CD-R実験室トップ
日立LG GSA-H42N トップ ドライブ情報等 CD関連の各種性能 CD関連のベンチマーク
各種速度でのDVD-R書き込みグラフ DVD関連のベンチマーク DL
各種8倍速メディアエラーチェックページ Part1 各種8倍速メディアエラーチェックページ Part2
各種16倍速メディアエラーチェックページ Part1 各種16倍速メディアエラーチェックページ Part2
各種16倍速メディアエラーチェックページ Part3 各種4倍速メディアエラーチェックページ


■日立LG GSA-H42N  - 2007年2月18日更新 -

最近の日立LGドライブの、国内で一般(単品)販売されているものは、

GSA-H10NGSA-H12NGSA-H22N

となりますが、GSA-H42N なる型番のドライブが新たに販売されました。
GSA-H22N はPanasonicチップ搭載ドライブのため、RENESAS搭載の GSA-H42N は、GSA-H12N の後継ドライブということになると思います。(そうじゃないとしても、ここでは便宜上そういうことで話を進めます)

しかし、GSA-H12N と GSA-H42N では、スペック的な差がほとんどありません。


GSA-H12N と GSA-H42N の各種メディア対応速度比較 ※アイオーデータ公表の資料を元に作成
最大再生速度  最大記録速度
GSA-H12N GSA-H42N GSA-H12N GSA-H42N
 DVD+R 1層 16倍速 16倍速 18倍速 18倍速
 DVD+R 2層 12倍速 12倍速 10倍速 10倍速
 DVD+RW 13倍速 13倍速 8倍速 8倍速
 DVD-R 1層 16倍速 16倍速 18倍速 18倍速
 DVD-R 2層 12倍速 12倍速 8倍速 10倍速
 DVD-RW 13倍速 13倍速 6倍速 6倍速
 DVD-RAM 12倍速 12倍速 12倍速 12倍速
 DVD-ROM 1層 16倍速 16倍速 - -
 DVD-ROM 2層 12倍速 12倍速 - -
 CD-R 48倍速 48倍速 48倍速 48倍速
 CD-RW 40倍速 40倍速 32倍速 32倍速
 CD-ROM 48倍速 48倍速 - -


唯一違いが出るのは2層DVD-Rの書き込み速度で、これが8倍速から10倍速にアップされてます。
これだけの差で新機種として発売するのは正直きついのでは?とも思いますが、メーカーが公表していない違いというのもあり、それも含めるとそれなりに違いがあります。


メーカーが(特に)公表していない GSA-H12N と GSA-H42N の違い
GSA-H12N GSA-H42N
 DVD±R 8倍速書き込み品質 BenQドライブ計測で、Jitter、PIFが異常 正常になった
 CD-R 48倍速書き込み方式 Z-CLV CAV


いろいろ調べて気がついたのは上の2つですが、DVD±R 8倍速書き込みの方 はかなり変わってます。
なんせ、GSA-H12N、GSA-H10N ではDVD±R 8倍速書き込みが奇妙なことになってしまい、BenQドライブ計測ではJitter、PIFが異常な数値を出してましたが、これらがようやく普通になりました。

ともかく、これから買うなら、GSA-H12N、GSA-H10N よりは、GSA-H42N の方がいいのは間違いないと思います。


日立LG GSA-H42N (日立版)
日立LG GSA-H42N
日立LG GSA-H42N (LG版)
日立LG GSA-H42N
最初は日立版のみの予定でしたが、LG版も追加購入。
日立版メインで検証してますが、LG版も随所に追加しています。
- 公式サイト -
- 公式サイト -
AKIBA PC Hotline!
AKIBA PC Hotline!


