CD-R実験室トップ
LITE-ON LH-18A1P トップ ドライブ情報等 CD関連の各種性能 CD関連のベンチマーク
Hyper Tuningは効果あるのか?実際に焼いて確かめる DVD関連のベンチマーク DL
太陽誘電 16倍速DVD-Rメディア全速度書き込み 太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア全速度書き込み
各種8倍速メディアエラーチェックページ Part1 各種8倍速メディアエラーチェックページ Part2
各種8倍速メディアエラーチェックページ Part3 各種16倍速メディアエラーチェックページ


■LITE-ON LH-18A1P  - 2006年10月22日更新 -

LITE-ON というと次々と光学ドライブを発売する印象がありますが、マイナーチェンジではない光学ドライブとしては久々の登場となりました。


LITE-ON LH-18A1P
LITE-ON LH-18A1P
突如国内販売が開始された感のある、LH-18A1P
ほとんど初日で完売!という信じられない売れ方をしてます。
(マニアが多いのか?単に入荷数が少ないのか?)
フロントベゼル的には、SHM-165P6S と同じで、区別が付きません。
- 公式サイト -
- 公式サイト -
AKIBA PC Hotline!


SHM-165P6S は、出た直後はそれほどではなかったものの、Hyper Tuning、DVDScanの登場により、よりいっそう使えるドライブに進化。
LH-18A1P もその辺期待できそうです。
主な特徴等は、


メインチップは、引き続きMediaTek製のものが採用。(MT1898E)
Nero CD-DVD Speed ディスク品質テストで動作可能。(※2006年10月22日時点ではJitter非対応)
※Nero CD-DVD Speed 4.7.0.0 よりJitter計測可能になりました。
DVDScan 0.04Beta (※検証時最新バージョン)でフル動作可能。
KProbe でも予想通り動作可能。
DVD-R 18倍速書き込みは、初速7.6倍速で息継ぎなしに一気に書き込むタイプ。ただし、最速の日立LGの記録速度には届かない。(日立LGは5分02秒くらいで、本ドライブは5分20秒くらい)
※TYG03使用時
1層+R、2層+R共にROM化可能。
ROM化しない焼きは、1層+Rは確認。2層+Rは詳細未確認。
【追記】
DVD+RWのBookType書き換えのみというのも可能です。
ドライブの天版のデザインはBenQそのもなものの、ドライブの作りはSHM-165P6Sに似ている。
SmartWrite technology搭載。
※今回、デフォルトで16倍速DVD-Rメディアへ4倍速、2倍速書き込みができるようになってますが、この辺と関係ありそうな気がしなくもないです。(SHM-165P6S は、Hyper Tuningを設定することで初めて16倍メディアへ4倍速、2倍速書き込みが可能)
SMART-BURN Media Check 3.1.16t (※検証時最新バージョン)で全ファンクションチェック可能。
"Over Speed Writing"は実際に効果あり。"Force Hyper Tuning"と"Online Hyper Tuning"はチェックできるものの意味ないっぽい。
SMART-BURN Media Check 3.1.16t を使うことで、公式ファームでも速度違反書き込みが可能。
DVD-R 8倍速書き込みの初速が遅くなった。(SHM-165P6Sは約6.6倍速で、本ドライブは約5.4倍速)
DVD-R 6倍速書き込みは、しっかり Full-CLV 書き込み。(ただし、初速が少し遅く、なだらかなカーブのLITE-ON特有のグラフ)
本ドライブで焼いたDVD-RをPxScan計測したとき、ドライブ名が"LITE-ON DVDRW LH-18A1P"と 表示されるようになった。(SHM-165P6Sでは、"SONY DW-G120A"と表示されていた)
交換用黒銀ベゼルがなくなり、交換用シールへ変更!
オフセット値は、読み(-24)書き(+24)ということで、読み書きではズレが相殺されて±0 (SHM-165P6Sと同じ)
CD-R最低書き込み速度が16倍速になり、8倍速書き込みが削除。
トレイの色がなぜかアイボリーに戻った。(SHM-165P6Sは黒)
CD Manipulator、Exact Audio Copyでは共に書き込み可能。
暁のラブレターでは問題起きない。
TYG02とTYG03では書き込みグラフが違う。(のはなぜ?)


