■便急さん♪ Part4 LH-18A1P to DW1800 - 2006年11月12日更新 - 

LITE-ON LH-18A1P の検証も一通り終わったところで、最後に DW1800化 してみることにします。


便急さん♪ Part4
早くも再登場となった、LITE-ON LH-18A1P


ちょっと試してみたところ、変化が出るところもあるので、ここより下に書いてあることは(自己責任で)やってみる価値ありそうです。




■まずファームウェアをバックアップ

念のため、LH-18A1P のファームウェアをバックアップしておいたほうがいいと思います。
使用するソフトは、Flash Utility for LiteOn Based Optical Drives 2.0.0


ファームウェア吸い上げ中・・・
この後、正常に完了しました。ファイルサイズは、2,097,152バイト。





※注意
ここより↓に書いてあることは、すべて自己責任で行う必要があります。





■LITE-ON LH-18A1P の BenQ DW1800化

やり方は簡単で、DW1800.ZB34.stock.rar をダウンロード。
あとは実行するだけです。


"Yes" をクリック。


"Update" をクリック。


書き換え中・・・


おかしなところはなく、正常に完了しました。





■便急さん♪前後の DVDINFOPro 4.6.2.3 での情報

元の状態


ファームウェア書き換え後


無事成功したようです。
シリアルナンバーが表示されないのが残念なところですが、それはドライブの仕様っぽいので仕方ないところ。




■SMART-BURN Media Check 3.1.16t で動作するか?

SMART-BURN Media Check 3.1.16t
"Hyper Tuning" と "Over Speed Writing" がチェックできなくなりました。
"Over Speed Writing"は実際に使える機能だったので、この辺はパワーダウン・・・
と最初思ったのですが、QSuiteのOverSpeedが代わりに使えます。




■QSuite 2.1 での動作

WOPC
WOPCタブが出現して、設定変更もできるようになってます。
(実際に効果があるかは確認中)
→設定しても意味ないっぽいです。



Solid Burn
これも設定変更できるようになってます。
DW1800公式ページ では、WOPCの文字は出てきませんが、Solid Burnの文字は出てくることから、
効果があることは予想されますが、その辺確認中。

→設定しても意味ないっぽいです。



OverSpeed
これは実際に効果があります。
TYG02へ18倍速書き込み!という、無茶苦茶なことも可能。




■TYG02 への選択できる書き込み速度について

SolidBurn=有効、OverSpeed=無効のとき
LH-18A1P と同様、2x 4x 6x 8x から選択可能。



SolidBurn=無効、OverSpeed=無効のとき
SolidBurnを無効にすると、2倍速が選択できなくなります。(4x 6x 8x から選択可能)
ちなみに、LITE-ON SHM-165P6S なんかは、HyperTuningの設定をすると2倍速が選択でき、
HyperTuningの設定をしないと2倍速は選択できなくなくなります。(参考までに)



SolidBurn=有効、OverSpeed=有効のとき
2x 4x 6x 8x 12x 16x 18x! から選択可能。
選択できるだけでなく、実際の書きで18倍速でます。




■TYG02へ18倍速書き込みってそんな無茶な!

OverSpeed有効、SolidBurn有効、WOPC有効にしています
TYG02を使ってますが、減速せず書き込み完了しました。
エンドでは約18.24倍速と高速。





以下、↑作成したディスクの各種計測結果です。

Nero CD-DVD Speed 4.7.0.0 + BenQ DW1640 (Firm BSMB) ディスク品質テスト
無茶苦茶な速度違反してますが、DW1640で読む分には悪くありません。


Nero CD-DVD Speed 4.7.0.0 + BenQ DW1800 (Firm ZB34) ディスク品質テスト
これが動くか?が気になるところですが、しっかり動作しました。特徴的なこととしては、
●4倍速CLV が選べない。
●4倍速CLV が選べないとは言っても、4x を選択すると、CLV 読みになる。
●ただし、きれいな直線ではなく、LH-18A1P のように小刻みに振動する。
●Advanced Disc Qualityタブは出現するものの、動作はしない。
エラー的には、外周付近のPIFがNG気味。(このドライブの場合、PIF MAX値は4が目安になります)
ただ、無茶苦茶な速度違反しているので、これは仕方ないと思いますが。



PxScan 1.7.10.1 + PxView 1.12.6 + PX-755A (改Firm 1.05) PIE/PIF/Beta/Jitter/TA
PX-755A では、PIFは無問題でした。Betaはマイナスよりの領域がありますが、ほぼ問題なし。(やや気持ち悪い)
TA は外周に行くほど悪くなります。




■DVD+RWのBookType変更だけというのも可能に

LH-18A1P のときはできませんでしたが、DW1800化することでDVD+RWメディアのBookTypeのみを書き換えることが可能になります。


ROM化していない、記録済みDVD+RWメディアをマウント
"Set to DVD-ROM Type" をクリック。




BookTypeのみの書き換え完了。




■元のドライブに戻せるか?

Flash Utility for LiteOn Based Optical Drives 2.0.0 を使い、最初にバックアップしておいたファームウェアに戻してみます。










ということで、無事元のドライブに戻りました。




元に戻すと、QSuiteでは当然ながらなにも使えなくなります。







Next Page >>
TYG02@6倍速書き込みで、WOPC、SolidBurnの設定を変えて焼いてみる