CD-R実験室トップ
日立LG GSA-H10N トップ ドライブ情報等 CD関連の各種性能 CD関連のベンチマーク DLメディア
DVD関連のベンチマーク (1) DVD関連のベンチマーク (2) 各種8倍速メディアエラーチェックページ Part1
各種8倍速メディアエラーチェックページ Part2 各種8倍速メディアエラーチェックページ Part3
各種8倍速メディアエラーチェックページ Part4 各種16倍速メディアエラーチェックページ DVD-RAM


■I-O DATA DVR-ABH16G (日立LG GSA-H10N) - 2006年4月22日更新 -

発売直後くらいに買ったものの、全然暇がなく開封すらしてなかったアイオーデータ販売、日立版 GSA-H10N のレポートページです。
※発売時点でのファームウェアは JJ10 でしたが、その後公開された JJ11 にアップしています。


メーカー公表の JJ10 → JJ11 変更点
Ver.1.00(2006/03/09)
JJ10 → JJ11
・12倍速DVD-RAM記録品質を向上。
・8倍速DVD+R DLメディアの10倍速記録精度を向上。
・DVD-RDLディスク記録時における他のドライブとの互換性向上。
・DVD±Rディスクの各種ライトストラテジー向上。


日立版 GSA-H10N
日立版 GSA-H10N
最大の売りは、言うまでもなくRAM 12倍速
(逆に言えば、RAM 12倍速が必要でなければ、4167B から買い替え必要なし?)
- 公式サイト -
- 公式サイト - ※LG版
AKIBA PC Hotline!


※ここにある情報は、アイオーデータ販売の 日立版 GSA-H10N に関して調べた結果です。
  LG版の GSA-H10N とは異なってくるところがあるかもしれません。





■各種DVDメディアの選択できる書き込み速度 & 書き込み方式について ※ファーム JJ11時

メディア 16x 12x 10x 8x 6x 4x 2x
(2.4x)
1x
三菱化学 8倍速DVD+R DLメディア
MKM003
×
-
×
-
6x-8x-10x-8x-6x
Z-CLV
×
-
太陽誘電 16倍速DVD-Rメディア
TYG03
P-CAV
×
-
×
-
P-CAV
×
-
CLV
×
-
×
-
太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア
TYG02
×
-
×
-
×
-
6x-8x
Z-CLV
×
-
CLV
×
-
×
-
太陽誘電 8倍速DVD+Rメディア
YUDEN000T02
×
-
6x-8x-12x
Z-CLV
×
-
6x-8x
Z-CLV
×
-
6x-8x
Z-CLV
×
-




■各種ディスクのマウント時間 ※ファーム JJ11時

記録済みディスクは MountTime_Checker で。ブランクディスクと通常の音楽CDは Nero CD-DVD Speed を起動させておいて、 「ディスク種類」 のところの表示されるまでの時間を計測しています。


ディスク種類 マウント時間
ブランクDVD-Rメディア
(TYG02)
18秒
記録済みDVD-Rメディア
(TYG02)
20秒
ブランクDVD+R DLメディア
(MKM003)
26秒
記録済みDVD+R DLメディア
(MKM003)
26秒
ブランクCD-Rメディア
(太陽誘電48倍速)
13秒
記録済みCD-Rメディア
(太陽誘電48倍速)
15秒
プレス2層DVD-Video (CSS) 12秒
普通の音楽CD 13秒
ブランクDVD-RAMメディア
(maxell 12倍速DVD-RAM)
34秒
記録済みDVD-RAMメディア
(maxell 12倍速DVD-RAM)
28秒


特に遅すぎなところもなく、標準的です。




■(アイオーデータ販売の) 日立LG GSA-H10N の主な特徴等 (一部主観意見含む)

