■タイトル

レーベルゲートCDの検証結果です。

ここでは、レーベルゲートCD登場から2週目に発売された、中島美嘉 / 愛してる について検証します。

他に、推定少女 / 鍵が開かないTommy February6 / je t'aime ★ je t'aime も購入してますが、中島美嘉 / 愛してる が一番(リッピングで)問題出やすかったため

また、このページはある程度知識がある人向けに書いています。
※ここに関してあることに関しては(基本的なことでの)質問不可!






■レーベルゲートCDの特徴

プロテクトの開発元がコピーコントロールCD(CDS200.0.4)と同じせいか、特徴が非常によく似ている
かといってCDS200.0.4と同じか?というとそういうわけでもないようで、例えばSONY DRU-500A(1.0g)ではCDS200.0.4はうまく吸えないが、レーベルゲートCDは普通に吸える、といったような違いはあります
リッピングが不可、とメーカーは発表しているが、実際には普通の音楽CDと同様にリッピングできてしまうことがある
異なるメーカーのドライブでリッピングすると、バイナリが一致しない(通常の音楽CDなら一致します)
セッションの切り替わりのリングがほとんど見えない!
そのため、マジック作戦がやりにくい

 
左がBoAの「奇蹟」(CDS200.0.4)で、右が今回の中島美嘉。
こんな感じで、セッションの境目が目視で判別しにくくなってます。

Tommy February6 / je t'aime ★ je t'aime もレーベルゲートCDですが、ちょっと注意!
一見セッションの切り替わりと思われるリングがありますが、これはボーナストラック(
最近の私ですが、なんとか納豆が食べられるようになりました♪といった、生活感漂うファンに対するメッセージ?)に切り替わるところの無音部分です。もしマジック作戦をやるときは気をつけましょう。
→これについては、ディスク単位でコピーするとよくわかります。(シアニンメディアに低速で焼くのがポイント)
隠されたリングが浮き出てきます。

CDS200.0.4と同様、定期的にエラーみたいのが発生する

 






■Exact Audio Copy V0.9 beta4 によるリッピング結果

基本的に この設定 と同じ設定にしています。
読み速度に関しては、使用するドライブで設定できる最低の速度に設定していますが、変更できないドライブ(NEC NR-7900A等)はMAX読みです。
また、EACで速度変更ができなかったドライブ(AOpen CRW5224)は、Nero Drive Speedを併用しています。



ドライブ名
(括弧内はファーム
ウエアバージョン)
読み速度 認識具合 リッピング結果
PLEXTOR
PX-W4824A
(1.03)
4倍速 いまいち 良好
PLEXTOR
PX-W4012S
(1.01)
4倍速 いまいち 良好
LITE-ON
LTR-48246S
(SS0B)
4倍速 良好 良好
YAMAHA
CRW-F1
(1.0f)
10倍速(CAV) 良好 微小なプチノイズあり
NEC
NR-9300A
(1.15)
4倍速 良好 良好
NEC
NR-7900A
(1.23)
MAX
(速度変更不可)
良好 良好
TEAC
CD-W540E
(1.0H)
4倍速 良好 はっきりとした
プチノイズあり
AOpen
CRW5224
(1.05)
4倍速 良好 良好
MATSHITA
CW-8571
(1N47)
4倍速 良好 良好
Pioneer
DVR-105
(1.21)
MAX
(速度変更不可)
良好 良好
Pioneer
DVD-500M
(1.07)
MAX
(速度変更不可)
良好 音とびまくり
SONY
DRU-500A
(1.0g)
4倍速 良好 微小なプチノイズあり






■ハードディスクに取り込んでみる

コピーコントロールCD(銀色円盤)の欠点を補うためと思われますが、レーベルゲートCDは曲データをハードディスクへ取り込めることを売りにしています。

普通にリッピングできるのに わざわざ圧縮音源をハードディスクへ取り込むのもどうかと思いますが、とりあえずやってみましょう。



かなり面倒くさく感じます
こんなことをやらせようとするとは・・・