




■プレス2層DVD-Videoの読み

グラフ的には、GSA-4082Bとほとんど同じです。
(中盤で一瞬だけ速度が変動するところも、GSA-4082Bと一緒)

PRIDE.25 (片面2層DVD-Video CSS付)





■各種特殊音楽ディスクの読み性能

各種特殊音楽ディスクの読み性能はよく、問題は起きません。
ただ、読み速度の変更が出来ないので、状態の悪い音楽ディスクからの読みは大丈夫か?といった不安のようなのはありますが。(そういうときは、EACのSecure modeで)
GSA-4082Bでは不可だった、隠しトラックのリッピングも出来ています。


特殊音楽ディスクタイトル 特殊音楽ディスク種類 特徴 検証結果
Every Little Thing / Many Pieces
CDS200.0.4 エラー入りのカクタス・データ・シールド。(トラック13で音飛び発生しやすい) 認識、読み共に無問題
中島美嘉 / 愛してる
レーベルゲートCD エラー入りのカクタス・データ・シールド。(トラック1で音飛び発生しやすい) 認識、読み共に無問題
Nick Carter / NOW OR NEVER
Key2Audio 国内ではほとんど採用実績がない、Key2Audioプロテクト。PCでのマウントは未保証なディスク。 認識、読み共に無問題
westlife / world of our own
CDS-100 カクタス・データ・シールド最強のCDS-100ディスク。
誤爆が多く、回収されてしまったという経緯がある、今となっては入手困難な(ある意味)貴重なディスク。
認識、読み共に無問題
東方と戦慄
Alpha-Audio 国内ではほとんど採用実績がない、セテック社の音楽CDプロテクト。
2セッション目はそれなりに強いプロテクトなものの、1セッション目はほとんどノンプロテクトなディスク。
認識、読み共に無問題
(1stセッションのみの確認)
aiko / 暁のラブレター
特殊データ入り
音楽ディスク
書き込む際に問題が起きやすいという特殊なデータが混入されているディスク。 認識、読み、書き込み共に無問題
元ちとせ / ノマド・ソウル
SACDハイブリッド・ディスク プロテクトディスクではないが、ドライブによってはマウントできないディスク。 認識、読み共に無問題
サガフロンティア
オリジナルサウンドトラック
トラック1プリギャップ
音声入り音楽CD
トラック1のプリギャップだけでなく、LBAマイナス領域にも音声データが収録されている、極めて特殊な音楽CD。 LBAマイナス領域リッピングOK

※サガフロンティアオリジナルサウンドトラックは CD-Ripper を、その他は Exact Audio Copy V0.95 prebeta 5 を使用して確認しています




■特徴等まとめ

項目 結果(データ)
主要チップ R8J32005FP
製造国表示 KOREA
排気ファン なし
5V定格 1.5A
12V定格 2.0A
ヘッドホン端子 なし
動作音 全体的にうるさくは感じない
付属のブランクメディア なし
付属のソフト Nero Express 6.3.1.12
PowerDVD 5.0 (詳細バージョン未確認)
PowerProducer 2 (詳細バージョン未確認)
In CD (詳細バージョン未確認)
SafeDisc 3.*のバックアップ 3.1と3.2で確認するも、どちらも無理(SD-M1502とGSA-4120Bで起動しない)
SafeDisc 3.*の読みドライブとして使用可能か? 可能
Read sample offset correction +667
Write samples offset ±0
Combined read/write sample offset correction +667
DVD+R DVD+RW、DVD+R DLメディアのROM化 無理(今後のファームアップに期待?)
とりあえず、発売直後の状況では無理です
プリギャップリードサイズ
PRE-Gap Checker にて計測)
データCD(LBA) : -142
データCD(MSF) : -144
音楽CD(LBA) : -139
音楽CD(MSF) : -139
DVD-RAMに記録したデータは読めるか? 可能
Exact Audio Copy での読み書き
(V0.95 prebeta 5 にて確認)
読み
書き ×
CD Manipulator 2.70 での読み書き
読み
書き
読み速度の変更はできるか? できない
(Exact Audio Copy V0.95 prebeta 5、nero 6.3.1.15 にて確認)
CD-R最低書き込み速度 4倍速
フルCLVでのCD-R書き込み最高速度 16倍速
フルCLVでのDVD-R/DVD+R書き込み最高速度 4倍速(確認ファームウェア A101)
ROM化したDVD+Rディスクの認識 DVD-ROMとして認識可能
こちら の、「■ROM化したDVD+Rディスクの認識について」 のところも参照
保証 バルク扱い
トレイの色
搭載バッファ容量 2MB


