■LITE-ON LH-20A1P - 2006年12月28日更新 - 

※このページは簡易検証ページです。

LH-18A1P の発売から僅か2ヶ月、後継ドライブの LH-20A1P が早くも登場しました。
売りとなるは初のDVD±R 20倍速書き込み対応。昔の LITE-ON からは想像もつきませんが、DVD±R 20倍速書き込みを最も早く製品化したのは、Pioneer等の国内老舗メーカーではなく、LITE-ONということになりました。


LITE-ON LH-20A1P
LITE-ON LH-20A1P
ドライブ的には LH-18A1P とほとんど同じなので、LH-18A1P をすでに持っているなら
わざわざ買い換えるほどのものではない思います。(20倍速というのは、トータルの時間で見るとそんなには速くない)
逆にこれから LH-18A1P を買うなら、交換ベゼル付の海外パッケージ LH-20A1P は要注目。
- 公式サイト -
AKIBA PC Hotline! 2
ASCII24 - Akiba2GO!


なお、今回は主に時間的な理由により簡易版検証ページということで作成していますが、細かな性能は LH-18A1P とほぼ同じと思われます。
LH-18A1P 情報ページ ← オフセット値、DVD-R 書き込み方式(P-CAV、Z-CLV etc)等の細かな情報はこちらを参照。(手抜きですいません)


交換用ベゼル
海外パッケージ品は、シールではなく、交換用ベゼルが付属。



トレイの色
これが黒だとよかったのですが、LH-18A1P 同様白でした。




■ドライブ情報等

製品ラベル
2006年12月製造で、MADE IN CHINA
定格電流値は、LH-18A1P と同じです。



基板スキャン画像
LH-20A1P 搭載メインチップ
MT1898E
LH-18A1P と同じです。




DVDINFOPro 4.623
Serial No が表示されないのは、いつものLITE-ON通りです。
タイムスタンプは 11月21日で、ファームウェアは KL05



NeroInfoTool 4.2.0.0



KProbe 2.5.2



- 検証時環境 -
 マザーボード ASUS P5LD2 DELUXE (intel 945P + ICH7R)
 OS WindowsXP Professional SP2 OEM
 CPU PentiumD 940
 メモリ Crucial PC2-5300 (DDR2-667) 512MB x 2
 ビデオカード GeForce 6600GT 128MB GDDR3 SDRAM
 サウンド オンボードのものを使用
 FDD TEAC 2モード
 SATA Seagate Barracuda 7200.10 ST3320620AS (320GB)
 SATA 光学ドライブ LITE-ON LH-2B1S
 IDEマスター 光学ドライブ LITE-ON LH-20A1P
 IDEスレーブ none
 IT8211 ATA/ATAPI
 コントローラ1マスター
光学ドライブ BenQ DW1800 (元ハードは LH-18A1P)
 IT8211 ATA/ATAPI
 コントローラ1スレーブ
光学ドライブ BenQ DW1640
 IEEE1394 光学ドライブ PLEXTOR PX-755A + ラトックIEEE1394アルミケース
 ケース ソルダム MT-PRO1300(白 400W)
※電源は ENERMAX ELT620AWT に交換
※サイドカバーは開けっ放しで使用
 スキャナー EPSON GT-7200U
 デジタルカメラ Panasonic DMC-FX07
※外付けドライブは、必要に応じて電源入れてます。




■DVD±R 20倍速書き込み

太陽誘電 16倍速DVD-R メディアを使用しての20倍速書き込み
(選択できる書き込み速度は、2倍速 4倍速 6倍速 8倍速 12倍速 16倍速 18倍速 20倍速)
初速が8倍速を超えています。エンドは20倍速までは届かなかったものの、19.64倍速ということでほぼ20倍速。
ともかく高速回転していますが、この回転音が少し異質で、今まで聞いたことがないような動作音がします。
肝心の書き込みにかかる時間ですが、5分3秒 ということで、LH-18A1P の18倍速書き込みより17秒速いものの、
日立LG GSA-H12N の18倍速書き込みの 5分2秒 と同程度。20倍速というのは数値ほどのインパクトはない気もします。



