CD-R実験室トップ
エラー計測ドライブ変更トップ 2ページ目 3ページ目 4ページ目 5ページ目


■エラー計測ドライブ変更  - 2008年2月17日更新 - 

エラー計測用ドライブとして、ここ最近は

PLEXTOR PX-755A
BenQ DW1640
LITE-ON LH-20A1P

の3つを使ってきましたが、このうち LH-20A1P の調子が少し悪く、

イジェクトボタンを押してもトレイが開かないことがある
エラー計測中に突如動作が停止し、ドライブがOSから見えなくなってしまうことがある

といった不具合がたまに出るようになってきたので、壊れる前に LH-20A1P を交換することにします。
ただ、エラー計測はドライブによって結果がかなり変わることがあるので、いくつかのメディアを使って、

今まで使っていた LH-20A1P
今回買ってきた DH-20A4H

で(同じディスクの)エラー計測を行い、PIE、PIF、Jitterの傾向を把握しておこうと思います。


LITE-ON DH-20A4H
LITE-ON DH-20A4H
おなじみのLITE-ONです。
箱入りで3780円と、非常に安いです。


■製品ラベル、ドライブ情報等

買ったのは2008年2月ですが、製造は2007年10月でした。



ファームウェアは QP53 が搭載。
このファームのまま変更せずに使うことにします。


■検証時環境

 マザーボード ASUS P5LD2 DELUXE (intel 945P + ICH7R)
 OS WindowsXP Professional SP2 OEM
 CPU PentiumD 940
 メモリ Crucial PC2-5300 (DDR2-667) 512MB x 2
 ビデオカード GeForce 8600GT 256MB
 サウンド オンボードのものを使用
 FDD TEAC 2モード
 SATA Seagate Barracuda 7200.10 ST3320620AS (320GB)
 PATAマスター 光学ドライブ LITE-ON DH-20A4H ← 今回新たに購入
 PATAスレーブ 光学ドライブ ここはいろいろ変更
 IT8211 ATA/ATAPI
 コントローラ1マスター
光学ドライブ LITE-ON LH-20A1P ← 今まで使っていたもの
 IT8211 ATA/ATAPI
 コントローラ1スレーブ
光学ドライブ BenQ DW1640
 SATA光学ドライブ 光学ドライブ ここはいろいろ変更
 IEEE1394 光学ドライブ PLEXTOR PX-755A + ラトックIEEE1394アルミケース
 ケース ソルダム MT-PRO1300(白 400W)
※電源は ENERMAX ELT620AWT に交換
※サイドカバーは開けっ放しで使用
 ディスプレイ 三菱 RDT202WM(BK)
※外付けドライブは、必要に応じて電源入れてます。


■各種エラー計測グラフの見方がわからない!

説明ページ



CD-R実験室トップ
エラー計測ドライブ変更トップ 2ページ目 3ページ目 4ページ目 5ページ目