LITE-ONというと、初期の記録型DVDドライブは 実際のところ使い物にならない代物 でしたが、今や大幅に進化してます。少しでも気になるなら、今回も買いの一品。
※ただし、黒銀ベゼルが シール になってしまっている点には要注意。知らずに買うと悲惨なことに・・・

その他細かい性能等は以下の通りです。




■LITE-ON LH-18A1P の主な特徴等 ※確認時のファームウェアは GL0B

調査項目 結果(内容) 補足説明 (なんで調べているか?等)
ベンダーID LITE-ON 読みは 「ライトオン」 ではなく、「ライトン」
プロダクトID DVDRW LH-18A1P
メインチップ MediaTek
MT1898E
普通に使う分には気にする必要はありませんが、これによってある程度ドライブの性能が見えてくるときがあります。
MediaTek搭載品 → KProbeで動く可能性が高い
NEC搭載品 → オフセット値がRead=48、Write=18

等々。
購入時ファームウェア GL0B
製造国表示 CHINA
排気ファン なし
5V定格 1.5A
12V定格 1.5A
ヘッドホン端子 なし
付属のブランクメディア なし
付属ソフト Nero Express Essentials 7.2.3.3
Nero CoverDesigner Essentials 2.4.10.0
Nero Media Home Essentials 1.4.0.15
Nero Shou Time Essentials 3.0.1.3
Nero Photo Snap Essentials 1.2.0.18
Nero Recode Essentials 2.3.0.12
Nero Vision Essentials 4.5.0.27
バージョンは全部インストールして確認。
デフォルトでは、InCDはインストールされませんでした。
Exact Audio Copy での
Read sample offset correction
-24サンプル ※2006年11月25日修正
Exact Audio Copy での
Write samples offset
+24サンプル ※2006年11月25日修正
Exact Audio Copy での
Combined read/write sample offset correction
±0サンプル 音楽CDを読み書きしたときの位置ずれ。
LH-18A1P は読み書きでズレが相殺されます。
Exact Audio Copy での
Overread into Lead-In and Lead-Out
Lead-In のみ
※実際はLead-Outも可能
対応していない場合、ずれる分の読みが不可。
LH-18A1P は、音楽CD全領域リッピング可能。
Exact Audio Copy でオフセットCDを作成できるか? 作成可能
音楽CDリッピング可能領域 Exact Audio Copy を使い、"Read sample offset correction" を "-24" に設定し、リードイン、リードアウトオーバーリードのオプションを有効にすることで、全領域リッピング可能。 ※2006年11月25日修正
音楽CD書き込み可能領域 Exact Audio Copy を使い、"Write samples offset" を "+24" に設定することで、位置ずれ、データの書き漏らしのない完璧な音楽CD作成が可能。
※2006年11月25日修正
エラー入りCDS200系ディスク
(通称コピーコントロールCD)
の読み
認識は良好。
読みは苦手なところあるので、EACのSecure modeで。
NeroDriveSpeed での速度制御 CDメディアは、
48倍速 CAV (エンド約48倍速)
40倍速 CAV (エンド約42倍速)
32倍速 CAV (エンド約34倍速)
24倍速 CAV (エンド約27倍速)
16倍速 CAV (エンド約16倍速)
8倍速 CLV
4倍速 CLV
で、音楽CDで試したところではすべての速度で制御可能。

