■LaCie Internal Double Layer DVD±RW

「外箱の写真はPioneerだが、中身はどうやらNEC ?」と言われていたドライブですが、中のドライブがどうにも気になるので思わず購入してしまいました。冷静に考えると、激しく無駄な買い物なのですが・・・かなり後悔。

せっかくなので、中のドライブの情報等、いろいろ晒してみることにします。


覚悟の上買ったとはいえ、あけてみてガックリ・・・




■ドライブの正体をさらしてみる

パッケージ外観の写真
Pioneerそのものです



製品ラベル
MADE IN MALAYSIAで、シリアルは 46BDK35S211 です。
ROM化できないND-2510A のページのND-2510Aより新しいシリアルでした。



Nero InfoTool 2.24
ファームウェアは2.05
I-O DATA販売のは2.04なので、それより少し新しいバージョンのものです。
(バルク販売のND-2510Aのファームは2.15)



DVDINFOPro 2.56



メディアは1枚付属されていましたが、MAC系らしくDVD-Rメディアです。
中身は三菱化学 8倍速DVD-Rメディアで、ID は [MCC 02RG20 ]
DVD+R DLメディアは付属されてませんでした。



メディアレーベル面


その他気が付いたこととしては、付属ソフトがEasy Media Creator7でした。(国内では珍しい)
あとは特になく、ND-2510A、付属ソフト等が入っているだけです。




■2層焼き、その他

このドライブで気になるのはROM化についてですが、何も設定等はしない状態では、

 1層のDVD+Rメディア → ROM化しない
 2層のDVD+Rメディア → 勝手にROM化される

と言うことになってます。(I-O DATA販売のND-2510Aと同じ)


三菱化学 2.4倍速DVD+R DLメディアでの 「データディスクの作成」 の結果
※Nero CD-DVD Speed 3.12 使用
レイヤ切り替わり以外は、綺麗な1直線のCLV



書き込み完了後のBookType
しっかりROM化されています。



Nero CD-DVD Speed 2.13 + DW1600 でのDisc Quality Test
とりあえず問題なさそう、と思いきや、



PlexToolsProfessional 2.14 + PX-712A (Firm1.03) PI/PO Test (8ECC)
MAX値が(境界線の)280を超えて少し嫌な感じになってしまいました。
(ぎりぎりOK?)



PlexToolsProfessional 2.15 + PX-712A (Firm1.03) Beta /Jitter Test (8ECC)



ND-2510Aでの読み速度
通常の読みは問題なし。



【結論】

LaCieとバッファローには気をつけましょう (^^;

ということになりました。
ずいぶんあっさりした検証ですが、これで終了!



トップへ