CD-R実験室トップ
Panasonic LF-MB121JD ドライブ情報等 CD関連の各種性能 CD関連のベンチマーク
TYG02 で全速度書き込み DVD関連のベンチマーク DLメディア DVD-RAM
各種8倍速メディアエラーチェックページ Part1 各種8倍速メディアエラーチェックページ Part2
各種8倍速メディアエラーチェックページ Part3 その他
BD-R/RE を使ってみる Part1 BD-R/RE を使ってみる Part2


■Panasonic LF-MB121JD - 2006年6月11日更新 -

Blu-ray vs HD DVD という熾烈な規格争いが続いている次世代DVDですが、ユーザーサイドから第三者的な目で見ると実はどっちがいいとかいうのはあまりなく、要は、


普及した方(普及しそうな方)を買うだけ
または
価格的に安い方を買うだけ


なのですが、PC用ドライブは現物が売っていない状況。
なので、雑誌等でそれぞれのよさをアピールされても広告的な主張(都合のいい主張)しかなく、いまいちピンときませんでしたが、ようやくPC用 Blu-ray Discドライブが発売となり、一般ユーザーでも実機を使えるようになりました。
新しい規格というと容量にまず目がいきますが、HD DVDはその点で不利。(特に、PCデータ保存用途では不利。家電用レコーダ用となると、また話は違ってくると思いますが)
あとはHD DVDドライブとメディアがいくら位か?といったころなのですが、現在(※2006年6月)ではまだ販売されてないので、その辺に関してはまだ先の話になりそうです。

これは余計な話ですが、うちの親なんかは今だにVHSビデオ使ってます。つい先日壊れたのでそろそろHDD付DVDレコーダーを、と進めたら、買ったのはVHSビデオ。(しかもいつも3倍で録画しているという・・・)
本人いわく、使い慣れてるし、不満がないからこれでいいのだとか。
一応アナログ放送は2011年に終わるというのは知っているようなのですが・・・って、すいません。全然関係ない話でした。



Panasonic LF-MB121JD
Panasonic LF-MB121JD
発売日は2006年6月10日
販売価格は驚きの9万9千8百円!
- 公式サイト -
AKIBA PC Hotline!
ASCII24 - Akiba2GO!




さてめでたく発売になった、PC用Blu-ray Discドライブですが、CD-R、DVD±R の時のようなプラスアルファ用途がいまいち薄いです。

メイン用途 プラスアルファ用途
CD-R/RW PCデータ保存用 オリジナル音楽CD作成
音楽CDのバックアップ
各種CD-ROMをCD媒体のままバックアップ
DVD±R/RW PCデータ保存用 オリジナルDVD-Video作成
各種DVD-ROMをDVD媒体のままバックアップ
BD-R/RE PCデータ保存用 現在(※2006年6月)は特になし
アイオーに付属のソフトのみ
BDAV形式でオーサリングできるらしいです

CD-Rのときは、「オリジナル音楽CDが作成可能」 という、それはもうわくわくする使用目的がありました。(今からすると、光ディスクはCD-Rのときが一番わくわく感があったかも)
DVD±Rのときは、それに映像データが加わった、オリジナルDVDビデオ作成というのがありました。
Blu-ray Discドライブでは、現在(※2006年6月)プラスアルファ用途はないといってもよく、ひたすらPCデータのバックアップ関係で使うしかなさそうです。
映像コンテンツ関係がサポートされたとしても、えらい高いPCスペックが要求されますが・・・


ただ、記録型DVDドライブで使用していた各種メディアが引き続き使用可能という利点があり、(RAM2等、利用できないのもありますが、大抵利用可能)その辺に魅力感を感じるなら買う価値はありそうです。(10万円近くしますが)





【DOS/V POWER REPORT 2006年7月号等を参考にした BD-R/REメディアの主な特徴】

MOやDVD-RAMに採用されている、ハードウェアによるディフェクトマネジメント(メディア の欠陥管理)を搭載。
ハードウェアによるディフェクトマネジメントは、書き換え型のBD-REだけでなく、追記型のBD-Rにも搭載。
使用感的には、BD-RE = DVD-RAM

