CD-R実験室トップ
LITE-ON iHBS112 トップ 6倍速BD-R (国内メーカー系) 6倍速BD-R (海外メーカー系) LTH BD-R
4倍速BD-R (国内メーカー系) 4倍速BD-R (海外メーカー系) 2層BD-R DVD-R ベンチマーク


LITE-ON iHBS112 LTH BD-R
ここではLTH BD-Rの書き込み、エラーチェックを行っています
書き込みは Nero DiscSpeed 5.4.13.0 使用
エラー計測は Opti Drive Control 1.48 使用
※読み書きとも Opti Drive Control 1.48 を使いたいところですが、Opti Drive Control でのBD-R書き込みは失敗するため、書きは Nero DiscSpeed を使ってます
※エラー計測用には普段使用している iHES208 と今回購入した iHBS112 の両方を使用
※簡易計測ツールなので、以下のデータはあまり信用できないかもしれません(とはいえ、個人でできるのは現状このくらいしかないです)
Verbatim LTH 6倍速BD-R メディア
[BD-R-SL:VERBAT-IMu-000]
シンガポール製
Disc Type : [BD-R SL : Class 0 - Version 1]
Manufacturer Name : [Manufacturer Not Found In Database]
Manufacturer ID : [VERBAT]
Media Type ID : [IMu]
Product Revision : [000]
Stamper Date : [Not Present On Disc]
Layer Info : [1 Layer (L0) : 25.03 GB (23.31 GiB) Per Layer]
Blank Disc Capacity : [12,219,392 Sectors = 25.03 GB (23.31 GiB)]
Recording Speeds : [1x , 2x , 4x , 6x]
コメント等
6倍速と4倍速が選択できますが、うちの環境で2枚試した限りでは CAV → CLV 切り替えポイントと思われるところででフリーズしてしまい、ドライブから「カチッ!カチッ!」と嫌な音がします。このまま放置すると壊れそうにも思えたので、強制電源OFFしました。(PC有害)
しかたなく4倍速書き込みしましたが・・・・・ひどいエラーでこれではさすがにだめそうです。
選択できる書き込み速度 / 書き込みグラフ
6倍速だと↑のところで止まってしまうので、4倍速書き込みに変更
エラーグラフ
あまりに記録品位が悪いせいか、強制1倍速読みになってます




太陽誘電 LTH 4倍速BD-R メディア
[BD-R-SL:TYG-BD-Y03-001]
日本製
Disc Type : [BD-R SL : Class 0 - Version 1]
Manufacturer Name : [Manufacturer Not Found In Database]
Manufacturer ID : [TYG-BD]
Media Type ID : [Y03]
Product Revision : [001]
Stamper Date : [Not Present On Disc]
Layer Info : [1 Layer (L0) : 25.03 GB (23.31 GiB) Per Layer]
Blank Disc Capacity : [12,219,392 Sectors = 25.03 GB (23.31 GiB)]
Recording Speeds : [1x , 2x , 4x]
コメント等
誘電の4倍速LTHは比較的まともになることが多いですが、iHBS112 でもまぁまぁの結果となりました。
保存性が悪いですが、LTHを使うなら三菱より誘電使ったほうがどう見てもいいです。
選択できる書き込み速度 / 書き込みグラフ
エラーグラフ

CD-R実験室トップ
LITE-ON iHBS112 トップ 6倍速BD-R (国内メーカー系) 6倍速BD-R (海外メーカー系) LTH BD-R
4倍速BD-R (国内メーカー系) 4倍速BD-R (海外メーカー系) 2層BD-R DVD-R ベンチマーク