1層DVDメディアは、
16倍速 CAV (エンド約16.3倍速)
12倍速 CAV (エンド約12.3倍速)
8倍速 CAV (エンド約8.3倍速)
6倍速 CAV (エンド約6.3倍速)
4倍速 CAV (エンド約4.1倍速)
2倍速 CLV
1倍速 CLV
で、1層DVD-Video(CSS)で試したところではすべての速度で制御可能。
CD-Rオーバーバーン Nero CD-DVD Speed 4.60 でのシミュレーションでは、82分41秒くらいまで可能という判定結果。
DVD+Rオーバーバーン 非対応 Nero CD-DVD Speed 4.7.0.0にて確認
1層DVD+R ROM化 ROM化しない書き込み → 可能
ROM化する書き込み → 可能
Nero CD-DVD Speed 4.7.0.0にて確認
2層DVD+R ROM化 ROM化しない書き込み → 未確認
ROM化する書き込み → 可能
Nero CD-DVD Speed 4.60にて確認
Exact Audio Copy での読み書き 読み → 可能
書き → 可能
CDRDAO経由しなくても可能。
V0.95 beta 4にて確認。
※CDRDAO経由のオプションは、「EAC」 → 「書き込み」 タブのところにあります。
CD Manipulator 2.70 での読み書き 読み → 可能
書き → 可能
CD-R最低書き込み速度 16倍速
フルCLVでのCD-R書き込み最高速度 16倍速
フルCLVでのDVD-R/DVD+R書き込み最高速度 1層は6倍速
2層は詳細未確認(多分4倍速)
ROM化したDVD+R、DVD+R DLディスクの認識 DVD+R、DVD+R DL共に本来のBookTypeで認識。 なんでこんなことを調べているかというと、ドライブによってはROM化したディスクをROM化していないと判断してしまったり、逆にROM化していないのにROM化したかのように処理してしまうことがあるからです。(LH-18A1P はBookTypeの判別ドライブとして正常に使用可能)
(作り間違えた)
ルクセンブルクTDK8倍速メディアの認識
TTG02 詳細はこちら を参照。
保証 メーカー保証なし
トレイの色 アイボリー
搭載バッファ容量 2MB
データ転送速度 PIOモード 4
MultiWord DMA-2
Ultra DMA-4
ドライブのLEDとマザーボードHDDのLEDは同期するか? 同期しない
MediaCodeSpeedEdit でのファームウェア情報 GL0B_speedsettings.txt
GL0B_speedsettings2.txt (正式対応版)
MediaCodeSpeedEdit のバージョンのせいか?情報が少し変です。(一応掲載)
Nero CD-DVD Speed のディスク品質テストで動作するか? 動作可能
暁のラブレター書き込み能力 問題なし aiko/暁のラブレターは、書き込みのとき問題が出やすいという特殊データが入っている音楽ディスクです。
こちら を参照。
B's Recorder GOLDでDVD-Rメディアへ書き込みしたとき、最後の工程でトレイが一旦開いてすぐしまる通称 「あっかんべー現象」 は起きるか? あっかんべーしませんでした。
B's Recorder GOLD 8.36 にて確認。
別に問題があるわけではありませんが、ドライブによって起きたり起きなかったりするので、一応調べてます。
なお、この現象はオプション設定の、「書き込み直後に、メディアをイジェクトする」 とは関係ありません。
また、DVD-Rで起きる現象で、DVD+Rでは起きません。
購入時ジャンパー位置 スレーブ 今回もスレーブでした。


■交換用ベゼルが付いていない!

今回、SHM-165P6S で付いていた交換用ベゼルが付いていません。
代わりに、ベゼル用カラーシールが付いていますが・・・


付属していたベゼル用カラーシール
てっきり普通の交換ベゼルが入っているものと勘違いしていたので、
箱を開けてみて一瞬我が目を疑いました。まさかこれを貼れと?
貼るときに失敗してずれちゃったらどうしようかと。
どうしてもシールというなら、せめて各色3枚位ずつ欲しい。
(それでもすごく嫌ですが)



試しもしないで文句いうのはよくないと思うので、
抵抗感いっぱいの気持ちで貼ってみましたが、
なんか白いのがみえるんですけど・・・
(しかも案の定少しズレちゃったし、こりゃだめだ)
KEIANの紹介ページには、
ベゼル交換作業不要☆簡単張替え
と書かれてますが、
それ、ちょっと違うんじゃないかと思います。


救いとしては、SHM-165P6S のベゼルが使えます。
SHM-165P6S を持っている場合は、それを使ったほうがどう見ても正解。
ただ、そうすると SHM-165P6S で好みの色のベゼルが使えなくなりますが。


いろいろ不満書きましたが、ここは手抜きしたり、コストダウンしてはいけないところだと思います。


■トレイの色がアイボリー

あまりたいしたことじゃないかもしれませんが、SHM-165P6S では黒だったトレイの色が、アイボリーになってます。

製品ラベルが貼られていないように見えますが、
(製品ラベルは)いつもと反対側に貼られています。


■天板がBenQそっくり

左が LITE-ON LH-18A1P で、右が BenQ DW1650
※LH-18A1P には、DW1650にある側面の四角い穴はありません。
※DW1650は、天版のラベルを剥がして撮影しています。
※LH-18A1P の製品ラベルは、(元々)反対側に貼ってあります。