BD-R BD-RE
ベリファイ ライティングソフトで一気に書き込むとき等は省略可能
BDドライバーを経由するとき等は必ず行われる
(条件によっては)行われる
必ずベリファイが行われる条件
→付属のPower2Go5 等使用時 (UDF2.5時)
→BDドライバー経由時
ベリファイを行わないで書き込み可能なもの
→Nero CD-DVD Speed 4.51.1 等
  (データディスク作成)
記録方式
1.シーケンシャルレコーディングモード (SRM)
→従来のDVD-Rと同等の記録方式
2.シーケンシャルレコーディングモード
  with ロジカルオーバーライト (SRM + LOW)
→ディフェクトマネジメントを使用する場合のみ有効で、パケットライトのような記録方式。(事前にメディアフォーマットが必要)
ランダムレコーディングモード (RRM)
※ディフェクトマネジメントあり
記録フォーマット UDF2.5(SRM)
UDF2.6(SRM + LOW)
UDF2.5


つまり、書き込み速度は、使い方によっては実質本来の速度の約半分(= 約1倍速)になります。
簡単にまとめると、

BD-R BD-RE
ライティングソフトを使用しての書き込み 2倍速 2倍速
ただし、ソフトによっては(事実上)1倍速
BDドライバーを使用しての書き込み (事実上)1倍速 (事実上)1倍速


【その他補足】

BDドライバーを使用すると、BD-RへDVD-RAM同等の記録が可能。
販売元によっては、BDドライバーが付いていない(かもしれない)点には注意(BDドライバーがないと、BD-R へのDVD-RAM同等の書き込みができない等、ドライブの持つ本来の性能が引き出せない)
→という情報だったのですが、実際はパケットライトソフトでも使用可能でした。(その後発売された LITE-ON LH-2B1S にて確認)
ただし、BDドライバーを使用するとベリファイ必須のため、記録速度は事実上1倍速になる上に、データを消しても記録領域は増えない。
BD-Rの場合のみです。BD-REはデータをけせば元の記憶容量が復活します。
BDドライバーがないと、パケットライトソフトを使用することになるが、その場合はBD-REのみのサポートになる。
→という情報だったのですが、実際はパケットライトソフトでも使用可能でした。(その後発売された LITE-ON LH-2B1S にて確認)
BDドライバーを使用しての書き込みでは、ロングネームファイルでもそのまま扱える。(つまり、DVD-RAMと同じ)
書き込み時間の目安としては、
1層BD-R 2倍速書き込みベリファイ なし 45分
1層BD-R 2倍速書き込みベリファイ あり 90分
2層BD-R 2倍速書き込みベリファイ なし 90分
2層BD-R 2倍速書き込みベリファイ あり 180分
※おおまかな目安です。





本体裏面
PioneerのBD-R/REドライブはファン付ですが、
パナ四国はファンなしです。


LED
LEDはこだわりの青色でした。




■各種DVDメディアの選択できる書き込み速度 & 書き込み方式について ※ファーム BD01時

メディア 16x 12x 8x 6x 4x 2x
(2.4x)
1x
太陽誘電 16倍速DVD-Rメディア
TYG03
×
-
×
-
6x-8x
Z-CLV
CLV
CLV
×
-
×
-
太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア
TYG02
×
-
×
-
6x-8x
Z-CLV
CLV
CLV
×
-
×
-




■各種ディスクのマウント時間 ※ファームBD01時

記録済みディスクは MountTime_Checker で。ブランクディスクと通常の音楽CDは Nero CD-DVD Speed を起動させておいて、 「ディスク種類」 のところの表示されるまでの時間を計測しています。


