■LITE-ON LH-20A1PX  - 2007年2月11日更新 -

※このページは簡易検証ページです。

つい先日、LH-20A1P のS-ATA接続モデルが発売されたばかりですが、今度はUSB2.0接続の LH-20A1PX が発売されました。


LITE-ON LH-20A1PX
LITE-ON LH-20A1PX
LITE-ON の外付けモデルはこれが初購入。
デザイン的にイマイチな気もしますが、自分で変換するとたまに動かないときもあるので、
安心をとるならメーカー側で変換しているのを買うのがよいと思います。
- 公式サイト -
代理店
AKIBA PC Hotline!


ドライブ的な特徴は、LH-20A1P の特徴がそのまま当てはまるので、USB2.0で動くか?が鍵になりますが、うちのPC環境で試した限りではごく普通に動作可能でした。(DVDScan 0.04Betaでは、一部不具合らしきこともありますが)
その他気がついたことは、


トレイの色が黒。そのため、LH-20A1P の黒トレイバージョンが欲しいときは、LH-20A1PX を買ってばらせば可能。
ファームウェアは内蔵ATAPI 接続の LH-20A1P と同じものが搭載。
LH-18A1P と比べて、動作音がうるさくない。
Nero CD-DVD Speed のディスク品質テストは(Jitter込みで)動作するが、開始位置を "0001MB" にしないとなかなか動いてくれない。
電源のON-OFFのスイッチが付いていない!


予定外だったのは電源のON-OFFのスイッチが付いていないことで、電源を切るにはコンセントを抜くしかない! という、ちょっと使いづらいところがあります。
(アイオーデータのように、PCの電源が切れると、ドライブの電源が切れるという機能もなし)
その辺は、自分で電源専用スイッチとかを用意するしかなさそうです。


ドライブ背面
USB2.0コネクタと、電源コネクタのみで、電源スイッチはなし。
コストダウン目的かもしれませんが、電源スイッチを削除するのは非常にまずいと思います。




■検証時環境、ドライブ情報

 マザーボード ASUS P5LD2 DELUXE (intel 945P + ICH7R)
 OS WindowsXP Professional SP2 OEM
 CPU PentiumD 940
 メモリ Crucial PC2-5300 (DDR2-667) 512MB x 2
 ビデオカード GeForce 6600GT 128MB GDDR3 SDRAM
 サウンド オンボードのものを使用
 FDD TEAC 2モード
 SATA Seagate Barracuda 7200.10 ST3320620AS (320GB)
 IDEマスター 光学ドライブ 日立LG GSA-H42N (日立版)
 IDEスレーブ 光学ドライブ Pioneer DVR-111C
 IT8211 ATA/ATAPI
 コントローラ1マスター
光学ドライブ LITE-ON LH-18A1P
 IT8211 ATA/ATAPI
 コントローラ1スレーブ
光学ドライブ BenQ DW1640
 USB2.0 光学ドライブ LITE-ON LH-20A1PX
 IEEE1394 光学ドライブ PLEXTOR PX-755A + ラトックIEEE1394アルミケース
 ケース ソルダム MT-PRO1300(白 400W)
※電源は ENERMAX ELT620AWT に交換
※サイドカバーは開けっ放しで使用
※外付けドライブは、必要に応じて電源入れてます。



背面の製品ラベル
ドライブ名は、LH-20A1PX で、MADE IN CHINA



付属のアダプタ
5V、12V 共に1.5A



DVDINFOPro 4.628
内蔵ドライブの LH-20A1P をUSB2.0変換している構造のため、認識は LH-20A1PX ではなく、LH-20A1P です。
(PX-716UF が、PX-716A と認識されるのと多分同じ理屈)
ファームウェアはUSB2.0専用のものではなく、内蔵ATAPI ドライブのと同じものが搭載されています。
(実際、ファームを吸い上げて比較しても、内蔵のと同じでした)



Nero InfoTool 4.2.1.0
シリアルが表示されないのは、いつもの通りです。




■分解

上から見たところ
まず、ケースのトップカバーを外します。
横面の細い隙間にマイナストライバーを差し込むと、ツメの引っかかりがとれます。




カバーを外すと、こんな感じになってました
一瞬USB2.0専用設計か?とも思いましたが、内蔵ドライブ LH-20A1P + USB2.0変換部という構造です。



USB2.0変換基板
非常にシンプルかつコンパクトで、これが内蔵ドライブの LH-20A1P に刺さっているだけです。
「もしBenQみたいに40芯ケーブルだったら嫌だなぁ」 と思いつつばらしましたが、40芯とか80芯とか言う以前に直付けでした。



USB2.0変換チップ
CY7C68300C



ドライブ本体の製品ラベル
ということで、LH-20A1P そのものです。



トレイの色は黒
フロントベゼル色と同じく、トレイの色は黒でした。



基板スキャン画像
LITE-ON LH-20A1PX 搭載チップ
MT1898E





■スピンドルモータ部

LH-18A1P (初回出荷購入品) に比べて動作音が小さいので、一応掲載。

LH-20A1PX 動作音小


LH-20A1S ※参考比較用 動作音小


LH-18A1P ※参考比較用 動作音大




■DVD-R 20倍速書き込み

USB2.0変換しているので、20倍速はきついかもしれませんが、まずはなにも考えずに焼いてみることにします。


TDK(太陽誘電) 16倍速DVD-Rメディア 超硬 (TYG03)
標準で20倍速が選択できるようになってます。
相変わらず、2倍速とかいう意味ない速度も選択可能。



20倍速指定での書き込み (Nero CD-DVD Speed 4.7.0.2 使用)
※Force Hyper Tuning、Online Hyper Tuning は有効にしています。
予想通りなところもありますが、残念ながら外周で減速してしまいました。とはいえ、18倍速くらいまでは出ています。
また、USB2.0らしく、CPU利用率は高めになっています。



ディスク品質テストで動作可能 (Jitterも可能) ※2層DVD+R の後半レイヤは残念ながらJitter不可
開始位置を "0001MB" にしないとなかなか動かないという特徴はありますが、しっかり動作可能でした。
(USB2.0接続のため、PC環境によっては動かないなんてこともあるかもしれません)
そもそもドライブが認識されないときは、wnaspi32.dll を、"CDSpeed.exe" のフォルダに置いてやると、大抵の場合認識されます。




■LITE-ON 系ツールでの動作

DVDScan 0.04Beta + LH-20A1PX (Firm KL05) PIsum8 Test (Speed=4)
元画像表示 (New Window!)
一見正常ですが、PIFが変です。
(Nero CD-DVD Speed は正常動作するので、実害はないかもしれませんが)



DVDScan 0.04Beta + LH-20A1PX (Firm KL05) Jitter Test (Speed=4,Interval=400)
元画像表示 (New Window!)
Jitterは正常っぽく動作しています。


あとはBetaですが、LH-20A1S のときのようにやけに遅くなるので、ちょっと実用的ではないかもしれません。(TE/FE Test は確認省略)


KProbe 2.5.2
KProbeは、問題なく動作可能。





SMART-BURN Media Check 3.1.16t
予定通り動きます。



Flash Utility for LiteOn Based Optical Drives 2.0.0
ファームの吸い上げも可能。




■BookType設定について

ImgBurn 2.1.0.0
常時ROM化したいときは、ImgBurnで。
しっかり設定できました。



B'sRecorderGOLD 9.12
一応書いておきますが、B's Recorder GOLD ではそもそもROM化の設定項目はありません。
↑の設定は、ROM化とは全然関係ない点には注意。





Next Page >>
各種DVDメディアエラーチェックページ