ということで、天版がBenQドライブそっくりです。参考リンク


■LITE-ON SHM-165P6S との比較

天版がBenQそっくりでも、ドライブの作りは LITE-ON SHM-165P6S とよく似ています。


上が LH-18A1P で、下が SHM-165P6S
上の LH-18A1P には、SHM-165P6S に付属の銀ベゼルをつけてます。
(つまり、フロント部の設計は一緒)



上が LH-18A1P で、下が SHM-165P6S
後ろも同じデザイン。


左が LH-18A1P で、右が SHM-165P6S
MT1898E搭載 MT1888E搭載
拡大 拡大(紛失っぽい)


■各種ソフトでの動作 (1)

SMART-BURN Media Check 3.1.16t
4つとも全部チェックできるようになってます。
この状態だと、公式ファームでTYG02へ12倍速書き込み等も可能。(速度違反)



Flash Utility for LiteOn Based Optical Drives 2.0.0
一応動いているようで、無事ファーム吸い上げ完了しました。
Flashはちょっと怖いので未確認。



↑のを MediaCodeSpeedEdit 1.0.9.2 で読ませたところ
正式対応されていないためと思われますが、いろいろと変になります。
(この辺はMCSEのバージョンアップ待ち)
GL0B_speedsettings.txt ← 少し変です。


【2006年10月28日追記】
ここのページをala42氏が見ていて下さったようで、直々にメールが・・・
GL0B.binを送ったところ、対応バージョン(Media Code Speed Edit V 1.0.9.3 SE)での GL0B_speedsettings.txt を送ってくださいました。ありがとうございます。




■各種ソフトでの動作 (2)

DVDScan、KPobe等での動作確認です。
素材として、LH-18A1P でTYG02へ12倍速書き込みしたものを使います。
(SMART-BURN Media Check 3.1.16tの設定は、4つの項目フルチェック)


Nero CD-DVD Speed 4.60 での書き込みグラフ
Over Speed Writing がしっかり機能しているようで、12倍速出ました。
これを使って、各種条件で計測してみます。
↓↓↓↓↓



Nero CD-DVD Speed 4.60 + LITE-ON LH-18A1P (Firm GL0B) ディスク品質テスト
選択できる読み速度
検証時点ではJitter非対応ですが、PIE、PIFに関しては正常っぽく動作しています。
※Nero CD-DVD Speed 4.7.0.0 よりJitter計測可能になりました。



KProbe 2.5.2 + LITE-ON LH-18A1P (Firm GL0B)
同じく、正常動作しています。



DVDScan 0.04Beta + LH-18A1P (Firm GL0B) PIsum8 Test (Speed=2)
※最初4倍速で計測開始しましたが、(スピンアップの関係か?)立ち上がり妙に高エラーになってしまったので、2倍速にしています。
立ち上がりの挙動が少し怪しいときもありますが、これも正常動作。
元画像表示 (New Window!)



DVDScan 0.04Beta + LH-18A1P (Firm GL0B) Jitter Test (Speed=4,Interval=400)
元画像表示 (New Window!)



DVDScan 0.04Beta + LH-18A1P (Firm GL0B) Beta Test (Speed=2,Interval=400)
それなりに信頼できるグラフです。
(↓の方にある、「LH-18A1P 以外でのドライブでの〜」 のリンクを参照)
元画像表示 (New Window!)



DVDScan 0.04Beta + LH-18A1P (Firm GL0B) TE/FE Test (Speed=4,Interval=400)
元画像表示 (New Window!)



