■レーベルゲートCD2 が登場

なにかと不評なコピーコントロール系ディスクですが、レーベルゲートCD2 なるものが登場しました。
早速入手したので、簡単に調べてみましょう。

タイトルは ポルノグラフィティ / 愛が呼ぶほうへ です。


パッケージにはしっかり 2 と明記されてます





■意図的なエラーは混入されているか?

一番気になるのはこれですが、そのようなものはなく、(1stセッション部は)普通の音楽CDと同じとみてよさそうです。


C1エラーの出方は標準的(途中でエラーがない領域は、セッションの境目です)



意図的なエラーが混入されていると、Beta/Jitter のグラフがひどいことになりますが、普通のCDと同じグラフです



ディスクフォーマットは、おなじみの2セッション形式


2ndセッション部





■リッピング結果

Exact Audio Copy V0.95 prebeta 3 + PLEXTOR PREMIUM-U(Firm 1.04)でリッピングしたWAVEファイルを元にして、各種ドライブでリッピングしたWAVEファイルと比較してみます。

※Exact Audio Copy の設定は Burst mode で、リッピング速度は各ドライブの最低速度を選択
※適切なoffset値をあらかじめ入力しておく
※比較には 音くらべv2.00 prerelease3 を使用



トラックNo. リッピングに使用したドライブ
PLEXTOR
PX-708A
(Firm 1.03)
日立LG
GSA-4040B
(Firm A301)
Accesstek
DD0203
(Firm 2.16)
TOSHIBA
SD-M1712
(Firm 1004)
1 相違なし 相違なし 相違なし 相違なし
2 相違なし 相違なし 相違なし 相違なし
3 相違なし 相違なし 相違なし 相違なし


比較完了の画面


特になにをするわけでもなく、通常の音楽CDと同様の手順でリッピングしてみましたが、いずれのドライブも普通にリッピング完了、全領域バイナリ完全一致、ということになっています。
これってほんとにプロテクトかかってるんですか?と、疑問に感じる人が続出しそうな予感(笑)

リッピングしたWAVEファイルも、ノイズ、音飛び等はなく正常です。

SD-M1712で普通に1トラック目が吸えたり、ノイズが載りやすいDD0203でノイズなしに吸えたりと、プロテクト効果がほとんどありません
Windows Media Player 等、うまく扱えないソフトもあります



ただ、どのドライブでもOKかと言うと、そういうことでもなく、一部のドライブでは↓のように認識されます。
(PLEXTOR PX-W4012TUの場合)
※Track01 〜 Track03が音声トラックです


GSA-4040Bはじめ、多くのドライブでは↓のように認識。





■結論


レーベルゲートCD(1)に比べると、プロテクト効果(コピーコントロール能力)が落ちている
1stセッション目は、これまでのコピーコントロール系ディスクとほとんど違いはなさそう


ということになりました。
※2セッション目は、今回は未確認 というか興味ないです


【追記】
レーベルゲートCD自体、買ったのがかなり久々なため、的はずれなことを言ってたらすいません。
(例えば、レーベルゲートCD2が登場する前のレーベルゲートCD(1)でも、意図的なエラーが混入されていないバージョンがあった、等)





トップへ