ディスク種類 マウント時間
ブランクBD-Rメディア
(TDKBLDRBA)
17秒
記録済みBD-Rメディア
(TDKBLDRBA)
13秒
記録済みBD-REメディア
(TDKBLDWBA)
21秒
ブランクDVD-Rメディア
(TYG02)
16秒
記録済みDVD-Rメディア
(TYG02)
16秒
ブランクDVD+R DLメディア
(MKM003)
24秒
記録済みDVD+R DLメディア
(MKM003)
23秒
ブランクCD-Rメディア
(太陽誘電48倍速)
12秒
記録済みCD-Rメディア
(太陽誘電48倍速)
10秒
プレス2層DVD-Video (CSS) 13秒
普通の音楽CD 12秒
ブランクDVD-RAMメディア
(Panasonic 5倍速DVD-RAM)
30秒
記録済みDVD-RAMメディア
(Panasonic 5倍速DVD-RAM)
24秒
記録済みDVD-RAMメディア
(maxell 5倍速DVD-RAM)
29秒


RAMが少し遅い気がしますが、全体的には標準的。
遅いとは感じないので、普通の感覚で使えると思います。




■Panasonic LF-MB121JD の主な特徴等 (一部主観意見含む) ※確認時のファームウェアはBD01

PC用では初のBlu-ray Disc書き込み対応ドライブ。
初物なので価格的には高く、初登場時は実売価格で10万円くらいもする。
メインチップは、Panasonic製のものが搭載。
Panasonic
MN103S98HBA
Panasonic
AN22141A
BD-REは、事実上大容量DVD-RAMとして使用可能。
DVD-R 6倍速CLV 書き込みがサポート。(多分パナ四国ドライブでは初)
プロダクトIDが独自のものになっていて、"SW-5582" ではなく、"LF-MB121"
Nero CD-DVD Speed のディスク品質テストでは動作しない。(確認時のバージョンは、4.51.1)
DVD+Rは1層も2層も強制ROM化仕様。
Panassonicパッケージ品は、BD-R を使いこなすには必要不可欠なBDドライバーがしっかり付属されている。
BDドライバーは、DVD-RAMドライバーとしても使用可能。
RAM2には非対応。(これが一番不満)
ExactAudioCopy では、CDRDAO経由しなくても書き込み可能。
CD Manipulator 2.70 では、残念ながら書き込み不可。
ExactAudioCopyを使い、「Write samples offset」 を 「+60」 に設定することで、位置ずれ、データの書き漏らしのない完璧な音楽CD作成が可能。
読みは残念ながらディスク終端72サンプルをリップできない。(実用上はほぼ問題なし)
暁のラブレターは問題なし。


約10万円と非常に高価な上に、(2006年6月現在)CD-R のときのようなプラスアルファ用途(わくわく感)が薄い & PC用Blu-Ray Discドライブがはたしてほんとに普及するのか?がなにより不明なので、今は様子見が正解だと思います。
個人的には、せっかく買ったので普及して欲しいところです。過去の財産(CD-R、DVD±R、DVD+R DL、DVD-RAM)が使えるので、3万円切るようになると、普及してきそうな気はしますが。

その他のいつもの調査項目は以下の通り。(一部↑で書いたのと重複あり)

項目 結果(データ)
主要チップ Panasonic
MN103S98HBA
Panasonic
AN22141A
製造国表示 日本製
排気ファン なし
5V定格 1.4A
12V定格 1.5A
ヘッドホン端子 なし
付属のブランクメディア なし
主な付属ソフト CyberLink PowerProducer 3.02.1604x
CyberLink PowerDVD 6.0
CyberLink PowerBackup 2.50.1524
InstantBurn5 ※詳細バージョン未確認
DVD-MovieAlbumSE 4.1
BDドライバー

WindowsXP用
******************************************************************
ソフトウェアのバージョン - Ver 5.2.0.0

2006年 4月11日
松下電器産業株式会社
******************************************************************