参考比較用
〜 LH-18A1P 以外でのドライブでの各種計測結果 (New Window!) 〜



■付属のNero7について

インストールディスク


nero EXPRESS 7 ESSENTIALS
残念ながら、通常のではなく簡易版です。


スタートメニュー


■ROM化設定について

常にROM化したいときは、ImgBurnで以下のように設定すると、ROM化の設定が保持されます。
(Nero CD-DVD Speed での設定だと、再起動で設定が初期化されてしまいます)






この画面にして、「OK」 をクリック。






DVD+R、DVD+RW、DVD+R DL いずれもROM化可能です。


■各種DVDメディアの選択できる書き込み速度 & 書き込み方式について ※ファーム GL0B時

メディア 18x 16x 12x 8x 6x 4x 2x
太陽誘電 16倍速DVD-Rメディア
TYG03
CAV
CAV
P-CAV
P-CAV
CLV
CLV
書き込み
エラー
太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア
TYG02
×
-
×
-
P-CAV
P-CAV
CLV
CLV
CLV

8倍速とか6倍速はTYG03でもTYG02でも基本的に同じですが、違うところもあります。(詳細は、”全速度書き込み”のページを参照)
また、TYG02への12倍速書き込みは、"Over Speed Writing" を有効にすると可能になります。


■各種ディスクのマウント時間 ※ファーム GL0B時

記録済みディスクは MountTime_Checker で。ブランクディスクと通常の音楽CDは Nero CD-DVD Speed を起動させておいて、 「ディスク種類」 のところの表示されるまでの時間を計測しています。

ディスク種類 マウント時間 ディスク種類 マウント時間
ブランクDVD-Rメディア
(TYG02)
15秒 プレス2層DVD-Video (CSS) 12秒
記録済みDVD-Rメディア
(TYG02)
15秒 普通の音楽CD 16秒
ブランクDVD+R DLメディア
(MKM003)
24秒 記録済みDVD-RAMメディア
(maxell 5倍速DVD-RAM)
36秒
記録済みDVD+R DLメディア
(MKM003)
19秒 記録済みDVD-RAMメディア
(maxell 12倍速DVD-RAM)
42秒
ブランクCD-Rメディア
(太陽誘電48倍速)
10秒 -
記録済みCD-Rメディア
(太陽誘電48倍速)
9秒 -

RAMは思ったより遅いです。
その他は比較的速く、いい感じで使えます。


■今回使用しているソフト等

【焼き関連で使用しているソフト】
Nero CD-DVD Speed 4.60 and 4.7.0.0
Nero DriveSpeed 3.06 ※Nero7に同梱のものの方がバージョンは新しいです
Nero InfoTool 4.03
PlexToolsProfessional 2.35
PxScan 1.7.10.1
PxView 1.12.6
DVDScan 0.04 Beta
Exact Audio Copy V0.95 beta 4
CD Manipulator 2.70
Nero7.2.7.0
DVDINFOPro 4.6.1.6
MountTime_Checker
CD-Ripper
WaveCompare
wnaspi32.dll (nero)
※CD-Ripper等、ASPI が原因で動作しないソフトの場合、wnaspi32.dll を *.exe と同じフォルダに入れてやると(大抵)正常動作します。

【ここで使用しているPxScan 1.7.10.1 用バッチファイル、PxView 1.12.6 用config.ini】
PIE/Beta/Jitter用バッチファイル
PIE/Beta/Jitter用 config.ini
TA 用バッチファイル(デフォルト3エリア)
TA 用バッチファイル(外周を指定したもの)
TA 用 config.ini
バッチファイルの中の6桁の数値は、PX-716A のシリアルナンバーです。(使用するドライブの S/N に書き換える必要あり)

【画像関係で使用しているソフト】
ホームページビルダー2001に付属のウェブアート デザイナー (*.png、*.jpeg 変換)
OPTPiX webDesigner 3.10.00 (画像切抜き、その他)


■各種エラー計測グラフの見方がわからない!

という意見をたまに頂くのですが、その辺についてあまり書いていないのは、そもそも私が人様にキッチリ説明できるほど理解できていないからです。
とはいえ、エラーグラフをズラズラと並べて(説明書きを)書かないのもどうかと思うので、簡単に書いておきます。(もし間違っていること書いてたらすいません)
※一応コメントという形で書いてはいるのですが、それだけだとどうも分かりにくいようなので。