同ドライブでのディスク品質テスト結果
Jitter計測にも当然対応。(外周がやや悪くなってますが、これはまぁ仕方ないところ)







太陽誘電 16倍速DVD+R メディアを使用しての20倍速書き込み
(選択できる書き込み速度は、2.4倍速 4倍速 6倍速 8倍速 12倍速 16倍速 18倍速 20倍速)
TYG03 とほとんど同じグラフです。(書き込みにかかった時間も、TYG03とほとんど同じ)



同ドライブでのディスク品質テスト結果
20倍速はさすがにつらいところがあるようで、これも外周ほど悪くなってます。







さて、初速が8倍速を超えたわけですが、そうなるとふと思うのは、「8倍速フル CLV 書き込みは可能なのか?」 ということです。ですが、残念ながら8倍速時は普通の P-CAV でした。

太陽誘電 16倍速DVD-R メディアを使用しての8倍速書き込み
(選択できる書き込み速度は、2倍速 4倍速 6倍速 8倍速 12倍速 16倍速 18倍速 20倍速)
LH-18A1P と同じグラフです。



同ドライブでのディスク品質テスト結果
8倍速書き込み時は、外周の状態も多少改善。




■LITE-ON 系ツールでの動作 (1)

DVDScan 0.04Betaでは、LH-18A1P同様しっかり動作可能でした。(↑で、LH-20A1P で20倍速書き込みをしたTYG03を使用してます)

DVDScan 0.04Beta + LH-20A1P (Firm KL05) PIsum8 Test (Speed=4)
元画像表示 (New Window!)



DVDScan 0.04Beta + LH-20A1P (Firm KL05) Jitter Test (Speed=4,Interval=400)
DVDScanのJitterグラフを見ると、外周の悪さが少し気になります。
元画像表示 (New Window!)



DVDScan 0.04Beta + LH-20A1P (Firm KL05) Beta Test (Speed=2,Interval=400)
なぜか94%で止まってしまいましたが、Nero CD-DVD Speed 4.7.0.0 ではできないBeta計測も可能。
元画像表示 (New Window!)




DVDScan 0.04Beta + LH-20A1P (Firm KL05) TE/FE Test (Speed=4,Interval=400)
元画像表示 (New Window!)




■LITE-ON 系ツールでの動作 (2)

SMART-BURN Media Check 3.1.16t
LH-18A1P 同様、全部チェックできるようになってます。
"Over Speed Writing" は実際に効果あり。



Flash Utility for LiteOn Based Optical Drives 2.0.0
正常に認識され、ファームも吸えます。
吸い上げたファームを LH-18A1P に入れてみましたが、残念ながら正常動作はしませんでした。
また、検証時最新の MediaCodeSpeedEdit V1.0.9.3 では、ファームの情報が正確に見れません。
(多分次回バージョンアップくらいで対応)
→ V1.0.9.3 で対応されました。
テキスト



KProbe 2.5.2
最近はあまり使わなくなってきましたが、KProbeでもしっかり動作可能です。
※LH-20A1P で、20倍速書き込みをしたTYG03を使用。




■BookType設定について

Nero CD-DVD Speed 4.7.0.0 で設定変更ができますが、今までの LITE-ON 同様、PCの電源を切ったりすると設定が解除されてしまうので、常にROM化したいときはImgBurn等を使うといいかと思います。


ImgBurn 2.1.0.0
EEPROM! と書かれているものを選択すれば、ドライブに設定が保持されます。


DVD+RWのBookType変更のみも可能。




■プレスDVD読み速度

ひょっとして LH-18A1P より速くなっているか?とも思いましたが、読み関しては LH-18A1P と同じです。








Next Page