ドライバーソフト
meiudf.sys - Ver 5.0.1.0
psecbdr.sys - Ver 1.0.0.0
フォーマットソフト(DVDForm) - Ver 5.1.1.0
ディスクライトプロテクトツール(WPTool) - Ver 2.0.1.0
RAM補助ツール(RAMASST) - Ver 2.0.1.0



WindowsXP用(64)
******************************************************************
ソフトウェアのバージョン - Ver 5.2.0.0

2006年 4月11日
松下電器産業株式会社
******************************************************************

ドライバーソフト
meiudf.sys - Ver 5.0.1.0
psecbdr.sys - Ver 1.0.0.0
フォーマットソフト(DVDForm) - Ver 5.1.1.0
ディスクライトプロテクトツール(WPTool) - Ver 2.0.1.0
RAM補助ツール(RAMASST) - Ver 2.0.1.0



Windows2000用
******************************************************************
ソフトウェアのバージョン - Ver 5.2.0.0

2006年 4月11日
松下電器産業株式会社
******************************************************************

ドライバーソフト
meiudf.sys - Ver 5.0.1.0
dvdram.sys - Ver 4.0.3.0
psecbdr.sys - Ver 1.0.0.0
フォーマットソフト(DVDForm) - Ver 5.1.1.0
ディスクライトプロテクトツール(WPTool) - Ver 2.0.1.0

Read sample offset correction +72 ※2006年11月25日修正
Write samples offset +60 ※2006年11月25日修正
Combined read/write sample offset correction +132
DVD+R DVD+R DLメディアのROM化 1層DVD+R、2層DVD+R共に強制ROM化仕様
DVD-RAMに記録したデータは読めるか? 可能
Exact Audio Copy での読み書き
(V0.95 beta 4にて確認)
読み
書き ※CDRDAO経由しなくても可能
CD Manipulator 2.70 での読み書き
読み
書き ×
(CD-DAの)読み速度の変更はできるか? 可能
CD-R最低書き込み速度 8倍速
フルCLVでのCD-R書き込み最高速度 12倍速
フルCLVでのDVD-R/DVD+R書き込み最高速度 1層DVD-Rは6倍速
1層DVD+Rは6倍速
2層DVD+Rは4倍速
ROM化したDVD+R、DVD+R DLディスクの認識 DVD+R、DVD+R DL共に本来のBookTypeで認識
※なんでこんなことを調べているかというと、ドライブによってはROM化したディスクをROM化していないと判断してしまったり、逆にROM化していないのにROM化したかのように処理してしまうことがあるからです。(LF-MB121JD はBookTypeの判別ドライブとして正常に使用可能)
ルクセンブルクTDK8倍速メディアの認識 TTH01 詳細はこちら を参照
保証 1年
トレイの色
搭載バッファ容量 8MB ※各種ソフトでの認識は2MB


【補足1】
B's8.30ではあっかんべーしませんでした。

【補足2】
かなりどうでもいいことですが、例の作り間違えたルクセンブルクTDKメディアをマウントさせると、"TTH01" を返してきます。

【補足3】
パナドライブ特有の、「ブーン」 という動作音がするときがありますが、個人的には許容範囲。

【補足4】
ドライブとは関係ありませんが、SONYのBD-Rメディアは、レーベルの一部から反対側が透けてみえます。
知らないとちょっとビックリします。
(というか、ビックリしました)

【補足5】
これもドライブとは関係ありませんが、BD-REメディアは、メーカーによって公表書き換え回数が異なってます。
Panasonicは1000回
TDKは10000回 (Panasonicの10倍)


CD-R実験室トップ
Panasonic LF-MB121JD ドライブ情報等 CD関連の各種性能 CD関連のベンチマーク
TYG02 で全速度書き込み DVD関連のベンチマーク DLメディア DVD-RAM
各種8倍速メディアエラーチェックページ Part1 各種8倍速メディアエラーチェックページ Part2
各種8倍速メディアエラーチェックページ Part3 その他
BD-R/RE を使ってみる Part1 BD-R/RE を使ってみる Part2