CD-R実験室トップ
LITE-ON iHBS112 トップ 6倍速BD-R (国内メーカー系) 6倍速BD-R (海外メーカー系) LTH BD-R
4倍速BD-R (国内メーカー系) 4倍速BD-R (海外メーカー系) 2層BD-R DVD-R ベンチマーク


■LITE-ON iHBS112  - 2010年7月19日更新 - 

5インチの記録可能なBDドライブがPioneerとLGの2社になってから結構な時間がたちますが、新たなメーカーとしてLITE-ONからも発売されました。
LITE-ONは3年半くらい前に LH-2B1S という書き込み可能なBDドライブを発売してますが、BenQ OEMのため、一応これが初ということになると思います。

3年半で5万5千円位安くなりました
というか、当時よく7万円も出したなと
LITE-ON LH-2B1S 2006年12月発売 約7万円
LITE-ON iHBS112 2010年7月発売 約1万5千円

普通に使うなら Pioneer BDR-205 の方がいいと思いますが、LITE-ONはBD-R,DVD-Rエラー計測が可能なので、2台目用としては日立LGよりLITE-ONの方がよいかもしれません。
公式サイトの誤情報のせいもあり、購入が1週間遅れる!というトラブルがありましたが、BD-Rメインで検証してみます。

LITE-ON iHBS112
LITE-ON iHBS112
フロントベゼルは相変わらず丸みのある形状です。
- 公式サイト -
AKIBA PC Hotline!
ファームウェアチェックページ



【補足】
Opti Drive Control 1.48 でのBD-R 2倍速エラー計測時、読み方式がドライブによって違ってます。
iHES208 CAV 読み (48分53秒) ※エンド約2.57倍速
iHBS112 CLV 読み (44分38秒)
検証中に使用している Nero DiscSpeed 5.4.13.0 は、I-O DATA BRD-SH12B に同梱されていたものです。
本ドライブでDVD-R Jitter計測するには、Opti Drive Control を使わないとだめなようです。CD-DVD Speed iHASジッタ計測対応版ではJitter計測できませんでした。(iHES208 では CD-DVD Speed iHASジッタ計測対応版でJitter計測できます)
ただし、Opti Drive Control でJitter込みでエラー計測すると、4倍速指定で48分近くもかかるので、ちょっと実用的ではないかもしれません。

■製品ラベル、基板等

2010年5月製造で中国製です。この辺はある程度予想通り。
5Vと12Vの定格は iHES208 と同じでした。

開閉ボタン、イジェクトホール、LEDの位置は iHES208 と同じです。
LEDの色は今回も緑でした。(できれば青希望)

拡大
参考比較用(iHES208)
MT1939
基板設計的には、iHES208とは全然別っぽいです。

■ドライブ情報

DVDINFOPro HD
iHES208 同様、シリアルは製品ラベルと一致しています。
当初BD-R書き込み非対応という情報も流れてましたが、最初から対応しています。(2層BD-R書き込みも対応)

■Partial MKB Version

調べる意味なさそうですが、一応調査しておきます。

購入時

手持ちのBDビデオの中では プライベート・ライアン スペシャル・コレクターズ・エディション(V17) が一番発売日が新しいので、これを付属のPowerDVD9で再生します。

プライベート・ライアン
スペシャル・コレクターズ・エディション(V17)
再生自体は特に問題はありませんでした。


プライベート・ライアン(V17) 再生後

iHES208 と違い、普通の挙動です。

■iHBS112 でのBD-Rまとめ(初期ファームCL04時)

買うべき1層BD-R
Panasonic 4倍速BD-R 三菱化学 4倍速BD-R
Panasonic、三菱はLITE-ONでも定番メディとして使えそうです。
6倍速でもいいのですが、速度的にも必要十分な、安い4倍速で。
SONYは6倍速は自社なのですが、4倍速はRiTEKになってしまったため、購入候補からはずしました。
※iHBS112 発売時期に↑のパッケージのPanaメディアはもうほとんど見かけませんが、
2010年7月下旬くらいには新パッケージで発売されるものと思われます。


要注意な1層BD-R
TDK 6倍速BD-R
(CMC)
TDK 6倍速BD-R
(RiTEK)
OPTODISC 6倍速BD-R PHILIPS 4倍速BD-R
いずれもあまりよくないです。iHBS112 用には使わない方が無難。


iHBS112 では使っちゃだめなBD-R 使用厳禁!
Verbatim LTH BD-R Prodisc 6倍速BD-R OPTODISC 4倍速BD-R
iHBS112では↑の3つは実際のところ使いものになりませんでした。
間違えて買わないように要注意。

2層については特に迷うこともなく、Panasonicで。

■付属ソフト

PowerDVDのみインストールして確認します。ほとんどの場合、他のソフトはインストール不要と思われます。

バージョンは↑の通り。
3D再生にも対応してますが、対応モニターがないので、残念ながら検証はできませんでした。
検証のためにモニター買うとか、そこまでは無理。
参考リンク

オンボードサウンドはBIOSで遮断して、音声はHDMIから流してますが、ビットストリーム出力等の設定はできないようです。
BD再生は専用機を買う方がいいのは、今後もずーーーーーーーーーーーーーーっと続きそうです。

■PS3ソフトのマウント

FINAL FANTASY XIII
Pioneerや日立LGではマウントができませんが、今回のLITE-ONもマウント可能でした。
(マウントできても、相変わらず使い道はなさそうですが)
できればPS版やサターン版のグラディウスデラックスパックみたいに、開発者の隠しメッセージとか入れてほしい。