■最も一般的な PlexToolsProfessional の PIE Sum8 Test
PLEXTORのドライブ(PX-760A、PX-755A 等)に標準添付している、非常に使えるツールです。
PIE Sum8 Testはエラーが少ないほどよく、MAXが50くらいを超えなければまず問題ないと思います。100を超えてくるとちょっと気持ち悪いなぁ、200を超えたら多分大丈夫だろうけど、少し不安・・・
という感じで見ればいいと思います。
公式にはMAX280を超えたら品質的に問題あり、ということになりますが、MAX280はOKで、MAX281がNGという極端な見方をするのはあまりよくないと思います。なぜなら、計測に使用するドライブによってエラー値が異なってくるのが普通だからです。(同じ型番、同じファーム、同じ製造時期のドライブでも)
同じ理由から、他の人のグラフと細かいところまで比較するのはあまり意味がないと思われます。

なお、うちでは速度2に設定していますが、時間があれば速度1が理想的です。(速度1、速度2ともに2倍速計測を行いますが、速度2は間引いて計測するため)
ただ、速度1だと30分近くかかるので、時間がないときは速度2、3でもいいかと思います。速度2なら15分程度で終わります。
さらに時間があれば、Sum1 Testも行うことをお勧めします。


良い例
MAX値が20まで届かず、エラーが最初から最後までほぼ均一。


悪い例
縦軸280のところにボーダーラインがあるのが分かると思います。
あと少しでこのボーダーラインを超えそうで、あまり良いとはいえない状態。





■PxScan + PxView
PX-716A でフル動作、PX-712A ではTA以外動作、PX-755A、PX-760A では改ファームで動作するメーカー非公式ツール。
BetaグラフがPlexToolsProfessionalより見やすく、(と思います) TAもPlexToolsProfessionalより細かく表示してくれる & 最大6エリアを計ることが可能なので、場合によってはPlexToolsProfessionalより使えます。
PIE、Beta、Jitterを連続して計ることが可能(PlexToolsはこれができない)なのも便利です。
ただし、時間がかかります。(PIE、Beta、Jitter計測の場合で約1時間かかる)
← これの時間確保が大変!AD-7173A のページでは1層DVD±Rを40枚計測してますが、1層DVD±RのPxScanだけで40時間近くもかかります。5xCAV 読みを行えば時間は短くなりますが、デフォルトの2xCLV 読みの方がいいと思うので、5xCAV 読みは行ってません。

Jitterグラフの見方は少々見方が難しいところがあるので説明省略。
Betaは-5%〜+15%の範囲に収まっているか?が目安になり、高すぎても低すぎてもよくありません。経験上Betaは低くなることが多いですが、-5%を下回っても実際は問題ないケースが多いと感じてます。
また、WOPC的動作をするドライブでは焼き面の色の変化具合が段々になることがありますが、その辺が気になるときはBetaを計ってみるといいと思います。(思ったよりBetaグラフが階段状になっていなかったり、逆に見た目より思いっきり階段状になっていたりといろいろ)
あまりにBetaが極端に階段状になるのはよくないかもしれません。



Betaが一定範囲内に収まっているとき Betaが一定範囲内に収まっていないとき
Betaが-5%〜+15%の範囲に収まっていないときは、赤色で表示してくれます。



同じディスクを、PxScanとPlexToolsでBeta計測して比較
PxScan + PxView
PlexToolsProfessional


TA(TimeAnalyzer)はJitterをヒストグラム表示したもので、これはディスクの記録状態を判別しやすいです。
山がいくつか並んでますが、山の頂点の位置のずれがなく、できるだけ山のとなり同士が干渉していないのが理想的です。
PIEが低くても、TAがやけに悪いなんてときは要注意かもしれません。(基本的に読みにくいディスクのはずのため)


良い例
山の頂点のズレがほとんどなく、隣の山同士の干渉も少ないです。理想的な状態。


悪い例
ピット(青色)は山の頂点がはっきりとズレていて、ランド(赤色)は隣の山と干渉しまくり。悪い状態です。
※PxScan + PxView のTA グラフを見るときは、 avg: の横の数値をまず見るといいと思います。(数値が小さいほど読みやすいディスク)


なお、PxScanとPxViewはセットで使うもので、PxScanでデータを取得後、そのデータをPxViewに読ませてグラフ化します。
ただ、その場合、書き込みに使用したドライブのシリアルも表示されてしまうので、(※ドライブによっては表示されないこともあります)
それが嫌なときはPxViewを起動してから、PxScanを走らせるといいと思います。



