■LITE-ON iHAS322  - 2008年11月22日更新 - 

気がつけば1年近くLITE-ONの新ドライブを買っていない状況ですが、今回は久々に買ってきました。
ただ、1〜2日検証用に少し使って、あとは使うことはなさそうです。なぜかというと・・・

最近1ヶ月くらいで焼いたメディアの数
CD-R 0枚
DVD-R 0枚
BD-R 70枚
(約24,500円)
BD-Rの消費量が急に増えたのはWOWOWに加入したからなのですが、実際そのうち10%くらいしか見てないです。
一生見ないだろうなぁ〜と思いつつも、とりあえず録画しておくという・・・多分同じ状況の人も少なからずいるはず。
WOWOWに加入したのは、UFCのためです。ノゲイラ VS レスナー実現して欲しい。


LITE-ON iHAS322
フロントベゼル的には、今までのLITE-ONで多分これが一番好み。
- 公式サイト -
AKIBA PC Hotline!


■検証時PC環境

新ドライブ検証PC
 マザーボード ASUS P5K PRO (Intel P35 + ICH9R)
BIOS Ver.1202
 OS Windows Vista Home Premium 32bit SP1 DSP版
 CPU Core2Duo E8400
 CPUクーラー リテール
 メモリ Pulsar DCDDR2-4GB-800
 ビデオカード HD4670 512MB GDDR3 PCIE ZALMAN VF-902
 サウンド ↑のHDMI より出力(オンボードのはBIOSで遮断)
 LAN オンボード
 FDD なし
 ICH9R (AHCI) WD Caviar SE16 640GB (WD6400AAKS)
 ICH9R (AHCI) WD Caviar SE16 500GB (WD5000AAKS)
 ICH9R (AHCI) WD Caviar GP 1TB (WD10EACS) ※4プラッタ版
 ICH9R (AHCI) ST31500341AS
 ICH9R (AHCI) 日立LG GH08NS20
 ICH9R (AHCI) LITE-ON iHAS322
 ディスプレイ 東芝 REGZA 37H3000 ※HDMI 接続
 ケース スカイテック SKC-71N
電源は Seasonic SS-550HT
各種計測用PC
 マザーボード MSI P45 Neo3-FR (intel P45 + ICH10R)
BIOS Ver.1.4
 OS WindowsXP Professional SP3 OEM
 CPU Core 2 Extreme X6800
 CPUクーラー 刀2 (新ロット) + AS-05
 メモリ Pulsar DCDDR2-4GB-800
 ビデオカード GF8600GT-E256HW (GeForce 8600GT)
 サウンド オンボード + CompanionR2 II
 LAN オンボード
 FDD なし
 ICH10R (AHCI) WD Caviar GP 1TB (WD10EACS) ※3プラッタ版
 ICH10R (AHCI) MATSHITA SW-5584
 ICH10R (AHCI) LITE-ON DH-4O1S
 ICH10R (AHCI) Pioneer BDC-S02J
 JMB363 (PATA) PLEXTOR PX-740A (DW1640化)
 ATA133-PCI2 PLEXTOR PX-755A
 ATA133-PCI2 PLEXTOR PREMIUM
 ATA133-PCI2 LITE-ON DH-20A4H
 ATA133-PCI2 Panasonic LF-MB121JD
 ディスプレイ 三菱 RDT202WM(BK)
 ケース Antec Twelve Hundred
電源は ENERMAX EMD625AWT


■製品ラベル、ドライブ情報等

MADE IN CHINA で、2008年10月製。
5V = 1.5A、12V = 2.0A ということで、12V系の電源要求が少し高めになりました。
(高速回転ドライブのため、駆動系電源(12V)がよりシビアになったようです)

レイアウト的には DH-20A3S 辺りと同じです。

拡大
参考比較用(DH-20A3S)
DH-20A3S と同じで、MT1859L が搭載。
DH-20A3S と比べると、プリント板は似たようにも見えますが、新設計です。
メインチップは DH-20A3S と同じ MT1859L が搭載。

DVDInfoPro 5.230
初期ファームウェアは "3L11" で、シリアルはいつものように取得できないようです。


■ファームウェア情報 & 22倍速書き込み可能なDVD±Rメディアについて

2008年11月22日時点ではファームは公開されていないようなので、実機から吸い上げます。
吸い上げたファームウェアの情報 (New Window!)
22倍速が許可されているのは、誘電の16倍速DVD±R(TYG03、YUDEN000T03)だけっぽいです。


■Jitter計測できるか?