全然関係ないですが、↑はPS版グラディウスデラックスパックのCDの中身。
「KAIHATSU.DOC」の中に開発者の隠しメッセージが・・・(知らなかった人は今すぐチェック)

■DAE (iHBS112 で16倍速でテストディスク作成) オフセット

Nero DiscSpeed 5.4.13.0
スコアは100となりましたが、8x 以降はtoo slow となるので、あまり得意ではなさそうです。

EAC
いつもと同じです。

■ImgBurn 2.5.1.0 での動作

特に問題なく動作してくれました。(BD-R,DVD-Rで確認)
付属のPower2Goとかよりは、こっちの方がいいです。

各種ディスクのマウント時間

【調査方法】
 1. Nero DiscSpeed を起動し、"Disc Info" タブを選択。
 2. トレイを開き、メディアをのせる。
 3. イジェクトボタンを押してから、"Disc Info" タブに情報が表示されるまでの時間を計測。


ディスク種類 画像 状態 マウント
時間
Panasonic
4倍速BD-R(1層)
ブランク 14秒
記録済み 16秒
Panasonic
2倍速BD-RE(1層)
ブランク 18秒
記録済み 21秒
Panasonic
2倍速BD-RE(1層)
記録済み 18秒
Panasonic
2倍速BD-RE(2層)
記録済み 23秒
BD-Video(1層) - 13秒
BD-Video(2層) - 17秒
ディスク種類 画像 状態 マウント
時間
PS3
Game Disc
- 17秒
Verbatim
16倍速DVD-R
ブランク 13秒
記録済み 12秒
太陽誘電
48倍速CD-R
ブランク 8秒
記録済み 10秒
DVD-Video(1層) - 9秒
DVD-Video(2層) - 14秒
音楽CD - 8秒

■主な特徴まとめ

調査項目
ベンダーID ATAPI
プロダクトID iHBS112 2
メインチップ MEDIATEK
MT1939
購入時ファームウェア CL04
検証時ファームウェア CL04
製造国表示 CHINA
5V定格 1.5A
12V定格 1.5A
Exact Audio Copy での
Read sample offset correction
-24サンプル
Exact Audio Copy での
Write samples offset
+24サンプル
Exact Audio Copy での
Combined read/write sample offset correction
±0サンプル
Partial MKB Version 詳細不明
トレイの色
搭載バッファ容量 8MB

■検証時PC環境

メインPC
 マザーボード ASUS P6X58D-E (Intel X58 + ICH10R)
BIOS Ver.0204
 OS Windows 7 Professional 64bit 通常版
 CPU Core i7-980X Extreme Edition
 CPUクーラー TRUE Black 120 PLUS + CLUSTER UCCL12 (x2) + AS-05
 メモリ PATRIOT PSD36G1600KH (2G x 3) + ZALMAN ZM-RC1000
 ビデオカード MSI R5770 Hawk
 サウンド オンボード + ONKYO GX-77M(B)
 LAN オンボード
 Marvell 9128 SATA 6Gb (AHCI) Crucial RealSSD C300 (CTFDDAC128MAG-1G1)
 Marvell 9128 SATA 6Gb (AHCI) WD20EARS ※3Gb動作
 ICH10R (AHCI) Panasonic LF-PB271JD
 ICH10R (AHCI) Pioneer BDR-205 (バッファロー版)
 ICH10R (AHCI) LITE-ON iHES208 ← BD-Rエラー計測用
 ディスプレイ 三菱 RDT231WM-S(BK)
 ケース Antec Twelve Hundred
電源は Antec Signature 850

サブPC
 マザーボード GIGABYTE GA-X58A-UD5 (Intel X58 + ICH10R)
BIOS Ver.F6C
 OS Windows 7 Home Premium 64bit 通常版
 CPU Core i7 920 D0ステッピング
 CPUクーラー Mega Shadow Deluxe Edition + CLUSTER UCCL12 (x2) + AS-05
 メモリ PVT36G1600LLK 計6GB
 ビデオカード & サウンド & ディスプレイ SAPPHIRE VAPOR-X HD5770 1G GDDR5 PCI-E DUAL-DVI-I/HDMI/DP (HDMI出力)
+ DHT-S500HD + SYS-S500CS
+ TOSHIBA REGZA 42Z8000
※オンボードサウンドはBIOSで遮断
 LAN オンボード
 ICH10R (AHCI) Intel X25-M G1 (80GB MLC SSD)
 ICH10R (AHCI) WD10EADS
 ICH10R (AHCI) LITE-ON iHBS112 ← 今回購入 & BD-R、DVD-Rエラー計測用
 ICH10R (AHCI) PLEXTOR PX-B940SA
 オンボードPATA PLEXTOR PX-755A ← DVD-Rエラー計測用
 ケース Antec Nine Hundred Two
電源は Antec Signature 850

■Opti Drive Control のエラーグラフの見方がわからない!

人様に説明できるほど理解できていませんが、基本は同じ環境での相対比較ということになると思います。
(同じ環境で)よいと思われる条件、悪いと思われる条件でいくつか焼いてみて比較して、自分なりに判断するしかなさそうです。(BD-Rはあまり悪い結果にならないことが多いですが、非対応のIDのBD-Rを使うと悪い例のグラフを取得することができます)

良い例


普通の例


悪い例
非常に悪い例です。ここまで悪いグラフはなかなか出せません。


CD-R実験室トップ
LITE-ON iHBS112 トップ 6倍速BD-R (国内メーカー系) 6倍速BD-R (海外メーカー系) LTH BD-R
4倍速BD-R (国内メーカー系) 4倍速BD-R (海外メーカー系) 2層BD-R DVD-R ベンチマーク