【補足1】
付属のソフトはNeroExpressですが、通常のneroは付属してません。

【補足2】
初期ファームのA101では、RITEKG05、CMC MAG. AE1 に未対応。

【補足3】
オフセット値はこれまでの日立LGのDVDスーパーマルチと同じです。(Write samples offset が±0の貴重なドライブ)

【補足4】
DVD-RメディアにB's Recorder GOLDで書き込むと、書き込み完了直後にトレイが一旦開いてすぐ閉まる、というおなじみの動作をします。
→前から思っていましたが、トレイが一旦開いたときに、メディアを取ってしまったらどうなるのか? ということで実際にやってみました。が!結果としてはなにも異常は起きず、データも正常に記録されています。ちょっと拍子抜けな感じ。




■その他の検証

CD関連のベンチマーク (New Window!)
各種DVDメディアでの PlexTools Professional、KProbe 測定結果 (New Window!)



トップへ






















ここより↓は内容的に古いため読んでも意味ありませんが、一応残しておきます。
(基本的にLG版GSA-4120Bは最新ファームの方向で)

LG版GSA-4120BのROM化は特に興味がわかなくなってきたので、今後(このページは)更新予定はありません。



■どうやらROM化できるようなったようです -2004年6月26日追記-

危険兄弟のHP http://tdb.rpc1.org/ を見ていると、GSA-4120BのROM化用ファームが・・・ということで、早速試してみました。


ダウンロードしたら、後は実行するだけです。
ここまできて引くわけにもいかないので、「えいや!」 と 「更新」 をクリック。


で、なにごともなく成功しました。
更新後のDVDINFOPro.2.54でのドライブ情報は以下の通り。




ファーム更新が無事終了したので、早速DVD+R DL焼きです。約7.94GBのDVD-Videoデータを用意し、nero 6.3.1.15 にて書き込みを行いました。
作成直前の画面をみると、「Book Type」 のところが「DVD-ROM」 に!




書き込み自体は正常に完了したので、DVDINFOPro.2.54 でBook Typeを確認。バッチリROM化されてます。




ファーム N0AD でのROM化設定をまとめると、以下の通り。
※nero6とDVDINFOProは、それぞれ検証時最新のバージョン。

ディスク種類 nero 6.3.1.15
でのROM化設定
DVDINFOPro 2.54
でのROM化設定
nero 6.3.1.15 で書き込み後のBookType
※他のソフトで書き込みしても同等の結果になると思われます
DVD+R DLメディア
(2層)
できない できない DVD-ROM
DVD+Rメディア
(1層)
できない できない DVD-ROM
DVD+RWメディア
(1層)
できない できない DVD+RW





以下、各種ソフトでの計測結果です。
レイヤ1の外周部で少しエラー多目ですが、ほぼギリギリいっぱいまで焼いているので、使用上は問題ないかと思います。
このグラフの状態で、初期型PS2での再生で問題は出ません。


KProbe 2.1.0 + DRU-700A (SOHW-812S改)



PlexToolsProfessional 2.14 + PX-712A (Firm1.02) PI/PO Test (8ECC)



PlexToolsProfessional 2.14 + PX-712A (Firm1.02) Beta/Jitter Test



Nero CD-DVD Speed 3.01 + SD-M1712




【2004年6月28日追記】
ファーム N0AD のGSA-4120Bは、ROM化されていない記録済みDVD+Rディスク、同じくROM化されていない記録済みDVD+R DLディスクをマウントさせると、BookType 「DVD-ROM」 として処理しています。つまり、ROM化できたかの確認には使えないので要注意。
ただ、ファーム N0AD のGSA-4120Bは、DVD+Rディスク、DVD+R DLディスクともに強制的にROM化するのは間違いありません。
(liloさん、掲示板での情報提供ありがとうございます)