主な特徴等は、GSA-H12N と似ているところが多いです。

メインチップはRENESAS R8J32021HFPVが搭載。(GSA-H22N は、Panasonicのものが搭載されてました)
DVD±R 18倍速書き込みが非常に速く、書き込み時間は5分程度。LITE-ONの20倍速ドライブより速いです。
GSA-H12N、GSA-H10N では奇妙なことになっていた、DVD±8倍速書き込みが普通になった。
Nero CD-DVD Speed のディスク品質テストでは残念ながら動作しない。
TYG03への8倍速書き込みは P-CAV、TYG02への8倍速書き込みは Z-CLV になる等、8倍速書き込みはメディアによって書き込み方式が異なってくる。
日立版のGSA-H42Nの場合、DVD+R、DVD+R DLのBookType確認用ドライブとして使用できない。(ROM化していないDVD+Rでも、 "DVD-ROM" というBookTypeを返してくる)
LG版のGSA-H42Nの場合は、BookType確認用ドライブとして使用可能。
日立版のGSA-H42Nの場合、DVD+R、DVD+R DL共に強制ROM化仕様。
LG版のGSA-H42Nの場合、DVD+R、DVD+R DL共にROM化する、しないが選択可能。ただし、PCの電源を切るとROM化する設定が解除されるので、ROM化するときは書き込み前に要確認。
EACで設定するオフセット値は、過去のRENESAS搭載日立LGドライブと同じで、読み(+637) 書き(+30)
16倍速DVD±Rメディアの、Nero CD-DVD Speed で表示される書き込み速度が少し変。(GSA-H12N と同様)
最近のドライブにしては珍しく、CD-R 4倍速書き込みが可能。
トレイの色は黒で、ベゼルも黒。(ブラックモデルの場合)
DVD-Video(CSS)読み速度は、
日立版 → MAX8倍速(一部のDVDはMAX 5倍速になる現象も確認されてます)
LG版 → MAX5倍速
と、かなり遅め。
CD Manipulator、Exact Audio Copyでは共に書き込み可能。
暁のラブレターでは問題起きない。
ただし、暁のラブレターに採用されている焼きにくいデータを固めて焼くと問題が出る。(詳細はCD関連の各種性能のページ参照)


使ってみて1番不満に感じる点は、ずばりDVD±R 6倍速書き込みがサポートされていないことで、8倍速でZ-CLV 書き込みをしたときの強烈なバームクーヘンはやはり気になるところです。(バームクーヘン具合は、メディアによって結構変わってきますが)
6倍速書き込みが可能になれば、かなりいいドライブになりそうなんですが、どうでしょうか?

↑のことも含めた、特徴等のまとめは以下のとおり。




■日立LG GSA-H42N の主な特徴等 ※確認時のファームウェアは RJ10 (途中からRJ11に変更)

基本的に日立版の GSA-H42N で調べてますが、一部LG版の GSA-H42N (ファームRL00) でも調べています。
(特に断り書きがないものは、日立版の GSA-H42N で調べています)

調査項目 結果(内容) 補足説明 (なんで調べているか?等)
ベンダーID HL-DT-ST
プロダクトID DVDRAM GSA-H42N
メインチップ RENESAS
R8J32021HFPV
購入時ファームウェア 【日立版】 → RJ10
【LG版】 → RL00
製造国表示 【日立版】
PRODUCT OF MALAYSIA
【LG版】
PRODUCT OF CHINA
排気ファン なし
5V定格 1.5A アイオーデータが貼り付けたシールの表記は1.5A
12V定格 2.0A アイオーデータが貼り付けたシールの表記は1.0A
ヘッドホン端子 なし
付属のブランクメディア なし
付属ソフト 【日立版】
B's Recorder GOLD 9
B's CLiP
Quick Drive

【LG版】
PowerDVD
PowerProducer
NeroExpress
InCD
Exact Audio Copy での
Read sample offset correction
+637サンプル
Exact Audio Copy での
Write samples offset
+30サンプル
Exact Audio Copy での
Combined read/write sample offset correction
+667サンプル 音楽CDを読み書きしたときの位置ずれ。(音楽CDをコピーするとほんの少しデータが削られます)
※ずれはExact Audio Copy で適切なオフセット値を設定することで解決。
Exact Audio Copy での
Overread into Lead-In and Lead-Out
Lead-In のみという判定結果
音楽CDリッピング可能領域 ディスク終端637サンプルを読めない
音楽CD書き込み可能領域 Exact Audio Copy を使い、"Write samples offset" を "+30" に設定することで、位置ずれ、データの書き漏らしのない完璧な音楽CD作成が可能。
エラー入りCDS200系ディスク
(通称コピーコントロールCD)
の読み
良好
NeroDriveSpeed での速度制御 CD、DVDともに制御可能。(詳細はベンチマークページ参照) Nero DriveSpeed 3.0.10.0 にて確認
CD-Rオーバーバーン Nero CD-DVD Speed 4.7.0.2 でのシミュレーションでは、82分45秒くらいまで可能という判定結果。
DVD+Rオーバーバーン 非対応 Nero CD-DVD Speed 4.7.0.2にて確認
1層DVD+R ROM化 【日立版】
強制的にROM化される
【LG版】