PxScanでデータを取得後、PxViewに読ませたとき
ドライブのシリアルナンバーが表示されます。
先にPxViewを起動させておいて、PxScanを走らせたとき
シリアルナンバー等は表示されません。


※うちではTA 用にPlexToolsProfessaional ではなく、PxScan を使用していますが、その最大の理由はPlexToolsProfessional の場合 "Excellent" 等の文字も含めてグラフを掲載する作業が非常に面倒なためです。





■DVDScan
Jitter計測というと、昔はBenQかPLEXTORと決まってましたが、DVDScanの登場によりLITE-ONでもJitter計測が可能になりました。
個人的には好きなツールで、特にJitter計測がいい感じです。(LITE-ONドライブは値段的に安く、Hyper Tuning を使えば記録品位的にも良くなるので、5インチベイが空いているなら増設するのをこっそりとお勧めしておきます)
BenQドライブと違ったJitterグラフを表示してくれることも多く、今まで見えなかったところが見えてくる。(気がします)



良い例
このくらいだとかなりいい感じです。(記録状態がよく、読みやすいディスク)


悪い例
赤のラインを大幅に上回ってしまった例。(根本的に記録状態が悪く、読みにくいディスク)





■Nero CD-DVD Speed
(上記の3ツールと比べると)実はそれほど好きなツールではないのですが、PIE、PIF、POF、Jitterと4つの主要項目が15分程度で計れるということと、書き込みに使用したドライブ名、実際の書き込みグラフ(注:Nero CD-DVD Speedで書き込みした場合のみ)がすべて1画面で分かるのでなにかと便利、ということで結果的にうちでは常に使ってます。
(私の好きなツールは、好きなほうから順に、PxScan → PlexToolsProfessional → DVDScan → Nero CD-DVD Speed)
→バージョン4.7.0.0でLITE-ONドライブでのJitter計測対応したことにより、注目度アップ!

Jitterが計れるのが利点の一つですが、Jitter計測可能なドライブは限られている点に注意。
DW1655、DW1650、DW1640は可能です。
※DW1670はそもそもDVDメディアの計測自体ができない点に注意。(CD-Rは可能)
※バージョン4.7.0.0より、LITE-ONドライブもJitter計測可能になりました。

品質スコアが0〜100まで表示されますが、これはPIFのMAX値と、POFで決まります。(DVD±Rの場合)
POFは1個でもカウントされるとまずい性質のものなので、計測中わずかPOFが1個でもカウントされると、その瞬間品質スコアが0になります。
POFがカウントされないときは、PIFのMAX値で決まりますが、90点台ならまぁ大丈夫かと思います。(品質スコアだけではすべてを判断できないと思いますが)
いい、悪いの判断は、いいと思われる条件、悪いと思われる条件で何枚か焼き、自分なりに判断基準を作るといいと思います。

なお、通常のライティングソフトで(DVD-Rに)焼いた場合、DW1640では書き込んだドライブ名は表示されませんが、DW1650、DW1655は表示されます。


記録品位がいい例
PIE平均が0.39、ジッタ平均7.07%
ここまでの好結果はなかなか出ません。(これは非常にいい場合の例)


普通にいい例
PIE平均が2.80、ジッタ平均7.97%
悪くはなく、普通にいい場合の例。


あまりよくない例
PIEが右上がり、序盤でPIFが密集、ジッタ最大14.0%
全然だめではないですが、これだと大事なデータの保存には抵抗感があります。


完璧にNGの場合の例
POF(PO修復不能)は1個でもカウントされたらまずいですが、これは264185もカウント。
さらにPIFが極端に密集していて、Jitterも高く最大18.7% までいってます。(完璧にまずい場合の例)


CD-R実験室トップ
LITE-ON LH-18A1P トップ ドライブ情報等 CD関連の各種性能 CD関連のベンチマーク
Hyper Tuningは効果あるのか?実際に焼いて確かめる DVD関連のベンチマーク DL
太陽誘電 16倍速DVD-Rメディア全速度書き込み 太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア全速度書き込み
各種8倍速メディアエラーチェックページ Part1 各種8倍速メディアエラーチェックページ Part2
各種8倍速メディアエラーチェックページ Part3 各種16倍速メディアエラーチェックページ