日立LG 初のRAM 12倍速書き込み対応機。専用メディアが必要なものの、RAM 12倍速は速いです。
※当初は16倍速だったと思いますが、いろいろあって12倍速になったようです。
メインチップは、今までの日立LGと比べて少しバージョンアップしたものが搭載。
GSA-4163B
→RENESAS R8J32006FPV
GSA-4167B
→RENESAS R8J32007FPV
GSA-H10N
→RENESAS R8J32018FPV
1層メディアへの6倍速書き込みは、相変わらず非サポート。
(LG版のは持っていないので分かりませんが)日立版の本ドライブは強制ROM化仕様で、DVD+R、DVD+R DLともに勝手にROM化される。
※確認時のファームウェアは、JJ11
※個人的には、強制ROM化は反対。(事前にBookTypeを選択できるようにして欲しい)
※PX-716UFL とかだと、たまにROM化されたDVD+RディスクのBookTypeやMIDを見失って、TA Testができなくなる等細かい点で不便になることがあり。
GSA-H10N (Firm JJ11) で焼いた+Rメディアを PX-716UFL にマウント (正常認識時)
GSA-H10N (Firm JJ11) で焼いた+Rメディアを PX-716UFL にマウント (異常認識時)
(LG版のは持っていないので分かりませんが)日立版の本ドライブはDVD+R系メディアのBookTypeを正常に取得できない。
ROM化していない書き込み済みDVD+Rディスクや、ブランクDVD+Rディスクさえも "DVD-ROM" というBookTypeをして返してきます。
ブランクDVD+Rなのに、BookTypeが "DVD-ROM"
おまけに x8 が2つあったりと、なんか変?
今回も(GSA-4167B同様)16倍速は CAV ではなく P-CAV なので、速度面では日立LGは最速クラス。
8倍速書き込みのときの方式は、メディアによって違う(16倍メディアのときは P-CAV で、8倍速メディアのときは Z-CLV)のも、GSA-4167B と同じ。
5倍速RAMの読み、3倍速RAMの読みは、それぞれ5倍速、3倍速。
ExactAudioCopy では、CDRDAO経由しなくても書き込み可能。
CD Manipulator 2.70 では、普通に書き込み可能。
Write samples offset が 「±0」 なので、EACを使わなくてもズレのない音楽CD作成が可能。
読みは残念ながらディスク終端667サンプルをリップできない。(実用上は問題なし)

→ 後にこれは間違いであると判明しました。こちら を参照。
暁のラブレターは問題なし。


仕様、性能的に大体予想通りなのですが、予想と違うところは8倍速書き込み時にJitter、PIF的におかしくなることで、ファームJJ11 での8倍焼きはどうにも抵抗感があります。
ただ4倍焼きはメインドライブとして使いたいと思うほどよく、一通り検証が終わったら、メインマシンに取り付け予定。

その他のいつもの調査項目は以下の通り。(一部↑で書いたのと重複あり)

項目 結果(データ)
主要チップ RENESAS
R8J32018FPV
製造国表示 Malaysia
排気ファン なし
5V定格 1.5A ※アイオーデータが後から貼り付けたシールには、1.5A 表記
12V定格 2.0A ※アイオーデータが後から貼り付けたシールには、1.0A 表記
ヘッドホン端子 なし
付属のブランクメディア なし
主な付属ソフト 詳細未確認
Read sample offset correction +637 ※2006年11月26日修正
Write samples offset +30 ※2006年11月26日修正
Combined read/write sample offset correction +667
DVD+R DVD+R DLメディアのROM化 Nero CD-DVD Speed 4.50 で焼く限りでは、問答無用の強制ROM化仕様
DVD-RAMに記録したデータは読めるか? 可能
Exact Audio Copy での読み書き
(V0.95 beta 4にて確認)
読み
書き ※CDRDAO経由しなくても可能
CD Manipulator 2.70 での読み書き
読み
書き
(CD-DAの)読み速度の変更はできるか? 可能(最低は10倍速)
CD-R最低書き込み速度 4倍速
フルCLVでのCD-R書き込み最高速度 16倍速
フルCLVでのDVD-R/DVD+R書き込み最高速度 1層DVD±Rは4倍速
2層DVD+Rは詳細未確認
ROM化したDVD+R、DVD+R DLディスクの認識 ブランク状態のDVD+R
ブランク状態のDVD+R DL
書き込み済みDVD+R (ROM化しない)
書き込み済みDVD+R (ROM化する)
書き込み済みDVD+R DL (ROM化しない)
書き込み済みDVD+R DL (ROM化する)

いずれのディスクも、BookTypeは DVD-ROM として処理してしまう
(ROM化できているかの確認用ドライブとして使用できない)
ルクセンブルクTDK8倍速メディアの認識 TTG02 詳細はこちら を参照
保証 1年
トレイの色
搭載バッファ容量 2MB


【補足1】
B's8.29ではあっかんべーしました。

【補足2】
付属のオーサリングソフトが、DVD MovieWriterではなく、PowerProducer3です。(DVR-AN16RL とかのは、DVD MovieWriter なのですが)

【補足3】
トレイは相変わらず白。

【補足4】
Write samples offsetは今回も±0

【補足5】
ファーム JJ11 の情報
KITANOの2層メディアとかの情報はなし。


CD-R実験室トップ
日立LG GSA-H10N トップ ドライブ情報等 CD関連の各種性能 CD関連のベンチマーク DLメディア
DVD関連のベンチマーク (1) DVD関連のベンチマーク (2) 各種8倍速メディアエラーチェックページ Part1
各種8倍速メディアエラーチェックページ Part2 各種8倍速メディアエラーチェックページ Part3
各種8倍速メディアエラーチェックページ Part4 各種16倍速メディアエラーチェックページ DVD-RAM