ROM化する書き込み、ROM化しない書き込み、どちらも可能
Nero CD-DVD Speed 4.7.0.2にて確認
(実際に焼いて確認)
2層DVD+R ROM化 【日立版】
強制的にROM化される
【LG版】

ROM化する書き込み、ROM化しない書き込み、どちらも可能
Nero CD-DVD Speed 4.7.0.2にて確認
(実際に焼いて確認)
Exact Audio Copy での読み書き 読み → 可能
書き → 可能
CDRDAO経由しなくても可能。
V0.95 beta 4にて確認。
※CDRDAO経由のオプションは、「EAC」 → 「書き込み」 タブのところにあります。
CD Manipulator 2.70 での読み書き 読み → 可能
書き → 可能
CD-R最低書き込み速度 4倍速
フルCLVでのCD-R書き込み最高速度 16倍速
フルCLVでのDVD-R/DVD+R書き込み最高速度 1層は4倍速
2層は詳細未確認
ROM化したDVD+R、DVD+R DLディスクの認識 【日立版】
ROM化していない記録済1層DVD+R
ROM化していない記録済2層DVD+R
ROM化していない未記録1層DVD+R
ROM化していない未記録2層DVD+R
いずれのディスクも、"BookType = DVD-ROM" という情報を返してくる
【LG版】
DVD+R、DVD+R DL共に本来のBookTypeで認識
日立版の方は、ブックタイプ判別ドライブとしては使用できません
(作り間違えた)
ルクセンブルクTDK8倍速メディアの認識
TTG02 詳細はこちら を参照。
保証 【日立版】
1年
【LG版】
ショップではバルク扱いなものの、実際は1年保証付(購入店はソフマップ大宮です)
トレイの色 日立版、LG版ともに黒(ブラックモデルの場合)
ホワイトベゼルモデルの場合は、公式サイトによると日立版は白で、LG版は黒
搭載バッファ容量 2MB
データ転送速度 PIOモード 4
MultiWord DMA-2
Ultra DMA-4
ドライブのLEDとマザーボードHDDのLEDは同期するか? 【日立版】
同期する(書き込み中はドライブのLED、HDDのLED共に点滅)

【LG版】
同期しない
MediaCodeSpeedEdit でのファームウェア情報 日立版RJ11
Nero CD-DVD Speed のディスク品質テストで動作するか? 動作しない 正確には、CD-Rは動きますが、エラーをカウントしないので、意味ないです(DVDメディアは全然動作しない)
暁のラブレター書き込み能力 問題なし aiko/暁のラブレターは、書き込みのとき問題が出やすいという特殊データが入っている音楽ディスクです。
こちら を参照。
購入時ジャンパー位置 マスター


■トレイの色

パッケージの画像もそうですが、ブラックモデルの場合はトレイの色も黒。
LG版のも、ブラックです。(ブラックモデルの場合)

公式サイトの説明によると、LG版は白ベゼルのもブラックトレイとのことです。


■日立版とLG版の違いについて

日立版 LG版
1層DVD+R ROM化 強制ROM化 ROM化するしないを設定可能
2層DVD+R ROM化 強制ROM化 ROM化するしないを設定可能
1層DVD-Video(CSS) 読み速度 MAX約8倍速 MAX約5倍速
2層DVD-Video(CSS) 読み速度 MAX約8倍速 MAX約5倍速
DVD+R系メディアのブックタイプ判別 できない できる
ドライブのLED HDD LEDと同期する HDD LEDと同期しない
Nero CD-DVD Speed 4.7.0.2で
DVDメディア書き込み時の速度制御
不可(MAX固定)


ファームによる違いと思われますが、まとめると↑のようになります。
追記事項として、2層DVD-Video(CSS) の読み速度については、(日立版でも)ディスクによってはMAX約5倍速になる現象も確認されています。
詳しくはベンチマークページ参照。



■箱

箱1 箱2 箱3 箱4


■各種DVDメディアの選択できる書き込み速度 & 書き込み方式について ※ファーム RJ11時

メディア 20x 18x 16x 12x 8x 6x 4x 2x
太陽誘電 16倍速DVD-Rメディア
TYG03
×
-
CAV
P-CAV
×
-
P-CAV
×
-
CLV
×
-
太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア
TYG02
×
-
×
-
×
-
×
-
Z-CLV
×
-
CLV
×
-