LtnFlash 2.6.11
一瞬動きますが、すぐ止まってしまいます。
しかもこのときOSがおかしくなり、電源強制OFF必須な状況になりました。


Nero Disc Speed 5.0.1.250
Nero Disc Speed 4.11.4.0 では動作しませんでしたが、Nero Disc Speed 5.0.1.250 では一瞬動作するか!?
と思いきや、↑のところでフリーズしてしまいます。
同じく、OSがおかしくなり、電源強制OFF必須な状況になりました。
※Nero Disc Speed 5.0.1.250 は Nero 9 Trial Version 9.0.9.4c に同梱されているものを使用しています。
※CDSpeed-iHAS-47716.rar でも Nero Disc Speed 5.0.1.250 と同様の挙動になります。

ということで、Jitter計測には各種ソフトのバージョンアップを待つしかなさそうです。


■SMART-BURN Media Check での動作について

SMART-BURN Media Check 3.5.1
書き込み品位に影響するのは↑の2つのチェック項目ですが、どちらも効果あるっぽいです。(書き込みグラフが変わるので ) → 詳細後述
ただ、チェックしたほうがいいか?というと、必ずしもそうではないこともある点には注意。


■交換用白ベゼル

交換用ベゼルは純白に近い白系です。
銀ベゼルは残念ながらありません。


■オフセット、DAE (LITE-ON iHAS322 で8倍速でテストディスク作成)

ログ
MT1859L 搭載なので、その特徴がそのまま出ています。
読み書きで相殺されて、オフセット値は±0

EACでのリードオフセット値


■SmartErase

多分使わないと思いますが、一応どんなものか試してみようと思います。


SmartErase 1.1.3 (付属ソフト)
データを記録したDVD-R(TYG03)をセットし、"Full Erase" をクリック。
確認メッセージが出るので "OK" をクリック。
約4〜5分で完了しました。
当然ながらディスクは全く読めなくなります。


SMART-BURN Media Check 3.3.3
SmartErase 1.1.3 と同じことをしているのかはわかりませんが、
SMART-BURN Media Check 3.3.3 でも同様に消去できました。


■箱

保管するときは-40℃でも大丈夫らしいです。




あとはTYG03に条件を変えて焼いてみます



書き込みドライブ LITE-ON iHAS322
ファームウェア 3L11
メディア [ID] 太陽誘電 16倍速DVD-Rメディア [TYG03]
ビックカメラ大宮店にて2008年6月に購入
日本製
書き込み速度 4倍速 6倍速 8倍速 12倍速 16倍速 18倍速 20倍速 22倍速
その他設定 Force Hyper Tuning = OFF
Online Hyper Tuning =
OFF
Nero Disc Speed 5.0.1.250 / PxScan 1.7.12 + PxView 1.12.6
コメント等
デフォルト設定(Force Hyper Tuning、Online Hyper Tuning ともにOFF)ですが、その場合途中でメディアチェックはせず一気に焼きに行ってます。初速は9.16倍速なので GH22NS30 とほぼ同じですが、トータルの書き込み時間は GH22NS30 より遅いです。(GH22NS30 は4分7秒)
エラー的には思ったよりまともになりましたが、Betaがどんどん下がっていくのが気になるというか、まぁ予想通りです。




書き込みドライブ LITE-ON iHAS322
ファームウェア 3L11
メディア [ID] 太陽誘電 16倍速DVD-Rメディア [TYG03]
ビックカメラ大宮店にて2008年6月に購入
日本製
書き込み速度 4倍速 6倍速 8倍速 12倍速 16倍速 18倍速 20倍速 22倍速
その他設定 Force Hyper Tuning = ON
Online Hyper Tuning =
OFF
Nero Disc Speed 5.0.1.250 / PxScan 1.7.12 + PxView 1.12.6
コメント等
Force Hyper Tuning = ON
Online Hyper Tuning = OFF
のときですが、Force Hyper Tuning をONにしたことで書き込みグラフが変わりました。
エラー的にはどうか?ということになりますが、いろいろと微妙で、よくなったような気もしますが、逆に悪くなったところもあります。
あと、このPIF塊はちょっと気持ち悪いです。




書き込みドライブ LITE-ON iHAS322
ファームウェア 3L11
メディア [ID] 太陽誘電 16倍速DVD-Rメディア [TYG03]
ビックカメラ大宮店にて2008年6月に購入
日本製
書き込み速度 4倍速 6倍速 8倍速 12倍速 16倍速 18倍速 20倍速 22倍速
その他設定 Force Hyper Tuning = OFF
Online Hyper Tuning =
ON
Nero Disc Speed 5.0.1.250 / PxScan 1.7.12 + PxView 1.12.6
PxScanは途中で停止!
コメント等
Force Hyper Tuning = OFF
Online Hyper Tuning = ON
のときですが、この条件でも書き込みグラフが(デフォルトと比べて)変わっていて、外周では減速しています。
そんなことより、これはエラー的にまるでだめということになってしまいました。TYG03 MAX書き込みの場合は素直にデフォルト設定で焼いたほうがよさそうです。




書き込みドライブ LITE-ON iHAS322
ファームウェア 3L11
メディア [ID] 太陽誘電 16倍速DVD-Rメディア [TYG03]
ビックカメラ大宮店にて2008年6月に購入
日本製
書き込み速度 4倍速 6倍速 8倍速 12倍速 16倍速 18倍速 20倍速 22倍速
その他設定 Force Hyper Tuning = ON
Online Hyper Tuning =
OFF
Nero Disc Speed 5.0.1.250 / PxScan 1.7.12 + PxView 1.12.6
コメント等
Force Hyper Tuning = ON
Online Hyper Tuning = OFF
での6倍速書き込みですが、このときは焼き中にメディアチェックしないようで、一気に焼いています。
エラー的には期待通りよくなりました。高速ドライブを買うたびに思いますが、MAX焼きよりは速度落として焼いた方がやはり安心感あります。
※8倍速書き込み時は残念ながらCLV にはならず、P-CAV になります。


トップへ