8倍速書き込みは、メディアによって方式が違ってきます。
6倍速書き込みがサポートされていないのは非常に残念。(8倍速書き込みは、メディアによっては強烈バームクーヘン)


■各種ディスクのマウント時間 ※日立版はファーム RJ10時 LG版はファームRL00時

記録済みディスクは MountTime_Checker で。ブランクディスクと通常の音楽CDは Nero CD-DVD Speed を起動させておいて、 「ディスク種類」 のところの表示されるまでの時間を計測しています。


日立版の GSA-H42N の場合

ディスク種類 マウント時間 ディスク種類 マウント時間
ブランクDVD-Rメディア
(TYG02)
14秒 記録済みCD-Rメディア
(太陽誘電48倍速CD-Rメディア)
13秒
記録済みDVD-Rメディア
(TYG02)
17秒 普通の音楽CD 16秒
ブランクDVD+R DLメディア
(MKM001)
21秒 プレス2層DVD-Video (CSS) 11秒
記録済みDVD+R DLメディア
(MKM001)
25秒 記録済みDVD-RAMメディア
(maxell 5倍速DVD-RAM)
25秒
ブランクCD-Rメディア
(太陽誘電48倍速CD-Rメディア)
12秒 記録済みDVD-RAMメディア
(maxell 12倍速DVD-RAM)
34秒

12倍速RAMが少し遅いですが、それ以外は普通です。




LG版の GSA-H42N の場合

ディスク種類 マウント時間 ディスク種類 マウント時間
ブランクDVD-Rメディア
(TYG02)
14秒 記録済みCD-Rメディア
(太陽誘電48倍速CD-Rメディア)
14秒
記録済みDVD-Rメディア
(TYG02)
18秒 普通の音楽CD 15秒
ブランクDVD+R DLメディア
(MKM001)
21秒 プレス2層DVD-Video (CSS) 10秒
記録済みDVD+R DLメディア
(MKM001)
25秒 記録済みDVD-RAMメディア
(maxell 5倍速DVD-RAM)
30秒
ブランクCD-Rメディア
(太陽誘電48倍速CD-Rメディア)
12秒 記録済みDVD-RAMメディア
(maxell 12倍速DVD-RAM)
42秒

RAMが少し遅いですが、それ以外はLG版に近い数値になりました。


■今回使用しているソフト等

【焼き関連で使用しているソフト】
Nero CD-DVD Speed 4.7.0.2
Nero DriveSpeed 3.0.10.0
Nero InfoTool 4.2.1.0
PlexToolsProfessional 2.36
PxScan 1.7.10.1
PxView 1.12.6
Exact Audio Copy V0.95 beta 4
CD Manipulator 2.70
Nero7.7.5.1A
DVDINFOPro 4.626
MountTime_Checker
CD-Ripper
WaveCompare
wnaspi32.dll (nero)
※CD-Ripper等、ASPI が原因で動作しないソフトの場合、wnaspi32.dll を *.exe と同じフォルダに入れてやると(大抵)正常動作します。

【ここで使用しているPxScan 1.7.10.1 用バッチファイル、PxView 1.12.6 用config.ini】
PIE/Beta/Jitter用バッチファイル
PIE/Beta/Jitter用 config.ini
TA 用バッチファイル(デフォルト3エリア)
TA 用バッチファイル(外周を指定したもの)
TA 用 config.ini
バッチファイルの中の6桁の数値は、PX-716A のシリアルナンバーです。(使用するドライブの S/N に書き換える必要あり)

【画像関係で使用しているソフト】
ホームページビルダー2001に付属のウェブアート デザイナー (*.png、*.jpeg 変換)
OPTPiX webDesigner 3.10.00 (画像切抜き、その他)


■各種エラー計測グラフの見方がわからない!

説明ページ


CD-R実験室トップ
日立LG GSA-H42N トップ ドライブ情報等 CD関連の各種性能 CD関連のベンチマーク
各種速度でのDVD-R書き込みグラフ DVD関連のベンチマーク DL
各種8倍速メディアエラーチェックページ Part1 各種8倍速メディアエラーチェックページ Part2
各種16倍速メディアエラーチェックページ Part1 各種16倍速メディアエラーチェックページ Part2
各種16倍速メディアエラーチェックページ Part3 各種4倍速メディアエラーチェックページ